FIGHTING TV サムライ

FIGHTING TV サムライ
Shoot boxing on Fighting TV Samurai.jpg
2012年、シュートボクシングの中継風景
24時間プロレス、格闘技専門チャンネル
基本情報
略称(愛称) サムライTV
運営(番組供給)事業者 スカパー・ブロードキャスティング
本社(本部) 〒107-0052
東京都港区赤坂1丁目14-14
放送(配信)開始 1996年12月1日
HD放送(配信)開始 2012年9月29日
ジャンル スポーツ
放送内容 プロレス、格闘技
衛星基幹放送(東経110度CS放送)
プラットフォーム スカパー!e2
放送事業者 マルチチャンネルエンターテイメント
チャンネル番号 Ch.259
物理チャンネル ND16
放送開始 2002年7月1日
放送終了 2009年1月31日
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
チャンネル番号 Ch.600(HD)
視聴料金 月額1,944円(税込)
放送開始 2012年9月29日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 スカパー・ブロードキャスティング
チャンネル番号 Ch.301
視聴料金 月額1,944円(税込)
放送開始 1996年12月1日
放送終了 2014年5月31日
ディレクTV(放送終了)
放送事業者 ディレク・ティービー・ジャパン
チャンネル番号 Ch.152
放送開始 1998年12月12日
放送終了 2000年9月30日
ひかりTV 731
eo光テレビ 301(HD)
J:COM 401
JCN 922
公式サイト
特記事項:
※スカパー!ではCh.CS805「スカチャン3」でPPS「サムライ2シリーズ」(月額1,050円)として一部時間帯サイマル放送していた。

FIGHTING TV サムライ(ファイティング・ティービー・サムライ)は、スカパー・ブロードキャスティングが運営するプロレス格闘技の専門チャンネル。通称「サムライTV(サムライティービー)」。 プロレスを中心に格闘技の試合中継などを放送している。

目次

歴史編集

  • 1996年
  • 1999年2月 - ディレクTVで放送開始(2000年放送終了)。
  • 2000年 - グローバル衛星放送、株式会社サムライティービーに商号変更。
  • 2001年7月 - スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(現・スカパーJSAT)がサムライティービー株式の80.25%を三井物産から取得、連結子会社とする。
  • 2002年7月 - スカイパーフェクTV!2(現・ スカパー!)で放送開始(委託放送事業者はマルチチャンネルエンターテイメント(現・スカパー・エンターテイメント))。
  • 2007年2月 - サムライティービー、ペイ・パー・ビュー・ジャパン(現 スカパー・ブロードキャスティング、SPBC)に放送業務を委託。
  • 2008年
    • 1月 - スカイパーフェクト・コミュニケーションズ、三井物産及び松竹より残るサムライティービー株式を取得、完全子会社化する。
    • 10月1日 - SPBCがサムライティービーを吸収合併。スカパー!での放送は、SPBCの電気通信役務利用放送に移行。
  • 2009年
    • 1月31日 - スカパー!e2での放送を終了。
    • 2月1日 - スカパー!e2・スカチャン804(Ch.CS804)にて、ペイ・パー・シリーズ(PPS)「サムライ2シリーズ」放送開始。
  • 2012年9月29日 - スカパー!プレミアムサービスにてハイビジョン放送(Ch.600)を開始。
  • 2014年5月31日 - スカパー!プレミアムサービスにて、標準画質での放送を終了、ハイビジョン放送に完全移行した。
  • 2016年12月1日 - スカパー!プレミアムサービスの衛星一般放送事業者がスカパー・ブロードキャスティングからスカパー・エンターテイメントに変更。

放送チャンネル編集

  • スカパー!プレミアムサービス・スカパー!プレミアムサービス光 Ch.301(標準画質、2014年5月31日放送終了)、Ch.600(ハイビジョン放送)
  • ケーブルテレビ各局(一部、チャンネルは異なる。多くはオプション契約チャンネル)
  • 2009年3月31日をもってJC-HITSでの放送を終了するが、同年4月1日から、i-HITSでの放送を開始する。

サムライ2シリーズ編集

スカパー!e2(現・スカパー!)では、2009年2月1日よりスカチャン804(Ch.804)にてPPS「サムライ2シリーズ」の放送を開始した。

  • 放送時間帯 原則として毎日8時間(8:00 - 12:00、22:00 - 26:00)となっているが、生中継が行われる場合はそれ以外の時間にも放送することもある。なお、放送内容はスカパー!プレミアムサービスとのサイマル放送。
  • 視聴料金 月額1,080円(税込)※複数台割引対象外。

2011年9月30日付でスカチャン804は終了となるため、同日よりスカチャン803(現・スカチャン3(Ch.CS805))へ移動となる。

なお、サムライ2シリーズが放送されている時間帯のスカパー!プレミアムサービスのスカチャン3(SD:Ch.183、HD:Ch.583)は放送休止となる。

なお、過去に行われていたスカチャン804でのDREAM・SRCの生中継はサムライTV提供ではない。

2015年2月、同年7月31日を以ってサムライ2シリーズを終了することが発表された[3]。新規申し込みは、同年3月31日で終了。

プロ格ハマるアワー!編集

2011年10月1日に開局したBSスカパー!において「プロレス・格闘技アワー」と題して番組を提供している。

第1弾は10月27日放送の「仮面貴族FIESTA」。

2015年4月より「プロ格ハマるアワー!」にリニューアル。

サムライTVオンデマンド編集

2015年7月1日より、サムライTVと同じ内容をインターネット上で見ることができるサービス「サムライTVオンデマンド」をスカパー!オンデマンドで開始した。

  • 視聴料金 月額1,944円(税込)
  • ただし、スカパー!プレミアムサービスおよびスカパー!プレミアムサービス光でサムライTVを契約している場合は無料で視聴可能

サムライTVと同じ内容をインターネットストリーミングで24時間配信するほか、新規放送内容に関しては1ヶ月間の見逃し視聴に対応する。

放送団体編集

※「速報!バトルメン」「インディーのお仕事」「女子プロレスのお仕事」内で取り扱われているものも含む

新日本プロレス
  • 新日本プロレス大作戦
全日本プロレス
NOAH
WRESTLE-1
ZERO1
DDT
大日本プロレス
  • 大日本アーカイブス
みちのくプロレス
KAIENTAI-DOJO
リアルジャパンプロレス
レジェンド・ザ・プロレスリング
(再放送)IGF
ドラディション
666
IWA・JAPAN
CMLL
UD/闘龍門MEXICO
アパッチプロレス軍
FREEDOMS
東京愚連隊
天龍プロジェクト
JWP女子プロレス
センダイガールズプロレスリング
アイスリボン
スターダム
  • スターダム☆カフェ
LLPW-X
ディアナ
REINA女子プロレス
世界プロレス協会
プロフェッショナル修斗
DEEP
パンクラス
JEWELS

他社からの映像提供編集

※以下の団体は、他に契約されている放送局からの映像提供がある。主に試合中盤と結果だけを抜粋した編集。

放送提供されない団体編集

※以下の放送局での映像は提供がされない。

主な番組編集

速報!バトル☆メン
プロレス・格闘技ニュースを生放送(月・水・金。ただし試合生中継がある場合は別曜日に変更あり)。
司会:三田佐代子(月)、豊本明長(水)、元井美貴(金)
別冊!バトル☆メン
毎月最終週の金曜日に放送。一ヶ月のバトルメン他で取り上げられなかった試合・出来事の他、引退した選手の現在等を追う。
インディーのお仕事
インディー団体専門の情報番組。
おねえさん: 三田佐代子・メキシコモグラ(三代目AS): カルロス・チョビートモラシータ
女子プロレスのお仕事
女子プロレス専門の情報番組。
おねえさん: 女子プロレスラーが月替わり・おともだち: カルロス・チョビートモラシータ
月刊 格闘無双
2016年10月28日放送開始の総合格闘技およびキックボクシング情報番組。月1回放送。ドキュメンタリーや対談なども織り交ぜる[4]。MC:やべきょうすけ、解説:高阪剛、アシスタント:及川奈央


Versus
選手同士による対談番組。不定期放送。
全女CLASSICS
昭和全盛期時代の全日本女子プロレスの試合模様をプレイバック。

その他、各団体番組

試合中継編集

  • プロレス中継 - サムライTVにおける主な番組。二時間放送。
  • ニアライブ - 即日の2、3時間後の時間差放送。基本的にノーカット中継。
  • 生中継 - 終了後に同内容のニアライブ有り。
ニアライブおよび生中継は数回の完全版再放送後、2時間編集版での再放送となる。

放送終了した主な番組編集

闘いのワンダーランド
新日本プロレスのレトロ番組で、レギュラーの昭和編・平成編のほか、前田日明特集、スタン・ハンセン特集などが臨時に編成された。
大日大戦 〜BJW DEATH MATCH WARS〜
大日本プロレス中継番組。⇒月1回の2時間枠へ。
パンクラス・ハイブリッドアワー
パンクラス中継番組。スカイ・A sports+提供。
武藤敬司〜プロレスの砦〜
武藤敬司がホストを務めるトーク番組。毎月1回。2006年特番で復活。
ARISTRIST蝶野王国
蝶野正洋がホストを務めるトーク番組。毎月1回。
高山善廣のなんでもいいじゃんか!?
高山善廣がホストを務めるバラエティ番組。
浅草キッドの海賊男
浅草キッドがホストを務めるトーク番組。毎週木曜日。
プロレス名画座
門馬忠雄がホストを務めるアメリカのレトロ映像をレスラーごとに紹介する番組。
VOICE
プライド侍
Sブレーク
サムライ本舗
ハッスル×ハッスル
もともとは東海テレビの番組。
PRIDE王
もともとは東海テレビの番組。
Lady'sゴングTV
Lady'sゴング(現・RINGSTARS)全面協力。
BG道場
道場のスパーリングの光景を定点カメラで捉えた映像を深夜に長時間流していたもの。早い話がフィラー映像。
サムライニュース
ニュースの鬼
「生でGONG! X2」や「Sアリーナ」と続いていく毎日のニュース番組、だったが、一時期週一回になっていたこともある。
生でGONG! X2
毎日のニュース番組。日替わりのキャスターに、川野太郎秦真司などを起用し、その人選に疑問を呈する視聴者が多かった。
ニュース侍
司会:矢野武
サムライTVの看板番組、「Sアリーナ」復活により引き継がれる。
SアリーナX
毎週プロレスラー・格闘技選手をスペシャルキャスターを迎える「Sアリーナ」特別版。アシスタント(2代目): ユウキロック
クローズライン
週末のプロレス・格闘技ニュースを生放送。日曜日の試合も到着次第即日放送。
Sアリーナ
プロレス・格闘技ニュースを生放送(月〜水、金〜日)。
格闘ジャングル
「Sアリーナ」格闘技版。98年4月放送開始。初代司会者: マサシ針谷ルリ子
格闘ジャングル2
総合格闘技専門版。毎週木曜日。
司会:小野寺力、アシスタント:新井ありさ、解説:高阪剛
キックの星
司会:大江慎、片岡未来
キックの惑星
司会:大江慎、ポンピクンありさ
キングスロード
三沢光晴社長時代の短期間放映された、全日本プロレスの選手参加のロケ番組。
NOAH's ark
司会: あさりど加藤由季。NOAHの選手参加のロケ番組。
SAMURAI X!
司会: 伊集院光黒住祐子。1時間のPR番組。無料放送。5回程度で終了。
プロレススーパースター列伝
同名の漫画とは無関係。過去の名レスラーにスポットを当てた、「あの人は今」的な番組。一部がGyaOで再配信されている。
サムライパンチ
司会: 関根勤。ひとつのテーマで月曜〜金曜の5日間、一日当たり2時間を割いて、夢枕獏などのゲストを招いて濃いトークを繰り広げていたが、一か月でなくなってしまった。採り上げられたテーマは、「力道山」、「大山倍達」、「梶原一騎」、「第1期UWF」。
大槻ケンヂのトーキング・ブルースリー
プロレス・格闘技好きの大槻ケンヂをホストにレスラー・格闘家を招いてのトーク番組。60分。
ターザン山本のプロレス学術講座'
ターザン山本ケーシー高峰のごとく白衣姿にホワイトボードを背にしてターザン節を炸裂させた番組。30分。
アントニオ猪木アワー・ギブアップまで待ってろ!
アントニオ猪木がホストのトーク番組。30分。
円谷格闘劇場
プロレスの星 アステカイザー』を放送。なぜか『ミラーマン』も放送された。
梶原一騎人生劇場
空手バカ一代』の再放送。
おはようシネマ館
格闘技に関連のある映画(力道山や相撲関係など)の放送。モノクローム時代のかなり古い作品が多く流れた。
歌う選手名鑑
歌う天気予報』のパロディ。選手の入場テーマ曲をバックに選手の静止映像やプロフィールが流れた深夜番組。
BOXマニア
ボクシング名勝負集。開局当時、ボクシングを扱っていたのはこの番組だけ。
PRIDE武士道マガジン
PRIDE情報番組。
キックの星
キックボクシング情報番組。司会: 大江慎片岡未来
NOAH's log 〜有明 Modern Boys〜
NOAH番組。海外遠征など密着取材や選手参加企画番組。
武藤敬司☆SHOW
新日本プロレス黙示録
新日本プロレス情報番組。Sアリーナの週1コーナー「ストロングニュース」が独立。
新日本プロレス黄金史
新日本プロレスの黄金時代と言われた昭和〜平成の試合をプレイバック。
KO打撃ックス!
司会:大江慎・小野寺力
修斗 X-treme Fight
修斗番組。毎月1回。
DEEEEP IMPACT
DEEP系イベント番組。毎月1回。
パンクラス・ヒストリー
パンクラスの名勝負をプレイバック。
K-1 BATTLE SCRAMBLE
K-1情報番組。

Jリーグ中継編集

2007年10月より、e2 by スカパー!(スカパー!e2を経て現スカパー!)でJリーグ(J1)の全試合生中継が開始されたが、スカパー!(現スカパー!プレミアムサービス。こちらは2007年シーズン開幕よりJ1・J2全試合生中継)よりチャンネル数が少なく、一斉開催の場合には9試合同時中継となり、通常使用しているチャンネル(スカチャン・スカチャンHD(計4ch)、TBSチャンネルJ sports Plus)だけでは足りないことから、スカパー子会社(2008年10月よりスカパーJSATの兄弟会社)であった当チャンネルでも通常放送を休止して中継が行われることになった。

2009年1月末をもってスカパー!e2での放送が終了したため、今後は当チャンネルでJリーグの放送は行わないと思われる。

ちなみに、当チャンネルでのJリーグ中継はノンスクランブル放送であった(一部ケーブルテレビでは視聴できない場合あり)。

FIGHTING TV サムライで放送されたカード

主な出演者、キャスター編集

過去の出演者、キャスター編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ All About「ハッスル山口日昇新社長に聞く(上)」 2007年6月21日
  2. ^ サムライを退社後は格闘技中継番組の制作会社「ブロンコス」を設立。
  3. ^ [1]
  4. ^ 月刊 格闘無双 : 番組情報”. プロレス・格闘技専門ch FIGHTING TV サムライ . 2016年10月28日閲覧。

外部リンク編集