メインメニューを開く

大阪府高等学校の通学区域(おおさかふこうとうがっこうのつうがくくいき)は、1950年度から2013年度まで大阪府公立高等学校全日制普通科普通科総合選択制を含む。単位制および大阪府教育センター附属高等学校を除く)に設けられていた通学区域(学区)。

2014年度入学者選抜以降、大阪府立および大阪市立・堺市立・岸和田市立・東大阪市立の公立高等学校は大阪府内全域から出願が可能である[1]

目次

変遷編集

学制改革による1948年の新制高校発足に際して、「小学区制」「男女共学」「総合制」の3点が重視された。後に高校三原則と呼ばれる基本原則である。

これを受け、各都道府県では1950年前後に上記3点を踏まえた通学区域(学区)制度が定められたが、大阪府でも1950年度、大阪市内を6つ、市外を7つ、府内あわせて13の学区に分ける学区制度が始まった(計50校)。翌1951年には「教育の機会均等」「男女共学の完全実施」「競争入学を避け、地域密接、通学時間を省く」との内容をうたった「大阪府公立高等学校通学区域に関する規則」も定められた。

その後、第一次ベビーブームを迎えて高校の新設も相次ぎ、学区による高校数の不均衡が生じたため、13学区制発足から13年後の1963年、学区の規模を拡大、逆に学区の数を減らす5学区制がスタートした(計60校)。続く人口増と進学率の上昇で新たに11校が設置されたが、10年後の1973年、今度は学区の規模を縮小し、9つの学区に細分化する9学区制が発足した(計76校)。1970年代には当時の大阪府知事黒田了一が高校新設を重視した施策を行い、ピーク時には147校と倍増する。

バブル経済も峠を越えた1990年ごろから少子化が始まる。これを受け大阪府教育委員会1999年から「特色ある高校づくり」に注力。普通科高校から国際教養科総合学科などへの改編や、高校の統廃合を進めた。結果、9学区制スタート時の75校まで普通科高校を減らした上で、2007年から4学区制が導入された。

なお、学区の境に位置する学校を調整校とし、部分的な越境通学を公認した(9学区制の場合、調整校は初年度で36校)。また、普通科を除く各専門学科校は学区がない(府内全域を通学区域とする)。ただし、普通科総合選択制校には学区が適用される。そのほか、府内唯一の国立高校である大阪教育大学附属高等学校は、3校舎(池田校舎天王寺校舎平野校舎)とも明確な学区を定めていないが、それぞれ「保護者と同居し、通学時間90分」などと定めている。また、府内の私立高校は、ほとんどの学校で学区を定めていない。

市内6・市外7学区制(13学区制)編集

1950年度から1962年度まで。大阪市内23、市外27の計50校で発足。普通科だけでなく、商業科や家庭科を含む。最終的に市内25、市外30の計55校となる。

以下に13学区制当時の学区割りを示す。地域名は1950年4月1日当時のもの。なお調整区域等も多数設定されていた。

(大阪市内)

(大阪市外)

5学区制編集

1963年度から1972年度まで。普通科60校でスタート。商業科、農業科など普通科以外の通学区域は、府内全域になる。

以下に5学区制当時の学区割りを示す。地域名は1963年4月1日当時のもの。なお調整区域等も多数設定されていた。

  • 第一学区:大阪市北区・西淀川区・淀川区・東淀川区・大淀区、豊中市、池田市、吹田市、高槻市、茨木市、箕面市、豊能郡、三島郡
  • 第二学区:大阪市東区・西区・港区・此花区・大正区・旭区・福島区・都島区・城東区、守口市、枚方市、寝屋川市大東市、北河内郡
  • 第三学区:大阪市南区・東成区・天王寺区、布施市、八尾市、枚岡市河内市柏原市
  • 第四学区:大阪市浪速区・西成区・住吉区・生野区・阿倍野区・東住吉区、富田林市、河内長野市松原市羽曳野市、南河内郡
  • 第五学区:堺市、岸和田市、泉大津市、貝塚市、泉佐野市、和泉市、泉北郡、泉南郡

9学区制編集

1973年度から2006年度まで。“1学区あたり10校、中学校卒業生9000人”構想のもと、76校でスタート。1987年には最多の147校まで増設される。

以下に9学区制当時の学区割りを示す。地域名は1973年4月1日当時のもの。なお調整区域等も多数設定されていた。

  • 第一学区:大阪市北区・西淀川区・淀川区・東淀川区(西部)・大淀区、豊中市、池田市、箕面市、豊能郡
  • 第二学区:大阪市東淀川区(東部)、吹田市、高槻市、茨木市、摂津市、三島郡
  • 第三学区:大阪市東区・西区・港区・此花区・大正区・旭区・福島区・都島区・城東区
  • 第四学区:守口市、枚方市、寝屋川市、大東市、門真市四條畷市交野市
  • 第五学区:大阪市南区・東成区・天王寺区、八尾市、柏原市、東大阪市
  • 第六学区:大阪市浪速区・西成区・住吉区・生野区・阿倍野区
  • 第七学区:大阪市東住吉区、平野区、富田林市、河内長野市、松原市、羽曳野市、藤井寺市、大阪狭山市、南河内郡
  • 第八学区:堺市、泉大津市、和泉市、高石市
  • 第九学区:岸和田市、貝塚市、泉佐野市、泉南市、泉北郡、泉南郡
学区・高校対応表
通学区域 所属地域 高等学校名
1区 北区、西淀川区、淀川区、豊中市、池田市、箕面市、豊能郡 北野、東淀川、西淀川、池田、渋谷、池田北、豊中、桜塚、東豊中、豊島、刀根山、少路、箕面、箕面東、城山、市立扇町
2区 東淀川区、吹田市、高槻市、茨木市、摂津市、三島郡 北淀、春日丘、茨木、茨木西、茨木東、福井、吹田、千里、吹田東、北千里、山田、三島、高槻北、芥川、阿武野、大冠、摂津、鳥飼、島本
3区 都島区、中央区のうち大阪市立東中学校の通学区域、旭区、城東区、鶴見区、福島区、此花区、西区、港区、大正区 大手前、旭、茨田、港、市岡、泉尾、大正、市立東、市立桜宮、市立汎愛、大阪市立
4区 守口市、枚方市、寝屋川市、大東市、 門真市、四條畷市、交野市 四條畷、四條畷北、寝屋川、南寝屋川、東寝屋川、西寝屋川、枚方、長尾、牧野、香里丘、枚方津田、枚方なぎさ、守口東、門真西、門真なみはや、大東、野崎、交野
5区 天王寺区、中央区のうち大阪市立南中学校及び同上町中学校の通学区域、東成区、八尾市、柏原市、東大阪市A 清水谷、高津、夕陽丘、布施、花園、池島、布施北、かわち野、山本、八尾、清友、八尾翠翔、柏原東、東大阪市立日新
6区 浪速区、阿倍野区、住之江区、住吉区、西成区、生野区 勝山、西成、天王寺、阿倍野、住吉、阪南、大和川
7区 東住吉区、平野区、松原市、富田林市、河内長野市、羽曳野市、藤井寺市、大阪狭山市、南河内郡 東住吉、平野、生野、大塚、河南、富田林、金剛、羽曳野、西浦、長野、長野北、藤井寺、美原、狭山
8区 堺市、泉大津市、和泉市、高石市 登美丘、泉陽、三国丘、鳳、泉北、金岡、東百舌鳥、堺西、福泉、堺上、成美、泉大津、横山、伯太、信太、高石
9区 岸和田市、貝塚市、泉佐野市、泉南市、阪南市、泉北郡、泉南郡 和泉、岸和田、久米田、佐野、日根野、貝塚南、泉南、砂川、泉鳥取、岬

平成17年2月14日「大阪府立高等学校の通学区域(学区)のあり方について」P15の資料より引用

4学区制編集

2007年度から2013年度まで。以前の学区が2-3個合併する形で4学区に再編された。

学区割りは以下の通り。なお地域名は2007年4月1日時点の名称。

  • 第一学区:大阪市西淀川区・東淀川区・淀川区北区、豊中市、池田市、吹田市、高槻市、茨木市、箕面市、摂津市、豊能郡、三島郡
  • 第二学区:大阪市西区・港区・此花区・大正区・旭区・福島区・都島区・城東区・鶴見区中央区大阪市立東中学校の通学区域)、守口市、枚方市、寝屋川市、大東市、門真市、四條畷市、交野市
  • 第三学区:大阪市浪速区・西成区・東成区・天王寺区・住吉区・生野区・阿倍野区・東住吉区・平野区住之江区・中央区(大阪市立南中学校及び同上町中学校の通学区域)、堺市美原区、八尾市、富田林市、河内長野市、松原市、柏原市、羽曳野市、藤井寺市、東大阪市、大阪狭山市、南河内郡
  • 第四学区:堺市堺区北区西区中区南区東区、岸和田市、泉大津市、貝塚市、泉佐野市、和泉市、高石市、泉南市、阪南市、泉北郡、泉南郡

脚注編集

  1. ^ 公立高等学校入学者選抜 - 大阪府ホームページ

関連項目編集

リンク編集