メインメニューを開く

さまぁ〜ずの神ギ問

さまぁ〜ずの神ギ問』(さまぁ〜ずのかみギもん、: THE GREAT QUESTIONS)は、フジテレビ系列2015年10月17日から2018年9月29日まで放送されていた雑学トークバラエティ番組である。さまぁ〜ず冠番組である。通称は『神ギ問』。全114回。

さまぁ〜ずの神ギ問
THE GREAT QUESTIONS
ジャンル 雑学番組 / トーク番組 / バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 塩谷亮(フジテレビ)
プロデューサー 松本祐紀(フジテレビ)
中嶋優一(フジテレビ、CP
松本明美、坪井理紗、竹内承(制作P)
出演者 さまぁ〜ず
三村マサカズ大竹一樹
宮司愛海フジテレビアナウンサー
ほか
ナレーター 吉川未来
れいみ
宮司愛海(オープニング)
各フジテレビ男性アナウンサー(解答VTR)
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
オープニング SEKAI NO OWARIDeath Disco
エンディング 同上
外部リンク さまぁ〜ずの神ギ問
金曜深夜時代(2015年10月〜2016年3月)
放送時間 土曜日 1:25 - 1:55(金曜日深夜)(30分)
放送期間 2015年10月17日 - 2016年3月19日(20回)
金曜深夜時代(2016年4月〜9月)
放送時間 土曜日 0:55 - 1:25(金曜日深夜)(30分)
放送期間 2016年4月16日 - 9月17日(22回)
日曜昼時代(2016年10月〜2017年10月)
放送時間 日曜日 13:00 - 13:30(30分)
放送期間 2016年10月2日 - 2017年10月15日(46回)
土曜ゴールデン時代(2017年10月〜2018年9月)
放送時間 土曜日 19:00 - 19:57(57分)
放送期間 2017年10月21日 - 2018年9月29日(26回)

特記事項:
土曜ゴールデン時代初回2時間スペシャル(19:00 - 20:54)。
テンプレートを表示

目次

概要編集

番組のコンセプトは「本気で調べて欲しい疑問を探すトーク番組」。

さまぁ〜ずゲストが、一般視聴者や芸能人から番組ホームページや番組公式Twitterに送られた世の中の様々な疑問を「神ギ問」「グ問」のいずれかに判定[1][2]。その中で「神ギ問」と認められた疑問のみ、番組が全力を挙げて徹底的に調査してその答えを発表する。

2015年10月17日より、毎週土曜日 1:25 - 1:55(金曜日深夜、以下すべてJST)で放送開始された。

2016年3月23日水曜日)には22:00 - 23:24に『さまぁ〜ずの神ギ問SP』と題して、番組初の全国ネット及びゴールデンタイムプライムタイムで1時間半の拡大版が放送された[3]。その後も、2016年7月8日金曜日)には21:00 - 22:52(『金曜プレミアム』枠)に2回目となる2時間の拡大版[4][5]2017年2月24日(金曜日)には19:57 - 21:49(『金曜プレミアム』枠)に『さまぁ〜ずの神ギ問 そもそも神ってる2時間SP』と題して3回目となる2時間の拡大版が放送された[6][7]。以上の金曜深夜・日曜昼時代には3回の単発スペシャルが放送された。また、いずれもそれぞれの単発スペシャル後の最初のレギュラー放送ではスペシャルに入りきらなかった(尺が収まらなくて事実上のカットされた)疑問を取り上げる延長戦が放送された。

2016年4月16日より、放送時間が30分繰り上がり、毎週土曜日 0:55 - 1:25(金曜日深夜)に移動。さらに、2016年10月2日より、土曜未明(金曜深夜)から日曜昼へ移動して、毎週日曜日 13:00 - 13:30となった。また、深夜時代と番組構成が少し異なり、その放送回で誕生した「神ギ問」を次回以降へ持ち越さず、その放送回のうちに解答VTRを見せるパッケージ構成となった。さらに、深夜時代の未解決の「神ギ問」も神ギ問トークと合わせて解答VTRを見せる構成となっている。

2016年10月9日の放送では、番組の放送日時が日曜昼に移動したことに伴い、三村の直筆で番組のマスコットキャラクター「カミギマン」が誕生した。

2017年4月30日の放送では、番組初の生放送[注 1]が行われた。この回の放送では、約半年間の連続企画としてモデルの宮城舞が調査してきた神ギ問「福岡さん・山口さん・岡山さん…47都道府県の苗字はどこまでいるの?」の結果を発表された。これまで、宮城は日本全国を回り44都道府県の苗字の持ち主さんを見つけてきたが、愛媛さん・京都さん・沖縄さんの3都道府県は見つからなかったため、番組の生放送中に、電話・番組ホームページ・Twitter・Facebookを使用して緊急で募集をかけたが放送内で見つからず、「44都道府県の苗字の持ち主さんがいた」という解答で、企画を一旦一区切りにした。尚、調査員の宮城は今後も引き続き、残りの3都道府県の苗字の持ち主さんの調査を継続する[注 2][8]。尚、番組終了に伴い、企画がお蔵入りとなった。

2017年10月21日より、日曜昼から土曜夜へ移動して、毎週土曜日 19:00 - 19:57のゴールデンタイムへ進出した[9]。さらに、放送時間も30分から57分へ拡大された。移動後の初回は同日 19:00 - 20:54に『さまぁ〜ずの神ギ問 〜日本全国 学校の先生だって分からない疑問があるんだよSP〜』と題して、2時間の拡大版で放送された[10][11]。尚、さまぁ〜ずにとってフジテレビのゴールデンタイム帯では初のレギュラー番組となる。また、サブタイトル通りの学校の先生が気になる疑問をメインとした内容で放送された。以後のレギュラー放送でも、年内最後の放送まで学校の先生からの疑問の内容だった。

2017年11月12日には全国5都市(東京大阪札幌名古屋博多)に疑問カメラを設置して全国から疑問を募集した。以後、前述の5都市も含めて、広島那覇松山仙台宗谷岬金沢島根高知屋久島など日本全国の各地で定期的に疑問カメラを設置して全国から疑問を募集していた。

2018年1月13日には19:00 - 20:54に、『さまぁ〜ずの神ギ問 〜全国津々浦々 あなたの疑問頂きますスペシャル〜』と題した2時間の拡大版が放送されて、上記の疑問カメラで募集した疑問をメインとした内容で放送された[12]

2018年3月10日には19:00 - 20:54に、『さまぁ〜ずの神ギ問SP』と題した2時間の拡大版が放送されて、上記の全国10都市の疑問カメラで募集した疑問をメインとした内容で放送された。

2018年4月14日には18:30 - 19:57[注 3]に、『さまぁ〜ずの神ギ問 GW直前!旅に行くなら知っておきたい神ギ問SP』と題した1時間半の拡大版が放送されて、ゴールデンウィーク直前の特別企画としてに関する疑問をメインとした内容で放送された。

2018年4月21日には19:00 - 21:00[注 4]に、『さまぁ〜ずの神ギ問 みんな大好きお金の疑問SP』と題した2時間の拡大版が放送されて、お金に関する疑問をメインとした内容で放送された。また、以後のレギュラー放送では、グルメに関する疑問などの毎回異なる一つのテーマにまつわる疑問を取り上げる内容で放送されている。

2018年5月12日より、番組公式TwitterでWEB限定新企画として、時間の関係上でテレビ放送に入れることができなかった未公開のグ問を不定期で配信されていた。さらに、フォロワーが調べてほしいと思ったグ問にはリツイートして、支持が最も多かったグ問は特別取材班がTwitter上で答えを解明されていた。

2018年9月1日の放送では、番組初の総集編が行われて、番組の最後には同年9月29日をもって番組が放送終了することが発表された[13][14]。最終回は18:30 - 19:57に1時間半の拡大版で放送された[注 3]。最終回では、通常と異なり「疑問認定会議」をフジテレビのリハーサル室で行われて、これまで番組に寄せられた全ての疑問が周囲に貼られており、その中からさまぁ〜ずの2人がピックアップしてどちらもリンゴを上げた場合は神ギ問と認定された。番組後半では、金曜深夜・日曜昼時代の未解決の神ギ問の「答え解明会議」が行われた。尚、ゲストは一切出演せず、レギュラーのさまぁ〜ずと宮司愛海アナウンサーのみの出演だった。これらにより、金曜深夜・日曜昼時代を含めて約3年間の放送の歴史に幕を下ろした。最後の回答は2016年5月7日に神ギ問認定された[15]「『失うものがない人』と『守るべきものがある人』はどちらが本当は強いの?」[16]

番組の進行・コーナー編集

疑問認定会議(神ギ問トーク)
  • 主に番組前半で行われている。土曜ゴールデン以降は“疑問ブロック”として呼称される場合がある。
  • 疑問VTRとして紹介された疑問に対して、さまぁ〜ずとゲストが「知りたい」「インターネットで調べても分からなそう」「今の時期だから調べてほしい」「今後のために知っておきたい」などと思えば、各々が座る席にあるボタンを押し、最大3つまでリンゴの数を増やす[注 5]。逆に「知りたくない」「興味がない」「既に知っている」「番組で調べることでもない」などと思えばリンゴの数を減らす[注 6]
  • 3人が3つずつリンゴを上げて合計9つのリンゴが揃うと「神ギ問」と認定され、番組側が全力で徹底的に調査する事が約束される。また、「神ギ問」の投稿者には、「困った時には換金もできる『純金のギ』」が贈呈される。
  • 一方、合計のリンゴの数が8つ以下の場合(満点以外)は「グ問」と認定され、番組側は徹底的な調査を行わない。
    • 金曜深夜・日曜昼時代では番組側が一切調査しない。そのため番組のオープニングでは「スマホで調べながらお楽しみください」と言っていたほか、番組スタート時より画面の左上隅に「スマホ片手にみるテレビ」とテロップ表示されていた。尚、グ問の場合は画面の下側にテロップで、「答えが気になった方は⇒○○○○○○」と、その疑問の解答が見つかるインターネットサイトが出ると思われる検索ワードが表示された。
    • 土曜ゴールデン進出以降は「神ギ問」ほど徹底的ではないものの、簡単にあっさり調査した解答結果を短く発表する。
  • なお、スペシャル放送でパネラーが4人以上に増えた場合、最大のリンゴ数は人数×3個となり、10個以上のリンゴで「神ギ問認定」となる。 
  • VTRで提示された疑問についてトーク中、それに付随する形で新たな疑問が発生した場合、その疑問に認定対象が変更される事がある。
  • 2018年1月13日の放送より、「疑問カメラ」として某日某時間に全国各都市に無人カメラを設置して一般視聴者からさまざまな疑問を募集する。判定する前にどんな疑問が挙がったかをいくつか紹介して、最後に判定する疑問を紹介して疑問認定会議へ移動する。
  • このコーナーでは、スタジオのセットや出演者全員の服装が「青色」で統一されている。
答え解明会議(解答VTR)
  • 主に番組後半で行われている。土曜ゴールデン以降は“アンサーブロック”として呼称される場合がある。
  • 「神ギ問」認定された疑問の調査結果を、次回以降又はその日の放送回に各フジテレビ男性アナウンサーのナレーションによる解答VTRで紹介。
  • 解答VTRの冒頭では「この答えは、フジテレビアナウンサーの○○が心を込めてお伝えします」と言い、解答VTRの最後に「神ギ問」の解答を発表する際には、「こうして神ギ問の答えが導き出された」と言ってから調査結果をまとめる。
  • このコーナーでは、スタジオのセットや出演者全員の服装が「赤色」で統一されている。
本日の疑問 おさらい
  • 番組の最後に、その回の放送で取り上げた疑問認定会議で紹介された疑問と答え解明会議で紹介された疑問と解答をダイジェストで一挙に振り返る。
  • このコーナーの代わりに、次回予告が行われる場合がある。
サブコーナー
主に、疑問認定会議及び答え解明会議の代わりに行われるコーナー。
神ってる瞬間
  • 毎回様々なジャンルにおける、貴重な「神ってる映像」を紹介する。
神ランキング
  • その道のプロに様々な観点で決めてもらった、番組オリジナルのいろんな「神ランキング」を紹介する。

出演者編集

レギュラーパネラー
進行
調査員
  • 宮城舞(2016年12月4日放送〜) - 神ギ問「福岡さん・山口さん・岡山さん…47都道府県の苗字はどこまでいるの?」の調査報告のため随時不定期出演。
ゲスト
  • 土曜ゴールデン時代からは、「疑問認定会議」に1〜2人、「答え解明会議」に3〜4人の毎回異なる芸能人がゲスト出演している。尚、「疑問認定会議」のゲストはさまぁ〜ずも含めて“認定員”名義で出演している。また、2018年以降の放送では、「疑問認定会議」に出演したゲストが続けて答え解明会議にも出演している。
  • 金曜深夜・日曜時代は、毎週異なる女性芸能人が1人ゲスト出演していた。稀に、「疑問認定会議」「答え解明会議」にそれぞれ異なる2人がゲスト出演する場合があった。但し、単発のゴールデンタイム・プライムタイムでの全国放送スペシャルでは男性芸能人もゲスト出演していた。

番組テーマソング編集

放送時間の変遷編集

期間 放送時間(JST
2015.10.17 2016.03.19 土曜日 1:25 - 1:55(30分、金曜日深夜
2016.04.16 2016.09.17 土曜日 0:55 - 1:25(30分、金曜日深夜)
2016.10.02 2017.10.15 日曜日 13:00 - 13:30(30分)
2017.10.21 2018.09.29 土曜日 19:00 - 19:57(57分)
  • フジテレビの場合。

金曜深夜・日曜昼時代での単発スペシャル編集

回数 放送日 放送時間(JST 備考
SP1 2016年3月23日水曜日 22:00 - 23:24
SP2 2016年7月8日金曜日 21:00 - 22:52 金曜プレミアム』枠
SP3 2017年2月24日(金曜日) 19:57 - 21:49
  • いずれも全国ネット・ゴールデンタイム・プライムタイムで放送。

スタッフ編集

• =ゴールデン進出と共に加入
  • ナレーション:吉川未来、れいみ
  • 構成:鈴木おさむ/くらなり、大井達朗、中藤洋、小野寺雅之、岡野彰男、さかE
  • TP:高瀬義美
  • SW:小川利行
  • カメラ:伊郷憲二
  • 映像:高木稔
  • 音声:加瀬悦史
  • 照明:本(中)澤啓史
  • 編集:榎本祐紀、渡邊実、山下大樹、古屋卓(山下・古屋→•)
  • MA:足達健太郎
  • 音響効果:斉藤信之
  • 美術制作:副島翔太郎
  • アートコーディネーター:服部孝志(以前は美術進行)
  • デザイン:安部彩、永井達也(永井→•)
  • 大道具:島田秀樹•
  • アクリル装飾:谷口航(翔)平
  • 特殊装置:後藤佑介•、石田俊一
  • メイク:山田かつら
  • CGプロデュース:竹内美恵(•、以前はCG)
  • CGデザイン:鈴木鉄平(以前はCG)
  • イラスト•:江原ノブヒロ
  • 技術協力:ニューテレスfmtIMAGICA、モアバウンスサウンド、東京オフラインセンター•
  • 広報:鈴木文太郎
  • リサーチ:田中郁子、藤田洋一、平松ただし、新垣瀬梨菜、皆川嘉久、大原夕季、梶間亮介、武知勇樹(皆川以降→•)
  • TK:星美香
  • デスク:梅都恵•
  • 制作P:松本明美、坪井理紗、竹内承(竹内→•)
  • FD:岩田浩介、高橋敦宣、菅谷美香(全員→•)
  • ディレクター:渡辺剛、石武士•、亀山剛志、嶋田武史(嶋田→一時離脱►•)、当麻晋三、久延雅一、三谷三四郎、廣井敦•、水主惟弘、加藤武•、鵜飼雅佳•、田中緑•、田中良樹•
  • プロデューサー:松本祐紀
  • 演出:塩谷亮
  • チーフプロデューサー:中嶋優一
  • 制作:フジテレビ編成局制作センター第二制作室(旧バラエティ制作センター→バラエティ制作部→制作局第二制作センター)
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ編集

  • 美術進行:椛田学
  • 大道具:宮路博貴
  • 特殊装置:青木紀和
  • CG:ライスフィールド、八十嶋典子、秋里直樹(秋里→•)
  • 広報:清田美智子、太田真紀子
  • リサーチ:一場麻美
  • デスク:黒木智子
  • ディレクター:寺田裕、松尾亮勲

ネット局と放送時間編集

金曜深夜・日曜昼時代(ローカル)
放送対象地域 放送局 系列 放送日時 放送期間 備考
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 日曜日 13:00 - 13:30[注 7] 2015年10月17日 - 2017年10月15日 制作局
広島県 テレビ新広島 水曜日 0:25 - 0:55(火曜日深夜[注 8] 2015年10月28日 - 2017年11月15日 遅れネット
北海道 北海道文化放送 金曜日 1:00 - 1:30(木曜日深夜)[注 9] 2015年10月30日 -
佐賀県 サガテレビ 木曜日 0:55 - 1:25(水曜日深夜)[注 10] 2015年10月31日 -
宮城県 仙台放送 土曜日 14:55 - 15:25[注 11]
島根県鳥取県 山陰中央テレビ 土曜日 0:40 - 1:10(金曜日深夜) 2015年11月7日 -
長崎県 テレビ長崎 日曜日 1:20 - 1:55(土曜日深夜)
沖縄県 沖縄テレビ 土曜日 1:15 - 1:45(金曜日深夜)
熊本県 テレビ熊本 木曜日 0:25 - 0:55(水曜日深夜) 2015年11月19日 -
高知県 高知さんさんテレビ 水曜日 1:25 - 1:55(火曜日深夜) 2016年1月6日 -
中京広域圏 東海テレビ[注 12] 土曜日 2:40 - 3:10(金曜日深夜) 2016年4月9日 -
青森県 青森テレビ[注 13] TBS系列 水曜日 23:58 - 翌0:28[注 14] 2016年6月6日 - [注 15]
福岡県 テレビ西日本 フジテレビ系列 水曜日 0:25 - 0:55(火曜日深夜)[注 16] 2016年7月12日 -
富山県 富山テレビ 日曜日 8:30 - 9:00 2016年10月2日 - 2017年10月1日
新潟県 新潟総合テレビ[注 17] 木曜日 0:30 - 1:00(水曜日深夜) 2016年10月13日 - [注 18]
福島県 福島テレビ 土曜日 14:00 - 14:30 2016年11月5日 -
鹿児島県 鹿児島テレビ[注 19] 土曜日 18:00 - 18:30[注 20] 2016年11月26日 - 2017年9月30日[注 21]
近畿広域圏 関西テレビ[注 22] 土曜日 10:25 - 10:55[注 23] 2017年4月1日 - 10月18日
石川県 石川テレビ[注 24] 日曜日 8:25 - 8:55 2017年4月2日 -
長野県 長野放送[注 25] 月曜日 14:50 - 15:20 2017年4月3日 - 10月30日
静岡県 テレビ静岡[注 22] 水曜日 0:30 - 1:00(火曜日深夜) 2017年4月12日 -
岩手県 岩手めんこいテレビ[注 26] 日曜日 13:00 - 13:30[注 27] 2017年6月4日 -
  • この他にもテレビ大分など、不定期放送のネット局がいくつか存在する。また、ゴールデンタイムプライムタイムでの全国放送スペシャルでは、上記以外の当番組をレギュラー放送されていないフジテレビ系列局でも放送されている。
土曜ゴールデン時代(全国ネット)
放送対象地域 放送局 系列 放送時間 放送期間 備考
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 土曜日 19:00 - 19:57 2017年10月21日 - 2018年9月29日 制作局
北海道 北海道文化放送 同時ネット
岩手県 岩手めんこいテレビ
宮城県 仙台放送
秋田県 秋田テレビ
山形県 さくらんぼテレビ
福島県 福島テレビ
新潟県 新潟総合テレビ
長野県 長野放送
静岡県 テレビ静岡
富山県 富山テレビ
石川県 石川テレビ
福井県 福井テレビ
中京広域圏 東海テレビ
近畿広域圏 関西テレビ
島根県・鳥取県 山陰中央テレビ
岡山県・香川県 岡山放送
広島県 テレビ新広島
愛媛県 テレビ愛媛
高知県 高知さんさんテレビ
福岡県 テレビ西日本
佐賀県 サガテレビ
長崎県 テレビ長崎
熊本県 テレビ熊本
宮崎県 テレビ宮崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島テレビ フジテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ
  • 青森テレビ・テレビ大分は不定期放送。
  • 2018年4月よりスペシャル放送は一部系列局ではフジテレビの放送終了時刻の6分前に飛び降りとなる。

関連編集

  • Google
  • Yahoo!知恵袋
    • どちらも、一部の「神ギ問」を除き、大体の「神ギ問」で解答VTRの最初にネットで明確な答えがないかを確かめる際に用いられるインターネットサイト。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 遅れネット局も過去の放送回の再放送での差し替えではなく通常通り、この放送回の生放送(フジテレビとの同時ネットではない)の内容を放送された。また、遅れネットなので生放送ではなく収録放送という形となる。
  2. ^ 情報提供は放送終了直前に締め切ったが、フジテレビ以外の系列局も遅れて放送されるため、番組ホームページにて情報提供を受け付けている。
  3. ^ a b 一部系列局は19:00開始の短縮版を放送。
  4. ^ 一部系列局は20:54に飛び降り。
  5. ^ 机の中からリンゴがせり出してくる。その際「ギ」という音声が鳴る。
  6. ^ 机の中にリンゴが引っ込む。この際はリンゴが潰れる効果音が鳴る。
  7. ^ 2016年3月までは土曜日 1:25 - 1:55(金曜日深夜)、2016年9月までは土曜日 0:55 - 1:25(金曜日深夜)
  8. ^ 2016年9月までは水曜日 1:25 - 1:55(火曜日深夜)、2017年3月までは火曜日 1:55 - 2:25(月曜日深夜)
  9. ^ 2017年3月までは金曜日 0:25 - 0:55(木曜日深夜)
  10. ^ 2017年1月までは土曜日 16:55 - 17:25、2017年3月までは金曜日 0:55 - 1:25(木曜日深夜)
  11. ^ 2016年9月までは火曜日 1:30 - 2:00(月曜日深夜)
  12. ^ 第18回から放送。
  13. ^ 第9回から放送。
  14. ^ 当初は月曜日 15:20 - 15:50
  15. ^ この日以前にも単発放送があった。
  16. ^ 2017年3月までは火曜日 0:25 - 0:55(月曜日深夜)に放送。2017年4月より同時間帯に移動した。2016年7月7日にも一度単発放送。また、2016年11月27日にも13:57 - 14:30に単発放送された。
  17. ^ 第42回から放送。
  18. ^ この日以前にも同年7月20日(第29回)、8月4日(第30回)、9月8日(第34回)、9月15日(第35回)に単発放送があった。
  19. ^ 第44回から放送。
  20. ^ フジテレビと同じく前番組は『さんまのまんま』(関西テレビ制作)。
  21. ^ 遅れ放送分は未放送のまま放送終了。
  22. ^ a b 第64回から放送。
  23. ^ 2017年10月は深夜枠で放送。
  24. ^ 第65回から放送。
  25. ^ 第57回から放送。
  26. ^ 第72回から放送。
  27. ^ フジテレビと同時間放送の遅れネット。

出典編集

  1. ^ さまぁ~ずに新人・宮司アナが立ち向かう!? “好奇心を刺激される疑問”を認定する新番組!『さまぁ~ずの神ギ問』 とれたてフジテレビ 2015年10月8日発行・閲覧。
  2. ^ さまぁ~ずに世の疑問ぶつける新バラエティ、大竹「答えを知る前が面白い」 お笑いナタリー 2015年10月5日発行・閲覧。
  3. ^ 初の全国放送の90分スペシャル!! 「神ギ問」の選別から解答まで一気に楽しめる! とれたてフジテレビ 2016年3月22日発行・閲覧。
  4. ^ 日本のテレビ初 JAL飛行中のファーストクラス機内撮影! さまぁ~ずもVTRを絶賛! とれたてフジテレビ 2016年7月1日発行・閲覧。
  5. ^ さまぁ~ず「神ギ問」SP、時間かけて工夫凝らしたVTR絶賛 お笑いナタリー 2016年7月1日発行・閲覧。
  6. ^ リサーチに2ヵ月以上かけた神ってるSP! とれたてフジテレビ 2017年2月14日発行・閲覧。
  7. ^ さまぁ~ず特番「神ギ問」2カ月かけてリサーチ、大竹が認める盛り上がり お笑いナタリー 2017年2月14日発行・閲覧。
  8. ^ 「さまぁ~ず」三村、「愛媛さん、京都さん、沖縄さん」募集も現れず…47都道府県苗字制覇ならず[リンク切れ] スポーツ報知 2017年4月30日発行・閲覧。
  9. ^ 「さまぁ~ずの神ギ問」ゴールデン進出、三村「ノリは今までと変わってない」 お笑いナタリー 2017年9月22日発行・閲覧。
  10. ^ ゴールデン帯に進出!初回ゲストは岡村隆史 とれたてフジテレビ 2017年10月11日発行・閲覧。
  11. ^ ナイナイ岡村がゲスト、「さまぁ~ずの神ギ問」ゴールデン初回SP お笑いナタリー 2017年10月10日発行・閲覧。
  12. ^ 栗山千明、小倉優香らがゲスト『神ギ問SP』でおばけの存在を証明!? テレビドガッチ 2018年1月13日発行・閲覧。
  13. ^ フジ「さまぁ〜ずの神ギ問」次回29日最終回 1日の番組内で発表「最後まで全力で」 スポーツニッポン新聞社 2018年9月1日発行・閲覧。
  14. ^ フジ「さまぁ~ずの神ギ問」9・29最終回、エンディングで発表 サンケイスポーツ 2018年9月2日発行・閲覧。
  15. ^ [さまぁ〜ずの神ギ問 (2016年5月7日放送回) の番組概要ページ - gooテレビ番組(関東版)]” (日本語). gooテレビ番組. 2018年10月6日閲覧。
  16. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部. “「さまぁ〜ずの神ギ問」最終回に宮司アナ感慨、最後の神ギ問は… - スポニチ Sponichi Annex 芸能” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/29/kiji/20180929s00041000281000c.html 2018年10月6日閲覧。 

外部リンク編集

フジテレビ 土曜 1:25 - 1:55(金曜深夜)枠
前番組 番組名 次番組
前略、月の上から。
※1:25 - 1:40
村上マヨネーズの
ツッコませて頂きます!

※1:40 - 2:10、関西テレビ制作
【45分繰り下げて継続】
さまぁ〜ずの神ギ問
フジテレビ 土曜0:55 - 1:25(金曜深夜)枠
山Pのkiss英語

単発枠
さまぁ〜ずの神ギ問
実況される男
※0:55 - 1:15
【ここからドラマ枠】
FUJIYAMA FIGHT CLUB
※1:15 - 1:45
フジテレビ 日曜13:00 - 13:30枠
さんまのまんま
※関西テレビ制作
さまぁ〜ずの神ギ問
フジテレビ系列 土曜19:00 - 19:57枠
さまぁ〜ずの神ギ問