内海 和子(うつみ かずこ、1967年2月16日 - )は、日本歌手タレント80年代アイドル、元子役。本名、下山 和子(しもやま かずこ)。

うつみ かずこ
内海 和子
プロフィール
生年月日 1967年2月16日
現年齢 54歳
出身地 日本の旗 日本東京都杉並区[1]
血液型 O型
公称サイズ(時期不明)
身長 163 cm
スリーサイズ 80 - 60 - 89 cm
活動
デビュー 1985年
ジャンル アイドル歌謡曲
所属グループ おニャン子クラブ
著名な家族 娘・ゆりあんぬ(元XTEEN平成墓嵐
他の活動 カーレーサー、タレント
アイドル: テンプレート - カテゴリ

略歴編集

妹がいる[1]戸板女子短期大学被服科卒業[1]

幼少の頃から児童劇団に所属し、劇舞台の公演やテレビドラマに子役として出演して活動していた。本人曰く「ベビーカーに乗っていた頃に、新宿伊勢丹の前でスカウトされたと母が言っていた」とのこと[2]。子役をしていた小学生時代は友達と遊ぶ機会もほとんど無かったという[2]。平尾昌晃音楽教室に通っていた中学生時代の1981年沖田浩之の曲『E気持』のコーラスメンバーに選抜されて参加する[3]。高校受験を機にそれらの活動を休止させて子役時代の幕を閉じる。

芸能活動を再開したのは1985年4月。フジテレビの新番組だった『夕やけニャンニャン』のおニャン子クラブのメンバーオーディション・コーナー、「ザ・スカウト アイドルを探せ!」に自ら応募して出場し[2]、106点を獲得して河合その子富川春美と共に合格。翌週からおニャン子クラブのメンバー(会員番号13番)として活動を開始(同番組には実質的に第1回から出演している)。また、おニャン子クラブ加入時に大学生になったことからオールナイトフジの出演の声がかかり、短期間であるがオールナイターズのメンバーとしても同時に活動した[2]

平尾昌晃音楽教室に通っていたことから[2]、おニャン子クラブのデビュー曲「セーラー服を脱がさないで」のフロントボーカルの一員に抜擢。本人も「当時は絶対音感みたいなものがあったと思う」と語り、このようなことから、歌のレッスンを受けた経験が殆どないメンバーの中で内海に歌唱の面を課したところが大きかった[2]。また、子役経験も買われて、幾つものおニャン子主体のドラマには主役格で出演するなど、おニャン子クラブ活動前期の代表的メンバーとなった。立見里歌と共にとんねるずと番組本番中にケンカをしたことがある(立見里歌#石橋貴明とのケンカ参照)。

おニャン子クラブのシングルレコードB面において、ソロで「思い出美人」「プリントの夏」を歌う。本格的なソロデビューが決まった際、ラジオで共演していた伊藤政則に「B面の女王、遂にソロデビュー!」と、大絶賛される。内海自身としても「いつでもソロデビュー出来る」といった強い自信があったと言う[2]

1986年11月、「蒼いメモリーズ」でソロデビュー[4]。このソロデビューを機に、それまでのフジテレビの預かりからホリプロ所属のタレントとなる。デビュー曲はアニメ『タッチⅣ』挿入歌に起用されたこともありヒット。オリコンチャートにおいて初登場3位と好成績であった。しかし、おニャン子クラブからソロデビューしたメンバーの楽曲はもれなく1位もしくは2位であったため「私だけ3位」と落ち込んだという。事務所のスタッフは「百恵でもデビュー曲はベスト3入りできなかった」と慰めたが納得できず、「悔しくて泣いちゃいました」と後年、述懐している[2]

1987年4月、おニャン子クラブを卒業。卒業生同士では、特に仲の良かった立見里歌とは「とても優しい子だけど、嫌なことは嫌だとはっきり言わなきゃダメよ」との言葉を、また高井麻巳子とは「とにかく女の子らしくて羨ましかった」との言葉をそれぞれ贈り合っていた。同年8月の番組終了時までには何回かゲスト出演をし、おニャン子クラブの解散コンサートにも出演した。

1989年頃からタレント活動と並行しながらカーレーサーとしての活動を開始。

1993年には『From Pheonix 内海和子写真集』でヘアヌードを披露した。

2017年10月24日、声の不調の原因となっていた「声帯にへばりついた血液の固まり」を摘出する手術を受ける[5][6]

2018年12月1日、娘がライブアイドルゆりあんぬXTEEN、平成墓嵐メンバー)であることを明かした[7][8]。ゆりあんぬには生後7か月の頃から英才教育を受けさせ、小学校から大学まで一貫校に通わせるなど、内海本人曰く「蝶よ花よ」と育ててきた。ゆりあんぬは小学生までは優等生だったが、本人は「猫被ってた」と語り、自我が芽生えた思春期の頃から派手な行動をとるようになった。大学の入学式にもツインテールのピンクの髪という姿で出席したため、内海は母として入学式に行く気もなかったという。また、美容整形も繰り返し受けており、内海は自分の意に反した行動をとり続ける娘を見て見ぬ振りをして来たと話している。そして、大学を中退し、まさかのアイドルデビュー。「平成墓嵐」というグループで活動していることに対し、内海は「殴り込みにいきたいくらい嫌ですよ」と話している[9]

ディスコグラフィ編集

シングル編集

# 発売日 タイトル c/w オリコン最高位
キャニオンレコード
1st 1986年11月7日 蒼いメモリーズ
作詞:売野雅勇
作曲:芹澤廣明
編曲:芹澤廣明
好きで、ごめん。
作詞:売野雅勇
作曲:芹澤廣明
編曲:芹澤廣明
3位
2nd 1987年2月25日 20歳
作詞:秋元康
作曲:後藤次利
編曲:後藤次利
桜が手を振る前に
(内海和子 with おニャン子クラブ)
作詞:秋元康
作曲:後藤次利
編曲:後藤次利
15位
3rd 1987年5月14日 もう君の名前も呼べない
作詞:秋元康
作曲:国安わたる
編曲:松任谷正隆
波の上の小さな太陽
作詞:吉澤久美子
作曲:佐藤隆
編曲:松任谷正隆
18位
ポニーキャニオン
4th 1989年7月21日 風はエンドレスストーリー
作詞:田口俊
作曲:松任谷正隆
編曲:松任谷正隆
そんなふうに見つめないで
作詞:田口俊
作曲:松任谷正隆
編曲:松任谷正隆

アルバム編集

オリジナルアルバム編集

発売日 タイトル オリコン最高位
キャニオンレコード
1st 1987年3月21日 LUNCH TIME 11位

ベストアルバム編集

発売日 タイトル オリコン最高位
ポニーキャニオン
1st 2002年3月19日 MY これ!クション 内海和子・BEST
2nd 2010年5月19日 Myこれ!Lite 内海和子

タイアップ曲編集

楽曲 タイアップ 収録作品
蒼いメモリーズ フジテレビ系放映アニメ『タッチ』挿入歌 シングル「蒼いメモリーズ
20歳 フジテレビ系『夕やけニャンニャン』テーマソング シングル「20歳」
風はエンドレスストーリー ニッサン・ザウルスカップ・レース・イメージソング シングル「風はエンドレスストーリー」

出演編集

バラエティ編集

テレビドラマ(子役時代)編集

テレビドラマ編集

映画(子役時代)編集

  • 女生きてます 盛り場渡り鳥(1972年、松竹/森崎東監督)

映画編集

書籍編集

写真集編集

脚注編集

  1. ^ a b c 週刊テレビ番組(東京ポスト)1987年7月3日号 p.42
  2. ^ a b c d e f g h 昭和40年男(クレタパブリッシング)2020年4月号 p.112-115 本人のインタビューより。
  3. ^ 名曲散歩/沖田浩之『E気持』コーラスに元おニャン子が参加していた”. SmartFLASH. 光文社 (2021年2月21日). 2021年2月23日閲覧。
  4. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.92.
  5. ^ “元おニャン子・内海和子、声帯手術 成功ものどに激痛「今日から数日、沈黙療法」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年10月24日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171024-OHT1T50179.html 2017年12月9日閲覧。 
  6. ^ 声帯の手術をしました”. 内海和子オフィシャルブログ「Many Happy Returns」Powered by Ameba. サイバーエージェント (2017年10月24日). 2017年12月9日閲覧。
  7. ^ 元おニャン子13番内海和子の娘がアイドルになった”. 日刊スポーツ (2018年12月1日). 2018年12月1日閲覧。
  8. ^ FLASH 2019年5/7・14・21合併号』光文社、2019年4月23日、100頁。
  9. ^ 元おニャン子・内海和子 驚きの“エリート教育”も…娘は大学中退し地下アイドルデビュー「嫌ですよ」”. スポニチアネックス (2020年7月17日). 2020年7月18日閲覧。
  10. ^ ゆりあんぬ、整形しまくりを反省 元おニャン子の母はショック”. マイナビニュース (2020年4月11日). 2020年4月11日閲覧。
  11. ^ 元おニャン子 地下アイドル娘が整形にはまり困惑「ヒートアップするじゃないですか」”. デイリースポーツonline. 2020年7月18日閲覧。
  12. ^ 元おニャン子の愛娘が整形モンスターに! アイドル時代も「普通に合コン行ってました」:じっくり聞いタロウ”. テレ東プラス. 2020年11月27日閲覧。

外部リンク編集