メインメニューを開く

ゆらぎ荘の幽奈さん』(ゆらぎそうのゆうなさん)は、ミウラタダヒロによる漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社2016年10号より連載中。

ゆらぎ荘の幽奈さん
ジャンル 少年漫画ファンタジー
ラブコメディハーレムもの
漫画
作者 ミウラタダヒロ
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
レーベル ジャンプ・コミックス
発表号 2016年10号 - 連載中
発表期間 2016年2月8日 - 連載中
巻数 既刊17巻(2019年8月現在)
アニメ
原作 ミウラタダヒロ
監督 長澤剛
シリーズ構成 子安秀明
キャラクターデザイン 竹谷今日子
音楽 菊谷知樹
アニメーション制作 XEBEC
製作 ゆらぎ荘の幽奈さん
製作委員会
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2018年7月 - 9月
話数 全12話
ゲーム:ゆらぎ荘の幽奈さん 湯けむり迷宮
ゲームジャンル ローグライクRPG
対応機種 PlayStation 4
発売元 フリュー
プレイ人数 1〜4人
発売日 2018年11月15日
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

温泉下宿「ゆらぎ荘」を舞台に、幽霊や妖怪などの女の子たちをヒロインとした、お色気ラブコメディ[1]

目次

あらすじ編集

霊に憑依されやすい冬空コガラシは、家賃無料の永住権を獲得するために、「ゆらぎ荘」に棲む地縛霊を成仏させるため引っ越してくる。しかし、その地縛霊は幽奈という女性だった。さらに、ゆらぎ荘には数人の個性豊かな女性たちが住んでいた。かくして、コガラシの彼女たちとのドタバタ劇が巻き起こる妖下宿ゆらぎ荘の生活が始まる。

登場人物編集

作中では1年の時間経過があり、それに合わせて各キャラクターの年齢や学年も変化する。各キャラクターの身長、体重、胸囲は、単行本第9巻76話による。

主要人物編集

冬空 コガラシ(ふゆぞら コガラシ)
- 小野友樹[2]
本作の主人公。
物語開始時は中学校卒業後から湯煙高校入学までの間の春休みだったが第4話から湯煙高校の1年4組(単行本9巻以降は2年4組)に在籍する少年で、霊や妖怪を直接殴って除霊することができる肉体派霊能力者。一人称は「俺」。右目が隠れるほどの長い前髪と、黄土色の瞳が特徴。充霊石勾玉の首飾りを常に身に着けている。「ガチで」が口癖。身長174センチメートル、体重65.1キログラム、胸囲90.5センチメートル。誕生日は1月13日[3]
生まれつき霊に憑依されやすい「霊媒体質」で、霊に体を乗っ取られてさまざまな奇行をさせられたため、幼少期から施設をたらいまわしにされてきた。さらにデイトレーダーの霊に憑依され、株式投資の失敗で多額の借金を背負う。住む家も失い野宿生活を強いられていたところ、中学1年の夏に6代目八咫鋼である魔境院逢牙に出会い、1年間の修行の末に逢牙をしのぐ霊能者に成長する。最大霊力値は1000万を超え、かつて餓爛洞から世界を救った超越者たちの中心的存在。戦い後に成仏した逢牙から秘術・錬成無極を伝授され、正式な7代目八咫鋼となる。
自身が助けたゆらぎ荘の大家から「除霊をしたら家賃無料」という条件を提示され、野宿生活から脱したいという思いからゆらぎ荘の204号室に入居する。
他者のためには種族や立場の区別なく行動できる優しさと度胸を備え、必要とあらばみずから汚名をかぶることもいとわない。霊であっても女は殴らないという信念をもっており、当初はそれが理由で幽奈の除霊を断念する。その生きざまは出会った多くの人物から評価され、特に女性陣の多くから恋愛感情を含めた好意を抱かれる。一方で、不可抗力で女性の裸を見たり体を押し付けられるなど性的なトラブルが絶えず、そのたびに制裁を受ける。入学当初は自身が霊能力者であることをクラスメイトに信じてもらえずに孤立するが、文化祭前日に誤解が解ける。
一般的な霊能者としての資質はとぼしいが、手足から繰り出される打撃は神級の存在をも打倒するほどの威力があり、防御結界も桁違いに頑丈。一方で、自身の霊媒体質が仇となり、術や呪いの影響を受けやすいという弱点もある。憑依してきた多くの名人・達人の霊たちから技術を叩き込まれた結果、スポーツ、料理などあらゆる分野においてプロ級の実力を得ており、借金返済のためのアルバイトにも活かされている。当初は憑依してくる霊たちを忌み嫌っていたが、やがて霊たちの供養のために教えられた技術を使うと考えを改める。白叡との戦いで、自身に憑依した幽奈の力を借りて霊装結界を発動させ、最大霊力値が3億超えの白叡と互角の実力を発揮する。
第1回キャラクター人気投票での順位は6位(543票)。第2回キャラクター人気投票での順位は10位(398票)。
湯ノ花 幽奈(ゆのはな ゆうな)
声 - 島袋美由利[4]
本作のヒロイン。
ゆらぎ荘の204号室に棲む女子高生の地縛霊。一人称は「私」。享年16歳。11月7日に女将から名前を付けてもらい、その日が誕生日ということになった[5]。白い長髪と赤紫色の瞳が特徴の美少女で、死に装束のひとつである頭部の宝冠(三角布)と浴衣を着用している。身長153センチメートル、体重46.7キログラム、胸囲93センチメートル。正体は天狐白叡が作り出した7体目の天狐幻流斎で、死後は記憶と本来の力を封じられていた。
愛想がよく礼儀正しい性格で、初対面の相手ともすぐに打ち解けることができる。悪霊化することを危惧したコガラシからは特に気づかわれている。辻昇天の洩寛に強制成仏させられそうになったところを救われたことがきっかけで、コガラシに強い信頼と恋心を寄せるようになる。一方で、不可抗力でコガラシに裸身を見られたり触られるとパニックに陥り、ポルターガイスト現象でコガラシをぶっ飛ばしたあとに自己嫌悪に陥ることが多い。
透けるも触れるも自由自在(作中語で言う「幽体」「霊体」を使い分けている)。空中を浮遊したり、霊感のない一般人には姿が見えないなど幽霊らしい特性をもつが、人やものに直接触れたり、念力で動かすことは可能であるため、一般人とも筆談を通しての意思の疎通をおこなえる。のちに、こゆずの葉札術で作り出したレプリカの体に憑依することで一般人にも姿が見えるようになるが、特殊な葉札を使うため多用はできない。地縛霊でありながらゆらぎ荘の外でも自由に行動できるが、一度眠ると本人の意思とは無関係にゆらぎ荘に引き戻される。不気味な影の姿で写って怖がられるという理由から、写真撮影を苦手としている。
逢牙の襲撃から逃れる途中で、自身の過去を知るため天狐家を訪れたことをきっかけに、かつての記憶と力が復活。コガラシに憑依することで自身の力を貸し与え、白叡に勝利する。戦いのあとは、引き続き現世でコガラシたちと生活することを希望する。
第1回キャラクター人気投票での順位は1位(3112票)。第2回キャラクター人気投票での順位は1位(2919票)。

ゆらぎ荘編集

仲居 ちとせ(なかい ちとせ)
声 - 原田彩楓[6]
ゆらぎ荘の管理人で、13歳の少女姿のままで1000年近く生きている伝説の座敷童子。一人称は「私」。ゆらぎ荘では幽奈に次ぐ古参の住人で、温泉旅館だった「ゆらぎ庵」時代は仲居を務めていた。ダークブラウンのおかっぱ頭と、茶色い瞳が特徴。
温和ながらもゆらぎ荘最強と称される実力者で、座敷童としての特殊能力と元中居としての高い家事能力で、ゆらぎ荘内の秩序を保っている。その一方で「普通の学校生活」にあこがれており、コガラシたちには内緒で旧友が校長を務める近所の中学校に通学している。コガラシに対しては出会えた縁を幸運と評価しており、彼の普段からの至誠や人間性にも信頼を置いている。
自分や他者の幸運・不運に自由に干渉できる「運勢操作」という能力をもち、「運勢操作・招福(しょうふく)」で幸運を、「運勢操作・惹禍(じゃっか)」で不運を操作する。ただし、幸運には不運、不運には幸運と、操作した運勢とは反対の対価が発生するため、極端な幸運操作は禁物となっている。
中学の同級生のみっちゃんとまおちゃんには怖がられると思って正体を秘密にしていたが、のちに正体を知られ、同時にゆらぎ荘の住人にも学生生活を過ごしていることを知られる。
第1回キャラクター人気投票での順位は9位(413票)。第2回キャラクター人気投票での順位は5位(513票)。
荒覇吐 呑子(あらはばき のんこ)
声 - 加隈亜衣[6]
201号室に住む妙齢の女性で、伝説の鬼「酒呑童子」の末裔である御三家の一角「宵ノ坂」の出身。ピンク色の長髪と緑色の瞳、眼鏡姿が特徴で、ゆらぎ荘随一のスタイルをもつ美女。物語開始時は22歳。一人称は「アタシ」。
ほがらかで楽天的な性格だが、酒を飲みながら全裸姿でゆらぎ荘内をうろつくなど良識に欠けている。コガラシの入居後はある程度ましになるが、依然として露出度は高い。コガラシを弟のように可愛がり、卑猥なしぐさと言動でからかったりする。その性格ゆえに、男性との交際に縁がないが悩み。
飲酒の量に比例して強さを高める宵ノ坂家の特性を受け継いでおり、かつては腕利きの妖怪退治屋として活躍していた。銘酒「鬼殺し」を1000本分摂取した「千升モード」となることで、最大霊力値約1億2000万の逢牙と互角の実力を発揮する。基本の戦闘スタイルは徒手格闘だが、頭部の角から強力な鬼火泡を放って攻撃することもできる。
敵に敗れて重傷を負ったことがきっかけで退治屋を廃業し、少女漫画誌「月刊マーマレード」の連載作家としてデビューする。普段は仕事を放って飲んだくれているが、入稿期限が近づくときっぱり酒を断ち、徹夜で原稿を仕上げる。その際は、コガラシやマトラを臨時アシスタントして半強制的に手伝わせる。
第1回キャラクター人気投票での順位は4位(685票)。第2回キャラクター人気投票での順位は6位(455票)。
雨野 狭霧(あめの さぎり
声 - 高橋李依[4]
202号室に住むコガラシの同級生で、誅魔忍軍に所属する少女。一人称は「私」。紫色の長髪と緑色の瞳、幽奈に匹敵する美貌とスタイルの持ち主。身長163センチメートル、体重51.3キログラム、胸囲94センチメートルのFカップ。
呑子の監視任務を兼ねて14歳からゆらぎ荘に居住している。性格は生真面目かつ厳格で、中学2年まで女子校育ちだったことから男性に対する免疫がなく、特に自分に言い寄ってくる男には厳しい態度を取る。一方で、そんな自分の性格に悩んだり、きれいな服を着てみたいといった年頃の少女らしい感性もある。当初は自分やほかの女性と性的なトラブルを起こすコガラシを強く嫌悪するが、何度も危機を救われたことで無自覚な好意を抱いていく。
誅魔忍軍のなかではエース級の実力者で、一族由来の霊具と忍術を駆使した戦闘を得意とする。最大霊力値は約2000。雨野流誅魔忍術奥義「叢時雨(むらしぐれ)」「小夜時雨(さよしぐれ)」「暴雨(はやさめ)」「雨蛟龍(あめのみずち)」「八岐雨蛟龍(やまたのみずち)」を繰り出し、霊装結界も習得している。コガラシからは実力を高く評価されているが、上位の霊能者や妖怪には敵わず敗北することも多い。
第1回キャラクター人気投票での順位は3位(1677票)。第2回キャラクター人気投票での順位は3位(1433票)。
伏黒 夜々(ふしぐろ やや)
声 - 小倉唯[6]
203号室に住む猫神に憑依されているコガラシより1歳年下の人間の少女で猫らしい耳と尻尾をもつ。物語開始時は中学2年生から中学3年生になる間の春休みだったが第4話から中学3年生で9巻から湯煙高校の1年3組に在籍する。青緑色の短髪で、金色の瞳が特徴。「う」が口癖。身長150センチメートル、体重43.8キログラム、胸囲78センチメートル。
口数や感情表現にとぼしいが、根は心優しく素直な性格。猫らしい習性と高い運動能力の持ち主で、高所で日向ぼっこを楽しんだり、食欲旺盛で特に魚には目がない。コガラシに対しては、ヤマメの塩焼きを作って貰ったり彼の猫神や霊に対する至誠を認識してからは信頼し、懐くようになる。
憑依している猫神との距離が離れると、運動能力が常人並みになる。福猫祭りには毎年参加しており、蠱惑的な動きで強烈に引き付け華麗にいなすことで猫神たちからは人気が高い。ほかの猫神たちとも仲がよく、同時複数体召喚といった芸当もできる。
第1回キャラクター人気投票での順位は8位(442票)。第2回キャラクター人気投票での順位は9位(401票)。
シラタマ
声 - 大地葉
夜々に憑依している猫神であり、普段は夜々の中で眠っている。巨大な白猫で3本の尾が生えており、人語は話せない。
夜々を気に入っており、美味しいヤマメの塩焼きを振るってくれたコガラシのことも気に入っている。夜々以外の人の気配を消してもらうことも可能で、一般人には見えなくなる。霊装結界に似た術も使える。他者の負傷を治癒する能力をもつが、消耗した霊力の回復まではできない。
第1回キャラクター人気投票での順位は21位(7票)。第2回キャラクター人気投票での順位は22位(18票)。
信楽 こゆず(しがらき こゆず)
声 - 春野杏[7]
一人前の変化タヌキになるため、山から人里に修行に訪れた化け狸の女児。10歳→11歳。毛先が茶色い黄土色の短髪と、同じく黄土色の瞳が特徴。一人称は「ボク」。
千紗希のようなスタイルの女性になりたいと思い、研究のために千紗希の部屋にあるすべてのぬいぐるみに妖術を仕込んでいたが、子どもゆえの分別のなさと直行ぶりから怪奇現象としか見られず、コガラシに一喝されて反省。一連の騒動後にゆらぎ荘に転居し、ちとせと同じ管理人室に住む。ゆらぎ荘の住人たちとの関係は良好で、ときどき遊びに来る千沙希を特に慕うようになる。葉っぱを用いて最長1日間だけ、物体を別のものに変化させることが可能。千沙希とは深い絆で結ばれており、簡単に取り憑けた[注 1]
第1回キャラクター人気投票での順位は10位(162票)。第2回キャラクター人気投票での順位は11位(273票)。
神刀 朧(しんとう おぼろ)
声 - 小松未可子[7]
玄士郎の従者兼お目付け役を務める男装の美女。白い短髪と赤紫色の瞳が特徴で、刀の鍔を眼帯代わりに左目に着けている。一人称は「私」。正体は玄士郎の異母姉で、先代黒龍神の尾から生まれた神刀。
生まれながらに龍雅家と異母弟・玄士郎への忠誠を誓わねばならない宿命を背負っており、体の一部を鋭利な刃に変化させ、自在に空間を跳躍して闘う。玄士郎を一蹴したコガラシに興味を抱き、強い龍雅家を作るためにコガラシの霊力を引き継ぐ子を身籠るべく、ゆらぎ荘の205号室に転居してくる。最大霊力値は約3万。
人間界の一般常識には疎く、羞恥心も欠けているために、たびたびコガラシに夜這いや肉体的接触をかけ迫ってくる。コガラシからはホワイトデーにひとりだけマナーの書籍を贈られており周囲と同様にその行動を深刻視される。女子力が高い千紗希を「師匠」と呼び慕い、コガラシを籠絡する方法を学ぼうとする。当初はただ子を産むためだけにコガラシに迫っていたが、ゆらぎ荘での生活を経て本心から好意を抱くようになり、コガラシに再戦を挑んだ玄士郎の一芝居によってそれを自覚する。
第1回キャラクター人気投票での順位は5位(563票)。第2回キャラクター人気投票での順位は7位(443票)。
雨野 雲雀(あめの ひばり)
狭霧の同級生の従妹で、同じく誅魔忍軍に所属している。群青色の長髪と瞳が特徴。身長154センチメートル、体重45.1キログラム、胸囲80センチメートル。
狭霧とは対照的に明るく社交的だが、感情の起伏が激しく冷静さに欠ける。狭霧とは姉妹のように仲がいい一方で、容姿や実力など多くの面で自分を上回る狭霧に劣等感を抱いている[注 2]
しのび祭りの際、「交際している彼氏がいる」という見栄を張るために、夏休みのバイト行脚で誅魔の里を訪れていたコガラシを恋人役に指名し、自身を励ましてくれたコガラシに本気の恋心を抱く。やがてコガラシを追ってゆらぎ荘の206号室に移り住み、コガラシのクラスメイトとして湯煙高校に編入してくる。狭霧とは違ってコガラシに積極的に迫るも、肝心な場面でドジやミスを犯し、気持ちの空回りが続く。千紗希を最大の恋のライバルとして認識している。
水色で縞々模様のパンツを愛用しているが、これは小学生のころに狭霧から「自分の下着は全部無地だが、雲雀の下着は柄があって洒落ている」と褒められたことで、幼い趣味であると自覚しながらもつい選んでしまうとのこと[8]
コガラシに振られたショックで一度実家に帰るが、開き直ってコガラシへの求愛を続けることを決める。コガラシへの強い想いで完全な霊装結界を身につける。
第1回キャラクター人気投票での順位は7位(537票)。第2回キャラクター人気投票での順位は4位(664票)。

湯煙高校編集

コガラシのクラスメイト編集

宮崎 千紗希(みやざき ちさき)
声 - 鈴木絵理[4]
コガラシと同じクラスの女子生徒。ヘアピンをつけたカーディナルレッドのミディアムヘアーと、青緑色の瞳が特徴。身長155センチメートル、体重47.3キログラム、胸囲93センチメートルのFカップ。
モデルにスカウトされるほどの美しい容姿とファッションセンスに加えて、気立てもよく料理上手という才色兼備。校内の男子たちからはアイドル視され人気を集めているが、母親から「男子はみんなオオカミ」と教えられており、恋愛には奥手で警戒心が強い。自分の回りで起こる霊現象の解決を依頼したことでコガラシと接点をもち、当初は警戒しながらも次第に好意を寄せるようになり、雲雀と幽奈に自身の気持ちを打ち明ける。芹と紫音からはコガラシとの恋を応援される。霊や妖怪に対する偏見はなく、ゆらぎ荘の住人たちとも良好な関係を築いていく。こゆずに憑依されることで幽奈が見えるようになる[注 3]。狸憑きの最大霊力値は500。憑依の名残で、こゆずが憑依していなくても幽霊が見えるようになる。
ゆらぎ荘の外が舞台となった第4話から登場する。彼女はゆらぎ荘に住んでいないので、学校のエピソードでの登場頻度が高い。異能も持たない。非ゆらぎ荘メンバーの中で、ジャンプ・アニメ版・ゲーム版の全ての公式サイトで主要キャラクター紹介にクレジットされている唯一の人物である。
第1回キャラクター人気投票での順位は2位(1859票)。第2回キャラクター人気投票での順位は2位(2092票)。
兵藤 聡(ひょうどう さとし)
声 - 本橋大輔
コガラシの同級生の男子生徒。黒い短髪。身長176センチメートル、体重67.5キログラム、胸囲87.3センチメートル。
転入時の自己紹介で周囲に引かれたコガラシとも普通に接する性格。千紗希や狭霧などの美少女の情報をまめにチェックし、女性に囲まれるコガラシの環境をうらやむなど、思春期の男子らしい感性をもつ。自分もコガラシの女運にあやかろうと策を弄するも、常に失敗して制裁を受ける。性欲がからまなければ、基本的には好青年。
トゥインクルスの大ファン。
第1回キャラクター人気投票での順位は21位(7票)。
柳沢 芹(やなざわ せり)
声 - 大地葉
コガラシの同級生の女子生徒で、かつては仙石中学校の先代番長を務めていたスケバン。千紗希とは付き合いの長い親友同士。ロングヘアーの黒髪。身長165センチメートル、体重51.7キログラム、胸囲84センチメートル。
男性的な口調と好戦的な性格が特徴で、友人を馬鹿にした人間には怒りをあらわにする。兵藤によく鉄拳制裁をくわえている。紫音からは「芹姐さん」と呼ばれ慕われている。中学3年に進級したころに兵藤と千紗希の中学に転校してきた。転校してきた当初は相当荒んでいたが、千紗希と友人となってからは丸くなった。気風と面倒見がよく、男子にも隠れた人気がある。千紗希のコガラシに対する想いを知っており、その恋を応援する。
第1回キャラクター人気投票での順位は19位(11票)。
葦田(あしだ)
声 - 菅原慎介
コガラシの同級生の男子生徒。千紗希に惚れている。金色の短髪。当初は霊能力者を自称するコガラシを中二病あつかいする。臨海学校での肝試しのとき誤って封じられた妖怪(声 - 杉崎亮)を目覚めさせて窮地に陥るが、コガラシに助けられたことで、感謝とこれまでの非礼を詫びる。
文化祭では舞台劇『人魚姫』の王子役を務める。
別所(べっしょ)[注 4]
声 - 坂泰斗
コガラシの同級生の男子生徒。黒い短髪と太い眉毛が特徴。葦田とは同じ中学出身であり、演劇部だった。
臨海学校の肝試しでは葦田とペアになり、葦田とともに妖怪に襲われたところをコガラシに助けられる。
文化祭では舞台劇『人魚姫』の監督を務める。
雨野 雲雀(あめの ひばり)

1年3組編集

轟 紫音(とどろき しおん)
芹の後輩の女子生徒。初登場時は仙石中学校の13代目番長で、のちに湯煙高校に進学する。リーゼント頭で眉毛なしの風貌だったが、不良をやめて普通の女の子に戻りたいと思い、千紗希に容姿の改造を依頼する。金髪のロングヘアーで、瞳の色は赤紫色。スカジャンを着用している一方で、クマの柄がプリントされたパンツを穿いている。身長145センチメートル、体重41.5キログラム、胸囲75センチメートル。
芹から千紗希がコガラシに片想いしていることを聞かされ、千紗希への恩を返すためコガラシと千紗希を結ばせようと努力する。同時に、自身もコガラシに強い憧れを抱くようになる。中学時代の悪名が原因でクラスメイトからは恐れられるが、木から降りられなくなった猫を助けたことで夜々やなずなの友人となる。
第2回キャラクター人気投票での順位は14位(101票)。
伏黒 夜々(ふしぐろ やや)
日暮 なずな(ひぐらし なずな)
夜々の中学からの親友の女子生徒。ロングヘアー。魔の魔屈階段の被害に遭う。
第2回キャラクター人気投票での順位は19位(27票)。

教職員編集

夢咲 春夢(ゆめさき はるむ)
声 - 石見舞菜香
2年4組の担任教師で、サキュバスの血を引く半妖の女性。短い黒髪だが、前髪は両目を覆うほど長い。身長160センチメートル、体重51.4キログラム、胸囲96センチメートル。25歳。
他者に卑猥な呪いをかける魔眼の持ち主で、普段は誤って呪いをかけないよう、魔眼封じのコンタクトを着用している。母親から夢魔と向き合っても耐えられる男を伴侶に選ぶように言われているが、相手に呪いをかけることを恐れてコンタクトを外せないうえに男性との話しかたも分からないため、いまだに交際経験はない。誅魔忍軍ストアの愛好者でもある。
第1回キャラクター人気投票での順位は14位(49票)。第2回キャラクター人気投票での順位は12位(248票)。

ラフィーネ女学院編集

白露 蓮華(しらつゆ れんげ)
高等部2年生で生徒会長。ロングヘアー。白露グループ会長の孫娘にして生粋の令嬢。容姿端麗な上物腰も気品に溢れ全校生徒の憧れと尊敬を一身に集める存在だが、周囲の期待に応えなければという義務感からくる重圧に深く悩んでいる。気晴らしに興味本意で行った交霊術で呼び出した動物霊が原因で、学院に怪現象を引き起こしてしまい、ピンチに陥ったところをコガラシと幽奈に助けられた。少々高慢なイメージを持たれているが素顔は気さくで接しやすい、恋に恋する普通の少女である。
第1回キャラクター人気投票での順位は13位(104票)。第2回キャラクター人気投票での順位は17位(41票)。
森野 古湖乃(もりの ここの)
高等部1年生で生徒会書記。ショートヘアー。幼なじみの千紗希を通して、学院内で起こる怪現象の調査をコガラシと幽奈に依頼する。崇拝の域に達するほどに蓮華に憧れを抱いているが、その気持ちが蓮華を追い詰めていることを知り反省する。

誅魔忍軍編集

雨野 狭霧(あめの さぎり)
浦方 うらら(うらかた うらら)
声 - M・A・O
狭霧の同級生で、同じ誅魔忍軍に所属する。一人称は「ウチ」。黄土色の短髪が特徴。式神の使い手で、任務では狭霧の補佐役を務める。身長150センチメートル、体重42キログラム、胸囲78センチメートル。
流暢な関西弁で、非常に口が回る。相手の迷惑もかえりみず調子に乗る欠点はあるが、根は友達思い。堅物で周囲から浮きがちな狭霧を友人として気づかい、狭霧を変える可能性のあるコガラシに期待を寄せる。恋愛話が大好きで、コガラシの話題を引き合いに狭霧や雲雀をからかうこともある。
第1回キャラクター人気投票での順位は19位(11票)。第2回キャラクター人気投票での順位は23位(15票)。
雨野 雲雀(あめの ひばり)
雨野 時雨(あめの しぐれ)
狭霧と雲雀の祖母で、2人からは「おばば様」と呼ばれている。一人称は「ワシ」。八咫鋼の継承者であるコガラシを雨野家に引き込もうと、狭霧と雲雀に「コガラシを籠絡し婿に迎える」という長期任務を命じる[注 5]
巴(ともえ)、葉月(はづき)
誅魔忍軍に所属していて、雲雀の友達。失恋した雲雀を気づかう。霊装結界は習得していない。
第2回キャラクター人気投票での順位は、巴が21位(20票)。

妖怪・神編集

龍雅家編集

龍雅 玄士郎(りゅうが げんしろう)
声 - 細谷佳正
信濃龍雅湖を統べる神霊「黒龍神」が人間の若い男性に変化した姿。一人称は「余」。種族を問わず自分の妻にふさわしい霊力を持つ美女を探しており、湯煙町で出会った幽奈を見初め、強引に居城である龍雅城に連れ去る。
美男だが好色で傲慢な性格。精神年齢も非常に幼いが、誅魔忍が総出でも敵わないほどの強者。幽奈の救出に現れたコガラシを人間と侮り倒そうとするが、女性を私有物のようにあつかう態度に怒ったコガラシに一撃で敗北する。その後、修行を欠かせば嫁探しは禁止と釘を刺され、極龍洞に半年籠って極龍如水を会得。コガラシとの再戦では善戦するも、再度敗北する。最初は単にコガラシへの復讐のみを考えていたが、コガラシの人柄や朧の楽しげな近況を知ると気が変わり、戦いついでに朧の籠絡作戦実行を家臣たち(声 - 柳田淳一)に認めさせるため一芝居を打つ。戦闘後は朧に好きに生きるよう伝え、自身は修行を再開する。
玄士郎の母
声 - 小松奈生子
先代黒龍神の妻で、玄士郎の実母。本名不詳。腹違いの朧を我が子のようにかわいがっており、朧からも「御前さま」と呼ばれ慕われている。朧に玄士郎と龍雅家の未来を託す。
神刀 朧(しんとう おぼろ)

猫神編集

猫神の長老
大きな体のお爺さん猫。コガラシと幽奈に、猫たちと遊んでくれたお礼に「ネコになってみたい」という願いを叶え、猫のミミ、トラと心を入れ替える。術を解くには長老自身が眠る必要がある。
サブロウ
声 - 坂泰斗
人語を話す三毛の猫神。夜々が小学生のころに出会い、夜々に憑依している猫神の名前が「シラタマ」だと教えた。夜々からコガラシのことを色々聞いており、福猫祭りで彼と出会う。コガラシが攫われた際は、夜々の頼みでコガラシ救出作戦に協力する。
アラマキ
声 - 武虎
乱暴者の猫神。以前人間である夜々にじゃらされたことを屈辱と感じ、以来夜々を目の敵にしていた。福猫祭りではサングラスで自分の視覚を封じて夜々に勝負を挑むが、コガラシにサングラスをはじかれ、夜々にじゃらされて敗北。夜々と和解する。
コガラシが攫われた際は、夜々の頼みでコガラシ救出作戦に協力し、スズツキを追い詰める。
シラタマ

西軍編集

緋扇 かるら(ひおうぎ かるら)
京の妖怪を束ねる大天狗の娘。茜色の長髪に金眼、豊満なバストが特徴。
普段は高飛車で威圧な態度と言葉づかいをしているが、実際は純真で極度の照れ屋。2年前の抗争に乱入したコガラシの強さを目の当たりにして以来、熱烈な恋心を寄せている。部下たちのまえでは本心を知られないようにコガラシを付け狙うふりをしているが、自室にコガラシの写真や抱き枕などの自作グッズを大量に持ち込んでいるなど、その行動はストーカーと化している。
さまざまな古術を現代に蘇らせている天才で、幽奈たちの一斉攻撃を一蹴する実力をもつ。言語化された思念を聞き取ることができる「他心通(たしんつう)」、この世のどこでも見られる「天眼通(てんげんつう)」、空間転送術の「神足通(じんそくつう)」といった神通力が使用できる。最大霊力値は約3万。
コガラシをこけし化してさらい、支離式の儀の呪いをかけて服従させようとするが、幽奈に呪いを破られて敗北する。さらに自身の他心通が狂ったことで、周囲に自身の恋心を知られ、肝心のコガラシからも振られる結果となる。それでもコガラシへの想いをあきらめきれず、今度はコガラシのバイト先であるファミリーレストランのウェイトレスとなり、正当な手段でコガラシの心をつかもうと努力する。
第1回キャラクター人気投票での順位は11位(149票)。第2回キャラクター人気投票での順位は8位(431票)。
巳虎神 マトラ(みこがみ マトラ)
かるらの幼なじみである、の半妖の少女。ベージュの短髪と群青色の瞳、褐色肌とかるら並みのバストサイズが特徴。常に棒付き飴を咥えている。
強者との戦いを最大の楽しみとする戦闘狂で、京妖怪最高戦力とされる怪物。さらにかるらから教えられた他心通を使うことで、相手の心理を先読みすることができる。かるらを「おひいさん」と呼び、その身を案じている。
コガラシ簒奪時は呑子や朧を一蹴し、屋敷に侵入した狭霧と雲雀を同時に圧倒するが、酒を5合呑んで力を高めた呑子との再戦で完敗する。この戦いで呑子をよきけんか仲間と認識するようになり、漫画のアシスタントも務めるようになる。
第1回キャラクター人気投票での順位は16位(24票)。第2回キャラクター人気投票での順位は13位(176票)。
緋扇 我流駄(ひおうぎ がるうだ)
かるらの父で、西軍の幹部。かつては勇猛苛烈だったが、関ヶ原の戦に乱入したコガラシの圧倒的な強さに心を折られ、2年後の現在も腑抜けたままとなっている。現在は緋扇学園理事長。
スズツキ
かるらの側近の雀天狗。かるらの命令で、ヤツデ葉札を使った変化の術でコガラシをこけしに変化させる。かるら同様、他者の心を聴く他心通を習得している。
夜々と猫神たちに敗北しアラマキに追い詰められるものの、かるらには絶対の忠誠を誓っており、かるらの命令を命がけで守りぬく。
逢牙が急襲した際は、転送術で幽奈たちを必死にサポートする。
三羽鴉(さんばがらす)
スズツキと行動をともにするかるらの家来。実力はかるらやマトラには遠くおよばずとも鴉天狗では十指に入る手練れ。シラタマとの戦いでは、シラタマに敗北するものの彼を霊力切れまで追いつめる。

東軍編集

葛城 ミリア(かつらぎ ミリア)
妖狐の女児。狐耳と5本の尻尾が特徴。11歳。東京在住。変化の腕はこゆずと互角。狸憑きの最大霊力値は300。霊波紋がそっくりであるという理由から、幽奈が生前の天狐幻流斎と同一人物だと認識している。父は東軍の幹部であり、天狐幻流斎の霊を利用して一族の悲願である天狐一族入りを果たそうと、ゆらぎ荘を訪れる。自分が知る幽奈の生前の記憶を伝えようとするが、御三家の人間であるコガラシと呑子がいることに気づくと、自身の手にあまる事態になるとして断念する。
逢牙の襲撃時は、幽奈たちを天狐家の門に案内する。白叡戦後、天狐家に取り入るために幽奈たちを利用しようとしていたことを打ち明けるが、特に罰せられることもなく受け入れられる。
第2回キャラクター人気投票での順位は16位(75票)。

その他妖怪編集

漸玖狼(ザクロ)
御三家に匹敵するほどの実力の持ち主。裏世界の武術大会では逢牙に勝利するも、コガラシに死闘の末敗北した。超越者の1人に数えられており、3年前の餓爛洞戦ではコガラシを庇い消滅したかと思われたが、結局消滅せずに済んだ。その後も逢牙やコガラシと魔界の邪神を倒したり、平行世界の崩壊を止めたりしていた。平行世界で嫁を見つけ、平行世界に残る。

霊・霊能力者編集

辻昇天の洩寛(つじしょうてんのせっかん)
声 - 山本格
「救沌衆降魔僧(ぐどんしゅうごうまそう)」のひとり。昇天陣で幽奈を強制成仏させようとしたが、コガラシに阻止されぼこぼこにされた。その後、大量の弟子を引き連れてゆらぎ荘の住人を一掃しようとするが返り討ちにあい、ちとせの運勢を操る術で娘と和解し、礼を述べて帰っていく。
チンネン
辻昇天の洩寛の弟子のひとり。ちとせの運勢を操る術でジョニーズに合格し、僧侶をやめる。
愛海(あみ)
声 - 小原好美
褐色肌の若い女性の地縛霊。泰久とは恋人同士であり、海に落ちた泰久を助けようとして命を落とした。やっと会いにきた泰久をボコボコにし、想いを伝えて成仏する。
泰久(やすひさ)
声 - 小林裕介
若い男性の地縛霊。愛海とは恋人同士であり、30年ほど前にオートバイの運転を誤って海に転落し命を落とした。自分のせいで愛海を死なせてしまったことに罪悪感を感じ、愛海に会うのが怖くて会えずじまいだったが、コガラシに背中を押され愛海と会い成仏する。
流禅(りゅうぜん)
世界各地を修業して回っている女性占術師。一人称は「僕」。一目で幽奈とコガラシの正体を見抜く霊視能力をもつ。
「魔眼ラプラス」で世界のすべて見渡す力をもつが、情報量が膨大すぎるのが難点。目標はこの技術をより高めて天狐幻流斎に肉薄すること。生前の幽奈について占い、その正体を探る一助となる。
第1回キャラクター人気投票での順位は17位(14票)。
ヌース
流禅の式神。流禅が魔眼ラプラスで視た現在を分析し、現在をもとに過去と未来を演算し、欲しい答えを授けてくれる。本体には数年前の世界をもとに過去と未来を計算させ続けており、20年くらいまえまでならさかのぼれる。
如月 姫沙羅(きさらぎ きさら)
女性霊能力者。もう来ないと言われていた心霊ブームを再び巻き起こした超有名人。霊能力者としてはまだ三流で、霊と話ができるだけで悪霊や妖怪と戦うことはできない。コガラシと雲雀を自称霊能力者だと思っていた。
夜叉鮟鱇から雲雀を身を挺して庇おうとしたが杞憂に終わり、コガラシが一撃で夜叉鮟鱇を倒すのを目の当たりにして、とてもついていけないと自覚する。その後、ロケで飛ばされる心霊スポットの危険度は増す一方となったが、どうにかこうにか生き延びているという。
魔境院 逢牙(まきょういん おうが)
6代目八咫鋼で、コガラシの師匠。長い黒髪と緑色の瞳、左頬の傷跡が特徴で、幽奈たちに勝るとも劣らないスタイルの持ち主。一人称は「アタシ」。軍服風の霊装結界を常時纏い、勾玉の首飾りを身につけている。男勝りな性格からコガラシに地獄のような修行を課していた一方で、弟のようにかわいがっていた。
約100年前の餓爛洞との戦いで命を落としたが、霊体となって悪霊退治を継続していた。3年前の餓爛洞戦時の最大霊力値は約1000万だったが、さらなる鍛錬の末に約1億2000万まで数値を高めている。
コガラシが八咫鋼の秘術を完全に会得してくれた時一度成仏したが、餓爛洞がまだ健在であることを知り、秘術を託したコガラシの危機を強く感じたから、コガラシには内緒で現世に戻り調査を進めていた。幽奈と天狐幻流斎の霊波紋が餓爛洞と一致したことから、幽奈を始末しようと襲いかかり、幽奈を守ろうとするコガラシたちとも敵対する。コガラシを一撃で失神させるも、ほかの仲間たちの妨害に遭い、千升モードとなった呑子との激戦で霊力の9割9分を消耗し、霊子結晶で最大霊力の1割を回復させる。
白叡戦後は、自身の誤解で幽奈たちを襲撃したことを謝罪し、自身が来たことが原因で壊れた建物・設備の修繕費や呑子が消費した千升分の酒代を立て替える。ゆらぎ荘の仲間と暮らすコガラシが孤独ではないと安堵し、未練が晴れて皆が見守るなか成仏する。
第1回キャラクター人気投票での順位は17位(14票)。
宵ノ坂 酌人(よいのざか しゃくひと)
宵ノ坂家の次男。狭霧の婚約者。一人称は「僕」。関西弁口調。狭霧に惚れてて勇猛果敢な女の子は好きだが只の考えなしの女の子には苛立つ性格。

天狐家編集

天狐 白叡(てんこ びゃくえい)
天狐の始祖。長髪で、眼鏡をかけている。かつては世人のために働く真面目な人物だったが、死病に侵された娘の幻を不老不死とするために餓爛洞の術に手を出した結果、ゆがんだ人格に変貌していった。研究の一環として、幻の複製体である7体の天狐幻流斎を生み出すが、失敗作である彼女たちには愛情を抱いていない。通常時の霊力値は約500万。
餓爛洞を取り込んだ際の最大霊力値は3億以上になり、霊装結界の使用も可能になる。幽奈が憑依したコガラシと激戦を繰り広げている隙をつかれ、幽体離脱した幻に餓爛洞の術を解除されたことで不死の特性が失われ、身体が灰となって消滅する。
天狐 幻(てんこ まほろ)
白叡の娘で、天狐幻流斎のオリジナル体。霊能力者としては父をも超える逸材だったが、先天性の死病で余命いくばくもない身であった。病の進行を防ぐため白叡によって封印されていたが、100年以上をかけて封印を破る。幽体離脱して白叡の霊体に接続しすべての餓爛洞の術を解除する。自身の複製体である幻流斎たちのことは妹のように思っている。幽奈の幸福に救いを感じており、コガラシと幽奈に感謝し消滅する。コガラシたちによって、父とともに天狐家本家のある異界に墓標を立てられる。
天狐 幻流斎(てんこ げんりゅうさい)
白叡が生み出した幻の複製体。全部で7体が製作されたが、いずれも不老不死にはなれなかったため失敗作とされていた。
100年前につくられた2体目の幻流斎は廊で育てたせいか節度がまるでなく、帝都に餓爛洞を落とした。
3体目以降からは天狐家の者に育てられ、白叡からは術の指導のみを受け、たまに旅行などに連れて行ってもらえたりもした。そのかいあって100年前のような暴走は起きなくなったが、他者の霊魂を収集することへの抵抗が生まれ、餓爛洞の術を覚えようとしなくなったことで、忌み名による強制支配を受けて餓爛洞を育て上げさせられた。
古今東西を見通し、因果の改竄までも成し得たとされる大霊能力者と流禅が語っていたのは、幽奈とは別の個体。生前の最大霊力値は約730万。
7体目の天狐幻流斎(生前の幽奈)は忌み名による強制操作をも防ぐ術をみずから編み出し制御不能になり、6体目までが育て上げた餓爛洞を引き継ぐこともせず最期まで白叡に反抗したまま死亡した。
湯ノ花 幽奈(ゆのはな ゆうな)
7体目の天狐幻流斎。
天狐 雪崩(てんこ なだれ)
現在天狐家の当主。

一般人編集

宮崎 日和(みやざき ひより)
声 - 日笠陽子
千紗希の母親。36歳→37歳。ポニーテールにまとめたカーディナルレッドの頭髪と、青緑色の瞳が特徴。実年齢に合わない若々しい美貌と豊満なスタイルをもち、主婦業と仕事を両立させる良妻賢母。夫は海外に単身赴任中だが仲は良好で、千紗希からは理想の女性像として目標とされている。
学生時代に男たちから言い寄られ辟易した経験から、千紗希には男を遠ざけるように教育してきた。一方で、千紗希の想い人であるコガラシに興味をもち、恋のライバルが多いことを楽しむそぶりを見せる。夏休みに自宅に泊まりに訪れたこゆずを気に入る。
第1回キャラクター人気投票での順位は12位(131票)。第2回キャラクター人気投票での順位は15位(85票)。
羽良嶋 累(はらしま るい)
声 - 渡辺優里奈
呑子の漫画の担当編集。短い黒髪で、前髪で右目が隠れている。呑子の1歳年下の女性。学生時代は呑子に憧れと親近感を抱いていて、呑子の漫画の読切も全部スクラップしていた。呑子の漫画の人気を陰から支える立役者で、呑子とは固い信頼で結ばれている。
第1回キャラクター人気投票での順位は21位(7票)。
(つとむ)
声 - 相馬康一
ちとせが通う中学校の校長で、ちとせとは古くからの友人。白髪で、眼鏡をかけている。数十年前は歯の抜けた悪ガキだった。ちとせを「ちとせ姉」と呼んでいる。
みっちゃん、まおちゃん
声 - 鈴代紗弓(みっちゃん)、大野柚布子(まおちゃん)
ちとせが通う中学校の同級生たちで友人。2人ともお化けが苦手。
みっちゃんはツインテールで、髪の色が黄土色、瞳の色が茶色で八重歯が生えている。
まおちゃんはロングヘアーで、髪の色と瞳の色が黒紫色。
不良2人組(声-菊池幸利秋葉佑)に絡まれていたところを助けてくれたコガラシを、かっこいい人と評する。
中学2年からは、ちとせを「ちーちゃん」と呼ぶ。ちとせの後をつけてゆらぎ荘にたどり着き、ちとせの正体が妖怪であることを知るが、ちとせを怖がることなく受け入れる。
馬場(ばば) 、田村(たむら)
月刊少女マーマレードの編集部勤務。両想いになりおめでた婚する。
アズサ
仙石中学校のナンバー2。ロングヘアーで眉毛を剃っており、マスクを付けている。紫音を敵視しており、不良仲間を引き連れて紫音の後輩を人質にとり、紫音を痛めつけようとするが、救出にきたコガラシの強さに戦意喪失し逃走する。
野々田(ののだ)
湯煙温泉卿フェス実行委員会会長。髪はオールバックの中年男性。ちとせの大恩人で、人外であるちとせの戸籍取得などに尽力した。フェスを盛り上げてくれた参加者たちに、湯煙温泉卿の旅館ならどこでも泊まれるペア御宿泊券を贈呈する。
トゥインクルス
ツインテール、ロング、ショートヘアの3人の美少女アイドル。ライブで一番大切なことは客を楽しませることと信じており、そのためならやれることはなんだってやる。湯煙温泉卿フェスでは観客を盛り上げる。
第2回キャラクター人気投票での順位は、ツインテールが18位(33票)、ロングが20位(23票)、ショートが28位(5票)。
北条 マキ(ほうじょう マキ)
トゥインクルスの女性プロデューサー。ショートヘアー。「ダイビングハート」の作詞・作曲を手掛ける。始めは湯煙温泉卿フェスに出場しようとした地元の高校生たちを見下していたが、幽奈たちのパフォーマンスを見て絶句し、これまでの非礼を謝罪する。
星野 またたき(ほしの またたき)
呑子の在宅アシスタントを務めるマンガ家の卵。星野またたきはペンネームで本名不詳。呑子に憧れている。

その他編集

双六の精霊(すごろくのせいれい)
妖怪双六」の天の声。無事にゴールした副賞として、コガラシ、狭霧、こゆず、朧、雲雀の5人を桃源郷に招待して消える。
魔王(まおう)
デザイアクエスト」のラスボス。勇者とは時を巻き戻す能力者(セーブができる)ということに気付き、セーブする前に勇者を魔王城に幽閉することにし、勇者の兵藤をさらって幽閉した。兵藤の記憶から、コガラシ、幽奈、雲雀の情報を読み取り、コガラシが女と呪いに弱いことを知る。誅魔忍軍の雲雀が苦戦するほどの強さを持ち、雲雀の「セクシーハリケーン」をくらっても倒されなかった。相手を石化させることもできる。
えっちな美女に迫られ続ける幻覚「ハーレムーン」をコガラシにかけて苦しめるが、幽奈と雲雀の「聖なるぱふぱふデュオ」で目覚めたコガラシに一蹴される。
さばげぇの精霊
妖怪ウォーターガンサバイバルゲーム」の天の声。双六の精霊の姉妹。
コーくん(冬空コガラシ)
11年後のコガラシ。未来の千紗希の恋人。千紗希と結ばれたイフルート世界。

用語編集

場所・建物編集

ゆらぎ荘
かつては「ゆらぎ庵」という名前の温泉旅館だったが、怪奇現象のため潰れたという。しかし事実は逆で、幽奈の噂のおかげで心霊旅館として有名になって多くのお客で賑わっていた。また、女将は元々ゆらぎ庵を畳む予定であり、幽奈のせいで潰れたわけではない。
現在はちとせが管理人の賃貸アパートになっており、初期費用ゼロ、保証人不要、即日入居可能。食費1万5000円で朝夕の二食付き。家賃は月千円。温泉も入り放題。
宿舎規則(しゅくしゃきそく)
ゆらぎ荘が下宿になった際、当時の女将が取り決めた鉄の掟。逆らった者は恐ろしい不幸に見舞われるという。勝負方法はゆらぎ荘に古くから伝わる伝統競技-温泉卓球ダブルス一本勝負で、敗者は勝者の意に従わなければならない。
湯煙高校(ゆけむりこうこう)
コガラシが通う高校。進級によるクラス替えはない。
魔の魔屈階段(まのまくつかいだん)
湯煙高校の七不思議のひとつ。階段下に男子がいるとき女子が必ずパンチラするという階段。犯人はウワサそのもので、霊気によりウワサが現実化するというきわめて稀な現象が起きている。
ウワサ自体を変えるインパクトとして、コガラシ、兵藤、1年男子生徒2人の計4人が女装してパンチラしたことで、女装男子がパンチラしてしまう魔の階段として長く語り継がれたという。
ユノワール
湯煙温泉郷にある温泉レジャーランド。ウォータースタイダーもあり、水着で温泉に入る。
龍雅湖(りゅうがこ)
日の光の届かない地底湖。
龍雅城(りゅうがじょう)
龍雅湖の畔に佇む黒龍神の城。頭上の灯りは妖怪・釣瓶火で、城内にも配下の妖怪がごまんといる。
極龍洞(ごくりゅうどう)
龍雅家に伝わる古代の闘技場。朧の転送術でも極龍洞からの脱出は不可能。
ラフィーネ女学院
良家の子女たちが通う男子禁制の女学院。山の上に立つ城のような立派な校舎が特徴。
一部の生徒で交霊術が流行し、そのころから学院内で突然奇妙な音が鳴ったり、机に足跡がついていたりということが起こり、交霊術によって召喚された悪霊の仕業だと噂されていた。
緋扇邸(ひおうぎてい)
京都に建てられており、建物全体に結界が張られている。東側には地下牢があり、西側にはかるらの自室がある。
仙石中学校(せんごくちゅうがっこう)
有名な不良学校で、通称「ゴクチュー」。芹や紫音はここの出身である。
湯煙町立図書館(ゆけむりちょうりつとしょかん)
GW中の臨時スタッフ募集で、コガラシはここでバイトしていた。赤点を取った雲雀がここでテスト勉強していた。

霊関連編集

悪霊(あくりょう)
人魂を纏っている霊の総称。永い孤独から本来の姿を失う霊が多いが、生前の姿を維持している霊もいる。自身より弱い霊を無理矢理人魂化して纏うが、悪霊と悟られないよう霊体の中や足下に隠す霊もいる。
人魂(ひとだま)
自我を失った霊の姿。
霊気(れいき)
霊や霊能力者だけでなくすべての人間が発している。その霊気を操るのは人の思念で、人が何かを思った時霊気がほんの少しだけその何かに送りこまれる。
霊子線(れいしせん)
なんらかの術を用いるとき術者と対象物を結んで霊気を伝える電線みたいなもの。幽体と肉体を繋いでたりもする。「シルバーコード」「霊の緒(たまのお)」とも呼ばれている。
交霊術(こうれいじゅつ)
コックリさんやクリーチャーゲームと同じ、霊を召喚して人の運命や秘密について聞くという占いのような遊び。交霊術により呼び出した霊を霊界に還すには、術者本人が霊を還す儀式を行うこと。
霊波紋(れいはもん)
個人ごとに異なる霊気の指紋のようなもの。死後も波紋が変わることはない。
幽体(ゆうたい)
透明人間みたいなもので、物に触れたり、温泉で熱さを感じたり濡れたりできる。
霊体(れいたい)
どんな物でも身体をすり抜ける。霊能力者であれば触れることが可能。

誅魔忍関連編集

誅魔忍軍(ちゅうまにんぐん)
闇夜に紛れ人に仇なす暴虐非道の妖怪共に神秘霊妙の奥義をもって天誅を下す女性の霊能忍者集団。誅魔忍は基本的に女しかなれない。誅魔忍軍では手に負えんと判断した霊的存在を神と称している。誅魔忍の忍具は霊気を具現化したもので、人間には刺さっても痛いだけでほぼ無傷で済む。呪いには耐性がある。
強みは日本全土に支部を置けるだけの動員数と組織力である。並の誅魔忍の霊力値は100前後。
しのび祭り
誅魔の里で行われる祭りであるが、裏の顔は全国の誅魔忍軍が里帰りする時期に霊力の強い嫁を求め日本中から霊能力者が集まる「霊能力者の婚活の場」でもある。
誅魔忍軍ストア
魔眼封じのコンタクトや現身コンタクトなどが売られている。夢咲春夢がよく利用している。

妖怪編集

猫神(ねこがみ)
気まぐれに人間を宿主とし、宿主に様々な力を与えるが、誅魔忍軍では基本的には無害とされている妖怪。宿主を守る習性がある。年を経ると、人の言葉を喋れるようになる。
ヒュドラアナゴ
沖合水深300メートル超の海底の中から触手を生やし、女の水着を剥ぎ取る妖怪。
鬼蜂(おにばち)
誅魔忍軍危険指定妖怪で、成蟲になると人間の霊気を集めて回る厄介な蟲。
縁切鋏(えんきりばさみ)
その呪いを受けたら想い人との縁を断ち切られる。想い人の顔を見ることも、声を聴くことも、手紙を受け取ることすらできなくなる。
夜叉鮟鱇(やしゃあんこう)
迷い込んだ女をあられもない姿にして、男を誘い込む。丸呑みにした男を体液で包んでコーティングし、己の体に寄生させ、ゆっくりと時間をかけその精気を吸い取っていく。女は食わず、腹が満たされ用なしになった女は排除される。

組織編集

御三家(ごさんけ)
強力な霊的存在の家系「宵ノ坂(よいのざか)」「天狐(てんこ)」「八咫鋼(やたはがね)」。
彼らは霊的存在の天下統一を目指し千年以上ものあいだ、三竦みの状態を続けていると言われていたが、いつのころからか八咫鋼の血筋が途絶えたという噂が立ち、これによって三竦みの均衡が崩れ始めた。そして2年ほど前関ヶ原にて天狐を総大将とする東の妖怪と、宵ノ坂を総大将とする西の妖怪による天下分け目の合戦が行われたが、戦いの火蓋が切られた直後に滅んだはずの八咫鋼が突如現れ戦争を止めた。
宵ノ坂(よいのざか)
西軍の総大将を務める一族。酒などの飲食物を自身の霊力に変換することで神々をも超える力を発揮し、この特性ゆえにどれほど飲食しても泥酔したり肥満になることはない。体表から直接摂取することも可能で、一度の摂取量を大幅に増やすことができる。
天狐(てんこ)
妖狐をその身に宿す狐憑きの一族。天狐の血は憑いた妖狐の霊力を爆発的に増強し、その力をもって関東一圓の妖怪を総べてきた。天狐一族は依り代としてその肉体を数多の妖狐から狙われている。
ほかの御三家に比べ個々の力は弱いが、長きにわたる術の研鑽と一族の総力を高めんがため分家を増やし続けた結果、御三家に数えられる一族となった。しかし分家を作りすぎた弊害で反逆者が現れ、あらゆる術を無効化する霊装結界の術がほかの御三家に渡り、術特化の天狐家は彼らとの争いを避け異界に身を潜めるようになった。
八咫鋼(やたはがね)
人間でありながら一子相伝の秘術によって神々をも凌駕する霊力を発揮する一族。6代目継承者である逢牙が死亡したことで一族の血縁は途絶えているが、その術は弟子であるコガラシが7代目として継承する。
黒衣機関(くろえきかん)
世界を護るために暗躍する組織。八咫鋼とは100年以上前から協力関係にある。3年前の餓爛洞討伐のとき超越者を集めた。

技・術編集

霊装結界(れいそうけっかい)
衣服状で身体を覆い、身に着けている限りあらゆるダメージを肩代わりしてくれるという代物。纏っているあいだは、敵の他心通も効かない。通常外部からの術を防ぎ内部からの術は通す。霊子通信は無効化しない。
反転霊装結界(はんてんれいそうけっかい)
霊装結界を裏返しにすると外部からの霊撃で霊装結界を削ることは不可能で、霊子通信も使えなくなる。
支離式の儀(しりしきのぎ)
男を絶対服従の奴隷と化す恐ろしい呪術。どんな理不尽な命令であろうと嫁に逆らうことはできなくなり、身や心が朽ちようと死ぬまで嫁に尽くし続けるという。その儀式は結婚式の形で執り行われ、一度結ばれたら最後、術者にすら解除不能の最高位呪術。
防御結界(ぼうぎょけっかい)
霊力で自分の身体を守る結界。使える霊能力者は多い。いかに強固な防御結界とて光や音、呼吸までは遮ることはできない。
極龍如水(ごくりゅうみずのごとし)
極龍洞に伝わる龍雅家の秘術。己の肉体を液状化させ攻撃を無効にする。
不壊露悶反転の術(ふえろもんはんてんのじゅつ)
あらゆる者から男と認識されなくなる精神操作の術。
霊降雨(たまふるあめ)
雨野流誅魔忍術治癒奥義。全身の肌と肌を密着させて他者に霊力を供給する術。
錬成無極(れんせいむきょく)
八咫鋼の秘術。霊撃をくらえばくらうほど鍛え上げられ、無限に強くなれる術。ただしこの術は最大霊力値を上げるだけなので、実際に使う霊力は外部から調達しなければならない。
雨垂れ拍子(あまだれびょうし)
雨野流誅魔忍術。全方向に微量な霊気を発し、半径500メートル以内の霊的存在を探る術。
餓爛洞(ガランドウ)
本来は悪霊封印の術として生み出されたが、副作用である不老不死の特性に目を付けた白叡に悪用され、人・神・妖怪・幽霊あらゆる者の霊魂を喰らい成長する大悪霊として世間に認識されている。
約100年前の帝都に現れ猛威を振るったが、日本中の霊能力者や神々や妖怪たちの多大な犠牲によって倒された。逢牙や先代黒龍神もこの戦いで命を落とした。
3年前には月の裏側で強大化した状態で復活し、超越者たちを次々と屠っていった。当時の最大霊力値は約1億。仲間の超越者たちの霊力を一身に集めたコガラシの「霊・鋼・絶・覇」を受けて消滅したとされていたが、逢牙たちの調査で健在であることが確認される。

その他用語編集

惚れ薬(ほれぐすり)
こゆずが作った化け狸の里に伝わる秘薬。最初に目が合った異性に惚れる薬であるが、その人物がもともと抱いている好意を増幅するだけなので、好意をまったくもたない者には効かない。
福猫祭り(ふくねこまつり)
招き猫の神様に商売繁盛や海運招福を祈るお祭り。毎年、普段は人間に憑いている猫神達が依代を離れ福猫神社で猫神の集会をおこなっている。
妖怪双六(ようかいすごろく)
女将の秘蔵コレクションの1つで、誰かがゴールするまで決してもとの世界に帰れない呪われた双六。ゲームのルールは守られておりゴールすれば帰れるが、各マスのイベントが少々卑猥である。あがりマスぴったりに止まらないとゴールにはならない。
若返りの泉(わかがえりのいずみ)
浴びると若返る伝説の泉。身体だけでなく記憶まで年齢相応にさかのぼる。
デザイアクエスト
とあるアマチュアのクリエイターが作ったゲーム。公開直前に不摂生が祟って製作者が死亡し、誰かにプレイして欲しかったという製作者の未練から呪いのゲームと化した。
そして未公開の筈のそのゲームはプレイヤーを求めて、時折アマチュアゲーム配信サイトに出現することがあるという。使用技がえっちなのが問題。
兵藤(勇者)、コガラシ(魔法使い)、幽奈(僧侶)、雲雀(武闘家)の4人でプレイし、現実世界での強さや能力はそのまま使用でき、なんとか魔王を倒した。
第二章は「デザイアクエスト ~歪んだ現実と終わらぬ悪夢~」で、この呪いのゲームから抜け出すまで数十時間かかるものの、全員大いに楽しんだという。
湯煙温泉卿フェス(ゆけむりおんせんきょうフェス)
音楽ライブと温泉郷を一緒に楽しんでもらうという企画。
ダイビングハート
歌:トゥインクルス。作詞・作曲:北条マキ。
妖怪ウォーターガンサバイバルゲーム
女将の秘蔵コレクションの1つ。「うぉぉたぁさばげぇ」と書かれた箱を開けるとゲームが始まる。転んでもケガをせず、水に落ちても溺れたりしない絶対安全のゲーム。このゲームに入った男性は水鉄砲に変化してしまう。その水鉄砲の水は身に着けている物だけを溶かすもので、その水鉄砲で最後の1人になるまで撃ち合うバトル・ロワイアル。タンクの水と制限時間は無制限で、全裸になってしまうと敗北となる。優勝賞品は惚れ薬。
超越者(ちょうえつしゃ)
日本の御三家のような規格外の霊力を有する者達のこと。3年前の餓爛洞戦で集まった超越者の平均霊力値は約700万。
霊子結晶(れいしけっしょう)
霊力を回復させる石。大きければ大きいほど、たくさんの霊力を回復させられる。使用時には霊装結界を解除させる必要がある。
充霊石(じゅうれいせき)
武術大会の優勝賞品。霊子結晶を加工したもので、身につけていると霊力を溜められる石。

その他編集

連載誌にはミニコーナー『ゆらぎ荘回覧板』が掲載されている。

同連載誌の『ぼくたちは勉強ができない』とはラブコメ枠同士でコラボが複数回行われている。2018年11号では岡田結実が幽奈に扮装したグラビアが掲載された。2019年11号では『早乙女姉妹は漫画のためなら!?』とのコラボ漫画11ページが掲載された。漫☆画太郎との異色コラボ漫画『ゆらぎ荘の漫奈さん』もある。

翻訳英語版タイトルは『Yuuna and the Haunted Hot Springs』。単行本がセブンシーズ・エンターテインメントから2018年3月から刊行開始している。他のジャンプ連載陣がビズメディアから刊行されている状況とは扱いが異なっており、また英語版週刊少年ジャンプにも掲載対象外で載っていない。※他のお色気漫画にも同様の扱いを受けているものがある。

論争編集

本作は、2017年7月3日発売の週刊少年ジャンプ31号に掲載されたキャラクター人気投票結果発表に描かれた表現に巡って論争が起きている。

太田啓子弁護士は「少年誌上でセクハラを娯楽として描くのは問題」と批判し週刊少年ジャンプ編集部への抗議を呼びかけた[9]牟田和恵大阪大学教授も「こうして子供のころから、女性をただ性的対象物として見ること、嫌がっている相手の意思を無視して裸にし性的行為を行うのが普通のことだと学んでいくんですね。」と苦言を呈した[9]

一方、美術家のろくでなし子も子供にお色気漫画を読ませないのは親のエゴであると批判し、規制より性教育が重要だと説いた[9]。漫画家の江川達也が当作の表現をハレンチ学園(永井豪)と比べ「ぬるすぎて、ぬるすぎて、居眠りするレベル」と評した上、「禁止する者は、子供の能力を低く見ている。」「禁止を語る人は、相当知能が低い教育を受けてきたのだろう。」と批判派を痛罵した[10]

本論争において、規制の対象が「セクハラなどの性暴力的な表現」なのか「性描写そのもの」なのかを混同してはならない。なお、当該表現が「性暴力的な表現」にあたるのか否かについては、三浦義隆弁護士は「『ラッキースケベ』をセクハラ・性暴力描写というのは無理がある」と主張する一方で、ジャーナリストの志葉玲は「日本の漫画やアニメによくある『ラッキースケベ』って、合意がないという点で、エロじゃなく、セクハラだからね」と主張している[10]

書誌情報編集

通常単行本とは別に、デジタル着色によるフルカラー版が電子書籍のみ10巻まで刊行されている。

テレビアニメ編集

『週刊少年ジャンプ』2017年50号にてアニメ化が発表され[11]、2018年7月から9月にかけてTOKYO MXほかにて放送された[12][13]。ナレーションは日笠陽子。

原作単行本第11巻から13巻の限定版には、OVAが付属する[単 12]

スタッフ編集

  • 原作 - ミウラタダヒロ[4]
  • 監督 - 長澤剛[4]
  • シリーズ構成 - 子安秀明[4]
  • キャラクターデザイン - 竹谷今日子[4]
  • 総作画監督 - 竹谷今日子、高見明男
  • プロップデザイン - 原由知(第3話以降)
  • 美術監督 - 甲斐政俊
  • 美術設定 - 田中俊成、島村大輔
  • 色彩設定 - 伴夏代
  • 撮影監督 - 浅黄康裕
  • 編集 - 坪根健太郎
  • 音響監督 - 明田川仁[4]
  • 音楽 - 菊谷知樹[4]
  • 音楽プロデューサー - 山内真治
  • 音楽制作 - ANIPLEX
  • プロデューサー - 中山信宏、末吉孝充、大和田智之、草壁匠、皆川護(OVA)
  • アニメーションプロデューサー - 皆川護
  • アニメーション制作 - XEBEC[4]
  • 製作 - ゆらぎ荘の幽奈さん製作委員会(ANIPLEX、集英社BS11、XEBEC)

主題歌編集

オープニングテーマ「桃色タイフーン[12](第1話 - 第12話)
作詞 - 大塚利恵 / 作曲 - 藤井万利子 / 編曲 - Saku / 歌 - 春奈るな
第12話ではエンディング位置で使用。
エンディングテーマ「Happen〜木枯らしに吹かれて〜」[7](第1話 - 第11話)
作詞 - 川田まみ / 作曲・編曲 - 中沢伴行 / 歌 - 湯ノ花幽奈(島袋美由利)、宮崎千紗希(鈴木絵理)、雨野狭霧(高橋李依
挿入歌「JIRIRIN〜わがままな果実〜」(OVA3巻)
作詞 - うらん / 作曲・編曲 - 菊谷知樹 / 歌 - 湯ノ花幽奈(CV:島袋美由利)、宮崎千紗希(CV:鈴木絵理)、神刀朧(CV:小松未可子)、信楽こゆず(CV:春野杏

各話リスト編集

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督
OAD1巻[14]ゆらぎ荘にようこそ 子安秀明長澤剛比久保弘之
  • 竹谷今日子
  • 星野守
  • 吉田和香子
  • 金海淑
  • 朴昌煥
コガラシ泡となる 宮浦栗生山中祥平高見明男
第1話ゆらぎ荘の幽奈さん 大西健太
  • 星野守
  • 清水陽一
  • 加藤初重
  • 斎藤大輔
第2話温泉卓球の幽奈さん 室谷靖藤本義孝
  • 谷口義明
  • 桜井正明
  • 飯飼一幸
  • 藤田正幸
  • 高見明男
第3話幽奈さん学校へゆく 宮浦栗生大庭秀昭
  • 粟井重紀
  • 冨田佳亨
  • 亀田朋幸
  • 津熊健徳
  • 加藤初重
第4話妖怪ウォッチング!狭霧さん石田健幸米田光宏
  • 関口雅浩
  • 舘崎大
  • 室山祥子
  • 古林杏子
夜々、おそるおそる
第5話幽奈さんの身体測定松村ゆかり宮浦栗生上田繁
  • 高木潤
  • 水竹修治
  • 荻原みちる
  • 和田勝之
修羅場の呑子さん
第6話仲居さんの秘密の冒険丸川直子山田雅之
  • 三橋桜子
  • 谷口義明
  • 飯飼一幸
  • 東島久志
  • 清水陽一
  • 藤田正幸
  • 永田善敬
幽奈さんと甘い休日
第7話幽奈さんの神隠し 子安秀明西田正義
  • 草壁匠
  • 中西陽介
  • 新井達也
  • 永田善敬
  • 古林杏子
  • 加藤初重
  • 藤田正幸
第8話手段を選ばない朧さん 矢島竜泉明宏
  • 石本英治
  • 泉明宏
  • 高橋徳詔
  • 優利
第9話ゆらぎ荘の千紗希さん 石田健幸大庭秀昭
  • 松本文男
  • 栗井重紀
  • 岡辰也
  • 冨田佳亨
  • 津熊健徳
  • 齋藤香織
第10話攻め過ぎる狭霧さん子安秀明
  • 大西健太
  • 吉川博明
大西健太
  • 谷口義明
  • 古林杏子
  • 東島久志
  • 加藤弘将
  • 永田善敬
  • 高見明男
臨海学校とコガラシくん
第11話チークダンスと幽奈さん吉川博明
  • 広嶋秀樹
  • 飯村正之
  • 岡田万衣子
  • 渡辺佳奈子
  • 田中誠輝
  • 飯飼一幸
  • 吉田和香子
  • 藤田正幸
  • 新井達也
期末テストと狭霧さん
第12話ゆらぎ荘と幽奈さんと 大槻敦史
  • 上田繁
  • 泉明宏
  • 萩原みちる
  • 森川侑紀
  • 藤井文乃
  • 泉明宏
  • 石本英治
  • FEI YA
  • 優利動画
OAD2巻[15]ゆらぎ荘の朧さん 丸川直子藤代和也
  • 鈴木奈都子
  • 那花優統
  • さえのり
宮崎親子とこゆずちゃん 荒木裕
OAD3巻[16]夜々と猫じゃらし 石田健幸西田正義泉明宏
  • 石本英二
  • 赵菲娅
  • 蘭彦牟
朧さんは2推しでいい 長澤剛
  • 古林杏子
  • 加藤弘将

放送局編集

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[13]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [17] 備考
2018年7月14日 - 9月29日 土曜 23:30 - 日曜 0:00 TOKYO MX 東京都
とちぎテレビ 栃木県
群馬テレビ 群馬県
BS11 日本全域 製作参加 / BS放送 / 『ANIME+』枠
2018年7月15日 - 9月30日 日曜 1:00 - 1:30(土曜深夜) KBS京都 京都府
サンテレビ 兵庫県
2018年7月17日 - 10月2日 火曜 1:00 - 1:30(月曜深夜) 岐阜放送 岐阜県
火曜 2:05 - 2:35(月曜深夜) 三重テレビ 三重県
火曜 23:30 - 水曜 0:00 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[13]
配信期間 配信時間 配信サイト
2018年7月14日 - 9月29日 土曜 23:30 - 日曜 0:00 AbemaTV
2018年7月16日 - 10月1日 月曜 12:00 更新
2018年7月17日 - 10月2日 火曜 0:00 更新
2018年7月20日 - 10月5日 順次配信 ANIMAX on PlayStation®

CD編集

発売日 タイトル 規格品番
2018年7月25日 Happen〜木枯らしに吹かれて〜/ 湯ノ花幽奈 SVWC-70351
2018年7月25日 Happen〜木枯らしに吹かれて〜/ 宮崎千紗希 SVWC-70352
2018年7月25日 Happen〜木枯らしに吹かれて〜/ 雨野狭霧 SVWC-70353

BD / DVD編集

各巻の完全生産限定版特典として、描き下ろしレンチキュラー三方背ケース、描き下ろしデジパック、キャラクターソング(特典CD)、オリジナル・サウンドトラック(特典CD)、特性ブックレット、アイキャッチイラストピンナップがそれぞれ同梱されている。

発売日[18] 収録話 規格品番 特典
BD限定版 DVD限定版 CD 映像
1 2018年9月26日 第1話 - 第2話 ANZX-13611/2 ANZB-13611/2 キャラクターソング

「はみんぐあうと♪」湯ノ花幽奈(CV.島袋美由利) 「ガーリッシュリズムセンセーション」宮崎千紗希(CV.鈴木絵理

ノンクレジットオープニング
ノンクレジットエンディング
Web予告
PV・CM集
2 2018年10月24日 第3話 - 第4話 ANZX-13613/4 ANZB-13613/4 キャラクターソング

「空が晴れるように」雨野狭霧(CV.高橋李依) 「真夜中の恋人」荒覇吐呑子(CV.加隈亜衣

Web予告
PV・CM集
3 2018年11月28日 第5話 - 第6話 ANZX-13615/6 ANZB-13615/6 オリジナル・サウンドトラック Vol.1 Web予告
4 2018年1月30日 第7話 - 第8話 ANZX-13617/8 ANZB-13617/8 キャラクターソング

「心じゃらし」伏黒夜々(CV.小倉唯) 「えぷろまんすがーる」仲居ちとせ(CV.原田彩楓

Web予告
5 2019年2月27日 第9話 - 第10話 ANZX-13619/20 ANZB-13619/20 オリジナル・サウンドトラック Vol.2 Web予告
6 2019年3月27日 第11話 - 第12話 ANZX-13621/2 ANZB-13621/2 キャラクターソング

「幻想刀身曲」神刀朧(CV.小松未可子) 「万事オッケー☆」湯ノ花幽奈(CV.島袋美由利)・宮崎千紗希(CV.鈴木絵理)・雨野狭霧(CV.高橋李依

Web予告

Webラジオ編集

ゆらぎ荘の美由利さん〜お風呂に入る時はひだりてから〜』が2018年4月13日よりYouTubeにて月1回配信されている[6]。パーソナリティは湯ノ花幽奈役の島袋美由利

BS11 ANIME+ 土曜 23:30 - 日曜 0:00 枠
前番組 番組名 次番組
ゆらぎ荘の幽奈さん

ゲーム編集

PlayStation 4用ゲーム『ゆらぎ荘の幽奈さん 湯けむり迷宮』が、2018年11月15日フリューより発売された[19]。ジャンルは「マジでギリギリを攻めるローグライクRPG」。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 霊媒師でない人間に憑くのは簡単ではなく、お互いに心を開いていることが重要
  2. ^ ただしスケートと料理の腕は狭霧よりも上
  3. ^ 普通の人間でも妖怪が取り憑けば霊感を得られる。
  4. ^ 名前が明かされたのはアニメ第1期が初。
  5. ^ 東軍、西軍による日本全土を巻き込むほどの合戦になるのを防ぐには、誅魔忍軍が八咫鋼擁する第三の勢力となり均衡を保つようにするため。

出典編集

ウェブサイト編集

  1. ^ “ミウラタダヒロが描く温泉×幽霊のラブコメがジャンプで、過去読切の配信も”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年2月8日). https://natalie.mu/comic/news/175370 2019年5月6日閲覧。 
  2. ^ 週刊少年ジャンプ2018年1号より
  3. ^ コミックス第7巻57話より
  4. ^ a b c d e f g h i j “「ゆらぎ荘の幽奈さん」アニメは来夏放送!幽奈の声が聞けるPVも公開(動画あり)”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年12月16日). https://natalie.mu/comic/news/261366 2017年12月16日閲覧。 
  5. ^ コミックス第6巻40話より。
  6. ^ a b c d “「ゆらぎ荘の幽奈さん」に加隈亜衣、小倉唯、原田彩楓が出演!PV第2弾も(動画あり)”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年3月24日). https://natalie.mu/comic/news/275000 2018年3月24日閲覧。 
  7. ^ a b c “『ゆらぎ荘の幽奈さん』小松未可子さん・春野杏さんら追加声優発表! EDテーマ発売情報解禁、温泉バスツアーでの上映会も実施”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2018年6月3日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1528006784 2018年6月3日閲覧。 
  8. ^ 『ゆらぎ荘の幽奈さん』♨48 雲雀ちゃんの悩み事
  9. ^ a b c 過激すぎる?「少年ジャンプ」のお色気表現に賛否 「息子には読ませない」「エロは成長に必要」”. キャリコネニュース. グローバルウェイ (2017年7月6日). 2017年7月7日閲覧。
  10. ^ a b 江川達也氏が「少年ジャンプ」のエロ表現論争に参戦 反対派は「可哀想なくらい頭が悪い」”. キャリコネニュース. グローバルウェイ (2017年7月7日). 2017年7月7日閲覧。
  11. ^ “ミウラタダヒロのお色気ラブコメ「ゆらぎ荘の幽奈さん」アニメ化”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年11月13日). http://natalie.mu/comic/news/256431 2017年11月13日閲覧。 
  12. ^ a b “TVアニメ『ゆらぎ荘の幽奈さん』のOPテーマを春奈るなが担当”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2018年5月28日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1527485843 2018年5月28日閲覧。 
  13. ^ a b c On Air”. TVアニメ「ゆらぎ荘の幽奈さん」公式サイト. 2018年6月11日閲覧。
  14. ^ コミック第11巻BD付限定版に付属
  15. ^ コミック第12巻BD付限定版に付属
  16. ^ コミック第13巻BD付限定版に付属
  17. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  18. ^ Blu-ray&DVD”. TVアニメ「ゆらぎ荘の幽奈さん」公式サイト. 2018年7月4日閲覧。
  19. ^ “「ゆらぎ荘の幽奈さん」がPS4で“マジでギリギリを攻めるローグライクRPG”に”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年7月9日). https://natalie.mu/comic/news/290413 2018年7月9日閲覧。 

単行本編集

以下の出典は「集英社の本」(集英社)内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。

  1. ^ ゆらぎ荘の幽奈さん/1|ミウラ タダヒロ|ジャンプコミックス|”. 2016年6月3日閲覧。
  2. ^ ゆらぎ荘の幽奈さん/2|ミウラ タダヒロ|ジャンプコミックス|”. 2016年11月6日閲覧。
  3. ^ ゆらぎ荘の幽奈さん/3|ミウラ タダヒロ|ジャンプコミックス|”. 2016年11月6日閲覧。
  4. ^ ゆらぎ荘の幽奈さん/4|ミウラ タダヒロ|ジャンプコミックス|”. 2016年12月2日閲覧。
  5. ^ ゆらぎ荘の幽奈さん/5|ミウラ タダヒロ|ジャンプコミックス|”. 2017年4月11日閲覧。
  6. ^ ゆらぎ荘の幽奈さん/6|ミウラ タダヒロ|ジャンプコミックス|”. 2017年7月4日閲覧。
  7. ^ ゆらぎ荘の幽奈さん/7|ミウラ タダヒロ|ジャンプコミックス|”. 2017年9月4日閲覧。
  8. ^ ゆらぎ荘の幽奈さん/8|ミウラ タダヒロ|ジャンプコミックス|”. 2017年11月2日閲覧。
  9. ^ ゆらぎ荘の幽奈さん/9|ミウラ タダヒロ|ジャンプコミックス|”. 2018年1月4日閲覧。
  10. ^ ゆらぎ荘の幽奈さん/10|ミウラ タダヒロ|ジャンプコミックス|”. 2018年4月4日閲覧。
  11. ^ ゆらぎ荘の幽奈さん/11|ミウラ タダヒロ|ジャンプコミックス|”. 2018年7月4日閲覧。
  12. ^ a b c d Comics”. TVアニメ「ゆらぎ荘の幽奈さん」公式サイト. 2018年7月4日閲覧。
  13. ^ ゆらぎ荘の幽奈さん/12|ミウラ タダヒロ|ジャンプコミックス|”. 2018年10月5日閲覧。
  14. ^ ゆらぎ荘の幽奈さん/13|ミウラ タダヒロ|ジャンプコミックス|”. 2018年12月8日閲覧。
  15. ^ ゆらぎ荘の幽奈さん/14|ミウラ タダヒロ|ジャンプコミックス|”. 2019年2月4日閲覧。
  16. ^ ゆらぎ荘の幽奈さん/15|ミウラ タダヒロ|ジャンプコミックス|”. 2019年4月4日閲覧。
  17. ^ ゆらぎ荘の幽奈さん/16|ミウラ タダヒロ|ジャンプコミックス|”. 2019年6月8日閲覧。
  18. ^ ゆらぎ荘の幽奈さん/17|ミウラ タダヒロ|ジャンプコミックス|”. 2019年8月2日閲覧。

外部リンク編集