1973年ベルギーグランプリ

1973年ベルギーグランプリ: 1973 Belgian Grand Prix)は、1973年のF1世界選手権第5戦として、1973年5月20日ゾルダー・サーキットで開催された。

ベルギー 1973年ベルギーグランプリ
レース詳細
1973年F1世界選手権全15戦の第5戦
ゾルダー・サーキット (1973-1974)
ゾルダー・サーキット (1973-1974)
日程 1973年5月20日
正式名称 XXXI Grote Prijs van Belgie
開催地 ゾルダー・サーキット
ベルギーの旗 ベルギー リンブルフ州 ヒュースデン=ゾルダー英語版
コース 恒久的レース施設
コース長 4.220 km (2.622 mi)
レース距離 70周 295.379 km (183.540 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー ロータス-フォード
タイム 1:22.46
ファステストラップ
ドライバー フランスの旗 フランソワ・セベール ティレル-フォード
タイム 1:25.42 (28周目)
決勝順位
優勝 ティレル-フォード
2位 ティレル-フォード
3位 ロータス-フォード

30回目の「ヨーロッパグランプリ」の冠がかけられた[1][注 1]レースは、ティレル・006を駆るジャッキー・スチュワートが優勝した。

レース前編集

ベルギーGPは前年ニヴェル・ボレールからゾルダー・サーキットに移った[2]。しかし、本レースの開催1週間前にジャッキー・スチュワートエマーソン・フィッティパルディフランソワ・セベールといった数人のドライバーがコースを視察した後、過去のレースによる影響で路面が荒れたことを指摘し、ゾルダー・サーキットの所有者は本レースのわずか1週間前にコースの再舗装を行うことを即座に決めた。

エントリー編集

本レースからカーナンバーが年間を通じて固定された[3]。翌1974年は前年度(1973年)のコンストラクターズランキング順に割り当てられ、以後1995年まではドライバーズチャンピオンにならない限り(または前年度チャンピオンとの契約がない限り)、カーナンバーを変更することはなかった[4][注 2]

フェラーリアルトゥーロ・メルツァリオ用の312B3が完成せず、前戦スペインGP同様ジャッキー・イクスのみ参加する。エンサインもマシンが完成せず欠場した[5]テクノは細身のシャシーに前年型のサスペンションを合体させた[6]新車PA123/6[5][注 3]で復帰したが、スポンサーのマルティーニ・エ・ロッシとチームの間の混乱から、並行して別のマシンが制作されていく。ドライバーは前年をもってF1から撤退したマトラからクリス・エイモンが移籍してきた[6]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  ジョン・プレイヤー・チーム・ロータス 1   エマーソン・フィッティパルディ ロータス 72E フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
2   ロニー・ピーターソン
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 3   ジャッキー・イクス フェラーリ 312B3 フェラーリ 001/11 3.0L F12 G
4   アルトゥーロ・メルツァリオ 1
  エルフ・チーム・ティレル 5   ジャッキー・スチュワート ティレル 006 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
6   フランソワ・セベール
  ヤードレー・チーム・マクラーレン 7   デニス・ハルム マクラーレン M23 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
8   ピーター・レブソン
  チェラミカ・パニョッシン・チーム・MRD 9   アンドレア・デ・アダミッチ ブラバム BT37 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
  モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド 10   カルロス・ロイテマン BT42
11   ウィルソン・フィッティパルディ
  エンバシー・レーシング 12   グラハム・ヒル シャドウ DN1 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
  STP・マーチ・レーシングチーム 14   ジャン=ピエール・ジャリエ マーチ 721G フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
  クラーク=モーダウント=ガスリー・レーシング 15   マイク・ボイトラー マーチ 731 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  UOP・シャドウ・レーシングチーム 16   ジョージ・フォルマー シャドウ DN1 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
17   ジャッキー・オリバー
  チーム・エンサイン 18   リッキー・フォン・オペル 1 エンサイン N173 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  マールボロ・BRM 19   クレイ・レガツォーニ BRM P160E BRM P142 3.0L V12 F
20   ジャン=ピエール・ベルトワーズ
21   ニキ・ラウダ
  マルティーニ・レーシング 22   クリス・エイモン テクノ PA123/6 テクノ シリーズP 3.0L F12 F
  ブルックボンド・オクソ・チーム・サーティース 23   マイク・ヘイルウッド サーティース TS14A フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
24   カルロス・パーチェ
  フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ 25   ハウデン・ガンレイ イソ・マールボロ IR フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
26   ナンニ・ギャリ
ソース:[7]

追記
  • ^1 - マシンが準備できず欠場[8]

予選編集

先述の通り路面を再舗装したものの、金曜日の練習走行中にマシンが通過するにつれて路面が2箇所で剥がれ落ち、ジョージ・フォルマー英語版シャドウ)とジャン=ピエール・ジャリエマーチ)が事故に見舞われた[5]フランソワ・セベールエマーソン・フィッティパルディジャッキー・スチュワートはコースの安全性を理由に走行を拒否し、セベールはFIAに対し、サーキットがコースの再舗装を行わければレースをキャンセルすると迫った。これに伴い、同日の夜に改めて再舗装が行われ、翌土曜日の練習走行及び予選は無事行われた[5]

ロニー・ピーターソンロータス)がポールポジションを獲得し、マクラーレン・M23を駆るデニス・ハルムが2番手に付けてフロントローを分け合った。2列目はジャッキー・イクスフェラーリ)とセベール(ティレル)、3列目はジャン=ピエール・ベルトワーズBRM)とスチュワート(ティレル)が並び、E.フィッティパルディ(ロータス)は9番手からスタートする[2]。ジャリエはアクシデントによりマーチ・731が破損したため、古い721Gに乗り換えた[5]

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 2   ロニー・ピーターソン ロータス-フォード 1:22.46 - 1
2 7   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 1:23.00 +0.54 2
3 3   ジャッキー・イクス フェラーリ 1:23.10 +0.64 3
4 6   フランソワ・セベール ティレル-フォード 1:23.22 +0.76 4
5 20   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 1:23.25 +0.79 5
6 5   ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 1:23.28 +0.82 6
7 10   カルロス・ロイテマン ブラバム-フォード 1:23.34 +0.88 7
8 24   カルロス・パーチェ サーティース-フォード 1:23.34 +0.88 8
9 1   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 1:23.44 +0.98 9
10 8   ピーター・レブソン マクラーレン-フォード 1:23.52 +1.06 10
11 16   ジョージ・フォルマー シャドウ-フォード 1:23.86 +1.40 11
12 19   クレイ・レガツォーニ BRM 1:23.91 +1.45 12
13 23   マイク・ヘイルウッド サーティース-フォード 1:23.96 +1.50 13
14 21   ニキ・ラウダ BRM 1:24.51 +2.05 14
15 22   クリス・エイモン テクノ 1:24.79 +2.33 15
16 14   ジャン=ピエール・ジャリエ マーチ-フォード 1:24.83 +2.37 16
17 26   ナンニ・ギャリ イソ・マールボロ-フォード 1:24.89 +2.43 17
18 9   アンドレア・デ・アダミッチ ブラバム-フォード 1:25.28 +2.82 18
19 11   ウィルソン・フィッティパルディ ブラバム-フォード 1:25.57 +3.11 19
20 15   マイク・ボイトラー マーチ-フォード 1:25.77 +3.31 20
21 25   ハウデン・ガンレイ イソ・マールボロ-フォード 1:26.68 +4.22 21
22 17   ジャッキー・オリバー シャドウ-フォード 1:28.12 +5.66 22
23 12   グラハム・ヒル シャドウ-フォード 1:30.45 +7.99 23
ソース:[9][10]

決勝編集

ポールポジションからスタートするロニー・ピーターソンがウォームアップ中にクラッシュし、メカニックは決勝を前にロータス・72Eを修理することを余儀なくされた[5]

スタートでピーターソンが先行し、その後ろをフランソワ・セベールが追いかけ、ジャッキー・イクスデニス・ハルムカルロス・ロイテマンが続いた。セベールは2周目にピーターソンを抜いて首位に立ち、2位以下を引き離し始める[2]。イクスは6周目にオイルポンプの故障によってオイルが漏れてリタイアし、ハルムはイクスのオイルに乗ってしまい大きく順位を落とした[5]。これでロイテマンは3位に浮上したが、14周目にエンジントラブルでリタイアした。4周後に3位のエマーソン・フィッティパルディと4位のジャッキー・スチュワートがピーターソンを抜き去り、20周目にはセベールがスピンしてE.フィッティパルディが首位に立った。その5周後にはスチュワートが首位に浮上して後続を引き離し始めた。E.フィッティパルディは燃料圧力に問題を抱え始め、48周目にセベールの後ろまで後退し、スチュワートとセベールによるティレルの1-2体制が出来上がった[2]

スチュワートはファン・マヌエル・ファンジオに並ぶ通算24勝目を挙げ、ティレルは今季初の1-2フィニッシュを達成した。E.フィッティパルディは2戦続けてマシンに問題を抱えながらの走りだったが、ティレル勢に続く3位でフィニッシュした。旧型ブラバム・BT37を駆るアンドレア・デ・アダミッチが4位入賞を果たし、後にドライバーズチャンピオンとなるBRMニキ・ラウダが5位でフィニッシュして初のポイントを獲得した。6位はテクノクリス・エイモンで、同チームも初のポイントを獲得した[5]

ドライバーズチャンピオン争いは首位のE.フィッティパルディと2位のスチュワートの差が7点に縮まり、コンストラクターズチャンピオン争いはティレルがロータスを1点上回って首位に立った[5]

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 5   ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 70 1:42:13.43 6 9
2 6   フランソワ・セベール ティレル-フォード 70 +31.84 4 6
3 1   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 70 +2:02.79 9 4
4 9   アンドレア・デ・アダミッチ ブラバム-フォード 69 +1 Lap 18 3
5 21   ニキ・ラウダ BRM 69 +1 Lap 14 2
6 22   クリス・エイモン テクノ 67 +3 Laps 15 1
7 7   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 67 +3 Laps 2
8 24   カルロス・パーチェ サーティース-フォード 66 +4 Laps 8
9 12   グラハム・ヒル シャドウ-フォード 65 +5 Laps 23
10 19   クレイ・レガツォーニ BRM 63 アクシデント 12
11 15   マイク・ボイトラー マーチ-フォード 63 アクシデント 20
Ret 14   ジャン=ピエール・ジャリエ マーチ-フォード 60 アクシデント 16
NC 20   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 56 規定周回数不足 5
Ret 11   ウィルソン・フィッティパルディ ブラバム-フォード 46 エンジン 19
Ret 2   ロニー・ピーターソン ロータス-フォード 42 アクシデント 1
Ret 8   ピーター・レブソン マクラーレン-フォード 33 アクシデント 10
Ret 25   ハウデン・ガンレイ イソ・マールボロ-フォード 16 アクシデント 21
Ret 10   カルロス・ロイテマン ブラバム-フォード 14 エンジン 7
Ret 16   ジョージ・フォルマー シャドウ-フォード 13 スロットル 11
Ret 17   ジャッキー・オリバー シャドウ-フォード 11 アクシデント 22
Ret 3   ジャッキー・イクス フェラーリ 6 オイルポンプ 3
Ret 26   ナンニ・ギャリ イソ・マールボロ-フォード 6 エンジン 17
Ret 23   マイク・ヘイルウッド サーティース-フォード 4 アクシデント 13
ソース:[11]
優勝者ジャッキー・スチュワートの平均速度[8]
173.384 km/h (107.736 mph)
ファステストラップ[12]
ラップリーダー[13]
太字は最多ラップリーダー
達成された主な記録[5]

第5戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。前半8戦のうちベスト7戦及び後半7戦のうちベスト6戦がカウントされる。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1923年から1977年まで断続的にヨーロッパ各国の持ち回りで、その年の最も権威のあるレースに対して「ヨーロッパGP」の冠がかけられていた。主に1国1GPの制約を回避する目的で単独イベントとして開催されるのは1983年以降である。
  2. ^ 1996年-2013年は前年のコンストラクターズランキングをベースに毎年変更され、2014年以降はドライバー固定番号が採用されている。
  3. ^ 文献によっては「PA123B」と呼ばれていた。

出典編集

  1. ^ 1973 Formula 1 World Championship Programmes”. The Motor Racing Programme Covers Project. 2020年11月11日閲覧。
  2. ^ a b c d Belgian GP, 1973”. grandprix.com. 2020年11月11日閲覧。
  3. ^ (林信次 1993, p. 134)
  4. ^ 辻野ヒロシ (2013年12月15日). “F1ドライバーが選ぶ自分のカーナンバー”. 2020年11月11日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j Belgium 1973”. STATS F1. 2020年11月11日閲覧。
  6. ^ a b (林信次 1993, p. 69)
  7. ^ Belgium 1973 - Race entrants”. STATS F1. 2020年11月11日閲覧。
  8. ^ a b Belgium 1973 - Result”. STATS F1. 2020年11月11日閲覧。
  9. ^ Belgium 1973 - Qualifications”. STATS F1. 2020年11月11日閲覧。
  10. ^ Belgium 1973 - Starting grid”. STATS F1. 2020年11月11日閲覧。
  11. ^ 1973 Belgian Grand Prix”. formula1.com. 2014年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  12. ^ Belgium 1973 - Best laps”. STATS F1. 2020年11月11日閲覧。
  13. ^ Belgium 1973 - Laps led”. STATS F1. 2020年11月11日閲覧。
  14. ^ 戦績:N.ラウダ”. F1 DataWeb. 2020年11月11日閲覧。
  15. ^ 戦績:A.デ・アダミッチ”. F1 DataWeb. 2020年11月11日閲覧。
  16. ^ 戦績:テクノ”. F1 DataWeb. 2020年11月11日閲覧。
  17. ^ a b Belgium 1973 - Championship”. STATS F1. 2019年3月12日閲覧。

参照文献編集

  • Wikipedia英語版 - en:1973 Belgian Grand Prix(2020年8月4日 18:33:59(UTC))
  • 林信次『F1全史 1971-1975 [名手スチュワートの退場/若手精鋭たちの新時代]』ニューズ出版、1993年。ISBN 4-938495-05-8
  • アラン・ヘンリー『チーム・フェラーリの全て』早川麻百合+島江政弘(訳)、CBS・ソニー出版、1989年12月。ISBN 4-7897-0491-2

外部リンク編集

前戦
1973年スペイングランプリ
FIA F1世界選手権
1973年シーズン
次戦
1973年モナコグランプリ
前回開催
1972年ベルギーグランプリ
  ベルギーグランプリ 次回開催
1974年ベルギーグランプリ
前回開催
1972年イギリスグランプリ
  ヨーロッパグランプリ
(冠大会時代)
次回開催
1974年ドイツグランプリ