メインメニューを開く

瀬田 (世田谷区・川崎市)

神奈川県川崎市高津区の町名

瀬田(せた)は、東京都世田谷区及び神奈川県川崎市高津区の地名。両地域は多摩川を挟んだ両岸に位置する。

瀬田
瀬田の位置(東京23区内)
瀬田
瀬田
瀬田の位置
北緯35度37分21.49秒 東経139度37分33.56秒 / 北緯35.6226361度 東経139.6259889度 / 35.6226361; 139.6259889
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Setagaya, Tokyo.svg 世田谷区
地域 玉川地域
面積
 • 合計 1.101km2
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 15,068人
 • 密度 14,000/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
158-0095[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 世田谷
瀬田
瀬田の位置(神奈川県内)
瀬田
瀬田
瀬田の位置
北緯35度36分25.26秒 東経139度37分26.78秒 / 北緯35.6070167度 東経139.6241056度 / 35.6070167; 139.6241056
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kawasaki, Kanagawa.svg 川崎市
高津区
面積
 • 合計 0.19km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[5]
 • 合計 887人
 • 密度 4,700/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
213-0003[6]
市外局番 044[3]
ナンバープレート 川崎

目次

東京都世田谷区瀬田編集

昭和30年代の住居表示実施前の玉川瀬田町にあたる地域がほぼ含まれている。南部は、街として二子玉川と呼称される地域の一部にあたる。北部は環八通りに面す。

地理編集

国分寺崖線沿いにあり、崖線の上からは多摩川や富士山まで見渡せる場所がある。丸子川沿いなどに自然が程よく残されている閑静な地域である。戦前より多摩川や富士山を見晴らす景勝地のひとつとして知られ、玉川遊園などの園地が設けられていた。かつて首相の大平正芳が居を構えるほか、現在でも多くの財界人・政界人等が暮らすなど、世田谷区内の高級住宅街として知られる。

地価編集

住宅地の地価は、2017年平成29年)1月1日公示地価によれば、瀬田1-8-14地点で64万5,000円/m2となっている。[7]

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
瀬田一丁目 1,212世帯 2,852人
瀬田二丁目 1,557世帯 3,234人
瀬田三丁目 1,130世帯 2,245人
瀬田四丁目 1,716世帯 3,686人
瀬田五丁目 1,336世帯 3,051人
6,951世帯 15,068人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[8]

丁目 番地 小学校 中学校
瀬田一丁目 全域 世田谷区立瀬田小学校 世田谷区立瀬田中学校
瀬田二丁目 全域
瀬田三丁目 全域
瀬田四丁目 1~14番
16番
36~41番
世田谷区立二子玉川小学校
その他 世田谷区立瀬田小学校
瀬田五丁目 全域

交通編集

瀬田交差点は、環八通り国道246号の交点である。また、東名高速道路東京IC首都高速3号線用賀出入口は瀬田、砧公園玉川台上用賀の境界に存在する。

瀬田温泉編集

瀬田交差点近くに位置する瀬田温泉(山河の湯)は、天然温泉であった。1997年(平成9年)に開業、2013年(平成25年)に閉業した。薄いコーラ色の湯で、弱アルカリ性のナトリウム塩化物温泉であった。二子玉川から機関車を模した外観のシャトルバスが運行していた。国分寺崖線上にあり、多摩川の眺めや緑を満喫でき。また、都内で富士山が見える唯一の露天風呂であった。

川崎市高津区瀬田編集

二子橋(旧大山街道)の右岸側に位置し(二子橋右岸はかつては瀬田の一部であったが、1997年(平成9年)に二子一丁目となった)、すぐ側に東急田園都市線二子新地駅がある。多摩川堤防に近接するが、瀬田一帯は周囲より一段低くなっている。現在は、多摩川河川敷および多摩川沿いの閑静な住宅街になっている。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[5]

町丁 世帯数 人口
瀬田 553世帯 887人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[9][10]

番地 小学校 中学校
全域 川崎市立東高津小学校 川崎市立高津中学校

周辺編集

歴史編集

かつて多摩川は頻繁に洪水を起こし、流路も度々変わっていたため、村が多摩川で分断されることが度々あり、ここ瀬田も多摩川により分断されていた。

かつては全域が武蔵国荏原郡に属していたが、1912年(明治45年)に郡境が多摩川上に設定され、以降右岸地域は橘樹郡(後に川崎市)に属すこととなり、以降現在まで両岸に地名が残っている。

明治以降の行政区画編集

左岸地域

  • 1932年(昭和7年)
    • 東京市に編入、東京市世田谷区になる。
    • 六郷用水(現在の丸子川)を境に北側が玉川瀬田町、南側が玉川町になる。なお、玉川町には旧玉川村大字諏訪河原向河原(1912年(明治45年)に神奈川県橘樹郡高津村より編入)が含まれた。
  • 1943年(昭和18年)
    • 東京都制施行、東京都世田谷区玉川瀬田町、玉川町になる。
  • 19xx年
    • 玉川町が鎌田町、岡本町各町域と境界変更を行い、大蔵町飛地を編入し、東部(旧高津村大字諏訪河原の一部)を残した上で住居表示を実施(その残った地域は数年後の住居表示実施時に上野毛となる)。玉川一丁目~四丁目が設置される。
  • 19xx年
    • 玉川瀬田町の一部が玉川台に編入される。
  • 1971年(昭和46年)
    • 玉川瀬田町が岡本町の一部(元・字下山)を編入し、東名高速道路以北を砧公園と大蔵一丁目に編入するなど隣接各町域と町域整理を行った上で住居表示を実施。瀬田一丁目 - 五丁目が設置される。

右岸地域

  • 1927年(昭和3年)
    • 町制施行、神奈川県橘樹郡高津町大字瀬田になる。
  • 1937年(昭和12年)
    • 川崎市に編入、神奈川県川崎市大字瀬田になる。
  • 1972年(昭和47年)
    • 政令指定に伴い行政区が設置され、神奈川県川崎市高津区大字瀬田になる。
  • 1997年度(平成9年度)
    • 住居表示実施(大字を廃し町を設置)。このとき二子との町境を一部変更している。現在、河川敷及び瀬田1-12が存在する。

多摩川両岸に点在する同地名編集

多摩川を挟んで同じ地名があるのは、もともとこれらの一帯が同じ村域であったこと名残りである。多摩川の氾濫等で流路は頻繁に変わったが、川を挟んだ両岸が一つの村であり、渡し舟等で往来した。この様な事例は他に、高津区下野毛(旧荏原郡下野毛村の大部分が移管)、等々力(世田谷区等々力と川崎市中原区等々力)、宇奈根(世田谷区と川崎市高津区)、押立(町)(府中市稲城市)などにも見られる。

なお、かつて橘樹郡から荏原郡・北多摩郡に移管した地域は全て他の町域に編入されるなどしており、現在は地名が残っていない。その例として以下のものがあげられる。

  • 橘樹郡稲田村大字宿河原→狛江村大字宿河原(→狛江市駒井町の一部)
  • 橘樹郡高津村大字諏訪河原→北多摩郡砧村大字諏訪(→世田谷区諏訪町→世田谷区鎌田町→世田谷区鎌田)
  • 橘樹郡高津村大字諏訪河原→荏原郡玉川村大字諏訪河原(→世田谷区玉川町→世田谷区玉川・上野毛)(明治以降の行政区画にて既述)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 世田谷区の町丁別人口と世帯数”. 世田谷区 (2017年12月4日). 2017年12月27日閲覧。
  2. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月27日閲覧。
  3. ^ a b 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月27日閲覧。
  4. ^ 町丁別面積(総務省統計局「地図で見る統計(統計GIS)」の数値)”. 川崎市 (2017年10月26日). 2017年12月28日閲覧。
  5. ^ a b 町丁別世帯数・人口”. 川崎市 (2018年1月25日). 2018年2月15日閲覧。
  6. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月27日閲覧。
  7. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  8. ^ 通学区域”. 世田谷区 (2017年4月1日). 2017年12月27日閲覧。
  9. ^ 川崎市立小学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2017年12月28日閲覧。
  10. ^ 川崎市立中学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2017年12月28日閲覧。