フットボールアワー

日本のお笑いコンビ

フットボールアワーは、岩尾望後藤輝基からなる日本お笑いコンビ吉本興業東京本社(東京吉本)に所属。M-1グランプリ2003優勝者。略称は「フット」。

フットボールアワー
メンバー 岩尾望
後藤輝基
結成年 1999年
事務所 吉本興業
活動時期 1999年 -
出身 NSC大阪校14期
影響 ダウンタウン
出会い NSC大阪校
旧コンビ名 ドレス(岩尾)
エレキグラム(後藤)
後藤・岩尾
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才コント
ネタ作成者 両者
現在の代表番組 ピタゴラスイッチ
土曜はダメよ!
フットマップ
ほか
過去の代表番組 ジャイケルマクソン
NMB48 げいにん!
ざっくりハイタッチ
ほか
同期 コカドケンタロウロッチ
国崎恵美
受賞歴
2000年 第21回ABCお笑い新人グランプリ 最優秀新人賞
2002年 第32回NHK上方漫才コンテスト 最優秀賞
2002年 第31回上方お笑い大賞 最優秀新人賞
2003年 第1回MBS新世代漫才アワード 優勝
2003年 第32回上方お笑い大賞 話題賞
2003年 M-1グランプリ 優勝
2004年 第39回上方漫才大賞 大賞
2004年 第33回上方お笑い大賞 最優秀技能賞
テンプレートを表示

メンバー編集

岩尾 望(いわお のぞむ 1975年12月19日 - )(46歳)
ボケ担当。立ち位置は向かって大阪府大阪市東住吉区出身。愛称は、「のんちゃん」。
後藤 輝基(ごとう てるもと 1974年6月18日 - )(48歳)
ツッコミ担当。立ち位置は向かって。大阪府大阪市東淀川区出身。

概要編集

  • 共に吉本総合芸能学院(NSC) 大阪校14期生。岩尾は「ドレス」、後藤は「後藤・天満」(後に「エレキグラム」に改名)というコンビを経て、1999年4月「後藤・岩尾」としてコンビ結成。旧コンビ時代は共にボケ担当だった。同年5月、当時のうめだ花月シアター(後のうめだ花月)で初舞台を踏み、同年7月にコンビ名を「フットボールアワー」と改める。由来は、岩尾が読んでいたアメリカ小説の「月曜日のフットボールアワーに間に合わないよ」という科白からの引用。なお岩尾はこの件について「大した答えが返ってくることはないので、フットボールアワーにコンビ名の由来を尋ねない(で下さい)。聞いた方が損をするだけです、適当に付けた名前ですから」[1]と語っている。
  • 元々、合同イベントを行うなど友人同士であり、互いに笑いの才能を認め合ってはいたが、同期が次々と辞めていき、それぞれのコンビが解散し、お互いにコンビを組みたい気持ちが強くなってからも、お互いに自分から組もうとは言い出せず、相手の誘いを待っていた。岩尾は先輩芸人陣内智則に相談し、「組みたい相手がいるならすぐに言った方がいい」とアドバイスを受け決意し電話したが、なかなか切り出せず、岩尾の本心に気付いていたため、痺れを切らした後藤の方から切り出され、「別にええけど…」とあくまで上に立った物言いで承諾した。そのことは岩尾の性格が顕れたエピソードとしてよくネタにしている。
  • ネタ作りは2人で行っている。
  • ネタ作りでは岩尾が厳しくダメ出しする立場であり、後藤のツッコミに対しても厳しく注文をつけていたが、「そんなん言うなら一回やってみせてくれ」と岩尾に実演してもらったツッコミがあまりに下手だったため、それ以降はツッコミに対して文句を言わなくなった。
  • 漫才の評価が高いがコント歴の方が長く、共に旧コンビ結成当初はコントを行っており、その後、漫才を始めた。また、ユニットコントライブ『六人の侍』等にも参加している。
  • 結成翌年の2000年にはABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞を獲得し、2002年にはNHK上方漫才コンテスト 最優秀賞、上方漫才大賞 優秀新人賞、上方お笑い大賞 最優秀新人賞を受賞し、若手漫才師に与えられる数々の新人賞を総なめにした。2003年にMBS新世代漫才アワード、2004年には上方漫才大賞の大賞を受賞し、在阪の漫才賞レースを完全制覇した。『M-1グランプリ』は2001年大会に結成2年目にして決勝進出するも6位、2002年大会は準優勝、本命と言われた2003年大会で悲願の優勝を果たした。また、2006年大会ではV2を目指して出場したものの、2位に終わった。
  • 2003年8月、当時の主要メンバーとともにbaseよしもとを卒業し、うめだ花月へ移動。2013年時点はルミネtheよしもとを中心に舞台テレビ等で活動中。

M-1グランプリ編集

M-1グランプリには2001年から2003年、2006年の過去4回出場し、先述通り2003年に優勝。出場した全ての回で、決勝進出を果たしている。決勝ファーストラウンドの1位通過を複数回経験した唯一のコンビである(第2回・第3回)[注 1]

第1回大会(2001年) 決勝6位 【出番:2番 得点:726 / 1000点(一般審査員合計・191点、特別審査員合計・535点)】
結成2年で初の決勝進出を果たした。キャッチフレーズは「奇跡の顔面」。決勝では前半に岩尾のブサイクネタを取り入れた「館内アナウンス」ネタを披露[注 2]。726点を獲得し暫定2位に付けたが、4番手のアメリカザリガニに抜かれ敗退。最終的な順位は6位だった。
第2回大会(2002年) 決勝2位 【出番:5番 得点:621 / 700点(1位通過) → 出番:1番 得票:2 / 7票】
2年連続で決勝進出を果たす。決勝では「ファミリーレストラン」ネタを披露し、621点を獲得、暫定1位に躍り出た。
ネタ終了後島田紳助は「去年僕低い点数つけたんですよ。1年間で見違えました。びっくりしました」とコメントし、中田カウスは「コンビのコントラストもいいし、照れながらなんでもやってしまうという味があるでしょう。中々面白いコンビですね」とコメントし、高評価を受けた。また、島田洋七からは「ボケながらまた普通の人間に戻るという所がすごく(面白い)ね。相当奥深いですよ彼は」と、岩尾のボケ方に対し賛辞を受けた。
その後ファーストラウンドを1位で通過。最終決戦では1番手で「披露宴司会」ネタを披露。最終審査では大竹まこと松本人志から2票を得るが、5票を獲得したますだおかだに及ばず、準優勝に終わった。フットボールアワー自身も優勝しなかったことに納得していない様子で[2]、紳助からは表彰式で「差は無かった」「負けてない」と、高い評価を受けている。翌年の『松本人志の放送室』にて松本が「あの回[注 3]はフットボールアワーが優勝だった。ますだおかだはパンチがない。オレと大竹さん[注 4]しか投票していないことに驚いた。審査した先輩に文句をつける訳ではないけど吉本の芸人だけ優勝させるとかコンビ歴10年(当時のラストイヤー)とか情が動いて投票しているようにしか思えない」と当時の結果を酷評した。
第3回大会(2003年) 決勝1位 【出番:7番 得点:663 / 700点(1位通過) → 出番:3番 得票:4 / 7票】
3年連続で決勝進出を果たす。キャッチフレーズは「悲願」。大本命のプレッシャーの中、「結婚記者会見」ネタを披露。5人の審査員から90点以上の得点を付けられ、663点を獲得。暫定1位となり、この時点で最終決戦進出が確定した。
ネタ終了後松本からは「おもろい!」と絶賛され、紳助は「素晴らしいですよ。完璧。笑い飯は(成長ぶりに)感動してしまって点数的には向こうが上やけど、技術的には1番ですよ」とコメント、カウスは「去年から見てすごい成長ぶりやと思うね。コンビのコントラストもネタの運びもいいし」と総じて高評価を受けた。
その後、ファーストラウンドを1位通過した。最終決戦では、3番手で「SMタクシー」というネタを披露。この時、後藤はオチ直前のセリフで噛んでしまうというハプニングがあったものの、結果は7票中4票を獲得し、悲願の優勝を果たした。

※因みにこの時、最短コンビ結成優勝記録を更新。この記録は今日まで未だに破られていない。

第6回大会(2006年) 決勝2位 【出番:2番 得点:640 / 700点(2位通過) → 出番:2番 得票:0 / 7票】
3年ぶりの出場。キャッチフレーズは「帰ってきた王者」。既に優勝を経験したコンビの再出場は初の事だった[注 5]。出場理由については「漫才が楽しいから(後藤)」・「優勝の快感をもう一度味わいたい(岩尾)」としている。
決勝では「戦隊モノの主題歌」というネタを披露。6人の審査員から90点以上の点数を獲得。640点を得て王者の貫禄を見せ、暫定1位に躍り出た。カウスからは「チャンピオンということで安心して見てられるし、聞いてられる。ネタもよくできてて、準決勝の時よりネタを増やしてたしね。(ネタの)持っていき方も非常に上手いんですが、5点ハンデを頂いて、それでも1点増やした」と高評価を得た。だが、松本からは「後藤くんツッコんだ後ドヤ顔で僕を見るのやめてもらえるかな」と、後藤の癖に対してボケを交えた苦言を呈された。
ファーストラウンドを2位通過し、最終決戦では2番手で「居酒屋の店員」ネタを披露したが、ファーストラウンドを1位通過したチュートリアルが大会初のパーフェクト(審査員全員からの得票)優勝を達成したため1票も獲得できず、準優勝に終わった。
その後
2015年の復活大会では歴代王者が審査員を務める事になり、フットボールアワーからは岩尾が審査員として出演した。

出囃子編集

LOSALIOS「BOOZ」

出演番組編集

※コンビ出演のみを記載。個人での出演については岩尾望後藤輝基をそれぞれ参照。

テレビバラエティ編集

レギュラー番組編集

現在
過去

特別番組(MCもしくはメインキャスト)編集

  • フットボール刑事の芸人家宅捜査(朝日放送)
  • 芸能界のダメットさん(読売テレビ、2009年12月23日)- MC
  • ガチ婚(フジテレビ、2012年1月13日)- MC
  • な〜るほどトラベラーズ(静岡放送、2012年9月2日・2013年9月1日)- MC
  • 10人笑えばストライク!新春!東西対抗ボケバトル(関西テレビ、2013年1月5日)- MC
  • ウソフェショナル(関西テレビ、2013年9月1日)- MC
  • フットボールアワーの求婚男子応援プロジェクト プロポーズアワー(関西テレビ、2013年12月21日)- MC
  • フットボールアワーの離島へ行こう!(フジテレビ、2014年12月28日 - 2018年3月17日) - 日曜スペシャル枠、または『ぶらぶらサタデー』内で放送
  • “まさかに”備える芸能人億イチ保険(関西テレビ、2015年1月10日)- 保険外交員
  • 戦力外を放り出せ!クイズ・ザ・トレード(関西テレビ、2015年5月31日)- MC
  • フットボールアワーのチマタのテッパン(MBSテレビ、2015年9月12日)
  • Doしてこうなった!?(読売テレビ、2016年9月13日)- MC
  • フットボールアワーの!ふるさと婚活列車(HBC北海道放送、2017年2月19日)
  • フットボールアワーの初出し観光(テレビ東京、2017年12月9日)
  • オールザッツミュージック(MBSテレビ、2018年12月29日)- MC
  • 陣取りクロスワードあんたはホンマに関西人(テレビ大阪、2019年6月15日)- MC
  • 売れっ子が推す!今年くる芸人 お笑い推して参る!(テレビ東京、2020年1月1日)- MC
  • 押したらどうなる!?禁断のボタン(読売テレビ、2020年3月26日)- MC
  • エゴエゴあたらし(フジテレビ、2020年3月31日)- MC
  • たとえるバラエティ クイズ!鼻からスイカ(読売テレビ、2020年7月26日・2021年6月10日・12月16日・12月23日)- MC:後藤、解答者:岩尾

ドラマ編集

  • 伊沢鉄工所(朝日放送、2003年3月22日)

ラジオ編集

CM編集

インターネット編集

  • よしもとオンライン 「フットボールアワーのオークションアワー」(Yahoo!バラエティ、2009年1月 - 2010年12月)
  • よしログ(GYAO!、2011年1月 - 12月)
  • Women No Limit(2018年4月14日 - 6月2日、AbemaTV) - MC[6]
  • 舌で恋する7日間(2018年8月4日 - 、AbemaTV) - MC[7]

映画編集

DVD編集

  • 『ジェットボールアワー』 - 2003年6月9日にルミネtheよしもとで行われた単独ライブを収録。
  • 『ジェットボールアワー04』 - 2004年8月23日にルミネtheよしもとで行われた単独ライブを収録。
  • 『ドレキグラム'08』- 2008年6月15日にルミネtheよしもとで行われた単独ライブを収録。
  • 『ドレキグラム'09』- 2009年8月2日に円形ホールで行われた単独ライブを収録。
  • 『ドレキグラム'10』- 2010年に京橋花月とルミネtheよしもとで行われた単独ライブを収録。
  • 『フットボール刑事の芸人家宅捜査』- 第1回から第7回を収録。

書籍編集

  • フットボールアワー 人類のルール(角川書店

ライブ編集

2000年
  • 04月06日 - 「ジェットボールアワー」(baseよしもと/大阪)
  • 09月19日 - 「フットガールアワー」(baseよしもと/大阪)
  • 11月05日 - 「フットボールベアー」(baseよしもと/大阪)
2001年
  • 01月14日 - 「ナゴヤボールアワー」(名古屋栄3丁目劇場/愛知)
  • 01月28日 - 「Iラブフットボール」(baseよしもと/大阪)
  • 03月08日 - 「WEラブフットボール」(baseよしもと/大阪)
  • 05月09日 - 「カミナリフットボール」(baseよしもと/大阪)
  • 07月05日 - 「フットボールサマー」(baseよしもと/大阪)
  • 10月05日 - 「フットボールシャワー」(baseよしもと/大阪)
  • 12月05日 - 「フットボールラバー」(baseよしもと/大阪)
2002年
  • 02月07日 - 「フットチョコボールアワー」(baseよしもと/大阪)
  • 05月30日 - 「フットボーリングアワー」(baseよしもと/大阪)
  • 07月05日 - 「博多ボールアワー」(よしもとゴールデン劇場/福岡)
  • 07月29日 - 「フットサーフアワー」(baseよしもと/大阪)
  • 09月16日 - 「フットケーキアワー」(baseよしもと/大阪)
  • 10月19日 - 「ナイトボールアワー」(baseよしもと/大阪)
  • 11月27日 - 「フットボールエアー」(baseよしもと/大阪)
  • 12月13日 - 「ナイトボールアワー」(baseよしもと/大阪)
2003年
  • 01月22日 - 「フットボールスノー」(baseよしもと/大阪)
  • 02月23日 - 「ナイトボールアワー」(baseよしもと/大阪)
  • 04月03日 - 「グランドボールアワー」(なんばグランド花月/大阪)
  • 06月09日 - 「ジェットボールアワー」(ルミネtheよしもと/東京)
  • 06月28日 - 「ナイトボールアワー」(baseよしもと/大阪)
  • 08月01日 - 「博多ボールアワー」(よしもとゴールデン劇場/福岡)
  • 09月13日 - 「フットボール部屋ー」(うめだ花月/大阪)
  • 10月13日 - 「フットボール部屋ー」(うめだ花月/大阪)
  • 11月14日 - 「フットボール部屋ー」(うめだ花月/大阪)
  • 12月15日 - 「フットボール部屋ー」(うめだ花月/大阪)
  • 12月27日 - 「ナイトボールアワー」(baseよしもと/大阪)
2004年
  • 01月19日 - 「フットボール部屋ー」(うめだ花月/大阪)
  • 02月16日 - 「フットボール部屋ー」(うめだ花月/大阪)
  • 03月22日 - 「フットボール部屋ー」(うめだ花月/大阪)
  • 04月13日 - 「フットボール部屋ー」(うめだ花月/大阪)
  • 05月18日 - 「フットボール部屋ー」(うめだ花月/大阪)
  • 06月15日 - 「フットボール部屋ー」(うめだ花月/大阪)
  • 08月23日 - 「ジェットボールアワー04」(ルミネtheよしもと/東京)
2005年
  • 08月14日 - 「フットボールアワーのトークギンザ」(銀座小劇場/東京)
  • 09月26日 - 「フットボールアワーのトークギンザ」(銀座小劇場/東京)
  • 10月24日 - 「フットボールアワーのトークギンザ」(銀座小劇場/東京)
  • 11月28日 - 「フットボールアワーのトークギンザ」(銀座小劇場/東京)
  • 12月30日 - 「フットボールアワーのシンジュクトーク」(新宿シアターモリエール/東京)
2006年
  • 01月30日 - 「フットボールアワーのシンジュクトーク」(新宿シアターモリエール/東京)
  • 03月27日 - 「フットボールアワーのシンジュクトーク」(新宿シアターモリエール/東京)
  • 04月26日 - 「フットボールアワーのシンジュクトーク」(新宿シアターモリエール/東京)
  • 05月17日 - 「フットボールアワーとか」(新宿シアターモリエール/東京)
  • 05月29日 - 「フットボールアワーのシンジュクトーク」(新宿シアターモリエール/東京)
  • 06月12日 - 「フットボールアワーとか」(笹塚ファクトリー/東京)
  • 06月26日 - 「フットボールアワーのシンジュクトーク」(新宿シアターモリエール/東京)
  • 07月05日 - 「フットボールアワーとか」(新宿シアターモリエール/東京)
  • 07月26日 - 「フットボールアワーとか」(新宿シアターモリエール/東京)
  • 08月14日 - 「フットボールアワーとか」(新宿シアターモリエール/東京)
  • 08月28日 - 「フットボールアワーとか」(新宿シアターモリエール/東京)
  • 11月14日 - 「フットボールアワーとか」(新宿シアターモリエール/東京)
  • 11月27日 - 「フットボールアワーとか」(新宿シアターモリエール/東京)
2008年
  • 06月08日 - 「ドレキグラム'08」(OBP円形ホール/大阪)
  • 06月15日 - 「ドレキグラム'08」(ルミネtheよしもと/東京)
2009年
  • 08月02日 - 「ドレキグラム'09」(OBP円形ホール/大阪)
  • 08月09日 - 「ドレキグラム'09」(ルミネtheよしもと/東京)
2010年
  • 07月17日 - 「ドレキグラム'10」(京橋花月/大阪)
  • 07月24日 - 「ドレキグラム'10」(ルミネtheよしもと/東京)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 笑い飯は第9回(2009年)大会でファーストラウンドを1位通過し、翌第10回(2010年)大会でも1位通過のパンクブーブーと同点で最終決戦に進出したが、高得点を付けた審査員の人数差から2位通過となっている。よって、ファーストラウンドの1位通過を複数回経験しているのはフットボールアワーのみとなっている(2022年現在)。
  2. ^ 話題転換が多く、館内アナウンス部分のボケは5つのみだった。
  3. ^ 第2回大会のこと。
  4. ^ 大竹まことのこと
  5. ^ その後、NON STYLEとパンクブーブーの2組が同じく優勝後にM-1グランプリへ再出場しているが、彼らはフットボールアワーとは異なり、間隔を空けてではなく優勝した翌年の大会に連続で出場していた。

出典編集

  1. ^ 「フットボールアワーのルール」『フットボールアワー 人生のルール』、角川書店、2005年。
  2. ^ 「M-1グランプリ2003完全版〜M-1戦士の熱き魂〜」特典映像より。
  3. ^ フットボールアワー - オリコンTV出演情報
  4. ^ フットボールアワー - オリコンCM出演情報
  5. ^ a b c Indeed新CMでジャル、空気階段、マヂラブ、シソンヌ、蛙亭、フットが対決(コメントあり / 写真36枚)”. お笑いナタリー. ナターシャ (2021年12月17日). 2021年12月17日閲覧。
  6. ^ 加藤ミリヤ、AbemaTV特番「Women No Limit」最終回で「曲を提供したい」夢を語る | Musicman-NET”. www.musicman-net.com (2018年6月5日). 2018年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月22日閲覧。
  7. ^ “フットボールアワー、初司会の恋愛リアリティーショーに興味津々「入りたい!」”. AbemaTIMES. (2018年8月3日). https://times.abema.tv/articles/-/4661195 2022年1月16日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集