メインメニューを開く

本項ではAFCアジアカップ2007予選について述べる。この予選は2006年に開催された。

本戦出場16チームのうち、4枠は開催国に割り当てられ、残る12枠が予選で競われた。前大会と異なり、前回大会優勝チームの予選免除はなされなかった(このため、日本も予選から参加した)。

全AFC所属46チームの内訳は以下の通りである。

  • 予選免除:4チーム(開催国)
  • 予選出場:25チーム(うち2チーム棄権)
  • 不参加:17チーム

出場辞退国編集

予備予選編集

第1戦は、2005年12月22日バングラデシュダッカで、第2戦は、12月26日パキスタンカラチで開催された。

第1戦ホーム 2試合合計 第2戦ホーム 第1戦 第2戦
  バングラデシュ 0 - 1   パキスタン 0 - 0 0 - 1

しかし、最終予選参加予定だったスリランカ南アジアサッカー選手権での成績不振を理由に出場を辞退。結局、予備予選の結果にかかわりなく両国共に最終予選進出が決定。

最終予選編集

最終予選は2006年1月4日に抽選会が行われ、24チームが4チームずつ・6つのグループに分けられた(途中、グループD・レバノンが国内の混乱により棄権)。予選各グループ上位2チームが本大会に出場する。試合はホーム・アンド・アウェー方式で行われた。

勝ち点が並んだチームについては、当該チーム間の直接対戦の戦績を、グループ内での得失点差・総得点よりも優先して評価する方式が採用された。これが適用された一つがグループDの2位(バーレーン)・3位(クウェート)チームであった(グループ内での得失点差ではクウェートが勝っていたものの、直接対戦の結果がバーレーンに対して1-2であったため、バーレーンが2位となり本大会に進出した)。

組み合わせ抽選編集

最終予選の組み合わせのシード順は、前回大会(AFCアジアカップ2004)の成績をもとに決定された。

ポットA   日本   中国   イラン
  バーレーン   ウズベキスタン   ヨルダン
ポットB   韓国   イラク   サウジアラビア
  クウェート   カタール   オマーン
ポットC   アラブ首長国連邦   シリア   イエメン
  レバノン   シンガポール   香港
ポットD   パレスチナ   チャイニーズタイペイ   パキスタン
  バングラデシュ   インド   オーストラリア

前回大会ベスト8止まり(準々決勝敗退)であった4チームは、準々決勝の試合結果により、ウズベキスタンとヨルダンが上位(PK戦で敗北)、大韓民国とイラクが下位(90分で敗北)とされた。またオーストラリアは前回大会に出場していない(当時はOFC所属だった)ため、ポット分けでは最下位と扱われた。

グループA編集

国名 勝点 得点 失点 点差
  日本 15 6 5 0 1 15 2 +13
  サウジアラビア 15 6 5 0 1 21 4 +17
  イエメン 6 6 2 0 4 5 13 -8
  インド 0 6 0 0 6 2 24 -22
  • 日本とサウジアラビアの順位は、両チーム間での2試合の対戦戦績(日本 3 - 2 サウジアラビア)による。

  日本 6 - 0   インド
小野伸二   32分
巻誠一郎   58分
福西崇史   68分
久保竜彦   78分  90分
佐藤寿人   82分


  インド 0 - 3   イエメン


  日本 2 - 0   イエメン
阿部勇樹   70分
佐藤寿人   90+1分

  サウジアラビア 1 - 0   日本

  サウジアラビア 7 - 1   インド

  イエメン 0 - 1   日本
我那覇和樹   90分

  インド 0 - 3   日本
播戸竜二   23分  44分
中村憲剛   83分



  イエメン 2 - 1   インド

グループB編集

国名 勝点 得点 失点 点差
  イラン 14 6 4 2 0 12 2 +10
  韓国 11 6 3 2 1 15 5 +10
  シリア 8 6 2 2 2 10 6 +4
  チャイニーズタイペイ 0 6 0 0 6 0 24 -24



  シリア 1 - 2   韓国


  チャイニーズタイペイ 0 - 3   韓国

  イラン 1 - 1   シリア

  韓国 1 - 1   イラン

  韓国 8 - 0   チャイニーズタイペイ

  シリア 0 - 2   イラン


  韓国 1 - 1   シリア

  イラン 2 - 0   韓国

グループC編集

国名 勝点 得点 失点 点差
  アラブ首長国連邦 13 6 4 1 1 11 6 +5
  オマーン 12 6 4 0 2 14 6 +8
  ヨルダン 10 6 3 1 2 10 5 +5
  パキスタン 0 6 0 0 6 4 22 -18


  ヨルダン 3 - 0   パキスタン

  アラブ首長国連邦 1 - 0   オマーン

  オマーン 3 - 0   ヨルダン


  パキスタン 1 - 4   オマーン

  ヨルダン 1 - 2   アラブ首長国連邦

  アラブ首長国連邦 0 - 0   ヨルダン

  オマーン 5 - 0   パキスタン

  パキスタン 0 - 3   ヨルダン

  オマーン 2 - 1   アラブ首長国連邦

  ヨルダン 3 - 0   オマーン

グループD編集

国名 勝点 得点 失点 点差
  オーストラリア 9 4 3 0 1 7 3 +4
  バーレーン 4 4 1 1 2 3 6 -3
  クウェート 4 4 1 1 2 3 4 -1
  • バーレーンとクウェートの順位は、両チーム間での2試合の対戦戦績(バーレーン 2 - 1 クウェート)による。
  • 予選中、  レバノンはイスラエル軍の空爆による国内の混乱のため棄権(AFCは受理し、既に消化されていたレバノン関係試合を無効とし3チームによる予選となった)[1]

バーレーン   1 - 3   オーストラリア

レバノン   1 - 1
(無効)
  クウェート

クウェート   0 - 0   バーレーン

オーストラリア   2 - 0   クウェート

クウェート   2 - 0   オーストラリア

オーストラリア   2 - 0   バーレーン

バーレーン   2 - 1   クウェート

グループE編集

国名 勝点 得点 失点 点差
  イラク 11 6 3 2 1 12 8 +4
  中国 11 6 3 2 1 7 3 +4
  シンガポール 4 5 1 1 3 4 6 -2
  パレスチナ 4 5 1 1 3 3 9 -6
  • イラクと中国の順位は、両チーム間での2試合の対戦戦績(イラク 3 - 2 中国)による。
  • 予選7日目、シンガポール対パレスチナの試合は、ガザ地区における政情不安によりパレスチナ代表が国外へ移動不能になったため、中止が発表された[2]
  • イラクのホームの試合は全試合UAEアル・アインで開催された。
  • パレスチナのホームの試合は全試合ヨルダンアンマンで開催された。

  中国 2 - 0   パレスチナ

  シンガポール 2 - 0   イラク

  パレスチナ 1 - 0   シンガポール

  イラク 2 - 1   中国

  中国 1 - 0   シンガポール
邵佳一   90+5分 (pen.)

  パレスチナ 0 - 3   イラク

  シンガポール 0 - 0   中国

  イラク 2 - 2   パレスチナ

  イラク 4 - 2   シンガポール

  パレスチナ 0 - 2   中国

  中国 1 - 1   イラク

  シンガポール キャンセル   パレスチナ

グループF編集

国名 勝点 得点 失点 点差
  カタール 15 6 5 0 1 14 4 +10
  ウズベキスタン 11 6 3 2 1 14 4 +10
  香港 8 6 2 2 2 5 7 -2
  バングラデシュ 0 6 0 0 6 1 19 -18











出典編集