メインメニューを開く

特徴編集

プロレスとしてのファイトを見せるシーンをはさみつつも「プロレスを考えるプロレス」を題目に掲げたりプロデューサーの鶴見亜門に扮した今林久弥の存在、更に舞台仕立ての興行(マッスルに参加している酒井一圭はブログで「プロレスというより舞台」と指摘したこともある)など他団体からの影響も見せつつも一味違った演出を持ち味としている。

マッスル坂井は「マッスルの中でも「台本があると言う演出はしてもプロレス業界の隠語は絶対にマッスルでは使わない」、「リングで人が死ぬにしてもプロレスの技や攻防で人が死ぬと言う演出は一切しない」ということを絶対に守っている」と語っている。

興行のクライマックスにはエトピリカ葉加瀬太郎)が流れてスローモーションで物語が進行していくところはプロレスの演出として非常に特徴的である。オープニングテーマはのLONELY DAYSPENPALS)。

歴史編集

2004年10月13日北沢タウンホールで旗揚げ戦「マッスル1」を開催。旗揚げ当初はハッスルのパロディ(ロゴマークもハッスルがモチーフだった)としてインディー団体、ローカル団体の所属ながら光を放つ存在を発掘するというコンセプトで開始。

2005年1月4日新木場1stRINGで開催した「マッスル2」、3月6日Blue Fieldで開催した「マッスル3」で通常の興行とは一味も二味も違う独特のテイストを確立。特に「マッスル2」から参戦したアントーニオ本多はマッスルがプロレス界に送り出した最大の鬼才と言える。5月5日、北沢タウンホールで開催した「マッスル4」でツルティモ・ドラゴンの甥で「アメリカで高名な演出家」と称したプロデューサーの鶴見亜門今林久弥が扮している)を演出に迎えてプロレスにおける演出とは何かについて問題を提起する。8月14日、北沢タウンホールで開催した「マッスル5」から「マッスル8」でツルティモの娘婿であるサイモン鶴見(こちらも今林が扮している)が興行の長時間化に疑問を投げかけて総当りリーグ戦4大会を1日で終わらせるという快挙を達成。プロレスの試合にリングでの討論(「しゃべり場」形式)を導入という斬新な試みも見せた。10月2日後楽園ホールで開催した「マッスルハウス1」で満員の観衆を集めて酒井一圭HG戦で生まれた趙雲子龍の「泣いて馬謖を斬る」という技は何度もクライマックスに使われた。

2006年1月17日、北沢タウンホールで開催した「マッスル9」で史上最高と呼ばれる興行が実現。3月5日新宿FACEで開催した「マッスル10」で史上最いまいちと呼ばれる興行を提供。5月4日、後楽園ホールで開催した「マッスルハウス2」で超満員の観衆を集めて興行に「ドッキリ」、「仮装大賞」のエッセンスを加えるという常人には予想も付かない発想で賞賛を浴びた。

2008年10月6日、新木場1stRINGで「マッスル坂井自主興行」を開催。従来のマッスルとは異なりスクリーンにマッスルのロゴマークはなく締めのマッスルポーズは行われなかったが興行内容や登場人物からマッスルの番外編といえる。

2009年5月4日、後楽園ホールで開催した「マッスルハウス8」を最後に実質的の活動休止。

2010年2月6日暗黒プロレス組織666との合同ディナーショーが行われて活動再開。5月4日、後楽園ホールで開催した「マッスルハウス9」で「リングオブコント」を開催。10月6日マッスル坂井が家庭の事情により引退するため後楽園ホールで最後の興行「マッスルハウス10〜負けるから即引退させてくれSP〜」を開催。「マッスルハウス10」をもってマッスルはいったん幕を閉じるが同興行開催中に坂井により20年後の2030年10月6日に後楽園ホールで「マッスルハウス11」を開催することを宣言。同日に入籍を発表して子供が生まれる予定があるという坂井が20年後に子供をプロレスラーに育て上げてマッスルに出場させるという構想である。マッスル戦士たちによると裏の計画では次回のマッスルは日本武道館で興行を開催する予定で「マッスルハウス10」に来場した観客全員が2人ずつ子供を産んで連れてくれば日本武道館が超満員になるという算段らしい。

2012年8月18日DDTプロレスリング日本武道館大会「武道館ピーターパン〜DDTの15周年、ドーンと見せます超豪華4時間SP!〜」でマッスル提供ダークマッチ「マッスルハウス10.5〜DARK MATCH RISING〜」として一日限りの復活を果たした。

2015年10月7日、DDTで行われた「DDTドラマティック総選挙2015」での公約発表でスーパー・ササダンゴ・マシンは所属しているユニット「#大家帝国」がユニット総選挙で第1位になったらマッスルを開催すると発言して第2位に1000票近い得票差をつけて第1位に輝いた。11月17日、後楽園ホールで「#大家帝国主催興行〜マッスルメイツの2015〜」を開催して坂井に勝利した竹下幸之介に2030年10月6日に開催予定の「マッスルハウス11」出場権利証が入ったキャリーケースが授与されて、そこには「TOKYO DOME」と記されており「マッスルハウス11」は東京ドームで開催する予定であることが明かされた。

2019年2月16日両国国技館で「マッスルマニア2019 in 両国〜俺達のセカンドキャリア〜」を開催。

興行編集

主に北沢タウンホールで開催している「マッスル」と主に後楽園ホールで開催している「マッスルハウス」に分かれる。「マッスルハウス」の方が大箱になる点は「ハッスル」と正反対であった。

実況編集

テレビの実況はフリーアナウンサーの村田晴郎、解説は週刊プロレス鈴木健が務めている。各興行が、それぞれ独立した1話完結のストーリーになっているため試合会場規模以外の違いは無いが「マッスルハウス」ではサプライズ的に大物選手が参戦することがある。

タイトル編集

  • IMGP世界ヘビー級王座
「IMGP」は「International Muscle Grand Prix」の略。
  1. 男色ディーノ
  2. 李日韓
  3. 藤岡典一
  4. 飯伏幸太
  5. サソリ
  6. タイガースマスク
  7. 丸山敦

登場人物編集

レギュラー選手、人物編集

参戦経験がある選手、人物編集

試合中継編集

関連番組編集

大会一覧編集

マッスル編集

大会名 開催年月日 会場 開催地
マッスル15 2007年9月5日から9月7日 北沢タウンホール 東京都世田谷区
マッスル14 2006年9月30日 北沢タウンホール 東京都世田谷区
マッスル13 2006年9月30日 北沢タウンホール 東京都世田谷区
マッスル12 2006年9月29日 北沢タウンホール 東京都世田谷区
マッスル11 2006年9月29日 北沢タウンホール 東京都世田谷区
マッスル10 2006年3月5日 新宿FACE 東京都新宿区
マッスル9 2006年1月17日 北沢タウンホール 東京都世田谷区
マッスル8 2005年8月14日 北沢タウンホール 東京都世田谷区
マッスル7 2005年8月14日 北沢タウンホール 東京都世田谷区
マッスル6 2005年8月14日 北沢タウンホール 東京都世田谷区
マッスル5 2005年8月14日 北沢タウンホール 東京都世田谷区
マッスル4 2005年5月5日 北沢タウンホール 東京都世田谷区
マッスル3 2005年3月20日 千葉Blue Field 千葉県千葉市
マッスル2 2005年1月4日 新木場1stRING 東京都江東区
マッスル1 2004年10月13日 北沢タウンホール 東京都世田谷区

マッスルハウス編集

大会名 開催年月日 会場 開催地
マッスルハウス10.5〜DARK MATCH RISING〜 2012年8月18日 日本武道館 東京都千代田区
マッスルハウス10〜負けるから即引退させてくれSP〜 2010年10月6日 後楽園ホール 東京都文京区
マッスルハウス9 2010年5月4日 後楽園ホール 東京都文京区
マッスルハウス8 2009年5月4日 後楽園ホール 東京都文京区
マッスルハウス7 2009年1月3日 後楽園ホール 東京都文京区
マッスルハウス6 2008年5月6日 後楽園ホール 東京都文京区
マッスルハウス5 2008年1月3日 後楽園ホール 東京都文京区
マッスルハウス4 2007年5月4日
2007年5月5日
後楽園ホール
Zepp Nagoya
東京都文京区
愛知県名古屋市
マッスルハウス3 2007年1月3日 後楽園ホール 東京都文京区
マッスルハウス2 2006年5月4日 後楽園ホール 東京都文京区
マッスルハウス1 2005年10月2日 後楽園ホール 東京都文京区

マッスルマニア編集

大会名 開催年月日 会場 開催地
マッスルマニア 2019 in 両国〜俺たちのセカンドキャリア〜 2019年2月16日 両国国技館 東京都墨田区

その他編集

大会名 開催年月日 会場 開催地
#大家帝国主催興行〜マッスルメイツの2015〜 2015年11月17日 後楽園ホール 東京都文京区

DVD編集

  • マッスルヒストリーvol.1
  • マッスルヒストリーvol.2
  • マッスルヒストリーvol.3
  • マッスルヒストリーvol.4
  • マッスルヒストリーvol.5
  • マッスルヒストリーvol.1+2
  • マッスルヒストリーvol.6
  • マッスルヒストリーvol.7
  • マッスルヒストリーvol.8
  • マッスルヒストリーvol.9
  • マッスルヒストリーvol.10
  • マッスルヒストリーvol.11
  • マッスルヒストリーvol.12
  • マッスルヒストリーvol.13
  • マッスル牧場CLASSIC 1
  • マッスル牧場CLASSIC 2
  • マッスル牧場CLASSIC 3
  • マッスル牧場CLASSIC DVD-BOX
  • #大家帝国主催興行〜マッスルメイツの2015〜