1972年ドイツグランプリ

1972年ドイツグランプリ (: 1972 German Grand Prix) は、1972年のF1世界選手権第8戦として、1972年7月30日ニュルブルクリンクで開催された[4]

西ドイツ 1972年ドイツグランプリ
レース詳細
1972年F1世界選手権全12戦の第8戦
ニュルブルクリンク北コース (1967-1982)
ニュルブルクリンク北コース (1967-1982)
日程 1972年7月30日
正式名称 XXXIV Großer Preis von Deutschland[1]
開催地 ニュルブルクリンク
西ドイツの旗 西ドイツ ニュルブルク
コース 恒久的レース施設
コース長 22.835 km (14.189 mi)
レース距離 14周 319.690 km (198.646 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)[2]
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 7:07.0[3]
ファステストラップ
ドライバー ベルギーの旗 ジャッキー・イクス フェラーリ
タイム 7:13.6[3] (10[2]周目)
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 フェラーリ
3位 マーチ-フォード

レースは14周で行われ、フェラーリジャッキー・イクスが優勝した。イクスはポールポジションファステストラップを獲得し、かつ全周回でトップを走行したことによりグランドスラムを達成した。イクスにとってはこれが通算8回目でかつ最後のF1世界選手権レースにおける優勝であった。チームメイトのクレイ・レガツォーニが2位、マーチロニー・ピーターソンが3位となった。

エントリー編集

ティレルは新車005のインボードブレーキに起因するひどい振動により熟成が進まず[5]、ニュルブルクリンクに005を持ち込まないことを決めた[1]

フェラーリはサッカーで遊んでいた際に腕を負傷したクレイ・レガツォーニが復帰し、アメリカのレースを優先したマリオ・アンドレッティに代わり、F1デビュー戦となった前戦イギリスGPで6位に入賞したアルトゥーロ・メルツァリオが引き続き起用された。マクラーレンピーター・レブソンもアンドレッティ同様アメリカのレースを優先したため、ブライアン・レッドマンが代走を務める[1]

BRMは3台のP160Cジャン=ピエール・ベルトワーズハウデン・ガンレイレイネ・ウィセルに与え、ピーター・ゲシンがメンバーから外された[1]

マトラは新車MS120Dの修理が終わり、クリス・エイモンが再び同車を走らせる[6]

ウィリアムズにとって初めてのオリジナルF1マシンポリトイ・FX3」は前戦イギリスGPでデビューしたが、同GPの決勝でアンリ・ペスカロロがクラッシュしたことにより大破させたため、再びマーチ・721をペスカロロに与えた。テクノデレック・ベルを起用した[1]

コンニュー英語版フランソワ・ミゴールはサーキットには行ったものの、経験の浅いドライバーがいる未知のマシンであることを理由に主催者からエントリーを拒否された[6]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  エルフ・チーム・ティレル 1   ジャッキー・スチュワート ティレル 003 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
7   フランソワ・セベール 002
  ジョン・プレイヤー・チーム・ロータス 2   エマーソン・フィッティパルディ ロータス 72D フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
25   デビッド・ウォーカー
  ヤードレー・チーム・マクラーレン 3   デニス・ハルム マクラーレン M19C フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
5   ブライアン・レッドマン M19A
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 4   ジャッキー・イクス フェラーリ 312B2 フェラーリ 001/1 3.0L F12 F
9   クレイ・レガツォーニ
19   アルトゥーロ・メルツァリオ
  マールボロ・BRM 6   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM P160C BRM P142 3.0L V12 F
17   ハウデン・ガンレイ
18   レイネ・ウィセル
  オーストリア・マールボロ・BRM 24   ヘルムート・マルコ 1 P160B
  エキップ・マトラ・スポール 8   クリス・エイモン マトラ MS120D マトラ MS72 3.0L V12 G
  STP・マーチ・レーシングチーム 10   ロニー・ピーターソン マーチ 721G フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
23   ニキ・ラウダ
  モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド 11   グラハム・ヒル ブラバム BT37 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
12   カルロス・ロイテマン
26   ウィルソン・フィッティパルディ BT34
  ブルックボンド・オクソ・チーム・サーティース 14   マイク・ヘイルウッド サーティース TS9B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  チーム・サーティース 15   ティム・シェンケン
  チェラミカ・パニョッシン・チーム・サーティース 16   アンドレア・デ・アダミッチ
  チーム・ウィリアムズ・モチュール 20   アンリ・ペスカロロ マーチ 721 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
21   カルロス・パーチェ 711
  チーム・アイフェラント・キャラバンズ 22   ロルフ・シュトメレン アイフェラント E21 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
  マルティーニ・レーシングチーム 27   デレック・ベル テクノ PA123/3 テクノ シリーズP 3.0L F12 F
  クラーク=モーダウント=ガスリー・レーシング 28   マイク・ボイトラー マーチ 721G フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  スクリバンテ・ラッキーストライク・レーシング 29   デイヴ・チャールトン ロータス 72D フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
ソース:[7]

追記

予選編集

ジャッキー・イクス前年ポールポジションを獲得したジャッキー・スチュワートが記録したタイム(7分19秒0)を約12秒上回り[1]、そのスチュワートに1.7秒差でポールポジションを獲得した[10]エマーソン・フィッティパルディロニー・ピーターソンが2列目、フランソワ・セベールカルロス・ロイテマンが3列目に並び、クレイ・レガツォーニクリス・エイモンアンリ・ペスカロロデニス・ハルムがトップ10に入った[11]

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 4   ジャッキー・イクス フェラーリ 7:07.0 - 1
2 1   ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 7:08.7 +1.7 2
3 2   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 7:09.9 +2.9 3
4 10   ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 7:11.6 +4.6 4
5 7   フランソワ・セベール ティレル-フォード 7:12.2 +5.2 5
6 12   カルロス・ロイテマン ブラバム-フォード 7:12.4 +5.4 6
7 9   クレイ・レガツォーニ フェラーリ 7:13.4 +6.4 7
8 8   クリス・エイモン マトラ 7'13.9 +6.9 8
9 20   アンリ・ペスカロロ マーチ-フォード 7:14.4 +7.4 9
10 3   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 7:14.5 +7.5 10
11 21   カルロス・パーチェ マーチ-フォード 7:16.6 +9.6 11
12 15   ティム・シェンケン サーティース-フォード 7:17.2 +10.2 12
13 6   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 7:17.3 +10.3 13
14 22   ロルフ・シュトメレン アイフェラント-フォード 7:17.5 +10.5 14
15 11   グラハム・ヒル ブラバム-フォード 7:18.4 +11.4 15
16 14   マイク・ヘイルウッド サーティース-フォード 7:21.0 +14.0 16
17 18   レイネ・ウィセル BRM 7:21.4 +14.4 17
18 17   ハウデン・ガンレイ BRM 7:22.3 +15.3 18
19 5   ブライアン・レッドマン マクラーレン-フォード 7:23.2 +16.2 19
20 16   アンドレア・デ・アダミッチ サーティース-フォード 7:23.7 +16.7 20
21 26   ウィルソン・フィッティパルディ ブラバム-フォード 7:24.8 +17.8 21
22 19   アルトゥーロ・メルツァリオ フェラーリ 7:25.9 +18.9 22
23 25   デビッド・ウォーカー ロータス-フォード 7:29.5 +22.5 23
24 23   ニキ・ラウダ マーチ-フォード 7:32.2 +25.2 24
25 27   デレック・ベル テクノ 7:33.3 +26.3 25
26 29   デイヴ・チャールトン ロータス-フォード 7:34.1 +27.1 26
27 28   マイク・ボイトラー マーチ-フォード 7:35.9 +28.9 27
ソース:[12][13]

決勝編集

25万人近い大観衆がレースを待ちわびていた中、スタート直前のウォームアップ走行でクリス・エイモンの点火装置が破損し、ピットへ戻り修理しなけれなならなかった。エイモンを除く26台がスターティンググリッドに並び、レースはスタートした[6]

ジャッキー・スチュワートロニー・ピーターソンホイール・トゥ・ホイールの攻防で2位を争う中、ジャッキー・イクスがリードする。スチュワートとピーターソンのバトルはピーターソンが制し、スチュワートはクレイ・レガツォーニエマーソン・フィッティパルディにも抜かれて5位に後退した[11]。エイモンは1周半遅れてピットからスタートした[13]

E.フィッティパルディは2周目にレガツォーニを、5周目にピーターソンを抜いて2位に浮上する。9周目にピーターソンがスピンし、レガツォーニとスチュワートに遅れを取った。11周目にE.フィッティパルディのギアボックスが火災に見舞われ、ロータス・72Dから白煙が吹き出してリタイアした。これでレガツォーニが2位に浮上し、フェラーリの1-2体制が築かれた。スチュワートは最終ラップでレガツォーニに迫り[11]、ハッツェンバッハの森に差し掛かったところでレガツォーニをオーバーテイクしようとしたが両者は接触してしまい[14]、スチュワートはガードレールアームコ英語版バリア)に激突してサスペンションが破壊し、チャンピオン争いで首位を独走するE.フィッティパルディとの差を縮める機会を失ってしまった。スチュワートは激怒したが、レガツォーニは肩をすくめて「彼がコントロールを誤ったのさ」と言いニヤリと笑った[14]

イクスは前年フランソワ・セベールが記録したファステストラップのタイムを7秒上回り、首位の座を一度も譲らない完璧なスタイルで走り通して完勝した[14]。イクスはニュルブルクリンク北コースでグランドスラム[注 1]を達成した4人目かつ最後のドライバーとなった。イクス以前にニュルブルクリンク北コースでグランドスラムを達成したドライバーはアルベルト・アスカリ1952年)、ファン・マヌエル・ファンジオ1956年)、ジム・クラーク1965年)の3人である[15]。レガツォーニは復帰戦を2位でフィニッシュし[16]、フェラーリは1970年メキシコGP以来2年ぶりの1-2フィニッシュを達成した[17]。スチュワートに代わって3位表彰台を獲得したのはピーターソンで、マーチは今シーズン初の表彰台を獲得した。以下、ハウデン・ガンレイブライアン・レッドマングラハム・ヒルがポイントを獲得した[1]

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 4   ジャッキー・イクス フェラーリ 14 1:42:12.3 1 9
2 9   クレイ・レガツォーニ フェラーリ 14 +48.3 7 6
3 10   ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 14 +1:06.7 4 4
4 17   ハウデン・ガンレイ BRM 14 +2:20.2 18 3
5 5   ブライアン・レッドマン マクラーレン-フォード 14 +2:35.7 19 2
6 11   グラハム・ヒル ブラバム-フォード 14 +2:59.6 15 1
7 26   ウィルソン・フィッティパルディ ブラバム-フォード 14 +3:00.1 21
8 28   マイク・ボイトラー マーチ-フォード 14 +5:10.7 27
9 6   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 14 +5:20.2 13
10 7   フランソワ・セベール ティレル-フォード 14 +5:43.7 5
11 1   ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 13 接触 2
12 19   アルトゥーロ・メルツァリオ フェラーリ 13 +1 Lap 22
13 16   アンドレア・デ・アダミッチ サーティース-フォード 13 +1 Lap 20
14 15   ティム・シェンケン サーティース-フォード 13 +1 Lap 12
15 8   クリス・エイモン マトラ 13 +1 Lap (8) 1
NC 21   カルロス・パーチェ マーチ-フォード 11 規定周回数不足 11
Ret 2   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 10 ギアボックス 3
Ret 20   アンリ・ペスカロロ マーチ-フォード 10 アクシデント 9
Ret 3   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 8 エンジン 10
Ret 14   マイク・ヘイルウッド サーティース-フォード 8 サスペンション 16
Ret 12   カルロス・ロイテマン ブラバム-フォード 6 ディファレンシャル 6
Ret 22   ロルフ・シュトメレン アイフェラント-フォード 6 電気系統 14
Ret 25   デビッド・ウォーカー ロータス-フォード 6 オイル漏れ 23
Ret 23   ニキ・ラウダ マーチ-フォード 4 オイル漏れ 24
Ret 27   デレック・ベル テクノ 4 エンジン 25
Ret 29   デイヴ・チャールトン ロータス-フォード 4 体調不良 26
Ret 18   レイネ・ウィセル BRM 3 エンジン 17
ソース:[18]

追記
  • ^1 - エイモンは点火装置の修理のためピットスタート[13]

優勝者ジャッキー・イクスの平均速度[8]
187.676 km/h (116.616 mph)
ファステストラップ[19]
ラップリーダー[20]
太字は最多ラップリーダー
達成された主な記録[1]

第8戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半6戦のうちベスト5戦がカウントされる。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1つのレースでポールポジション、ファステストラップ、優勝、全周回ラップリーダーを達成すること。詳細は当該項目を参照。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h Germany 1972”. STATS F1. 2020年5月6日閲覧。
  2. ^ a b 1972年第8戦ドイツグランプリの結果”. F1 DataWeb. 2020年5月6日閲覧。
  3. ^ a b Formula One World - History - German Grand Prix 1972”. 2007年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月27日閲覧。
  4. ^ 1972 German Grand Prix Entry list. http://www.racingsportscars.com/covers/_Nurburgring-1972-07-30e.jpg 2020年5月6日閲覧。. 
  5. ^ (林信次 1993, p. 36)
  6. ^ a b c 1972 German Grand Prix race report”. Motor Sport Magazine. 2020年5月6日閲覧。
  7. ^ Germany 1972 - Race entrants”. STATS F1. 2020年5月4日閲覧。
  8. ^ a b Germany 1972 - Result”. STATS F1. 2020年5月6日閲覧。
  9. ^ (林信次 1993, p. 43)
  10. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 268-269)
  11. ^ a b c German GP, 1972”. grandprix.com. 2020年5月6日閲覧。
  12. ^ Germany 1972 - Qualifications”. STATS F1. 2020年5月6日閲覧。
  13. ^ a b c Germany 1972 - Starting grid”. STATS F1. 2020年5月6日閲覧。
  14. ^ a b c (アラン・ヘンリー 1989, p. 269)
  15. ^ F1 Grand Chelem/Grand Slams Records (2017年イギリスGP終了時点)”. Sportskeeda. 2020年5月6日閲覧。
  16. ^ (林信次 1993, p. 38)
  17. ^ 戦績:フェラーリ”. F1 DataWeb. 2020年5月6日閲覧。
  18. ^ 1972 German Grand Prix”. formula1.com. 2014年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  19. ^ Germany 1972 - Best laps”. STATS F1. 2020年5月6日閲覧。
  20. ^ Germany 1972 - Laps led”. STATS F1. 2020年5月6日閲覧。
  21. ^ 戦績:J.イクス”. F1 DataWeb. 2020年5月6日閲覧。
  22. ^ 戦績:B.レッドマン”. F1 DataWeb. 2020年5月6日閲覧。
  23. ^ a b Germany 1972 - Championship”. STATS F1. 2019年3月18日閲覧。

参照文献編集

  • Wikipedia英語版 - en:1972 German Grand Prix(2019年3月18日 12:46:42(UTC))
  • 林信次 『F1全史 1971-1975 [名手スチュワートの退場/若手精鋭たちの新時代]』ニューズ出版、1993年。ISBN 4-938495-05-8 
  • アラン・ヘンリー 『チーム・フェラーリの全て』早川麻百合+島江政弘(訳)、CBS・ソニー出版、1989年12月。ISBN 4-7897-0491-2 

外部リンク編集


前戦
1972年イギリスグランプリ
FIA F1世界選手権
1972年シーズン
次戦
1972年オーストリアグランプリ
前回開催
1971年ドイツグランプリ
  ドイツグランプリ 次回開催
1973年ドイツグランプリ