嶋尾 康史(しまお やすひと、1968年5月6日 - )は、兵庫県姫路市出身の元プロ野球選手投手、右投右打)。

嶋尾 康史
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県姫路市
生年月日 (1968-05-06) 1968年5月6日(51歳)
身長
体重
188 cm
89 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1986年 ドラフト2位
初出場 1988年6月21日
最終出場 1992年9月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

プロ野球選手としては、1987年から1996年まで、NPB阪神タイガースに在籍。1989年から1991年までは、本名と同じ読み方ながら、「嶋尾 慶一」という登録名を用いていた。

プロ野球生活を退いてからは、俳優演出家として活動。2017年12月からは、プロE-Sportsチームのサイクロプス大阪で、シニアアドバイザーを務めている[1]

来歴・人物編集

野球選手時代編集

東洋大学附属姫路高等学校時代に、長谷川滋利とのダブルエースとして活躍。3年時だった1986年には、夏の第68回全国高等学校野球選手権全国大会に兵庫代表で出場すると、チームの準々決勝進出に貢献した。その年のNPBドラフト会議で、阪神タイガースから2位で指名。推定年俸360万円という条件で入団した。入団当初の背番号は52

阪神への入団後は、背番号を47に変更した1988年から一軍公式戦で登板したものの、1991年までは一軍と二軍を往復する生活が続いた。バルセロナオリンピックが開かれた1992年には、3月にヨーロッパで開かれる予定だったキューバ代表の壮行試合で、対戦チームのメンバー[注 1]に選ばれていた。この試合はキューバ代表側の事情で立ち消えになった[3]が、NPBのレギュラーシーズンでは、一軍公式戦で自己最多の25試合に登板。1勝2敗1セーブ、防御率2.39という成績で、チームを7シーズン振りのセントラル・リーグ優勝寸前にまで導くことに貢献した(最終順位は2位)。しかし、シーズン終了後に右肘を痛めて以降は、一軍のマウンドから遠ざかった。

1994年に日本国内で右肘内側副靭帯の手術を受けたが、1995年には、当時住んでいた神戸市内の自宅で1月17日に阪神・淡路大震災へ遭遇。地震の影響で割れた窓ガラスの破片が左肩に突き刺さったばかりか、傷口がおよそ15cmに及んだ[4]。1995年にはアメリカフランク・ジョーブの執刀による右肘手術も受けたが、完治しないまま登板したウエスタン・リーグ公式戦では全力で投球できず、一軍への復帰には至らなかった。1996年のシーズン終了後に球団から戦力外通告を受けたことを機に、現役を引退。

メディア・芸能界への転身後編集

大阪のマネジメント事務所「ACT-21」に所属。1997年から1998年までは、毎日放送KBS京都の阪神戦中継にスポット契約で解説を担当していたほか、毎日放送の番組でスポーツキャスターを務めていた。後に野球解説者として正式に契約することを打診されたが、「(故障で)野球ができなくなったので、野球に向き合えなくなった。自分程度の実績で解説するなどおこがましい」との理由で固辞。当時「ACT-21」を訪れていた深町幸男(演出家)が同事務所の関係者を通じて「彼(嶋尾)に台詞をしゃべらせてみたい」という意向を伝えたことをきっかけに、俳優へ転身した[5]

深町が演出を手掛けた1998年放送の連続ドラマ『魚心あれば嫁心』(テレビ東京)で、俳優として本格的にデビュー。2002年には『ミスター・ルーキー』(かつて所属した阪神を題材にした実写映画)に「阪神の4番打者・多田」としてユニフォーム姿で出演したが、2009年以降は俳優としての活動期間が阪神の投手時代を上回っている。

また、近年は舞台演出家としても活動。女性アイドルグループ「JK21」のプロデュースを手掛けるほか、2016年から「Team337」(柊子やACT-21所属の若手俳優を中心に構成される劇団ユニット)を率いている[5]。また、阪神球団が発行する月刊誌『月刊タイガース』では、「嶋尾康史のトラリンク!」という対談企画のホストを務めている。

2017年からは、プロE-Sportsチームの運営にも関与。当初はインフィニティ大阪の総監督を務めていたが、同チームがサイクロプス大阪との合併によって消滅したことを機に、同年12月からサイクロプス大阪のシニアアドバイザーに転じている[1]

俳優としては脇役へ起用されることが多いが、プロ野球の出身者らしく、恵まれた体格が醸し出す独特の存在感が持ち味。俳優デビューの直後から嶋尾を自身の作品へ起用している若松節朗映画監督)から、「自分が不器用であることを分かっているからこそ、1つの台詞に対して100回練習するなど、一生懸命努力している」として「日本一不器用な俳優」という表現で高く評価されている。嶋尾自身は、野球選手と俳優の相違点について、自身の経験を基に「野球では結果がすぐに出るが、芝居には正解がなく、(映像作品で撮影監督や他の演出家から出演シーンに)OKが出ても『大正解』とは限らない。ただ、『お客さんありき(で公に活動している)』というところは、野球でも芝居(舞台作品)でも変わらない」と述べている[5]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1988 阪神 12 4 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 132 30.2 33 2 9 1 2 16 1 0 12 11 3.23 1.37
1989 21 5 1 0 0 1 5 0 -- .167 221 52.1 57 6 18 3 1 26 2 0 24 23 3.96 1.38
1990 6 2 0 0 0 0 0 0 -- ---- 44 6.2 17 1 9 1 0 3 0 0 16 16 21.60 3.90
1991 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 16 4.0 3 0 1 0 0 4 1 0 2 2 4.50 1.00
1992 25 4 0 0 0 1 2 1 -- .333 231 52.2 49 1 25 5 2 38 2 0 18 14 2.39 1.41
通算:5年 66 15 1 0 0 3 7 1 -- .300 644 146.1 159 10 62 10 5 87 6 0 72 66 4.06 1.51

記録編集

背番号編集

  • 52 (1987年)
  • 47 (1988年 - 1996年)

登録名編集

  • 嶋尾 康史 (しまお やすひと、1987年 - 1988年、1992年 - 1996年)
  • 嶋尾 慶一 (しまお やすひと、1988年 - 1991年)

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

アニメ編集

ドキュメンタリー編集

  • OF LIFE「嶋尾康史 演出家は元トラ戦士」(2020年2月5日、毎日放送[5] - 自身と同じく右投手としてNPB(広島)で活躍した黒田博樹がナビゲーターを担当

雑誌連載編集

  • 月刊タイガース「嶋尾康史のトラリンク!」 ※当初のタイトルは「嶋尾康史のシマ・しま日記」だった

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 二軍選手の中から各球団2名ずつ。阪神からは新庄剛志と共に選出される。[2]

出典編集

  1. ^ a b ABOUT”. Infinity OSAKA. 2018年4月25日閲覧。
  2. ^ 『新庄語録―メジャーリーグ“ニューヨーク・メッツ”新庄剛志』目津幸太郎(近代映画社 2002年1月)181p
  3. ^ 『大リーガー新庄剛志』高部務(ラインブックス 2001年5月)111p
  4. ^ 震災年オフに引退…原付通勤も 真弓明信氏の回顧録”. 日刊スポーツ. 2019年1月17日閲覧。
  5. ^ a b c d 元阪神・嶋尾康史は「日本一不器用な俳優」 2・4「OFLIFE」で俳優・演出家転身の姿を追う(『スポーツニッポン2020年1月31日付記事)
  6. ^ 元阪神・嶋尾が“地元”大河最終回出演

関連項目編集

外部リンク編集