共同テレニュース

日本のテレビニュース番組

共同テレニュース』(きょうどうテレニュース)は、共同テレビジョンニュース社(現・共同テレビジョン〈共テレ〉)が1958年11月から1967年8月まで制作した一連のテレビニュース番組である。

共同テレニュース
ジャンル 報道番組
出演者 共同通信記者、(産経新聞記者)、フジテレビアナウンサー他
製作
制作 共同通信社
フジテレビジョン
共同テレビニュース社FNN
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1958年11月-1967年8月
放送時間毎日17:50-18:00
放送分10分

特記事項:
上記はフジテレビなど、一部フジテレビ系のもの。1962年7月以後は『サンケイ・テレニュース』とほぼ内容を共有化
テンプレートを表示

概要編集

1958年7月28日に共同通信社を中心に、ニュース番組を制作ならびに配信することを目的として、共同テレビジョンニュース社が設立された。共同通信社は1956年に、朝日毎日読売の三大新聞社と同様に劇場用ニュース映画を制作しようと検討し準備を進めていたが、翌1957年にはテレビ時代を見据えた全国ネットのテレビニュース制作を目指すべく方針を転換した。発足当初は番組送出装置やマイクロウェーブ配信網を持たないため、これらをどこかの局に依存せざるを得ないが、ゆくゆくは自前の設備を備える計画であった(共同放送網構想)。

フジテレビ東海テレビ関西テレビ、日本教育テレビ(NETテレビ。現・テレビ朝日)、中部日本新聞社が大口出資者となり、NHK電通が協力。これに共同通信加盟の地方紙ならびに地方紙母体のテレビ局が共同出資した。

共同テレビジョンニュース社が制作するニュース番組は出資各社で放送される事となっていた。しかし東京地区では、フジテレビとNETテレビの2社で放送されることとなったため、競合2社が同一ニュース番組を放送するのはステーションとしての特色が出ないとの理由により、ほどなくNETテレビが脱退した(別途、親会社の東映が朝日新聞社と合弁して設立した朝日テレビニュース社〈現・テレビ朝日映像〉からニュース番組を購入することになり、共同テレビジョンニュース社から資本と役員を引き上げた)。この結果、自前の送出装置とマイクロ網を持たない共同テレビジョンニュース社はフジテレビと結びつくこととなり、制作部門も新宿区市谷河田町にあったフジテレビ内に置かれることになった。

同年11月1日、関西テレビが開局。社屋建設中で未開局のフジテレビをキー局として「KTVニュース」が送り出された。また、同日より中部日本放送(現・CBCテレビ)で放送されている「中日ニュース」を中日映画社に代わって制作することとなり、市谷河田町のフジテレビ社屋よりフイルムを港区元麻布にあったCBC東京支局に搬送し、同支局よりマイクロ網で送り出された(1961年4月以降はフジテレビからの送り出しに変更)。1959年3月1日、フジテレビが開局し、翌1960年には全国17局で共同テレニュースが放送された。

しかしながら、事実上フジテレビ系列のニュース番組を主体に制作することとなったため、1960年11月14日に共同通信社、静岡新聞社、西日本新聞社が資本を引き上げ撤退し、他の地方局や中日の資本を残しながらも正式にフジテレビ傘下となった。その後、1962年7月2日より夕方17時50分 - 18時に「ホームニュース」を制作し配信する。なお、フジテレビ・関西テレビは産業経済新聞社との資本関係・報道協定があるため、実質的には産経新聞協賛による「サンケイ・ホームニュース」とされていた。この「ホームニュース」は3社ニュースと併せて、当時1局しかない、いわゆるオープンネットの状態だった都道府県を中心とした地方局にネットされ、事実上「4社ニュース」とされていた。

やがて、テレビネットワーク競争が過熱化して、ニュース番組がテレビネットワークの中核となった。この結果、キー局のネットワークニュースを地方系列加盟局が放送すれば事足りる状態となり、フィルム配信で速報性に欠ける共同テレニュースを必要としなくなった[注釈 1]

一方、フジテレビ系列も1966年10月3日にフジニュースネットワーク(FNN)を結成したことで、結局共同テレニュースは「中日ニュース」「ホームニュース」を除いてFNNニュースと統合されることとなった(ただし、この2番組とFNNニュースはその後も事実上同内容であった)。

共同テレビジョンニュース社は、翌1967年9月に報道部門をフジテレビに移管してニュース制作から撤退し、社名を共同テレビジョンに改めてテレビ番組製作会社に転向。その後、資本・ニュースネットから撤退した局を中心に、フジ系以外の一般番組の制作受注も開始し、現在に至る。

出資社編集

※なお、日本放送協会(NHK)は出資はしていないが、役員を派遣していた。

放送内容編集

タイトルは放送する各局で差し替えていた。

フジテレビ発同時ネット編集

  • 月 - 土曜日 11時45分 - 11時55分「デイリーニュース」
    フジテレビ「フジテレニュース」、東海テレビ「東海テレニュース」、関西テレビ「KTVニュース」
  • 月 - 日曜日 18時45分 - 18時55分「デイリーニュース」
    フジテレビ「フジテレニュース」、東海テレビ「東海テレニュース」(月 - 土曜日)、関西テレビ「KTVニュース」、日本海テレビ(月 - 土曜日)、山口放送「KRYテレニュース」(月 - 土曜日)
  • 月 - 日曜日 21時45分 - 21時55分「デイリーニュース」
    フジテレビ「フジテレニュース」、東海テレビ「東海テレニュース」、関西テレビ「KTVニュース」、九州朝日放送KBCニュース」。
  • 月 - 日曜日 21時55分 - 22時「デイリースポーツニュース」
    フジテレビ、東海テレビ、関西テレビ、日本海テレビ
  • 月 - 土曜日(5分間)「デイリー海外ニュース」(5分間)
    フジテレビ、東海テレビ、関西テレビ
  • 週1回「ウィクリーフジテレビニュース」(15分間)
    フジテレビ、関西テレビ
  • 週1回「ウィクリースポーツニュース」(15分間)
    フジテレビ、関西テレビ
  • 週1回「ウィクリー海外ニュース」(15分間)
    フジテレビ、関西テレビ

CBCテレビ発同時ネット編集

フィルム配信編集

  • 月 - 日曜日「デイリーニュース」(1日3回10分間)
    沖縄テレビ(フジテレビ発のものを再編集の上、航空便にて同局に輸送。マイクロ網の都合によりフイルム輸送で対応。)
  • 月 - 日曜日「デイリースポーツニュース」(1日1回5分間)
    沖縄テレビ(同上)
  • 月 - 日曜日「デイリー海外ニュース」(1日1回5分間)
    静岡放送「静岡新聞ニュース」、ラジオ山梨「山梨日日新聞ニュース」、ラジオ東北「秋田魁新報ニュース」
  • 週1回「ウィクリー国内ニュース」(15分間)
    北陸放送「北國新聞ニュース」、山口放送「KRYテレニュース」、台湾フィルムスタジオ、モスクワラジオテレビ、中華人民共和国、ハワイKMGB「内地の便り」
  • 週1回「ウィクリースポーツニュース」(15分間)
    東海テレビ
  • 週1回「ウィクリー海外ニュース」
    長崎放送長崎新聞ニュース」、STVテレビ「タイムスニュース」

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ 1968年8月に岐阜放送1969年4月に近畿放送独立放送局として兼営のテレビ放送を開始したが、共同テレビジョンニュース社がニュース制作から撤退した後でもあり、NHKニュースをネットして放送していた。