メインメニューを開く
1980年のFIAフォーミュラ1
世界選手権
前年: 1979 翌年: 1981
一覧: 開催国 | 開催レース

1980年のF1世界選手権は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第31回大会である。1980年1月13日アルゼンチンで開幕し、10月15日アメリカで開催される最終戦まで、全14戦で争われた。

目次

シーズン概要編集

巨大化したF1の運営を巡り、FISAFOCAの組織対立が表面化。FOCA系チームのみが参加したスペインGPが無効レースとされ、選手権は全14戦となった。

1979年にワールドチャンピオンとなったフェラーリはこの年大低迷。新興チームのウィリアムズ、ターボエンジンのパイオニアであるルノーネルソン・ピケを擁するブラバムリジェが接戦を繰り広げた。ウィリアムズは前年からの好調を維持し、コンストラクターズタイトルを初制覇した。

ドライバーズタイトルはウィリアムズのアラン・ジョーンズと新鋭ピケの対決となり、1点差で迎えたカナダGPではスタート直後に両者が接触し赤旗中断。再レースでピケがリタイアし、ジョーンズの初タイトルが決まった。ルノーではルネ・アルヌー、リジェではディディエ・ピローニがエースドライバーに伍する活躍を見せた。

この年デビューした有力選手はアラン・プロストナイジェル・マンセルアンドレア・デ・チェザリス。早くから才能を期待されたプロストと、苦労人のマンセルは対照的なレースキャリアを歩むことになる。カナダGPに出走したマイク・サックウェルは19歳182日という最年少デビュー記録を残した。ジョディー・シェクターエマーソン・フィッティパルディが引退するなどドライバーの世代交代が進んだ。

フィッティパルディは、前年いっぱいで撤退したウルフの設備を引き継ぎ、2台体制で参戦。ハーベイ・ポスルスウェイト博士も同時に移籍した。アルファロメオは2台体制となるが、エースのパトリック・デパイユがテスト中に事故死した。

開催地及び勝者編集

ラウンド レース 開催日 開催地 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 コンストラクター レポート
1   アルゼンチングランプリ 1月13日 ブエノスアイレス   アラン・ジョーンズ   アラン・ジョーンズ   アラン・ジョーンズ ウィリアムズ-フォード 詳細
2   ブラジルグランプリ 1月27日 インテルラゴス   ジャン=ピエール・ジャブイーユ   ルネ・アルヌー   ルネ・アルヌー ルノー 詳細
3   南アフリカグランプリ 3月1日 キャラミ   ジャン=ピエール・ジャブイーユ   ルネ・アルヌー   ルネ・アルヌー ルノー 詳細
4   アメリカ西グランプリ 3月30日 ロングビーチ   ネルソン・ピケ   ネルソン・ピケ   ネルソン・ピケ ブラバム-フォード 詳細
5   ベルギーグランプリ 5月4日 ゾルダー   アラン・ジョーンズ   ジャック・ラフィット   ディディエ・ピローニ リジェ-フォード 詳細
6   モナコグランプリ 5月18日 モナコ   ディディエ・ピローニ   カルロス・ロイテマン   カルロス・ロイテマン ウィリアムズ-フォード 詳細
7   フランスグランプリ 6月29日 ポール・リカール   ジャック・ラフィット   アラン・ジョーンズ   アラン・ジョーンズ ウィリアムズ-フォード 詳細
8   イギリスグランプリ 7月13日 ブランズ・ハッチ   ディディエ・ピローニ   ディディエ・ピローニ   アラン・ジョーンズ ウィリアムズ-フォード 詳細
9   ドイツグランプリ 8月10日 ホッケンハイムリンク   アラン・ジョーンズ   アラン・ジョーンズ   ジャック・ラフィット リジェ-フォード 詳細
10   オーストリアグランプリ 8月17日 エステルライヒリンク   ルネ・アルヌー   ルネ・アルヌー   ジャン=ピエール・ジャブイーユ ルノー 詳細
11   オランダグランプリ 8月31日 ザントフォールト   ルネ・アルヌー   ルネ・アルヌー   ネルソン・ピケ ブラバム-フォード 詳細
12   イタリアグランプリ 9月14日 イモラ   ルネ・アルヌー   アラン・ジョーンズ   ネルソン・ピケ ブラバム-フォード 詳細
13   カナダグランプリ 9月28日 モントリオール   ネルソン・ピケ   ディディエ・ピローニ   アラン・ジョーンズ ウィリアムズ-フォード 詳細
14   アメリカ東グランプリ 10月5日 ワトキンス・グレン   ブルーノ・ジャコメリ   アラン・ジョーンズ   アラン・ジョーンズ ウィリアムズ-フォード 詳細

エントリーリスト編集

エントラント コンストラクタ シャーシ エンジン タイヤ ドライバー
 スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC フェラーリ 312T5 フェラーリTipo015(F12) M 1. ジョディ・シェクター
2. ジル・ヴィルヌーヴ
 キャンディ・ティレル・チーム ティレル 009
010
フォードDFV(V8) G 3. ジャン=ピエール・ジャリエ
4. デレック・デイリー
43. マイク・サックウェル
 パルマラット・レーシングチーム ブラバム BT49 フォードDFV(V8) G 5. ネルソン・ピケ
6. リカルド・ズニーノ
(6.) ヘクトール・レバーク
 マールボロ・チーム・マクラーレン マクラーレン M29B
M29C

M30
フォードDFV(V8) G 7. ジョン・ワトソン
8. アラン・プロスト
(8.) スティーブン・サウス
 ATSホイール ATS D3
D4
フォードDFV(V8) G 9. マルク・スレール
10. ヤン・ラマース
(10.) ハラルド・アートル
 チーム・エセックス・ロータス ロータス 81
81B
フォードDFV(V8) G 11. マリオ・アンドレッティ
12. エリオ・デ・アンジェリス
43. ナイジェル・マンセル
 ユニパート・レーシング・チーム エンサイン N180 フォードDFV(V8) G 14. クレイ・レガツォーニ
(14.) ティフ・ニーデル
(14). ヤン・ラマース
 エキープ・ルノー・エルフ ルノー RE20 ルノーEF1(V6ターボ) M 15. ジャン=ピエール・ジャブイーユ
16. ルネ・アルヌー
 シャドウ・カーズ
 セオドール・シャドウ
シャドウ DN11
DN12
フォードDFV(V8) G 17. ジェフ・リース
18. デイヴ・ケネディ
 シュコール・フィッティパルディ・チーム フィッティパルディ F7
F8
フォードDFV(V8) G 20. エマーソン・フィッティパルディ
21. ケケ・ロズベルグ
 マールボロ・チーム・アルファロメオ アルファロメオ 179 アルファロメオ1260(V12) G 22. パトリック・デパイユ
(22.) ヴィットリオ・ブランビラ
(22.) アンドレア・デ・チェザリス
23. ブルーノ・ジャコメリ
 エキープ・リジェ・ジタン リジェ JS11/15 フォードDFV(V8) G 25. ディディエ・ピローニ
26. ジャック・ラフィット
 アルビラド-サウジア・レーシング・チーム
ブランズハッチ・レーシング
RAM/ペントハウス・リツラ・レーシング
RAM/レインボー・ジャン・レーシング
ウィリアムズ FW07
FW07B
フォードDFV(V8) G 27. アラン・ジョーンズ
28. カルロス・ロイテマン
43. デサイア・ウィルソン
50. ルパート・キーガン
51. ケビン・コーガン
51. ジェフ・リース
 ウォルスタイナ・アロウズ・レーシング・チーム アロウズ A3 フォードDFV(V8) G 29. リカルド・パトレーゼ
30. ヨッヘン・マス
(30.) マイク・サックウェル
(30.) マンフレッド・ヴィンケルホック
 オゼッラ・スクアドラ・コルセ オゼッラ FA1
FA1B
フォードDFV(V8) G 31. エディ・チーバー

エントラント名変更編集

  • シャドウは、第6戦からセオドール・シャドウに変更。

ドライバー変更編集

  • ブラバムのNo.6は、第8戦以降レバークがドライブ。
  • エンサインのNo.14は、第5戦以降はニーデルが、第7戦以降ラマースがドライブ。
  • アルファ・ロメオのNo.22は、第9戦から第10戦まで出走せず、第11戦以降はブランビラが、第13戦以降チェザリスがドライブ。
  • ウィリアムズのNo.51(RAM/レインボー・ジャン・レーシング)は、第13戦にコーガンが、第14戦にリースがドライブ。

エンジン変更編集

  • なし


タイヤ変更編集

  • なし

スポット参戦編集

  • ロータスのNo.43は第10-12戦に参戦。
  • ティレルのNo.43は第13,14戦に参戦。
  • ウィリアムズのNo.43(ブランズハッチ・レーシング)は第8戦に参戦。
  • ウィリアムズのNo.50(RAM/ペントハウス・リツラ・レーシング)は第8-14戦に参戦。
  • ウィリアムズのNo.51(RAM/レインボー・ジャン・レーシング)は第13,14戦に参戦。

1980年のドライバーズランキング編集

ドライバーズポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた。前半7戦の内ベスト5戦および後半7戦の内ベスト5戦がポイントランキングに数えられた。

順位 ドライバー ARG
 
BRA
 
RSA
 
USW
 
BEL
 
MON
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
ポイント[1]
1   アラン・ジョーンズ 1 3 Ret Ret 2 Ret 1 1 3 2 11 2 1 1 67 (71)
2   ネルソン・ピケ 2 Ret 4 1 Ret 3 4 2 4 5 1 1 Ret Ret 54
3   カルロス・ロイテマン Ret Ret 5 Ret 3 1 6 3 2 3 4 3 2 2 42 (49)
4   ジャック・ラフィット Ret Ret 2 Ret 11 2 3 Ret 1 4 3 9 8 5 34
5   ディディエ・ピローニ Ret 4 3 6 1 Ret 2 Ret Ret Ret Ret 6 3 3 32
6   ルネ・アルヌー Ret 1 1 9 4 Ret 5 NC Ret 9 2 10 Ret 7 29
7   エリオ・デ・アンジェリス Ret 2 Ret Ret 10 9 Ret Ret 16 6 Ret 4 10 4 13
8   ジャン=ピエール・ジャブイーユ Ret Ret Ret 10 Ret Ret Ret Ret Ret 1 Ret Ret Ret 9
9   リカルド・パトレーゼ Ret 6 Ret 2 Ret 8 9 9 9 14 Ret Ret Ret Ret 7
10   ケケ・ロズベルグ 3 9 Ret Ret 7 DNQ Ret DNQ Ret 16 DNQ 5 9 10 6
11   ジョン・ワトソン Ret 11 11 4 NC DNQ 7 8 Ret Ret Ret Ret 4 NC 6
12   デレック・デイリー 4 14 Ret 8 9 Ret 11 4 10 Ret Ret Ret Ret Ret 6
13   ジャン=ピエール・ジャリエ Ret 12 7 Ret 5 Ret Ret 5 15 Ret 5 13 7 NC 6
14   ジル・ヴィルヌーヴ Ret 16 Ret Ret 6 5 8 Ret 6 8 7 Ret 5 Ret 6
15   エマーソン・フィッティパルディ NC 15 8 3 Ret 6 Ret 12 Ret 11 Ret Ret Ret Ret 5
16   アラン・プロスト 6 5 DNS Ret Ret Ret 6 11 7 6 7 Ret DNS 5
17   ヨッヘン・マス Ret 10 6 7 Ret 4 10 13 8 DNQ 11 Ret 4
18   ブルーノ・ジャコメリ 5 13 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 5 Ret Ret Ret Ret Ret 4
19   ジョディ・シェクター Ret Ret Ret 5 8 Ret 12 10 13 13 9 8 DNQ 11 2
20   マリオ・アンドレッティ Ret Ret 12 Ret Ret 7 Ret Ret 7 Ret 8 Ret Ret 6 1
21   ヘクトール・レパーク 7 Ret 10 Ret Ret 6 Ret 1
-   マルク・スレール Ret 7 DNS Ret Ret 12 12 10 Ret DNQ 8 0
-   リカルド・ズニーノ 7 8 10 Ret Ret DNQ Ret 0
-   ルパート・キーガン 11 DNQ 15 DNQ 11 DNQ 9 0
-   クレイ・レガツォーニ NC Ret 9 Ret 0
-   ヤン・ラマース DNQ DNQ DNQ Ret 12 NC DNQ DNQ 14 DNQ DNQ DNQ 12 Ret 0
-   エディ・チーバー DNQ DNQ Ret Ret DNQ DNQ Ret Ret Ret Ret Ret 12 Ret Ret 0
-   ジェフ・リース 13 DNQ DNQ DNQ DNQ Ret DNQ DNQ 0
-   パトリック・デパイユ Ret Ret NC Ret Ret Ret Ret Ret 0
-   ナイジェル・マンセル Ret Ret DNQ 0
-   ヴィットリオ・ブランビラ Ret Ret 0
-   アンドレア・デ・チェザリス Ret Ret 0
-   マイク・サックウェル DNQ Ret DNQ 0
-   ティフ・ニーデル Ret DNQ 0
-   デイヴ・ケネディ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ 0
-   ステファン・ヨハンソン DNQ DNQ 0
-   スティーブン・サウス DNQ 0
-   デジレ・ウィルソン DNQ 0
-   ハラルド・アートル DNQ 0
-   ケビン・コーガン DNQ 0
順位 ドライバー ARG
 
BRA
 
RSA
 
USW
 
BEL
 
MON
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
ポイント
結果
金色 勝者
銀色 2位
銅色 3位
ポイント獲得
完走
規定周回数不足(NC)
リタイア(Ret)
予選不通過(DNQ)
予備予選不通過(DNPQ)
失格(DSQ)
スタートせず(DNS)
レース中止(C)
水色 プラクティスのみ(PO)
金曜日テストドライバー(TD)
2003年以降
空欄 プラクティス出走せず(DNP)
除外 (EX)
到着せず (DNA)
撤退 (WD)

1980年のコンストラクターズランキング編集

コンストラクターズポイントは1位から順に6位まで 9-6-4-3-2-1 が与えられた。ドライバーズポイントとは異なり全戦がポイントランキングに数えられた[2]

順位 コンストラクター 車番 ARG
 
BRA
 
RSA
 
USW
 
BEL
 
MON
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
ポイント
1   ウィリアムズ-フォード 27 1 3 Ret Ret 2 Ret 1 1 3 2 11 2 1 1 120
28 Ret Ret 5 Ret 3 1 6 3 2 3 4 3 2 2
43 DNQ
50 11 DNQ 15 DNQ 11 DNQ 9
51 DNQ DNQ
2   リジェ-フォード 25 Ret 4 3 6 1 Ret 2 Ret Ret Ret Ret 6 3 3 66
26 Ret Ret 2 Ret 11 2 3 Ret 1 4 3 9 8 5
3   ブラバム-フォード 5 2 Ret 4 1 Ret 3 4 2 4 5 1 1 Ret Ret 55
6 7 8 10 Ret Ret DNQ Ret 7 Ret 10 Ret Ret 6 Ret
4   ルノー 15 Ret Ret Ret 10 Ret Ret Ret Ret Ret 1 Ret Ret Ret 38
16 Ret 1 1 9 4 Ret 5 NC Ret 9 2 10 Ret 7
5   ロータス-フォード 11 Ret Ret 12 Ret Ret 7 Ret Ret 7 Ret 8 Ret Ret 6 14
12 Ret 2 Ret Ret 10 9 Ret Ret 16 6 Ret 4 10 4
43 Ret Ret DNQ
6   ティレル-フォード 3 Ret 12 7 Ret 5 Ret Ret 5 15 Ret 5 13 7 NC 12
4 4 14 Ret 8 9 Ret 11 4 10 Ret Ret Ret Ret Ret
43 Ret DNQ
7   アロウズ-フォード 29 Ret 6 Ret 2 Ret 8 9 9 9 14 Ret Ret Ret Ret 11
30 Ret 10 6 7 Ret 4 10 13 8 DNQ DNQ DNQ 11 Ret
8   フィッティパルディ-フォード 20 NC 15 8 3 Ret 6 Ret 12 Ret 11 Ret Ret Ret Ret 11
21 3 9 Ret Ret 7 DNQ Ret DNQ Ret 16 DNQ 5 9 10
9   マクラーレン-フォード 7 Ret 11 11 4 NC DNQ 7 8 Ret Ret Ret Ret 4 NC 11
8 6 5 DNS DNQ Ret Ret Ret 6 11 7 6 7 Ret DNS
10   フェラーリ 1 Ret Ret Ret 5 8 Ret 12 10 13 13 9 8 DNQ 11 8
2 Ret 16 Ret Ret 6 5 8 Ret 6 8 7 Ret 5 Ret
11   アルファロメオ 22 Ret Ret NC Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 4
23 5 13 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 5 Ret Ret Ret Ret Ret
-   ATS-フォード 9 Ret 7 DNS Ret 12 NC Ret Ret 12 12 10 Ret DNQ 8 0
10 DNQ DNQ DNQ DNQ
-   エンサイン-フォード 14 NC Ret 9 Ret Ret DNQ DNQ DNQ 14 DNQ DNQ DNQ 12 Ret 0
41 Ret DNQ
-   オゼッラ-フォード 31 DNQ DNQ Ret Ret DNQ DNQ Ret Ret Ret Ret Ret 12 Ret Ret 0
-   シャドウ-フォード 17 DNQ DNQ 13 DNQ DNQ DNQ DNQ 0
18 DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ
順位 コンストラクター 車番 ARG
 
BRA
 
RSA
 
USW
 
BEL
 
MON
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
ポイント

ノンタイトル戦結果編集

レース 開催地 開催日 優勝者 コンストラクター レポート
  スペイングランプリ ハラマ 6月1日   アラン・ジョーンズ   ウィリアムズ-フォード 詳細

参照編集

  1. ^ 前半7戦の内ベスト5戦および後半7戦の内ベスト5戦がポイントランキングに数えられた。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。
  2. ^ Motor, February 1981, page 69


外部リンク編集