メインメニューを開く

細田 健一(ほそだ けんいち、1964年7月11日 - )は、日本政治家経産官僚自由民主党所属の衆議院議員(3期)。

細田 健一
ほそだ けんいち
Kenichi Hosoda at Nagaoka Niigata 2019,07.jpg
新潟県長岡市にて(2019年7月)
生年月日 (1964-07-11) 1964年7月11日(55歳)
出生地 日本の旗 愛知県名古屋市
出身校 京都大学法学部
ハーバード大学ケネディ行政大学院
前職 国家公務員経産省
現職 新潟県第2選挙区支部長
所属政党 自由民主党細田派
称号 法学士(京都大学・1988年
行政学修士(ハーバード大学・2003年
公式サイト 細田健一 衆議院議員 自由民主党 新潟2区

選挙区新潟2区→)
比例北陸信越ブロック
当選回数 3回
在任期間 2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

農林水産大臣政務官第3次安倍第2次改造内閣)。

来歴編集

愛知県名古屋市生まれ。東海高等学校を経て京都大学法学部行政学村松ゼミ[1])卒業。1988年、通商産業省(現:経済産業省)に入省し、1994年から1年間、橋本龍太郎通商産業大臣の下で広報担当の補佐官を務める[2]1997年から3年間、マドリッド在スペイン日本大使館へ出向[2]2003年ハーバード大学ケネディ行政大学院行政学の修士号を取得[2]2006年に経産省を退官し、2008年まで民間企業に勤務する[2]2009年から1年間、自由民主党齋藤健衆議院議員の下で政策スタッフを務めた。

2012年7月、自由民主党新潟県第2選挙区支部長に就任。同年12月の第46回衆議院議員総選挙に自民党公認で新潟2区から出馬し、民主党前職の鷲尾英一郎を約1万2千票差で破り、初当選した(鷲尾も比例復活)。当選後、清和政策研究会に入会。2014年第47回衆議院議員総選挙では、新潟2区で民主党の鷲尾を102票の僅差で破り、再選(鷲尾も比例復活)[3]2016年8月5日農林水産大臣政務官に就任[4]2017年10月の第48回衆議院議員総選挙では、新潟2区で、無所属で出馬した鷲尾に約1万6000票差で破れるも比例北陸信越ブロック復活当選

人物編集

  • 東海高等学校時代の同級生には伊藤忠彦(自由民主党衆議院議員)、工藤彰三(自由民主党衆議院議員)、日比治雄(名古屋製酪社長(めいらくグループ))、小林憲司(元民主党衆議院議員)らがいる。
  • 妹は日本作編曲家協会理事で、ピアニストの武永京子。

政策・主張編集

所属団体・議員連盟編集

著書編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集