メインメニューを開く

山本 雄大(やまもと ゆうだい、1983年3月4日 - )は、京都府相楽郡木津町(現:木津川市)出身[1]サッカー審判員プロフェッショナルレフェリー国際主審)。

山本 雄大
個人情報
誕生日 (1983-03-04) 1983年3月4日(36歳)
出身地 日本の旗 日本
京都府相楽郡木津町[1]
他職業プロフェッショナルレフェリー
国内
リーグ 役割
2009- 日本プロサッカーリーグ 審判員
国際
リーグ 役割
2011- FIFA選出 審判員

目次

経歴

京都府立城陽高等学校時代には国体に出場。高校卒業後は自衛隊に入隊した。自衛隊脱隊後、2007年にJFAレフェリーカレッジへ4期生として入学[2]。同カレッジでは、通常2年目に1級昇格審査を受けるが、実力が認められ1年目での受験となり、合格した。

2009年よりJ2主審として登録され、2010年J1主審に昇格した。当時はJ1で主審を務める者の中では最年少であった(2018年現在では荒木友輔など、山本より若い主審が複数存在する)。2011年1月より国際サッカー連盟 (FIFA) の国際主審として登録され[3]2014年1月13日国立競技場で行われた第92回全国高等学校サッカー選手権大会決勝では主審を務めた。2015年からは協会のプロフェッショナルレフェリーを務めている[4]

議論を呼んだ判定

2019年5月17日埼玉スタジアム2002で行われたJ1第12節・浦和 - 湘南戦の前半31分、湘南MF杉岡大暉の放ったミドルシュートが必死で飛びついた浦和GK西川周作の左手をかすめて右ポストを叩き、跳ね返ったボールが左サイドネットを揺らして西川の手元に転がったように見えた[5]。西川は失点を喫したことを悔しがるリアクションを示したが、山本はこれをノーゴールと判定しプレーを続行させた[6][7][注釈 1]

このプレーの判定をめぐり、湘南の選手・スタッフからの抗議により試合が7分間中断したほか[9]、中継でこの試合を観戦していた現役選手らからも「これは誤審ではないか[5][7]」との声が上がり、複数のメディアが試合直後から「大誤審」と報じた[9][10]。この試合を現地で観戦していたJリーグチェアマン村井満も試合後に「私の見ている席からもゴールを割っていたように見えた」「ゴールライン・テクノロジーも先行して導入していくことも議論していかないといけない」と述べている[11]

日本サッカー協会 (JFA) は2019年5月20日に開いた臨時の審判委員会において、この判定を「誤審」と認めた上で山本とゴール側の副審(副審2)を務めていた川崎秋仁に「試合割り当て停止2週間」、もう一方の副審(副審1)を務めた中野卓および第4の審判員を務めた熊谷幸剛に「試合割り当て停止1週間」の処分をそれぞれ下すとともに、8月以降のJ1リーグ戦での追加副審(ゴール付近の判定を補助する副審)の導入を検討することとなった[12][13]。今後、山本ら4人の審判員は再発防止のため協会の定めるプログラムを受講する[14][15]

なお、Jリーグ(Jリーグメディアプロモーション)が制作し、試合中の判定について毎週検証しているインターネット番組動画コンテンツ「Jリーグジャッジリプレイ」では、2019年5月21日配信分でこの判定を取り上げ、試合の現場ではビデオ・アシスタント・レフェリー (VAR) 以外の映像確認が禁止されていることを踏まえた上で、Jリーグ副チェアマンの原博実が「両チームの普通ではない反応を基に、やはりゴールと認め判定を変える勇気も必要では」と質したのに対し、JFAトップレフェリーグループシニアマネジャーの上川徹が「確証がない限り印象だけでは判定を覆せない」と反論している[8]

受賞歴

脚注

[ヘルプ]

注記

  1. ^ この判定は、第二副審(ゴール寄りの副審)の川崎秋仁が「(ゴールに)入っていない」と無線で助言したのを受けて、最終的に主審の山本がノーゴールの判定を行ったものであるという[8]

出典

  1. ^ a b プロフェッショナルレフェリー プロフィール (PDF) - 公益財団法人 日本サッカー協会 2014年度 第12回理事会 資料、2014年12月18日公表、2019年1月14日閲覧。
  2. ^ JFAレフェリーカレッジ 受講生データ - 2009年度日本サッカー協会第7回理事会協議資料、2009年11月12日 (PDF)
  3. ^ 国際審判員紹介”. 日本サッカー協会. 2018年5月8日閲覧。
  4. ^ プロフェッショナルレフェリー(PR)”. 日本サッカー協会. 2018年5月8日閲覧。
  5. ^ a b “誤審にめげず湘南逆転勝ち、森保監督も「感動した」”. 日刊スポーツ. (2019年5月17日). https://www.nikkansports.com/soccer/news/201905170001055.html 2019年5月17日閲覧。 
  6. ^ 【公式】ハイライト:浦和レッズvs湘南ベルマーレ 明治安田生命J1リーグ 第12節 2019/5/17 - YouTube (YouTube動画). Jリーグ公式チャンネル.. (2019年5月17日). 該当時間: 1分15秒から. https://www.youtube.com/watch?v=4QJqLZZYDrI&t=1m15s 2019年5月24日閲覧。 
  7. ^ a b “大誤審”に現役選手からも批判相次ぐ「ひどすぎる」「どうみてもゴール」”. ゲキサカ (2019年5月17日). 2019年5月17日閲覧。
  8. ^ a b “「令和の大誤審」Jリーグ判定検証番組に潜入”. 日刊スポーツ. (2019年5月21日). https://www.nikkansports.com/soccer/news/201905200001009.html 2019年5月21日閲覧。 
  9. ^ a b “【湘南】明らかな大誤審! 杉岡のシュートがネット揺らすも審判は得点認めず”. スポーツ報知. (2019年5月17日). https://hochi.news/articles/20190517-OHT1T50204.html 2019年5月17日閲覧。 
  10. ^ “湘南、大誤審&2点差を跳ね返して逆転勝利!…山根視来の劇的弾で浦和を撃破”. サッカーキング. (2019年5月17日). https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20190517/938114.html 2019年5月17日閲覧。 
  11. ^ 「私の席からも入ってるように見えた」 村井チェアマン、ゴールラインテクノロジー先行導入の可能性も示唆”. Football ZONE WEB (2019年5月17日). 2019年5月18日閲覧。
  12. ^ “湘南戦の誤審で2週間停止=追加副審導入も-J1”. 時事通信. (2019年5月20日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052001060&g=spo 2019年5月20日閲覧。 
  13. ^ “J1湘南戦で誤審の2審判、公式戦割り当て停止”. 読売新聞. (2019年5月20日). https://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/20190520-OYT1T50213/ 2019年5月20日閲覧。 
  14. ^ “湘南戦の誤審問題で審判陣の公式戦割り当て停止措置決定 小川審判委員長「重く受け止めている」”. スポーツニッポン. (2019年5月20日). https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/05/20/kiji/20190520s00002179306000c.html 2019年5月21日閲覧。 
  15. ^ “J追加副審の導入検討 山本主審2週間割り当て禁止”. 日刊スポーツ. (2019年5月21日). https://www.nikkansports.com/soccer/news/201905200000908.html 2019年5月21日閲覧。