大竹市

日本の広島県の市

大竹市(おおたけし)は、広島県南西部に位置するである。また広島県最西端の都市でもある。

おおたけし ウィキデータを編集
大竹市
三倉岳 Mikuradake - panoramio.jpg
大竹市旗
大竹市章
大竹市旗 大竹市章
1954年12月27日制定
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
市町村コード 34211-4
法人番号 2000020342114 ウィキデータを編集
面積 78.66km2
総人口 26,238[編集]
推計人口、2021年9月1日)
人口密度 334人/km2
隣接自治体
山口県
市の木 クロガネモチ
市の花 サツキ
大竹市役所
市長 入山欣郎
所在地 739-0692
広島県大竹市小方一丁目11番1号
北緯34度14分16.4秒 東経132度13分20.4秒 / 北緯34.237889度 東経132.222333度 / 34.237889; 132.222333 (大竹市)座標: 北緯34度14分16.4秒 東経132度13分20.4秒 / 北緯34.237889度 東経132.222333度 / 34.237889; 132.222333 (大竹市)
市庁舎位置

大竹市役所
外部リンク 公式ウェブサイト

大竹市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

概要編集

山口県との境に位置し、山口県の岩国市和木町とつながりが強く一体の都市圏を形成している。 小瀬川を挟んで大竹市から和木町・岩国市にかけての沿岸部に石油コンビナート・紙パルプ・化学繊維などの企業が立地し、瀬戸内工業地域の一拠点として発展している。

地理編集

 
大竹市中心部周辺の空中写真。
2016年5月2日撮影の4枚を合成作成。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。
 
小瀬川河口(大竹市側から撮影)。河口には三井化学の大竹地区と和木・岩国地区をつなぐパイプラインが通っている。

位置編集

広島県の最西端東経132度13分、北緯34度14分に位置し市域は南北に細長く東西 10.5 キロメートル、南北 14.5 キロメートル、周囲 59.0 キロメートル、面積 78.55 平方キロメートルで、地形は南西部より北東部に向かい緩傾斜をなし、地質は西部山地の古生層および花崗岩、市街地は砂および礫となっている。 市街地は北西部の中国山地、南部の小瀬川、東部の瀬戸内海に囲まれ、東部の海上に宮島を望み、海岸線に沿って展開された平坦地に発達している。

北部に飛地がある(栗谷町後原、栗谷町谷尻、栗谷町広原、松ケ原町)。

地形編集

山地編集

主な山

河川編集

主な川

湖沼編集

主なダム湖

島嶼編集

主な島

気候編集

瀬戸内式気候だが、比較的多雨[1]

大竹の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C°F 17.4
(63.3)
21.0
(69.8)
23.5
(74.3)
31.0
(87.8)
32.0
(89.6)
35.1
(95.2)
38.0
(100.4)
37.5
(99.5)
36.4
(97.5)
30.6
(87.1)
24.4
(75.9)
19.9
(67.8)
38.0
(100.4)
平均最高気温 °C°F 9.3
(48.7)
10.1
(50.2)
13.5
(56.3)
19.2
(66.6)
23.7
(74.7)
26.9
(80.4)
30.8
(87.4)
32.4
(90.3)
28.5
(83.3)
23.1
(73.6)
17.2
(63)
12.0
(53.6)
20.56
(69.01)
日平均気温 °C°F 4.9
(40.8)
5.5
(41.9)
8.7
(47.7)
14.0
(57.2)
18.6
(65.5)
22.4
(72.3)
26.4
(79.5)
27.6
(81.7)
23.9
(75)
18.0
(64.4)
12.2
(54)
7.2
(45)
15.8
(60.4)
平均最低気温 °C°F 0.9
(33.6)
1.4
(34.5)
4.0
(39.2)
9.0
(48.2)
13.9
(57)
18.6
(65.5)
23.0
(73.4)
24.0
(75.2)
20.0
(68)
13.5
(56.3)
7.9
(46.2)
3.1
(37.6)
11.61
(52.89)
最低気温記録 °C°F −5.3
(22.5)
−7.5
(18.5)
−3.4
(25.9)
−0.4
(31.3)
4.6
(40.3)
10.5
(50.9)
15.7
(60.3)
17.3
(63.1)
8.6
(47.5)
2.9
(37.2)
0.1
(32.2)
−4.3
(24.3)
−7.5
(18.5)
降水量 mm (inch) 50.5
(1.988)
72.9
(2.87)
137.6
(5.417)
158.1
(6.224)
188.6
(7.425)
267.0
(10.512)
271.4
(10.685)
125.9
(4.957)
178.1
(7.012)
85.1
(3.35)
67.1
(2.642)
41.8
(1.646)
1,644.1
(64.728)
平均月間日照時間 131.9 135.6 165.3 184.1 196.6 155.5 174.2 203.0 163.3 172.7 148.3 146.7 1,977.2
出典:気象庁

人口編集

 
大竹市と全国の年齢別人口分布(2005年) 大竹市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 大竹市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

大竹市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

隣接自治体編集

 広島県
 山口県

歴史編集

古代編集

古代山陽道の要路となっており、遠管郷と呼ばれ、遠管駅が置かれていた。

中世編集

近世編集

  • 関ヶ原の戦いの後、福島正則が小方に亀居城を築き、防長の毛利氏に備えたが、幕府の圧力により完成後間もない1611年(慶長16年)、この城は取り壊された。
  • 福島氏の改易後、浅野氏がこれに代わり、その家老である上田重安(宗箇)流の上田氏の知行所となる。幕末の動乱期には、長州戦争の戦禍により、沿岸部のほとんどの民家が戦火に焼かれた。

近現代編集

昭和
  • 1923年昭和8年)- 三菱レイヨン(現:三菱ケミカル)の前身である新興人絹が進出する一方、海兵団潜水学校などが設けられ、海軍の重要な拠点であった。
  • 1945年(昭和20年)末 - 海外引揚港に指定され、旧海軍施設において、引揚業務が行われ、約41万人が引き揚げて来る。
戦後、旧海軍の水道施設を引き継いで水道事業が開始されるなど、海兵団と歴史的に深いかかわりをもつ。
  • 1954年(昭和29年)9月1日 - 佐伯郡大竹町、小方町、玖波町、栗谷村と友和村の一部(松ヶ原地区)が合併して市制施行。
広島県と大竹市の積極的な工業都市建設計画により企業誘致が行われ、日本で最初の石油化学コンビナートが形成される。

政治編集

行政編集

市長編集

歴代市長
氏名 就任日 退任日 経歴
初代 二階堂哲朗 1954年 1974年 大竹町長
2代 神尾徹生 1974年 1990年 大竹市議会議長
3代 豊田伊久雄 1990年 2002年 大竹市教育委員長
4代 中川洋 2002年 2006年 大竹市議会議員
5代 入山欣郎 2006年6月30日[2] 現職 会社社長

役所編集

(平成29年4月1日現在)

  • 副市長
    • 総務部―総務課、企画財政課、産業振興課
    • 市民生活部―自治振興課、市民税務課(大竹支所、玖波支所、木野支所、栗谷支所)、環境整備課
    • 健康福祉部―地域介護課、福祉課、保健医療課
    • 建設部―監理課、土木課、都市計画課
  • 教育長  
    • 教育委員会事務局―総務学事課、生涯学習課
  • 地方公営企業
    • 上下水道局―業務課、工務課
  • 消防本部
    • 消防課、消防署
  • 会計管理者
    • 会計課
  • 監査委員
    • 監査事務局

議会編集

市議会編集

大竹市議会
  • 議会事務局

施設編集

警察編集

本部
交番
  • 大竹駅前交番(大竹市新町一丁目)
  • 小方交番(大竹市港町一丁目)
駐在所
  • 玖波警察官駐在所(大竹市玖波一丁目)

消防編集

本部
消防署
  • 大竹市消防署(立戸1丁目2-10)

医療編集

主な病院

郵便局編集

主な郵便局

文化施設編集

資料館

対外関係編集

姉妹都市・提携都市編集

海外編集

友好都市

国内編集

提携都市

経済編集

 
臨海部の工業地域
 
大竹駅周辺にある商店街

第一次産業編集

漁業編集

主な漁港
  • 玖波漁港
  • 阿多田漁港

第二次産業編集

工業編集

第三次産業編集

商業編集

主な商業施設

金融機関編集

紙を介した四国との経済的繋がりがあったことから、高知県の銀行である四国銀行が1914年に和紙の取引の便宜のため支店を開設[3]し、指定金融機関制度開始後はこれを受託している。

情報・通信編集

マスメディア編集

中継局編集

生活基盤編集

ライフライン編集

電力編集

ガス編集

上下水道編集

  • 大竹市水道局

電信編集

市外局番

大竹市の市外局番は 0827 である。大竹市は岩国MA(単位料金区域)に属しているため、電話番号の区分では山口県として扱われる。このため、山口県の地域(下関市など)とは県内通話となるが、大竹市及び廿日市市の一部を除く広島県域(廿日市市の大部分や広島市など)との通話は県外通話となる。岩国市が広島都市圏に属していることを考慮すると、岩国MAを広島県扱いする方が良いと思われるものの、現状では中心局を大竹に移転し大竹MAとするか、大竹市域のみ岩国MAより分離して隣の廿日市MAに編入する(この場合は市外局番を0829または桁ずらしで廿日市MAごと082に変更)などしない限り困難である。

なお、広島県南部地方の天気予報は0827-5-177で案内される(また、082-177や0829-177でも案内されるが市外料金となる。0827-177は岩国市(山口県東部)の天気予報である)。そのために51局は加入電話には割り当てられていない。

教育編集

高等学校編集

県立

小中一貫校編集

中学校編集

市立

小学校編集

市立

特別支援学校編集

県立

交通編集

 
おおたけ幹線バス
(こいこいバス)

鉄道編集

中心となる駅:大竹駅

鉄道路線編集

西日本旅客鉄道(JR西日本)
その他、山陽新幹線広島駅 - 新岩国駅間で当市を通過しているが、殆どがトンネル区間である。

バス編集

かつて広島電鉄や中国JRバス、岩国市交通局の乗り入れ便が市内で運行していたが、2017年現在、市にも関わらず、市内を運行するバス路線が廃止代替バスのみ(高速バスを除く)という状況である。

路線バス編集

残っているバス路線においても、利用者の減少および運行経費に関わる大竹市からの補助金支出の増加がみられる為、これらを改善すべく、「大竹市地域公共交通総合計画」を策定・実施している段階である(計画対象期間:2009年度(平成21年度) - 2013年度(平成25年度))[4][5]

道路編集

高速道路編集

西日本高速道路(NEXCO西日本)
  • E2山陽自動車道

国道編集

県道編集

主要地方道
一般県道
(主要地方道および一般県道の市内の区間の維持管理権限は2006年(平成18年)6月から広島県から大竹市へ移管)

航路編集

大竹港湾域にある小方港と阿多田島との間に、定期運行の離島航路が就航している。運行会社は阿多田島汽船

港湾編集

  • 大竹港

船舶編集

観光編集

 
黒川大歳神社
 
錦龍の滝
 
蛇喰磐

名所・旧跡編集

主な城郭
主な寺院
主な神社
主な史跡
宿場町

観光スポット編集

文化・名物編集

祭事・催事編集

名産・特産編集

出身関連著名人編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 第2章 大竹市の都市特性 大竹市、2019年5月26日閲覧
  2. ^ 『全国市町村要覧 令和01年版』(第一法規) p.337
  3. ^ 大竹市・手漉き和紙の街-ぶらり探訪”. 2021年2月11日閲覧。
  4. ^ 広島県大竹市 (2009年3月). “大竹市地域公共交通総合連携計画 (PDF)” (日本語). 地域公共交通活性化協議会. 広島県大竹市. 2010年2月25日閲覧。 “バス路線を含む大竹市内の地域公共機関の活性化に関わる記録の一部”
  5. ^ 広島県大竹市 (2009年3月). “大竹市地域公共交通総合連携計画 資料編1<大竹市コミュニティバス運行計画等> (PDF)” (日本語). 地域公共交通活性化協議会. 広島県大竹市. 2010年2月25日閲覧。 “バス路線を含む大竹市内の地域公共機関の活性化に関わる記録の一部”
  6. ^ [1][2]
  7. ^ [3]

関連項目編集

外部リンク編集