1972年ベルギーグランプリ

1972年ベルギーグランプリ (: 1972 Belgian Grand Prix) は、1972年のF1世界選手権第5戦として、1972年6月4日ニヴェルで開催された。

ベルギー 1972年ベルギーグランプリ
レース詳細
1972年F1世界選手権全12戦の第5戦
Circuit Nivelles-Baulers.png
日程 1972年6月4日
正式名称 XXX Grand Prix de Belgique[1]
開催地 ニヴェル・ボレール
ベルギーの旗 ベルギー ニヴェル英語版
コース 恒久的レース施設
コース長 3.72 km (2.314 mi)
レース距離 85周 316.2 km (196.69 mi)
決勝日天候 曇(ドライ)[2]
ポールポジション
ドライバー ロータス-フォード
タイム 1:11.43
ファステストラップ
ドライバー ニュージーランドの旗 クリス・エイモン マトラ
タイム 1:12.12 (66周目)
決勝順位
優勝 ロータス-フォード
2位 ティレル-フォード
3位 マクラーレン-フォード

レースは85周で行われ、ポールポジションからスタートしたロータスエマーソン・フィッティパルディが優勝した。ティレルフランソワ・セベールが2位、マクラーレンデニス・ハルムが3位となった。

背景編集

1970年までベルギーGPが開催されていたスパ・フランコルシャンF1マシンにはあまりにも危険すぎると考えられたため[注 1][注 2]ブリュッセル近郊のニヴェル・ボレールに舞台を移した[3]

レース前編集

本レースの前週5月29日オウルトン・パークで開催された非選手権レースのインターナショナル・ゴールドカップ英語版は、マクラーレンデニス・ハルムが優勝した。BRMレイネ・ウィセルはこのレースで指を骨折した[3]

エントリー編集

 
テクノ・PA123

ジャッキー・スチュワートチャンピオンとしての多忙な日々や精神的重圧により胃潰瘍を患い、医師からドクターストップがかかったため本レースを欠場しなければならなかった[4][3]。スチュワートの欠場によりティレルフランソワ・セベールのみが参加した[1]BRMは負傷したレイネ・ウィセルに代わり、ヴァーン・シュパンを起用した[3]ブラバムカルロス・ロイテマンが足首の負傷から復帰したが、まだ足を引きずっていたため、ロイテマンの代走を務めていたウィルソン・フィッティパルディはそのまま留まり3台体制とした[5]。以降、グラハム・ヒルとロイテマンがBT37を、W.フィッティパルディはBT34を主に走らせることになる[6]

本レースからイタリアのテクノがF1への参戦を開始した[3]。自製の水平対向12気筒エンジンが搭載され、タイトルスポンサーであるマルティーニのストライプが描かれたPA123[7]ナンニ・ギャリが走らせる[3]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  エキップ・マトラ・スポール 5   クリス・エイモン マトラ MS120C マトラ MS72 3.0L V12 G
  チーム・アイフェラント・キャラバンズ 6   ロルフ・シュトメレン アイフェラント E21 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
  エルフ・チーム・ティレル 7   ジャッキー・スチュワート 1 ティレル 003 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
8   フランソワ・セベール 002
  ヤードレー・チーム・マクラーレン 9   デニス・ハルム マクラーレン M19C フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
10   ピーター・レブソン M19A
  STP・マーチ・レーシングチーム 11   ロニー・ピーターソン マーチ 721X フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
12   ニキ・ラウダ
  クラーク=モーダウント=ガスリー・レーシング 14   マイク・ボイトラー マーチ 721G フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  チーム・ウィリアムズ・モチュール 15   アンリ・ペスカロロ マーチ 721 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
16   カルロス・パーチェ 711
  モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド 17   グラハム・ヒル ブラバム BT37 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
19   カルロス・ロイテマン
18   ウィルソン・フィッティパルディ BT34
  マルティーニ・レーシングチーム 21   デレック・ベル 2 テクノ PA123/3 テクノ シリーズP 3.0L F12 F
22   ナンニ・ギャリ
  マールボロ・BRM 23   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM P160B BRM P142 3.0L V12 F
24   ピーター・ゲシン
25   ハウデン・ガンレイ
26   ヴァーン・シュパン P153B
28   レイネ・ウィセル 3 P153
  オーストリア・マールボロ・BRM 27   ヘルムート・マルコ P153B 4
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 29   ジャッキー・イクス フェラーリ 312B2 フェラーリ 001/1 3.0L F12 F
30   クレイ・レガツォーニ
31   マリオ・アンドレッティ 5
  ジョン・プレイヤー・チーム・ロータス 32   エマーソン・フィッティパルディ ロータス 72D フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
33   デビッド・ウォーカー
  ブルックボンド・オクソ・チーム・サーティース 34   マイク・ヘイルウッド サーティース TS9B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  チーム・サーティース 35   ティム・シェンケン
  チェラミカ・パニョッシン・チーム・サーティース 36   アンドレア・デ・アダミッチ
ソース:[8]

追記
  • ^1 - スチュワートは胃潰瘍により欠場[4]
  • ^2 - ベルはマシンが準備できず欠場[9]
  • ^3 - ウィセルは負傷のため欠場[3]
  • ^4 - マルコは当初P160Bで参加したが、ゲシンが自身のP160Bを破損させたため、マルコのP160Bをゲシンに明け渡してシュパンのP153Bを使用した[5]
  • ^5 - アンドレッティはエントリーのみ[9]

予選編集

エマーソン・フィッティパルディクレイ・レガツォーニに0.15秒差で2戦連続のポールポジションを獲得した[1]。この2人とデニス・ハルムフロントローに並んだ[注 3]。2列目にはジャッキー・イクスフランソワ・セベール、3列目にはジャン=ピエール・ベルトワーズピーター・レブソンマイク・ヘイルウッドが並ぶ[3]。ここまでの8台がE.フィッティパルディと1秒以内であった[1]。4列目のカルロス・ロイテマンアンドレア・デ・アダミッチまでがトップ10に入った[3]ウィリアムズで古いマーチ・711を走らせるカルロス・パーチェが11番手に入る素晴らしいパフォーマンスを見せた一方、ワークスマーチ勢は悲惨な状況で、ロニー・ピーターソンは14番手、ニキ・ラウダは最後尾の25番手に終わった[1]

ピーター・ゲシンはコースアウトした際に自身のBRM・P160Bを壊してしまい、ヘルムート・マルコが使用していたP160Bをゲシンに与え、マルコにはヴァーン・シュパンが使用していたP153Bが与えられた。これにより、シュパンは以後のセッションに出走できなくなった[5]

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 32   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 1:11.43 - 1
2 30   クレイ・レガツォーニ フェラーリ 1:11.58 +0.15 2
3 9   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 1:11.80 +0.37 3
4 29   ジャッキー・イクス フェラーリ 1:11.84 +0.41 4
5 8   フランソワ・セベール ティレル-フォード 1:11.93 +0.50 5
6 23   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 1:12.12 +0.69 6
7 10   ピーター・レブソン マクラーレン-フォード 1:12.19 +0.76 7
8 34   マイク・ヘイルウッド サーティース-フォード 1:12.35 +0.92 8
9 19   カルロス・ロイテマン ブラバム-フォード 1:12.50 +1.07 9
10 36   アンドレア・デ・アダミッチ サーティース-フォード 1:12.54 +1.11 10
11 16   カルロス・パーチェ マーチ-フォード 1:12.64 +1.21 11
12 33   デビッド・ウォーカー ロータス-フォード 1:12.76 +1.33 12
13 5   クリス・エイモン マトラ 1:12.80 +1.37 13
14 11   ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 1:13.00 +1.57 14
15 25   ハウデン・ガンレイ BRM 1:13.01 +1.58 15
16 17   グラハム・ヒル ブラバム-フォード 1:13.10 +1.67 16
17 24   ピーター・ゲシン BRM 1:13.15 +1.72 17
18 18   ウィルソン・フィッティパルディ ブラバム-フォード 1:13.20 +1.77 18
19 15   アンリ・ペスカロロ マーチ-フォード 1:13.40 +1.97 19
20 6   ロルフ・シュトメレン アイフェラント-フォード 1:13.43 +2.00 20
21 35   ティム・シェンケン サーティース-フォード 1:13.60 +2.17 21
22 14   マイク・ボイトラー マーチ-フォード 1:13.70 +2.27 22
23 27   ヘルムート・マルコ BRM 1:14.10 +2.67 23
24 22   ナンニ・ギャリ テクノ 1:14.60 +3.17 24
25 12   ニキ・ラウダ マーチ-フォード 1:16.50 +5.07 25
26 26   ヴァーン・シュパン BRM 1:16.90 +5.47 DNS 1
ソース:[10][11]
追記
  • ^1 - シュパンはマシンをマルコに譲ったため決勝に出走せず[5]

決勝編集

クレイ・レガツォーニが好スタートを切ってリードを奪った。エマーソン・フィッティパルディジャッキー・イクスがレガツォーニを追い、デニス・ハルムフランソワ・セベールマイク・ヘイルウッドジャン=ピエール・ベルトワーズが続く。その後方でアンドレア・デ・アダミッチピーター・レブソンと接触したことにより、大きな差が開いた。カルロス・ロイテマンもギアレバーにトラブルが発生していた[3]

序盤はレガツォーニが先行していたが、9周目にE.フィッティパルディがレガツォーニを抜いて引き離していく。12周目にはセベールがハルムの前に出て、26周目にイクスがスロットルのトラブルでストップするとセベールは3位となり、レガツォーニとの2位争いに加わることになった。セベールは31周目にレガツォーニを抜いて2位に浮上した。レガツォーニは58周目まで3位をキープしていたが、周回遅れのナンニ・ギャリを抜く際に接触して両者リタイアとなった。これでクリス・エイモンは3位に浮上したが、いつものように運に恵まれず、77周目には燃料ポンプの不調によりピットインを余儀なくされた[3]

E.フィッティパルディはレースを支配して今季2勝目を挙げた。セベールは2位に入賞し、ようやく今季初ポイントを獲得した。ハルムは3位表彰台を獲得し、4位のヘイルウッドも今季初ポイントを獲得した。ウィリアムズマーチの旧型711を駆るカルロス・パーチェが5位と健闘し、またしても不運に見舞われたエイモンは6位でフィニッシュした[1]

優勝したE.フィッティパルディはポイントを28点とし、2位のハルムに9点差、イクスに12点差、胃潰瘍で欠場したジャッキー・スチュワートには16点の差を付け、ドライバーズチャンピオン争いでも一歩抜け出した。コンストラクターズチャンピオン争いも28点のロータスマクラーレンに5点、フェラーリに9点、ティレルに10点の差を付けて頭一つリードした[1]

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 32   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 85 1:44:07.3 1 9
2 8   フランソワ・セベール ティレル-フォード 85 +26.6 5 6
3 9   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 85 +58.1 3 4
4 34   マイク・ヘイルウッド サーティース-フォード 85 +1:12.0 8 3
5 16   カルロス・パーチェ マーチ-フォード 84 +1 Lap 11 2
6 5   クリス・エイモン マトラ 84 +1 Lap 13 1
7 10   ピーター・レブソン マクラーレン-フォード 83 +2 Laps 7
8 25   ハウデン・ガンレイ BRM 83 +2 Laps 15
9 11   ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 83 +2 Laps 14
10 27   ヘルムート・マルコ BRM 83 +2 Laps 23
11 6   ロルフ・シュトメレン アイフェラント-フォード 83 +2 Laps 20
12 12   ニキ・ラウダ マーチ-フォード 82 +3 Laps 25
13 19   カルロス・ロイテマン ブラバム-フォード 81 +4 Laps 9
14 33   デビッド・ウォーカー ロータス-フォード 79 +6 Laps 12
Ret 17   グラハム・ヒル ブラバム-フォード 73 サスペンション 16
NC 15   アンリ・ペスカロロ マーチ-フォード 59 規定周回数不足 19
Ret 30   クレイ・レガツォーニ フェラーリ 57 アクシデント 2
Ret 36   アンドレア・デ・アダミッチ サーティース-フォード 55 エンジン 10
Ret 22   ナンニ・ギャリ テクノ 54 アクシデント 24
Ret 29   ジャッキー・イクス フェラーリ 47 燃料噴射装置 4
Ret 14   マイク・ボイトラー マーチ-フォード 31 ハーフシャフト 22
Ret 18   ウィルソン・フィッティパルディ ブラバム-フォード 28 ギアボックス 18
Ret 24   ピーター・ゲシン BRM 27 燃料ポンプ 17
Ret 23   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 15 オーバーヒート 6
Ret 35   ティム・シェンケン サーティース-フォード 11 オーバーヒート 21
DNS 26   ヴァーン・シュパン BRM マシンをマルコに譲る[2]
ソース:[12]
優勝者エマーソン・フィッティパルディの平均速度[9]
182.423 km/h (113.352 mph)
ファステストラップ[13]
ラップリーダー[14]
太字は最多ラップリーダー
達成された主な記録[1]

第5戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半6戦のうちベスト5戦がカウントされる。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1970年の勝者ペドロ・ロドリゲスの平均速度は241.308 km/h (149.942 mph)であり、当時のF1史上最速記録を更新した。なお、翌1971年イタリアGPを制したピーター・ゲシンが242.616 km/h (150.755 mph)でこの記録を更新している。
  2. ^ ベルギーGPの開催地がスパに戻るのは、コースを短縮した後の1983年である。
  3. ^ 本レースのスターティンググリッドは3-2-3。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h Belgium 1972”. STATS F1. 2020年4月21日閲覧。
  2. ^ a b (林信次 1993, p. 119)
  3. ^ a b c d e f g h i j k Belgian GP, 1972”. grandprix.com. 2020年4月21日閲覧。
  4. ^ a b (林信次 1993, p. 36)
  5. ^ a b c d The Belgian Formula One Race”. Motor Sport Magazine. 2016年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月21日閲覧。
  6. ^ (林信次 1993, p. 49)
  7. ^ (林信次 1993, p. 44,49)
  8. ^ Belgium 1972 - Race entrants”. STATS F1. 2020年4月21日閲覧。
  9. ^ a b c Belgium 1972 - Result”. STATS F1. 2020年4月21日閲覧。
  10. ^ Belgium 1972 - Qualifications”. STATS F1. 2020年4月21日閲覧。
  11. ^ Belgium 1972 - Starting grid”. STATS F1. 2020年4月21日閲覧。
  12. ^ 1972 Belgian Grand Prix”. formula1.com. 2016年6月25日閲覧。
  13. ^ Belgium 1972 - Best laps”. STATS F1. 2020年4月21日閲覧。
  14. ^ Belgium 1972 - Laps led”. STATS F1. 2020年4月21日閲覧。
  15. ^ 戦績:V.シュパン”. F1 DataWeb. 2020年4月21日閲覧。
  16. ^ 戦績:H.マルコ”. F1 DataWeb. 2020年4月21日閲覧。
  17. ^ 戦績:テクノ”. F1 DataWeb. 2020年4月21日閲覧。
  18. ^ 戦績:テクノ”. F1 DataWeb. 2020年4月21日閲覧。
  19. ^ a b Belgium 1972 - Championship”. STATS F1. 2019年3月12日閲覧。

参照文献編集

  • Wikipedia英語版 - en:1972 Belgian Grand Prix(2019年7月6日 3:37:20(UTC))
  • 林信次『F1全史 1971-1975 [名手スチュワートの退場/若手精鋭たちの新時代]』ニューズ出版、1993年。ISBN 4-938495-05-8

外部リンク編集

前戦
1972年モナコグランプリ
FIA F1世界選手権
1972年シーズン
次戦
1972年フランスグランプリ
前回開催
1970年ベルギーグランプリ
  ベルギーグランプリ次回開催
1973年ベルギーグランプリ