メインメニューを開く

他の紀年法編集

カレンダー編集

できごと編集

予定編集

周年編集

イベント編集

経済編集

芸術・文化・ファッション編集

誕生編集

没年編集

ノーベル賞編集

フィクションのできごと編集

  • 2月16日 - 異星の知的生命発見に基づき、2032年に採択された「人類が全銀河で至高の存在たるべきことは“人類の明白なる運命”である」という旨の決議が、地球連邦政府議会によって再上程され、同月18日に追認される。(小説『わが友なる敵英語版』)[2]
  • 8月13日 - リチャード・オズモンドが月面の旅客機の中で目覚める。(ゲーム『ネビュラ -エコーナイト-』)
  • 太陽系外縁部の探査に向かった宇宙船「オデッセウス号」が、太陽系近傍にペンローズツイスターホールと思しき重力特異点を発見。オデッセウス号は無理に進路を変更して重力特異点の探査に向かうも遭難し、ユーリ・レオノフら搭乗していた宇宙飛行士たちは全員未帰還となる。(アニメ『アルジェントソーマ』)
  • 元リュウレンジャー・亮(74歳)、元シシレンジャー・大五(74歳)、元テンマレンジャー・将児(69歳)、元キリンレンジャー・知(70歳)、元ホウオウレンジャー・リン(68歳)の5名、50年ぶりに再会して同窓会を開くが、そこへ新ゴーマ怪人(紐男爵もどき)が現れる。そこへ彼らの孫5名が「新ダイレンジャー」として立ち塞がる。(特撮テレビ番組『五星戦隊ダイレンジャー』最終回「行くぞォォッ」)

脚注編集

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ Передача и поиски разумных сигналов во Вселенной”. Cplire.ru. 2008年9月14日閲覧。
  2. ^ バリー・ロングイヤー『わが友なる敵』講談社、1986年、7 - 9頁。ISBN 978-4-06-183771-3

関連項目編集