メインメニューを開く

ニュース845(ニュースはちよんご)は、2017年度までNHK総合テレビで月曜 - 金曜が祝日に重なった日に放送されていた各地のニュース番組。NHK放送センターからの関東・甲信越地方の番組ロゴタイプ、セット、音楽、タイムテーブルは「首都圏ニュース845」に準じている。2014年度は、20:55より茨城県山梨県長野県新潟県で、各地のニュース・気象情報を放送していた。2015年度からは、番組全体が関東・甲信越ブロックの放送となった。関東・甲信越地方を除く地域の845については、「関東・甲信越を除く地域の編成」の項目等を参照。公開されている2018年度のNHK番組表によれば、同年度以降、祝日や振替休日の同時間帯のニュース・気象情報は「ニュース845」ではなく、20:55-21:00の5分間の「ニュース・気象情報」になっているため、事実上終了した。

ニュース845
ジャンル 報道番組
オープニング 作曲:
制作 NHK放送センターを含む各地の放送局
放送
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2017年度まで
放送時間 月曜 - 金曜で祝日と重なった日の20:45 - 21:00
放送分 15分

目次

キャスター編集

気象予報士編集

担当する気象予報士は交代制。

関東・甲信越を除く地域の編成編集

NHKは21時前にローカルニュースを編成しており、各地域のローカルニュースおよび気象情報が主な内容となる。

NHKニュース21』終了後は『NHKニュース11』や『ニュース10』のように全国ニュースが21時台の放送でなかったため、2004年3月以前の祝日は通常の土曜日・日曜日と同様、前半10分間の全国ニュースと5分間の各局別ローカルニュースを放送していた。

2004年4月より『NHKニュース9』が祝日も定時に放送されることに伴い、15分間全編がローカル枠となった。関東・甲信越ではその時から、NHK首都圏放送センター制作により、『首都圏ニュース845』の祝日版として放送している。その他の地域では、北海道(NHK札幌放送局)、東北(NHK仙台放送局)、東海北陸(NHK名古屋放送局)、関西(NHK大阪放送局)、中国(NHK広島放送局)、四国(NHK松山放送局)、九州沖縄(NHK福岡放送局)のブロックで放送されていた。
2018年4月以降の祝日は、通常の土曜日・日曜日と同様、前半10分間の全国ニュースと5分間のローカルニュースの放送に戻ったが、ローカルニュースの地域ブロック単位での放送は継続された。

  • 各地域のタイトル(祝日を除く月曜 - 金曜20:45)。※はこの番組のオープニングタイトルを流用。
  1. 「○○ニュース845」「ニュース○○845」「ニュース845○○」
  2. 「地域名・地方名845」「地域名○○845」「845地域名」
  3. その他
    • 岐阜県:ニュース855岐阜
      『ニュース845東海』の20:55から5分間を県域に差し替え。
  1. 関東・甲信越地方祝日年末年始に放送される首都圏ニュース845の祝日版にあたる(本項で詳述)。
  2. 東海3県月曜日から金曜日に放送されるローカルニュース番組。正式な番組タイトルは『ニュース845東海』であるが、数年前からは「東海」が省略されている(→ニュース845 (NHK名古屋))。
  3. 東海北陸地方祝日に放送される『ニュース845東海』の祝日版にあたる(本項で詳述)。
  4. 九州沖縄地方祝日年末年始に放送される『ニュース845各県版』の祝日版にあたる(本項で詳述)。  
  5. NHK宮崎放送局月曜日から金曜日に放送されるローカルニュース番組。正式な番組タイトルは『ニュース845宮崎』であるが、2007年ごろから「宮崎」の文字がなくなっていた(→ニュース845宮崎)。しかし、2011年4月からタイトルが改題され「NHKニュース845宮崎」として4年ぶりに「宮崎」の文字がタイトルに入った。

全国ニュースとしての845編集

  • 土曜日と日曜日の20:45 - 21:00(変動あり)[注釈 1]で全国のニュースを伝えている。電子番組表でのタイトルは「ニュース・気象情報」、番組内で表示のタイトルは『NHKニュース』となっている。
  • 祝日版は一時期廃止していたが、2018年度から一部を除き、放送が再開されている。
  • 前半の10分は一般ニュースとスポーツニュース、後半の5分は地域ごと(全地域広域ニュース)に地方ニュースを伝える。全国ニュース部分で天気予報は伝えない。関東甲信越地方のニュースもそのまま担当[注釈 2]
  • 担当者は長らく土日祝のNHKニュース7男性キャスターが担当[注釈 3]することが基本であった。しかし2018年度以降は、日曜日を除いて、当日の夜勤が担当に入る傾向が強い。[注釈 4]
  • かつてはプロ野球とJリーグ、大相撲の結果が放送されていたがいまは割愛されている。

その他編集

  • ブロックネット(関東・甲信越、東海・北陸、九州・沖縄、東北)のテーマ曲は拠点局の平日版と共通。タイトルCGはそれぞれ、「首都圏」「福岡」「みやぎ」の文字が抜かれている。東海・北陸では平日と同様のタイトルCGを使用している。
  • 放送日は『首都圏ネットワーク』など18時台のローカルニュースが休止となるため、関東・甲信越ではそれを踏まえて4〜5分程度のミニ特集を放送することが多い(ニュースが多い場合は中止)。
  • 2017年度までは、九州・沖縄ブロック(2014年度までは関東・甲信越も、20:55以降、水戸宇都宮前橋は関東地方での放送となっていた)では、エリア全体向けの放送は20:55までで、その後はそれぞれ21:00まで各局エリアのニュース・気象情報を放送していた。ただし、北九州局は福岡県域の放送となる。
  • 関東では気象情報の前に流れるジングルの際、『首都圏ニュース845』で使用されているCGは表示されない。
  • 放送時間の変更案内のテロップ(全国送出時)では「各地の「ニュース・気象情報」」と表記される。
  • 大半の放送局では、番組の最後に「つづいてNews Watch 9」と表記される(初代ロゴ時代、片仮名表記での正確な番組名は『ニュースウオッチ9』であるが、ここでは『ニュースウオッチ9』と異なる表記がなされていた。2代目ロゴとなってからはローマ字表記となっている)。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ スポーツ中継が延長した日、大河ドラマの初回と最終回などはずれる。また、20:50からや20:55からの放送(5分版はローカルなし)もあるほか、紅白歌合戦の前半と後半での中断に組まれる。
  2. ^ 例外として、当日地震などの災害や、日曜当日に、知事選挙など重大な選挙が行われる場合は、臨時に『首都圏ネットワーク』などで使用しているCスタジオに変更され、同番組キャスターの田所拓也等、首都圏センター所属のアナウンサーが代役を務める。
  3. ^ 男性がメインの時はメインが、サブの時はサブが担当。女性キャスターは担当の男性キャスターが休暇を取ったときや、紅白歌合戦の中断部分を担当するのみにとどまっていた。
  4. ^ 小松宏司(土曜)や永井克典(祝日)など

出典編集

関連項目編集