アマンディーヌ・ブシャール

アマンディーヌ・ブシャール=ノルドメイエAmandine Buchard Nordmeyer 1995年7月12日 - )はフランスバニョレ出身の柔道家。階級は48 kg級と52 kg級[1][2]

獲得メダル
フランスの旗 フランス
柔道
世界柔道選手権
2014 チェリャビンスク 48 kg級
2018 バクー 52 kg級
世界ジュニア
2014 フォートローダーデール 52 kg級
2013 リュブリャナ 48 kg級
世界カデ
2011 キエフ 48 kg級

人物編集

2011年のヨーロッパカデ48 kg級で2位になると、世界カデでは準決勝で近藤亜美崩上四方固で敗れるが3位となった[1]。2013年の世界ジュニアでは準々決勝で山崎珠美と対戦して、指導2でリードされながら終了1秒前に肩車で有効を取って逆転勝ちするものの、準決勝ではルーマニアの選手に終了間際に逆転負けして3位に終わった[3]。団体戦では決勝で日本チームと対戦して、先鋒戦で志々目愛に勝利したものの、チームは2-3で敗れた[4]グランプリ・アブダビでは、世界チャンピオンであるモンゴルのムンフバット・ウランツェツェグを反則勝ちで破るなどして優勝を飾った[5]。 2014年のグランドスラム・パリでは、ロンドンオリンピックで優勝したブラジルのサラ・メネゼスを有効で破るも、山岸絵美に指導1で敗れて3位だった[1]世界選手権では初戦でメネゼスを再び破るが、準決勝でアルゼンチンのパウラ・パレトに技ありで敗れたものの3位になった[2][6]世界ジュニアでは1階級上の52 kg級に出場して優勝を飾った[7]。団体戦では決勝の日本戦で今大会48 kg級で優勝した世界チャンピオンの近藤亜美と対戦するが、腕挫十字固で敗れてチームも結果的に2位に終わった[8]。2015年のグランプリ・ザグレブには減量がうまくいかずに出場を回避した[9]世界選手権では2回戦で敗れた[10]。続くグランドスラム・パリでは計量で200グラム超過となり失格となった[11]。 この罰則として次の出場予定だったグランドスラム・アブダビグランプリ・青島への参加は認められなかったが、グランプリ・チェジュより再び国際大会への参加が認められることとなった[12]。しかし、新たな減量計画に取り組み始めたために、グランプリ・チェジュへの出場を見合わせた[13][14]。2016年3月にはグランプリ・トビリシグランプリ・サムスンに出場予定だったが、ケガで暫く大会には出場できなくなった。これにより、リオデジャネイロオリンピックへの出場を断念した。また、今後は階級を52 kg級に上げることになった[15][16]。2017年のグランプリ・デュッセルドルフでは決勝で阿部詩に内股の技ありで敗れて2位だった[1]。2018年のグランドスラム・パリでも決勝で阿部に反則負けを喫した[1]グランプリ・ザグレブでは決勝で志々目愛に技ありで敗れた[1]世界選手権では準決勝で阿部に開始早々の腕緘で敗れて3位だった[17]グランドスラム・大阪では準決勝で角田夏実に合技で敗れて3位だった[1]ワールドマスターズでも決勝で角田に技ありで敗れた[1]。しかしながら、2018年には世界ランキングの年間1位となった[18]。2019年5月のグランドスラム・バクーでは決勝で志々目愛と対戦した際に、志々目が足を負傷したことにより棄権勝ちとなった。この結果、志々目による対外国選手の連勝記録が57で止まった[19]。 6月のヨーロッパ競技大会では準決勝でコソボのマイリンダ・ケルメンディに技ありで敗れて3位だった[20]東京で開催された世界選手権では準決勝でロシアのナタリア・クジュティナに敗れると、3位決定戦でも志々目愛に敗れて5位だった[21]グランドスラム・大阪では決勝で阿部を肩車の技ありで破って優勝した。阿部とは5度目の対戦で初めて勝利することになった。また、阿部が国際大会デビュー戦以来続けてきた対外国選手の連勝記録を48でストップした[22][23]ワールドマスターズでは決勝で志々目に10分以上の戦いの末に技ありで敗れた[24]。2020年のグランドスラム・デュッセルドルフでは決勝で阿部に反則負けして2位だった[25]

IJF世界ランキングは1330ポイント獲得で1位(2018年4月29日現在)[26]

主な戦績編集

48 kg級での戦績

52 kg級での戦績

(出典[1]JudoInside.com)。

出演動画番組編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i profile
  2. ^ a b Amandine Buchard s'offre le bronze
  3. ^ Junior World Championships, Ljubljana 2013 DAY1
  4. ^ Junior World Championships, Ljubljana 2013 DAY5
  5. ^ Judo Grand Prix, Abu Dhabi 2013 DAY1
  6. ^ World Championships, Chelyabinsk 2014
  7. ^ Junior World Championships, Fort Lauderdale 2014 DAY 2
  8. ^ Junior World Championships, Fort Lauderdale 2014 DAY 5
  9. ^ Grand Prix de Croatie 2015, J1 forfait pour Buchard
  10. ^ World Championships 2015, Astana
  11. ^ Judo, Grand Slam de Paris : « Amandine Buchard sera sanctionnée »
  12. ^ Amandine Buchard privée de sortie pour Abu Dhabi et Qingdao
  13. ^ Amandine Buchard, pas au poids une nouvelle fois
  14. ^ Amandine Buchard absente en Corée
  15. ^ General Un Grand Prix de Tbilissi sans Amandine Buchard
  16. ^ Amandine Buchard change de catégorie et manquera les Jeux Olympiques de Rio
  17. ^ World Judo Championships 2018
  18. ^ Major changes in the World Ranking if bonus beckons
  19. ^ Grand-Slam Baku 2019
  20. ^ PERFECT BIRTHDAY GIFT FOR MEZHETSKAIA
  21. ^ World Judo Championships 2019
  22. ^ 阿部詩、決勝でまさか 五輪内定スルリ「甘さが出た」 スポーツ報知 2019年11月23日
  23. ^ 柔道グランドスラム大阪2019
  24. ^ World Masters Qingdao 2019
  25. ^ Judo Grand-Slam Duesseldorf 2020
  26. ^ World ranking list
  27. ^ セリーヌ・ジェロー(司会)、Jakhongir Toshpulatov (2020年4月13日) (フランス語、英語字幕). Coffee With Celine - Amandine Buchard (インターネット番組 Judo - YouTubeチャンネル). スイス: IJF.. https://www.youtube.com/watch?v=IvpXRKJsafg 2020年4月15日閲覧。 
  28. ^ Coffee with Celine”. IJF (13. Apr 2020). 2020年4月15日閲覧。 “Amandine Buchard talks about Abe Uta, how she got into judo and much more in tonight's episode of the Coffee with Celine.”

外部リンク編集