高田明

日本の実業家
本来の表記は「髙田明」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

髙田 明(たかた あきら、1948年11月3日 - )は、日本実業家

たかた あきら
髙田 明
生誕 (1948-11-03) 1948年11月3日(71歳)
日本の旗 日本 長崎県平戸市
出身校 大阪経済大学経済学部
職業 実業家
配偶者 あり
子供 高田旭人高田春奈、高田麻衣子

ジャパネットたかたの創業者で、同社が制作するテレビ・ラジオショッピング番組MCとしても知られた。

2015年1月16日まではジャパネットたかた初代代表取締役社長、2017年4月25日から2020年1月1日までは、V・ファーレン長崎代表取締役社長を務めた。

現在は、株式会社A and Live(エーアンドライブ)[注 1]代表取締役社長[2]

来歴編集

ジャパネットたかたの設立まで編集

長崎県平戸市カメラ店経営者の父の下、4人兄弟の次男として生まれる(他の兄弟は兄、弟、妹)[3]明治節に生まれたことから明と命名される[4]平戸市立平戸小学校[5]平戸市立平戸中学校[6]長崎県立猶興館高等学校卒業後[7]大阪経済大学経済学部に進学する[7]。大学時代は英語の勉強に明け暮れる[3](このことが電子辞書を売るきっかけになったと本人は語っている)。

卒業後、京都府内の産業用機械メーカー・阪村機械製作所に入社し、同社貿易部社員として1972年から約8か月間、西ドイツデュッセルドルフで海外赴任を経験する[8]。翻訳会社を設立しようと退社したが挫折[9]。平戸へ帰郷し、1974年から兄弟で実家のカメラ店を手伝っていた[10]

ジャパネットたかた社長時代編集

30歳で佐世保市に「カメラのたかた」支店を出店し移住、1986年1月、「カメラのたかた」から独立し、同市三川内本町で「株式会社たかた」を設立[11]1999年までは、実父・政雄が同社の会長を務めていた。

「株式会社たかた」では、カメラフィルムの「即日現像・手渡し」を旗印に、カメラ販売で業績を拡大。また、一般家庭へのビデオカメラの普及を機に、ソニーの特約店になる。さらに、カラオケブームの到来に合わせて、パイオニアのカラオケセットを販売[12]。1990年、明は知人を通じて、長崎放送が始めるラジオショッピング番組内への出演を依頼された。この放送でコンパクトカメラを販売ところ、5分の放送で50台が売れたことが、通信販売に進出するきっかけとなった[3]1994年6月にはテレビショッピングに進出し、テレビ長崎にて放送を開始。1999年5月に社名の「たかた」を現在の「ジャパネットたかた」に改め、2001年には前述の長崎放送で第1回生放送テレビショッピングを開始した。

ジャパネットたかたでは、佐世保市日宇町の本社屋内に設けたスタジオを中心に、自社運営のスタジオで日本全国のテレビ・ラジオ局に向けてショッピング番組を制作。明自身も、「代表取締役社長 高田明」として、肥筑方言訛りの甲高い語り口で商品を紹介していた。やがて、紹介や放送の機会が増えるにつれて、高田の存在や語り口が広く知られるようになった[13]

2010年12月期に過去最高の売上高(1,789億円)を記録[14]。しかし、売上の6割を占めてきたテレビの販売が不振に陥るなどの影響で、2011年度から2年連続で売上高が減少した[15]。この状況に危機感を抱いた高田は、2013年を「覚悟の年」と位置付けたうえで、2013年度中に過去最高益を出せなければ社長を退任することをインタビューや出演番組などで公言していた[14]。同年12月期決算の時点で、過去最高益となる約150億円以上の経常利益を達成する見通しが立ったことから、「長くても2年(後の2015年度までに勇退する)」という条件付きで社長職を続けていた[16]

妻はジャパネットの元副社長で、子供は3人。長男の高田旭人は2003年に入社し、2012年から副社長と東京オフィスの代表を兼務していた。2013年頃からは、明が出演する番組において、旭人が「次期社長」として紹介されることがあった[17]。明自身は後継の社長職を、旭人に任せる意向を明らかにしていた[16]

2014年7月11日、ジャパネットの創立記念日である2015年1月16日で、代表取締役社長職を旭人に交代することが明らかになった[18]。現に同社では、2015年1月16日付で上記の人事を発表するとともに、コーポレートロゴを英字表記の「Japanet TAKATA」に改めている。

ジャパネットたかた社長からの退任後編集

社長職を旭人へ交代したことを機に経営の一線から退いてからも、自社制作のテレビ・ラジオショッピング番組へのレギュラー出演を継続[注 2]。旭人が社長就任前からショッピング番組に出演しない方針を取っているのに対して、明は2016年1月15日16日に生放送の『楽しいのが ジャパネット』(創業30周年を記念した自社運営チャンネル「ジャパネットチャンネルDX」での30時間特別番組)[19]までMCを務めた。

その一方で、ジャパネット社長からの退任に伴って同社に籍を残さなかったため[20]、個人事務所の「A and Live」を設立[21]。ショッピング番組へのレギュラー出演終了後は、「A and Live」を窓口に講演活動を展開している[22]2016年1月30日からは、ジャパネット提供の『おさんぽジャパネット』(日本各地の名産品の紹介を兼ねてBSフジで月に1回程度放送される紀行ロケ番組)[23]へ定期的に登場している。また、他の放送局が制作する番組にも、「元・通販会社(ジャパネットたかた)社長」という肩書で折に触れて出演するようになった[5]

もっとも、「A and Live」の設立当初から、ジャパネットの要請・状況次第で同社のショッピング番組にも不定期で登場することを示唆していた[24]2016年4月平成28年熊本地震が発生。この事態を受けて同社が被災地の復興支援プロジェクトを開始したことから、同月21日には、明がテレビ・ラジオのショッピング番組へ特別に出演した。旭人やジャパネットの社員などからの要請による出演で、番組内ではプロジェクトの立ち上げを発表するとともに、視聴者に支援への協力を呼びかけた[25]

2016年春からは、地元の長崎県にある九十九島パールシーリゾートからの依頼で「九十九島特命宣伝部長」に就任。同年7月からは、同リゾートの九州ローカル向けCMに出演している[26]

V・ファーレン長崎社長時代編集

2017年4月25日付で、JリーグのV・ファーレン長崎(以下「クラブ」と略記)を運営する株式会社V・ファーレン長崎(以下「運営会社」と略記)の代表取締役社長に就任した[27]。スポンサーであったジャパネットホールディングス(ジャパネットたかたの持株会社)が、運営会社の第三者割当増資引き受けと既存株主からの株式譲受を通じて、運営会社の完全子会社化へ踏み切ったことによる[28]

高田が経営の現場へ復帰した背景には、運営会社をめぐって、2017年のJリーグ開幕前から債務超過や所属選手への給与未払い危機などが相次いで発覚したことが挙げられる[28]。運営会社は、高田の社長就任を機に経営の再建を進めながら、クラブの環境を改善[28]。高田自身は、ホームゲームを中心に、試合会場や街頭でのPR活動にも積極的に関わった。2013年からJ2リーグにとどまっていたクラブも、高田が視察した同年11月11日の同リーグホーム最終戦・対カマタマーレ讃岐戦(トランスコスモススタジアム長崎)での勝利によって、クラブ史上初のJ1リーグ昇格を自動昇格で決めた[29]

2019年11月3日に、翌2020年1月1日付で[30]運営会社の社長を退任することを発表した[31]。就任時から3年程度の在任を想定していたとのことで、前述した累積赤字の解消や経営体質の強化に目途が立ったことから、自身より今後想定される経営状況へ見合った人物に社長を任せることを決めたという[31]

実際には、ジャパネット関連会社の社長を務めていた高田春奈(明の長女)が、2020年1月2日付で運営会社の社長へ就任した[32]。明自身は、社長を退任してからも、「サッカー夢大使」としてクラブの後方支援活動に携わっている[33]

主な出演番組編集

テレビ番組編集

現在のレギュラー番組編集

  • おさんぽジャパネット(BSフジ、2016年1月30日 - )
  • Pint金曜日「髙田明の今だから」(長崎放送、2020年5月15日から期間限定でリモート生出演)

過去に出演した放送局制作の番組編集

※ ジャパネットたかた制作分以外で出演した番組を記載

2003年
2006年
2007年
  • 5月22日:『週刊オリラジ経済白書』(日本テレビ)
  • 12月30日:『がっちりマンデー!!』(TBS)「大がっちりマンデー!! スゴイ社長 大集合! どこよりも早い新年会スペシャル」
2008年
2010年
  • 9月11日:『〜あらゆる世界を見学せよ〜潜入!リアルスコープ』「禁断の(秘)世界に衝撃の潜入!「ジャパネットたかた」年商1500億円の(秘)販売術」(フジテレビ)
  • 12月26日:『がっちりマンデー!!』「大がっちりマンデー!! 儲かり社長が大集合! 1時間スペシャル!!」(TBS)
2011年
2012年
  • 2月18日:『マイケル・サンデル究極の選択』「お金で買えるもの 買えないもの」(NHK総合)
  • 3月26日:『視点・論点』「シリーズ・職の選択(1)“今”を大切に全力で取り組む」(NHK総合)
  • 5月4日:『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS)
2013年
2015年
2016年
  • 2月12日:『ちちんぷいぷい』(毎日放送
    • 当時編成されていた北海道放送との同時ネットパート(15時台前半)内のコーナー「今日の女心」の特別企画として、総合司会の1人である河田直也毎日放送アナウンサー)が佐世保オフィスを事前に取材した模様を紹介。河田による明への単独インタビューも放送した。ちなみに、放送から1年5ヶ月後(2017年6月1日)からは、ジャパネットたかたのMC社員が同社のスタジオから出演する「生放送テレビショッピング」を(祝日を除く)月 - 金曜日のレギュラーコーナーとして内包。
  • 2月16日:『ガイアの夜明け』(テレビ東京)
    • 「明から旭人への世代交代」をテーマに、明にとって事実上最後のテレビショッピング番組出演(前述)の模様や、明から社長を引き継いだ旭人の仕事振りなどに密着した模様を放送。
  • 3月19日:『もしもツアーズ』(フジテレビ)
  • 4月27日:『探検バクモン』「ハウステンボス!テーマパークV字回復の秘策」(NHK総合)
    • 司会の爆笑問題などがハウステンボスを訪れた際に、「近所に住んでいる 高田明」として登場。「ハウステンボスの澤田秀雄社長とよく御一緒する」と語った。
  • 12月:『東北発未来塾』(NHK Eテレ)
    • 「プレゼンのチカラ」というテーマで、1ヶ月にわたって講師を担当。
2017年
  • 4月21日(20日深夜):『ゴロウ・デラックス』(TBS)
    • ジャパネットたかたを年商1500億円の大企業へ成長させたエピソードについて語った。
  • 10月8日『Jリーグラボ』(BSスカパー!
    • 「V・ファーレン長崎社長」という立場でゲスト出演。
2018年
  • 11月11日(10日深夜):『FOOT×BRAIN』(テレビ東京
    • 「V・ファーレン長崎社長」という立場でゲスト出演。同クラブがJ1リーグ残留争いの渦中にある状況での出演だったが、放送の翌週にJ2リーグへの降格が決まった。
2019年
  • 12月19日:『日経スペシャル カンブリア宮殿』(テレビ東京)
    • 「元気すぎる創業者スペシャル 引退からの挑戦!なぜ奇跡は起きたのか」に、「破綻寸前のサッカーチーム(V・ファーレン長崎)を復活させたジャパネットたかた創業者」としてゲスト出演。V・ファーレンはこの年にJ2リーグを12位で終えたものの、ルヴァンカップでプレーオフステージ、天皇杯で準決勝に進出するなど、高田の下でクラブ史上初めての快挙を相次いで成し遂げた。
2020年
  • 1月22日:『クローズアップ現代+』(NHK総合テレビ
    • 「あなたの仕事が変わる!“超プレゼン術”の極意」というテーマで、「通販会社創業者 高田明」としてゲスト出演。当初は1月8日に放送する予定だったが、イランによる在イラク米軍基地攻撃が同日に発生したことを受けて、「中東緊迫 どうなる今後」という特集に急遽差し替えたため放送を延期した。
  • 7月31日:『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京)
    • コロナに思う」(経営者や各界の有識者が1人で語る事前収録のテレビコラム)の第51回に、「伝え方の極意」というテーマで出演。

ラジオ番組編集

過去に出演した放送局制作の番組(ラジオ)編集

※ ジャパネットたかた制作分以外で出演した番組を記載

  • ラジオのちから(2010年、2012 - 2016年)
    • 毎年12月の第1(または第2)土曜日に複数の民放AMラジオ局が同時(または時差)ネットを実施する特別番組で、ジャパネットたかた社長時代の2014年までは26局、社長退任後の2015年からは47局ネットで放送。社長時代には、ラジオショッピングパートで一部商品の紹介も担当した。
2016年
  • 3月6日『春のラジオ番組試し聞き〜いいとこ集めました〜』(NHKラジオ第1)[37]
  • 3月19日『春のラジオ番組試し聞き〜いいとこ集めました〜「第2弾」』(NHKラジオ第1)
    • NHKラジオのラジオリスナーを増やすキャンペーンの一環でNHKのほか民放も含めたラジオ番組を紹介[38]
2017年
  • 『辻井いつ子の今日の風、なに色?』(TBSラジオ)11月5日[39]・12日・19日・26日[40]

CM・PR企画編集

※ ジャパネットたかた制作分および、V・ファーレン長崎関連以外のCMやPR企画を記載。

その他編集

  • 長岡青年会議所が2015年(平成27年)9月29日に主催した講演会で講演した [44]
  • 長崎県警察本部の依頼で、2018年(平成30年)に交通安全を呼び掛けるナレーションを録音した[45]
  • 2019年(令和元年)、母校の大阪経済大学に寄付講座を開設した[46]

編集

前述のように肥筑方言訛りの甲高い語り口で知られるが、2007年にはテレビ画面内の高田に反応して駆け寄るイヌの動画がインターネットで話題となった[47]。これについて日本音響研究所が調査したところ、高田の声にはイヌにとって聞き取りやすい周波数が含まれており、バウリンガルを用いた鳴き声の分析でも、高田は友達と思われたのではないかとの結果が出ている[48]。なお、このことを知った高田は飼い主にお礼の手紙を送り、イヌにはルイ・ヴィトンの首輪を贈ったという[49]

歌唱力も高く、商品がカラオケの際にはワンコーラスを歌ってみせ、何度も高得点を叩き出している。特に2016年1月15日の30時間生放送では、高田にとって社長職最後の実演販売商品「パーソナルカラオケ」で社員たちに見守られる中、「北国の春」「高校三年生」を歌い、99点を叩き出した[50]

高田の独特な声や語り口は、ビューティーこくぶ肥後克広栗田貫一鈴木武蔵など、数々のものまねタレント十八番ネタとなっている。ジャパネットたかたでも、2009年1月から同年3月まで放送していたテレビCMで、高田とこくぶを共演させていた。

V・ファーレン長崎の社長に就任した後は試合会場を訪れてサポーターたちと交流するほか、試合の告知CMにも頻繁に登場しているが、その際に「J1」を「ゼイワン」、「V・ファーレン」を「ビハーレン」など強い訛りで発音するため[51]、チームや関係者からたびたびネタにされている。特に同チームが2018年のJ1昇格を決めた際には、チームの公式サイトも「ゼイワン」表記を使用し、メディアなどでも話題になった[52]

賞罰編集

  • 第34回企業広報賞(企業広報経営者賞),一般財団法人経済広報センター,2018年(平成30年)8月2日[53][54]
  • 第7回全広連日本宣伝賞(正力賞),公益社団法人全日本広告連盟,2019年(令和元年)5月16日[55][56]

著書編集

  • 髙田明『伝えることから始めよう』東洋経済新報社、東京、2017年1月13日。全国書誌番号:22843653ISBN 9784492045909
  • 髙田明『90秒にかけた男』361、木ノ内敏久、日本経済新聞出版社〈日経プレミアシリーズ〉、東京、2017年11月13日。全国書誌番号:22982338ISBN 9784532263614
  • 新将命、髙田明『まかせる力』424、SBクリエイティブ〈SB新書〉、東京、2018年2月6日。全国書誌番号:23014118ISBN 9784797393729
  • 髙田明『髙田明と読む世阿弥 : 昨日の自分を超えていく』増田正造、日経BP、東京、2018年3月27日。全国書誌番号:23044181ISBN 9784822258979

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 高田が、自身の名前"Akira"(あきら)と"Alive"(生きている)にちなんで命名。「今を生き生きと生きる世の中にしたい」「明は今も生きているぞ」というメッセージを込めているとされる[1]
  2. ^ 肩書を付けない「高田明」名義で初めて用いた番組は、2015年1月16日午前0時以降に放送の『ジャパネットチャンネルDX』。
  3. ^ 放送日は関西ローカル。関東地方では、フジテレビで2008年3月14日に放送された。

出典編集

  1. ^ 木ノ内敏久 (2016年6月11日). “「私と180度変えてもいい」TV通販王の引き際”. 出世ナビ. NIKKEI STYLE. 日本経済新聞. 日経BP. 2020年7月25日閲覧。
  2. ^ 久野洋「小売業もIT化加速 高田明氏・ジャパネットHD創業者」『毎日新聞』毎日新聞東京本社、東京、2020年5月15日、全国書誌番号:000673592020年7月25日閲覧。
  3. ^ a b c 菊池徳行 (2006年12月13日). “第30回 株式会社ジャパネットたかた 高田 明”. ドリームゲート. プロジェクトニッポン. 2020年7月25日閲覧。
  4. ^ @aandlive116 (2018年11月3日). “本日(11/3)は髙田の70歳の誕生日です。”. Facebook. 2020年7月25日閲覧。
  5. ^ a b c 髙田明”. これまでの放送. 課外授業 ようこそ先輩. 日本放送協会 (2015年1月23日). 2015年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月25日閲覧。
  6. ^ 前ジャパネット髙田明社長来校! (PDF) 」 『平戸中学校便り』第7号、平戸市立平戸中学校、長崎、2017年1月20日、 1頁、2020年7月25日閲覧。
  7. ^ a b 「高田 明」株式会社ジャパネットたかた(第4回)”. J-Net21〔中小企業ビジネス支援サイト〕. 中小企業基盤整備機構 (2008年9月1日). 2020年7月25日閲覧。
  8. ^ 佐野眞一「ジャパネット創業者 「伝える力」は共産国との商談から生まれた」『Sapio』第27巻第7号、小学館、東京、2015年7月、 51-53頁、 NAID 40020514334全国書誌番号:000742302020年7月25日閲覧。
  9. ^ 髙田明 (2017年4月7日). “ジャパネット髙田明「私が新入社員だった頃」”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2020年7月25日閲覧。
  10. ^ 西村利也「【直球緩急】家電通販のイメージを払拭 ジャパネットたかた社長、高田明さん(64)」『産経新聞』産業経済新聞東京本社、東京、2013年3月13日、全国書誌番号:000680232020年7月25日閲覧。
  11. ^ “社長の風景 ジャパネットたかた 髙田明”. 現代ビジネス. (2012年5月2日). http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32416 2014年2月15日閲覧。 
  12. ^ 木ノ内敏久 (2016年12月14日). “ジャパネットはなぜ家電量販店にならなかったのか? - ジャパネットたかた前社長 高田明氏(11)”. 出世ナビ. NIKKEI STYLE. 日本経済新聞. 日経BP. 2020年7月25日閲覧。
  13. ^ [リンク切れ]“【時代のリーダー】高田 明・ジャパネットたかた社長 思いを電波に乗せて売る”. 日経ビジネスオンライン. (2009年7月23日). http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20090721/200487/?P=1 2014年2月15日閲覧。 
  14. ^ a b 西山毅 (2013年5月30日). “ジャパネット 高田明社長が語る、テレビの売上1/20に激減の中での不退転の決意”. ビジネス+IT. SBクリエイティブ. 2020年7月25日閲覧。
  15. ^ 河野祥平「ジャパネットHD 脱・感性の事業継承」『日経ビジネス』、日経BP、東京、2017年6月26日、 ISSN 00290491全国書誌番号:000182042020年7月25日閲覧。
  16. ^ a b ジャパネットたかたの今期決算見通し 過去最高益の150億円へ”. TSUHAN SHIMBUN ONLINE. 通販新聞. 通販新聞社 (2013年12月20日). 2020年7月25日閲覧。
  17. ^ 高田旭人副社長を3年後社長に ジャパネットたかた」『日本経済新聞』日本経済新聞社、東京、2013年12月14日、全国書誌番号:000611712020年7月25日閲覧。
  18. ^ ジャパネットたかた、15年1月に社長交代 後任に長男」『日本経済新聞』日本経済新聞社、東京、2014年7月12日、全国書誌番号:000611712020年7月25日閲覧。
  19. ^ ジャパネット創業者の高田明氏、番組最終出演「しゃべり続けた人生」」『産経新聞』産業経済新聞東京本社、東京、2016年1月16日、全国書誌番号:000680232020年7月25日閲覧。
  20. ^ 片岡義明 (2016年10月27日). “ジャパネットの高田明前社長が会長職に就かない真意”. Biz Drive(ビズドライブ). 東日本電信電話. 2020年7月25日閲覧。
  21. ^ だいしん文化講演会 (PDF)”. 大垣西濃信用金庫 (2017年9月6日). 2020年7月25日閲覧。
  22. ^ ジャパネット高田前社長 ラスト生出演で感謝「100年続く企業に」”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2016年1月15日). 2020年7月25日閲覧。
  23. ^ 「おさんぽジャパネット」に高田明氏が出演 - 生放送引退から初テレビ”. マイナビニュース. マイナビ (2016年1月29日). 2020年7月25日閲覧。
  24. ^ ジャパネット高田氏「悔いなし」最後のTVセールス」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、東京、2016年1月16日、全国書誌番号:000637572020年7月25日閲覧。オリジナルの2016-01-17時点におけるアーカイブ。
  25. ^ 若松真平 (2016年4月21日). “ジャパネット高田前社長、1日だけ復活 熊本地震で売り上げ全額寄付”. withnews. 朝日新聞社. 2020年7月25日閲覧。
  26. ^ ジャパネットたかた前社長髙田明さん「九十九島特命宣伝部長」に就任!!”. イベント&ニュース. 九十九島パールシーリゾート. させぼパール・シー (2016年7月8日). 2016年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月25日閲覧。
  27. ^ “J2長崎社長に高田明氏 ジャパネット創業者”. 日本経済新聞. (2017年4月25日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO15740000V20C17A4LX0000/ 2017年4月26日閲覧。 
  28. ^ a b c 柳川悠二「高田明「地元愛こそ、商売の基本」」『週刊現代』第60巻第22号、講談社、東京、2018年6月16日、 56-59頁、 NAID 40021560698全国書誌番号:000108212020年7月25日閲覧。
  29. ^ 長崎初昇格!高田明社長甲高い声で「長崎の奇跡!」」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、東京、2017年11月12日、全国書誌番号:000637572020年7月25日閲覧。
  30. ^ 広田亜貴子「J2長崎高田社長、新国立花道に「ゼイワン昇格と同じ奇跡を」天皇杯決勝の来年元日付退任」『西日本スポーツ』西日本新聞社、福岡、2019年11月16日、全国書誌番号:000638412020年7月25日閲覧。
  31. ^ a b 長崎高田社長が退任発表「スポーツ界は夢がある」」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、東京、2019年11月3日、全国書誌番号:000637572020年7月25日閲覧。
  32. ^ “V・ファーレン長崎次期社長は高田明社長長女、ジャパネット関連会社代表取締役社長など歴任”. ゲキサカ. (2019年11月28日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?291489-291489-fl 2019年11月29日閲覧。 
  33. ^ 髙田明がサッカー夢大使に!(V・ファーレン長崎 公式Twitterの2019年11月28日のツイート)2020年1月11日閲覧。
  34. ^ 著名人が母校で授業!『課外授業 ようこそ先輩』”. NHK放送史(動画・記事). NHKアーカイブス. 日本放送協会. 2020年7月25日閲覧。
  35. ^ 課外授業 ようこそ先輩 (PDF) 」 『もってこい長崎』第118号、日本放送協会長崎放送局、長崎、2015年1月、2020年7月25日閲覧。
  36. ^ たかた前社長 ナレーション初挑戦!あのなまりが旅情感にマッチ(『スポーツニッポン2015年2月24日付記事)
  37. ^ R1 blog:NHKブログ | カンド抜群ブログ | いろいろ 【神門光太朗】
  38. ^ 春のラジオ番組試し聞き~いいとこ集めました~「第2弾」 NHK、2016年3月17日閲覧。
  39. ^ 今月のゲストは、ショッピング番組でお馴染み高田明さん”. TBSラジオ (2017年11月6日). 2017年12月19日閲覧。
  40. ^ 今月のゲストは、ショッピング番組でお馴染みの高田明さん”. TBSラジオ (2017年11月26日). 2017年12月19日閲覧。
  41. ^ さだまさし、新作でジャパネット風CM制作 “同郷”高田明氏と念願コラボ”. ORICON (2015年7月9日). 2015年7月9日閲覧。
  42. ^ 髙田さん×らじる PR動画”. らじる★らじる おすすめラジオ番組. 日本放送協会. 2016年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月25日閲覧。
  43. ^ “たかた前社長、他社CM初出演 高田明氏「地元の観光を盛り上げる」”. ORICON STYLE. (2016年7月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2074732/full/ 2016年7月8日閲覧。 
  44. ^ 29日に新潟でジャパネット前社長講演会」『産経新聞』産業経済新聞東京本社、東京、2015年9月20日、全国書誌番号:000680232020年7月25日閲覧。
  45. ^ あの「高い声」は封印 高田社長“地声”で交通安全呼び掛け」『西日本新聞』西日本新聞社、福岡、2018年2月23日、全国書誌番号:000638392020年7月25日閲覧。
  46. ^ 大経大「万博講座」社会人にも公開」『産経新聞』産業経済新聞大阪本社、大阪、2019年9月18日、全国書誌番号:000680242020年7月25日閲覧。
  47. ^ 【トレビアン動画】たかた社長が大好きな『ジャパネット犬』のCOCOちゃん! ブレイクの予感!?”. ライブドアニュース (2007年12月17日). 2016年1月15日閲覧。
  48. ^ 東京おもちゃショー2009:ジャパネット大好き犬「CoCoちゃん」の“真意””. ITmedia LifeStyle (2009年7月16日). 2016年1月15日閲覧。
  49. ^ 吉住夏樹 (2010年10月6日). “第101回 犬にとっては…お友達? 有名社長の仰天エピソード”. カブコラ. 株&〔アンディ〕. ストック・データバンク. 2014年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月25日閲覧。
  50. ^ @Ki_46ozzieの2016年1月15日のツイート2018年5月5日閲覧。
  51. ^ 長崎県では「J1」を「ゼイワン」と発音する」『西日本新聞』西日本新聞社、福岡、2018年2月17日、全国書誌番号:000638392020年7月25日閲覧。
  52. ^ 長崎・高田社長が熱弁「ゼイワン」って? ネットで話題、クラブも公式に…」『デイリースポーツ』神戸新聞社、神戸、2017年11月12日、全国書誌番号:000605482020年7月25日閲覧。
  53. ^ “第34回「企業広報賞」受賞企業・受賞者決まる” (プレスリリース), 経済広報センター, (2018年8月2日), https://www.kkc.or.jp/release/detail.php?page=1&year=2018&id=143 2020年7月25日閲覧。 
  54. ^ “「企業広報経営者賞」受賞のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), ジャパネットホールディングス, (2018年9月6日), https://corporate.japanet.co.jp/pdf/180906.pdf 2020年7月25日閲覧。 
  55. ^ “第7回「全広連日本宣伝賞」各賞決まる” (PDF) (プレスリリース), 全日本広告連盟, (2019年1月21日), http://www.ad-zenkoren.org/activity/pdf/7th_nihonsendensho.pdf 2020年7月25日閲覧。 
  56. ^ “創業者髙田明が「全広連日本宣伝賞正力賞」を受賞” (PDF) (プレスリリース), ジャパネットホールディングス, (2019年5月17日), https://corporate.japanet.co.jp/pdf/190517.pdf 2020年7月25日閲覧。 

外部リンク編集

先代:
-
ジャパネットたかた社長
初代:(1986年2015年
次代:
高田旭人