メインメニューを開く

SEKAI NO OWARI

日本の4人組バンド

SEKAI NO OWARI(せかいのおわり)は、日本の男女4人組バンドである[1][2]。旧称は世界の終わり、海外で活動する際はEnd of the World(エンド・オブ・ザ・ワールド)という別名義を使用する。2006年結成。所属芸能事務所TOKYO FANTASY。所属レコード会社およびレーベルトイズファクトリー。公式ファンクラブは「S.N.O.W.S」と「R.A.I.N.S」。愛称は「セカオワ」。

SEKAI NO OWARI
SEKAINOOWARISpaceShowerAwards.jpg
左からFukase・Saori・Nakajin・DJ LOVE
TOKYO MUSIC ODYSSEY 2016にて
基本情報
別名 世界の終わり(旧称)
End of the World
出身地 日本の旗 日本東京都 大田区
ジャンル J-POP
ポップ
ギターポップ
ロック
活動期間 2006年 -
レーベル Lastrum
2009年 - 2010年
トイズファクトリー
2011年 - )
事務所 Lastrum
(2009年 - 2014年
TOKYO FANTASY
(2014年 - )
共同作業者 CHRYSANTHEMUM BRIDGE
EARTH COMPANY
公式サイト SEKAI NO OWARI OFFCIAL WEB SITE
メンバー Nakajin(リーダーサウンドプロデュースギター
Fukase(コンセプターボーカル
Saori(ショープロデュースピアノ
DJ LOVE(ニ代目)(サウンドセレクターDJ
旧メンバー DJ LOVE(初代)(ベース

目次

概要

バンド名の由来

SEKAI NO OWARI」というバンド名はFukaseが命名したもので、「世界が終わったような生活を送っていた頃に残されていたのが音楽と今の仲間だったので、終わりから始めてみよう」という想いが込められている[3]。2011年に表記を「世界の終わり」からアルファベット表記に改めた[注 1]。また、2012年にアルバム『ENTERTAINMENT』の発表以降は、DJ LOVE以外のメンバーも本名を伏せている[4]

制作体制

作詞、作曲はDJ LOVE以外の3人が行っている。編曲は主にNakajinがDTMを使用して作業していく。レコーディングでは、サウンドセレクターであるDJ LOVEが主にギター、ベースとそのアンプの機材を選び音色を調整し、ピアノの演奏をSaoriが行う。Fukaseは自分のボーカル以外の録音中はスタジオに入って来ず、レコーディングスタジオのロビーでゲームをし、最終的な統括に徹している。

インディーズ時代は、編曲、レコーディングともにメンバーのみで行っていたが、2013年からはメンバーと親交のあるCHRYSANTHEMUM BRIDGEなどが編曲に加わっている。

メンバー

4人はFukaseを通した幼稚園から高校までの友人であり、Saoriのみ1学年後輩である。現在のDJ LOVEは2代目であるが、初代とは今でも親交がある。ちなみにDJ LOVE以外の3人はあやまんJAPANのファンタジスタさくらだ[5]、女流書道家の金澤翔子と小学生時代の級友である[6]。メンバーと仲間のスタッフで、一軒家を借りて共同生活を送っている[7]

当初は私服姿[8] でライブやPV、アーティスト写真の撮影をしていたが、その後それらのパフォーマンスで揃いの衣装[9] を着用するようになった。

Fukase

Fukase
別名 深瀬 慧
生誕 (1985-10-13) 1985年10月13日(33歳)
出身地   日本東京都 大田区
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
ボーカリスト
ギタリスト
コンセプター
担当楽器 ボーカル
ギター
タンバリン
著名使用楽器

エレクトリックギター

アコースティックギター

  • Taylor NAMM 2012 BTO GACE-Maple HB

アンプ

マイクロフォン

  • プレートマイク
  • SHURE KSM9

Fukase(ふかせ)。ボーカルギターコンセプター。旧名義は深瀬 慧(ふかせ さとし)。姓名の読み、姓の漢字表記はそのまま本名であるが、名前の漢字表記は本名ではない[11][12][13]未婚。星座は天秤座、血液型はB型

人物
  • SEKAI NO OWARIの初代リーダー。性格はSaori曰く「天真爛漫で神経質なリーダー」[14]
  • メンバー内で最も多くの楽曲の作詞・作曲を手がけている。自転車が好きで、作詞・作曲は自転車に乗りながら行うことが多い[14]。NakajinとSaoriが作曲に使用しているDTMがあまり好きではなく、機材はアナログ派である。
  • ライブではハンドマイクで歌う曲が多いが、一部の曲ではギターを弾きながら歌う曲(インスタントラジオや花鳥風月など)がある。また、以前よりライブでギターを弾きながら歌う曲は減っている。
  • 高校中退後にアメリカンスクールに通い、アメリカに2年留学する予定だったが、言語や生活習慣などの違いからパニック障害に陥り、2週間で帰国した[3]。帰国後、日本で精神病院に入院[3]。現在は完治したが、精神病の治療薬の副作用に苦しんでいた時期があった。
  • 2011年、精神的に強くなろうと考え、「強靭な精神は強靭な肉体から」とルームランナーを購入。そのため、部屋にはルームランナーとベッドとギターしか置かれていない。
  • 妹が2人いる。
  • 2016年ヤマハより発売された『VOCALOID4 Library Fukase』のモデル声優を担当した。
  • 当初はFukaseがピエロのマスクを被っていた[15]
  • 同じレーベルで、親交のあるlivetuneの作品「Take Your Way」には、ボーカリストとして参加した[16]


Nakajin

Nakajin
出生名 中島 真一
別名 中島 真一
生誕 (1985-10-22) 1985年10月22日(33歳)
出身地   日本東京都 大田区
職業 ミュージシャン
ギタリスト
ボーカリスト
サウンドプロデューサー
作曲家
担当楽器 ギター
ボーカル
ブルースハープ
ピアノ
キーボード
シンセサイザー
ベース
ドラムス
ウクレレ
バンジョー
マンドリン
三味線
公式サイト Nakajin(SEKAINOOWARI) (@Nakajin_sekaino) - Twitter
Nakajin (endoftheworld_sekainoowari_n) - Instagram
著名使用楽器

詳しくは後述を参照

アンプ

  • MESABOOGIE BOOGIE DAUL RECTIFIER SOLD HEAD
  • HORZONTAL CABINET

Nakjin(なかじん)。リーダーギターサウンドプロデューサー。旧名義及び本名は中島 真一(なかじま しんいち)。既婚。星座は天秤座、血液型はA型

人物
  • 2013年のアリーナツアー以降は、Fukaseに代わりSEKAI NO OWARIのリーダーを務めている[17]ハット眼鏡がトレードマーク。性格は「真面目でストイック」とSaoriに評価され、2011年の目標に「休まない」と掲げていた。多くの楽曲でコーラスを担当している他、多くの楽器を演奏できるためサウンドプロデュースを担当している。ピアノ・キーボード等鍵盤楽器に関しては、ライブやレコーディングで演奏することはないが、ギターを始める前にピアノを習っていたことがあり、アレンジの時などに使用する。武道館公演(2011年)では初めて作詞・作曲した楽曲「TONIGHT」をアコースティック・ギター弾き語りスタイルで披露した曲の途中では、Fukaseがタンバリン、Saoriがピアニカ、LOVEがカホンを演奏した[18]。また、楽曲「TONIGHT」、「炎の戦士」(2012年)でもメイン・ボーカルを務める。ラジオが大好きで[19]、中学生のときに自分の部屋を与えられてから部屋ではラジオをつけていることが多い。小学校・中学校で野球部、高校と大学ではバレーボール部に所属していた[20]。塾講師として5年間のバイト経験があるが[21]、バンド活動を優先するため時間の融通がきくパン屋に変えたという。女性アイドルグループpredia村上瑠美奈は塾講師時代の教え子である[22]。メンバー1の綺麗好きである。好きな食べ物はラーメン[23]。ラーメン好きが高じて、2013年以降のの東京ラーメンショーにトークゲストとして出演している[23]関ジャニ∞のシングル「涙の答え」の作曲、山下智久の「パレード」(アルバム『A NUDE』収録曲[24])を楽曲提供。2017年1月12日、一般女性との婚約を発表[25]
使用機材

エレクトリックギター

レスポールが欲しくて22歳の頃に購入したギター。1stアルバム『EARTH』のレコーディングやライブで使用された。

現在のメインギター。2ndアルバム『ENTERTAINMENT』以降のレコーディングやライブで使用されている。

サンバーストとレッドの2本を所有。

SGと並んでメインの座にあるギター。正式な名称は不明。

通常の6弦ギターより1本弦の多い7弦ギター。「Death Disco」で使用されている。
アコースティックギター

ライブでは主に弾き語りで使用される。

  • Republic Duolian

炎と森のカーニバル」「Dragon Night」のレコーディングで使用され、テレビ出演時でも使用頻度の高いリゾネーター・ギター

マーメイドラプソディー」で使用された。

Saori

Saori
出生名 藤崎 彩織(ふじさき さおり、本名)
生誕 (1986-08-13) 1986年8月13日(32歳)
  日本 大阪府吹田市
出身地   日本 東京都大田区
担当楽器 ボーカル
コーラス
ピアノ
キーボード
アコーディオン
シンセサイザー
ステージ演出
公式サイト Saori(SEKAINOOWARI) (@saori_skow) - Twitter
Saori (endoftheworld_sekainoowari_s) - Instagram
著名使用楽器
  • ピアノ
  • アコーディオン
    • TOMBO T-32N

旧ネーム、及び旧クレジットは藤崎 彩織(ふじさき さおり)。執筆活動では本名の藤崎彩織名義。作詞、作曲ともに手がける。サウンドレコーディングの際はディレクターを務め進行を指揮する。ライヴでは総合演出を務める。

5歳の時にクラシックピアノを始め、大田区立大森第七中学校を経て音楽高校[26]洗足学園音楽大学に通っていた[27]。音楽科の教員免許も取得している。また、ピアノ講師としても4年間のバイト経験がある。

FukaseとNakajinは小学校、中学校の先輩である。Fukaseとは幼稚園も同じ。また中学校時代の同級生にはプロボクサーの田口良一WBA世界ライトフライ級王者)がいる[28]

初めて作詞・曲を単独で担当した「PLAY」で、部分的にではあるがメインボーカルを務めた。

メンバーの中では唯一ブログを書いていて、雑誌『MARQUEE』で個人の連載も持っていた。趣味は読書で、本のレビューを寄せたり、テレビの読書コーナーに出演したりしたこともある。好きな作家は三島由紀夫村上春樹など。弟が2人いる。

SEKAI NO OWARIが毎週金曜日にコーナー進行を担当するラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』(ARTIST LOCKS!) で、月曜日を担当するPerfumeから「女優さんくらい綺麗な人」と評された[29]

2017年1月12日、俳優の池田大との結婚を発表[25]。同年8月18日、第1子妊娠を報告[30]。2018年1月4日、前年末に第1子を出産したことを発表[31]

2017年10月、初の小説『ふたご』(文藝春秋)を刊行(藤崎彩織名義)[32]。同作で第158回直木三十五賞候補に挙がったが[33][34]、受賞は逃した[35]。その後、2018年6月17日に『ふたご』はTBSラジオでラジオドラマ化された(西山夏子役に広瀬アリス、月島悠介役に千葉雄大[36]

DJ LOVE

DJ LOVE
生誕 (1985-08-23) 1985年8月23日(33歳)
出身地   日本 東京都大田区
担当楽器 DJ
サウンドセレクター
コーラス
パーカッション
公式サイト DJ LOVE_SEKAINOOWARI (@DJLOVE_SNO) - Twitter
DJ LOVE (endoftheworld_sekainoowari_l) - Instagram
著名使用楽器
  • DJ
  • インターフェイス
  • DJ RACK
    • コントローラー
    • novation LAUNCHPAD
    • Redial PRO D8・OC

メンバーのFukase曰く「(バンドの)代表的なマスコット」。ピエロマスクをかぶっている[37]。性格はおおらかで、メンバーからは「ゾウのよう」だと言われている[14]。また、Saoriは「彼が怒ったところをまだ一度も見たことがない」と自身のブログで述べている[38]

機材を選ぶ役目を担っており、メンバーの意図に合わせて音作りをする。ライヴではエフェクターの操作やコーラスも担当する。

バンド内では最も音楽に詳しく、幅広い音楽を聴いている。中学生の時に初めて買ったCDはレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの作品で[14]、音楽活動を始めるきっかけとなった[39]

高校時代、Fukaseから「この曲ってなんていう曲?」と昼休みに流れていた曲名を聞かれ、交流が始まる。高校3年の時には一度だけ学園祭でギターボーカルをしたことがあり、NOFXの楽曲などを歌った。

料理が得意で、かつて雑誌『MUSICA』で料理に関するコーナーを連載していたが、家ではほとんど作らない。好きな飲み物はコーラである。

フィギュアやおもちゃ集めを趣味としている。

トレードマークであるピエロのマスクは、デビューしてから今までに何度か変えている。初代DJ LOVEから引き継がれたマスクが最初のマスク[注 2] で、その後渋谷C.C.Lemonホール(渋谷公会堂)の公演のときにマスクが変わる[注 3]。そして、「INORI」発表(メジャーデビュー)のときにウィッグのボリュームが増している。

2018年9月20日、タレントの浦えりかと結婚したことがバンドの公式サイトで発表された[40]

サポートメンバー

人名 パート 在籍期間
Marlyn Kelly ベース 2016年 -
Mike Marrington ドラムス 2016年 -

略歴

インディーズデビューまで

  • 2000年 - NakajinとFukaseは中学校の同級生だった[41]。Fukaseの上履きのつま先部分にゆずの絵[注 4] が書いてあることに気づいたNakajinが、Fukaseに「ゆず聞くの?」と声をかけた[42]ことをきっかけに、2人は仲良くなっていった[43]。Nakajinがアコースティックギターとハーモニカ、Fukaseは出会った当時ギターを持っていなかったため、タンバリンを持って、2人でゆずのコピーを始める。
  • 2001年 - NakajinとFukaseは別々の高校に進学する。また、高校時代、Fukase、初代DJ LOVE、二代目DJ LOVEの3人でコピーバンドをやっていたが、Fukaseの高校中退と共になくなった[44]。NakajinとFukaseは大晦日に地元の神社で偶然再会する[41]パンク・ロックを聞き始めていた2人は再び意気投合した。
  • 2005年 - NakajinとFukaseが2人でオリジナル楽曲を制作し始める。NOFXランシドなどのパンクロックバンドに影響を受けていたために、初オリジナル楽曲はギターロックにのせてFukaseがシャウトするような内容であった。並行してバンドメンバーを再三募集するが、なかなか定着しなかった。その後、初代DJ LOVEと3人で楽曲を制作していた[44]。「まずは仲間が集まることの出来る場所を借りよう」とFukaseが提案し、場所を探し始める。
  • 2006年 - 印刷工場だった地下空間へたどり着き、ライヴハウス『club EARTH』(東京都大田区)を手作りで設立した。
  • 2007年 - Nakajin(ドラム)、初代DJ LOVE[注 5][45](ベース)、Saori(ピアノ)、Fukase(ボーカル・ギター)で、コピー・バンドをやっていた[46]BUMP OF CHICKENの「プラネタリウム」、銀杏BOYZの「銀河鉄道の夜」、the band apartの「星に願いを」、サザンオールスターズの「真夏の果実」などをコピーしていた[47]。ライブハウス『club EARTH』を完成させて約半年後、活動をオリジナル曲の制作の方にシフトしていき[46]、バンド・世界の終わりを結成[45]。自主制作で1000枚限定のデモ・アルバム『sekai NO oWARi』を制作した[48]。ライブハウス『club EARTH』での初ライブをするが、観客は15人であった。この頃、二代目DJ LOVEは、機材の搬入・搬出や、club EARTHでのライブ時にバンドとバンドの合間にDJをしていた[44]
  • 2008年 - 初代DJ LOVEがバンドを脱退[15]。それを受けて、club EARTHのボランティアスタッフをしていたDJ経験のある高校時代の友達にFukaseが「一生のお願いだからバンドに入ってくれ」とバンド勧誘の電話をかけ、ピエロのお面と名前を引き継いだ形で現在のDJ LOVEが加入[15]。ギター、ボーカル、ピアノ、DJという編成でバンドを結成する。二代目DJ LOVE加入後、下北沢で行った初ライブで[15]現在の事務所のマネージャーに声をかけられる[49]。二代目DJ LOVEは、加入と共に事務所との契約が決まったことから、メンバーに「福の神」と呼ばれている[49]

2010年 - 2011年:『EARTH』まで

2011年 - 2012年:『ENTERTAINMENT』まで

2013年:世界展開の始動

「End Of The World」として本格的に世界展開のプロジェクトが始動する[74]マドンナレディー・ガガなどとの提携で知られるプロモーター「Live Nation Entertainment」との提携を発表[75]

  • 2013年
    • 1月27日 - フランス・カンヌで初のヨーロッパ・ライヴを行った[75]。同日、新たにリミックスした音源を「End Of The World」名義でYouTubeにアップロードしている[76][77][78]。また、新しいアーティスト写真も公開された(アリーナツアーでの衣装を着用している)。

2013年 - 2015年:『Tree』まで

  • 2013年
    • 4月 - 新譜の詳細を発表[79]。アーティスト写真も更新された[注 7][79]。それから約1か月後の5月、映画『クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』に主題歌として提供したメジャー4枚目シングル「RPG」をリリース[80]。発売日の前後で発売記念フリーライブ『SEKAI NO OWARI 2013 FREE LIVE for RPG』を名古屋・神奈川・大阪で開催[81]
    • 8月 - 「THE天狗ズ」として渋谷PARCO前でゲリラライブ。後日、LINEのメッセージで「謎のDVD」の撮影だったことが明かされた。
    • 10月 - 自身初の野外企画『炎と森のカーニバル』開催[82]。3日間で約6万人を動員した[83]。翌年4月にリリースされたライブ・ビデオ『炎と森のカーニバル in 2013』に収録された[84]。また、同公演で「Death Disco」を初披露したところ、リリースに関する問い合わせが殺到したため、配信限定リリースが決定し、約2週間後にリリースされた[85]。楽曲は、ナゾトキネマ『マダム・マーマレードの異常な謎』の主題歌として提供された。11月、早稲田祭に参加し、初の学園祭ライブを敢行[86]
  • 2014年
    • 1月17日〜27日 - 「LINEポコパン」内にキャラクター出演[87]。BGMに起用された[87]「スノーマジックファンタジー」は同月、メジャー5枚目シングル「スノーマジックファンタジー」としてリリース[88]オリコンのCDシングル週間ランキングで初の1位を獲得した[89]
    • 4月 - メジャー6枚目シングル「炎と森のカーニバル」と、メジャー3枚目のライブ・ビデオ『炎と森のカーニバル in 2013』を同時リリース。ライブ・ビデオはオリコンの週間DVDランキングで総合1位を獲得した[90]。リリース直後から6月まで『ARENA TOUR 2014 「炎と森のカーニバル -スターランド編-」』を全国9都市で15公演開催[91]。約15万人を動員した[92]
    • 5月 - 国立競技場での最後の音楽イベント『SAYONARA 国立競技場 FINAL WEEK JAPAN NIGHT』に出演[93]。“Japan to the World”公演と銘打たれ、海外での活動に積極的なミュージシャンらが出演するという2日目に出演した[93]
    • 6月18日 - アミューズとラストラム・ミュージックの合弁会社「TOKYO FANTASY」に移籍[94]。アミューズ傘下のアーティストとなる。
    • 8月15日 - ドキュメンタリー映画『TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI』が公開された[95]。監督を務めた映像作家のラファエル・フリードマンが密着撮影を敢行し、ステージや楽曲制作のテーマ「TOKYO FANTASY」が映像で表現された[96]。また、同年夏にはナッシュビルアメリカテネシー州)で海外盤のレコーディングを敢行していて[97]、「Dragon Night」のレコーディングも行われた[98]
    • 10月 - 二度目の自主企画野外イベント『TOKYO FANTASY』を開催した[99]。当初予定していた最終公演は台風18号の接近により中止されたが[100]、2日間で約4万人を動員した[101]。また、全公演にアウル・シティーがゲスト出演した[102]。それから約1週間後、メジャー7枚目シングル「Dragon Night」をリリースした[103]。サウンド・プロデュースはニッキー・ロメロが担当していて[104]アメリカでレコーディングが行われた[98]。マカオで開催された『ABU TVソング・フェスティバル2014』に日本代表として出演した[105]
    • 12月 - Yahoo!検索大賞 2014のミュージシャン部門を受賞[106]。年末には『第65回NHK紅白歌合戦』に初出場し、「Dragon Night」を披露した。[107]
  • 2015年
    • 1月 - メジャー2枚目アルバム『Tree』をリリースし[108]、オリコン週間アルバムランキングで自身初の1位を獲得した[109]
    • 7月 - 日産スタジアムでの自身初公演『Twilight City』を開催し、2日間で約14万人を動員した。[110]
    • 8月 - 実写映画版『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』において、主題歌として「ANTI-HERO」を提供。ダン・ジ・オートメイターをプロデューサーに起用してサンフランシスコでレコーディングを行った。9月に公開された後編『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド・オブ・ザ・ワールド』にも主題歌「SOS」を提供。こちらはケン・トーマスをプロデューサーに起用しロンドンでレコーディングされた。また、この二曲はボーカルが全編英語詞となっている。
    • 10月 - NHK全国学校音楽コンクールにて、中学校の部の課題曲として「プレゼント」を提供[111]
    • 12月 - 2回目の紅白歌合戦出場が決定。「プレゼント」を披露。

2016年-:現在まで

  • 2016年
    • 3月〜6月 - 全国アリーナツアー「The Dinner」を開催。
    • 10月 - 動物殺処分ゼロプロジェクト「ブレーメン」支援シングルとして、「Hey Ho」をリリース。
    • 12月 - 3回目の紅白歌合戦出場が決定。「Hey Ho from RPG」を披露。

チャリティー活動

東日本大震災復興支援として、TOKYO FM系列『SCHOOL OF LOCK!』と共同で、東日本大震災復興支援プロジェクト「STAY STRONG」を発足[114]。チャリティリストバンドを制作し、自身のツアーや出演イベントなどで販売[114]。2016年3月時点で、2524万9767円を被災地へと寄付している[114]。支援活動は、今もなお継続して行っている[114]。またツアーなどで会場に届けられる贈花などは、被災地へ支援物資として送れるように配慮して、可能な限り米をお願いしている。

他にも、エイズ孤児支援NGO・PLASやROOTOTEチャリティや熊本地震発生直後現地にボランティアで足を運ぶなどの支援活動にも積極的に参加している。

2016年7月27日には、様々な支援に取り組み「ピースワンコ・ジャパン」などで実績に定評のある NPO 法人「ピースウィンズ・ジャパン」と一緒に動物殺処分ゼロ支援プロジェクト「ブレーメン」のスタートを発表した。

club EARTH

club EARTH(クラブ アース)は、東京都大田区京浜急行電鉄空港線大鳥居駅付近にあるクラブハウスである。前述の通り、Fukaseが仲間の集まることのできる拠点を作るために土地を探し、見つけた地下空間に自分達で作業をして作った[注 8]

家賃は当時のSaoriのバイトの3カ月分の給料が飛ぶほどであった。更に、Fukaseの貯金が0円であったことや先が見えないということもあり、Saoriはかなり不安だったがFukaseとNakajinがとても乗り気で、先を心配していたのが恥ずかしくなったという[115]

当初の予算は6万円だったが進めていくうちにその金額は100倍となり、作る際にはそれぞれ200万円ずつ借金をした[116]

しばらくは同所を活動の拠点としており、住み込みで作業をしていた[117][118]。現在は別の場所で家を借りてシェアハウスという形態でメンバーとスタッフで住んでおり、club EARTHでは2016年現在も様々なイベントを行っている[119]

End of the World

2013年からは海外での活動を積極的に行っていき、End of the Worldという名前で世界展開をしていくことを発表した[120]

2013年1月にフランス カンヌで開催された国際音楽産業見本市『MIDEM』のイベント『Live Nation Night』に参加して、初ライブを敢行[121]。これを機にEnd Of The Worldとしての活動が始まった[120]

セットリスト[注 9][121]
  1. Holy Forest[注 10]
  2. Love the warz
  3. Starlight Parade[注 11]
  4. RPG
  5. Sleeping Beauty[注 12]
  6. Silent Night[注 13]

ライブを見ていた、リンキン・パークのマネージャーから高い評価を得た[122]。また同年5月、テレビ番組に初出演した[123]

バンド名は「SEKAI NO OWARI」を英訳したもので、カンヌでライブを行った際、「『SEKAI NO OWARI』ってどういう意味?」と聞かれることがめんどくさかったのでド直球の名前にした、とFukaseが答えている[124]

楽曲

YouTubeのLastrumMusicチャンネルに、「Holy Forest」[76]、「Love the warz」[77]、「Starlight Parade」[78]の音源がアップロードされている。

また、「Love the warz」は「Love the warz - rearranged -」として、7枚目シングル「Dragon Night」(2014年)に収録された[104]

ディスコグラフィ

シングル

  発売日 タイトル 規格 収録曲
1st 2017年4月28日 One More Night デジタル・ダウンロード
2nd 2018年2月2日 Stargazer

コラボレーションシングル

名義 発売日 タイトル 規格 収録曲
End of the World × EPIC HIGH 2018年6月29日 Sleeping Beauty デジタル・ダウンロード

公式ファンクラブ

S.N.O.W.S

2012年8月25日に発足したモバイルファンクラブで、既存のモバイルサイトがモバイルファンクラブとなった[125]

「ライブ先行受付」や「月イチの懸賞企画」や不定期配信ポッドキャスト「CHAN'T SLEEP FANTASY NIGHT」などが会員限定コンテンツ[126]

R.A.I.N.S

2014年10月1日に発足したペーパーファンクラブで、会員証や会報紙、専用ホームページなどを設けられている[127]

ディスコグラフィ

SEKAI NO OWARIのディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 3
シングル 14
映像作品 7
ミュージック・ビデオ 18
配信デジタルシングル 2
デモ 1
参加作品 11

シングル

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン 収録アルバム
インディーズ (Lastrum)
世界の終わり
# 2010年2月10日 幻の命 CD LASCD-0047 圏外 EARTH
1st 2010年11月3日 天使と悪魔/ファンタジー CD LASCD-0049 8位 ENTERTAINMENT
メジャー (トイズファクトリー)
SEKAI NO OWARI
1st 2011年8月17日 INORI CD TFCC-89337 13位 ENTERTAINMENT
2nd 2011年11月23日 スターライトパレード CD TFCC-89355 16位
3rd 2012年5月30日 眠り姫 CD+BOOK TFCC-89380(初回限定盤A) 4位
CD+DVD TFCC-89381(初回限定盤B)
CD TFCC-89382(通常盤)
4th 2013年5月1日 RPG 2CD TFCC-89426(初回限定盤A) 2位 Tree
CD+DVD TFCC-89427(初回限定盤B)
CD TFCC-89428(通常盤)
5th 2014年1月22日 スノーマジックファンタジー 2CD TFCC-89476(初回限定盤A) 1位
CD+DVD TFCC-89477(初回限定盤B)
CD TFCC-89478(通常盤)
6th 2014年4月9日 炎と森のカーニバル CD+DVD TFCC-89500(初回限定盤A) 2位
TFCC-89501(初回限定盤B)
CD TFCC-89502(通常盤)
7th 2014年10月15日 Dragon Night 2CD TFCC-89512(初回限定盤A) 4位
TFCC-89513(初回限定盤B)
CD TFCC-89514(通常盤)
8th 2015年7月29日 ANTI-HERO CD+DVD TFCC-89562(初回限定盤A) 2位 TBD
TFCC-89563(初回限定盤B)
CD TFCC-89564(通常盤)
9th 2015年9月25日 SOS/プレゼント CD+DVD TFCC-89565(初回限定盤A) 1位
TFCC-89566(初回限定盤B)
CD TFCC-89567(通常盤)
10th 2016年10月5日 Hey Ho 2CD TFCC-89598(初回限定盤A) 3位
TFCC-89599(初回限定盤B)
CD TFCC-89600(期間限定通常盤)
11th 2017年7月5日 RAIN CD+DVD TFCC-89620(初回限定盤A) 2位
TFCC-89621(初回限定盤B)
CD TFCC-89622(通常盤)
12th 2018年2月28日 サザンカ CD TFCC-89653(完全生産限定盤) 4位

配信デジタルシングル

発売日 タイトル 規格 収録アルバム
1st 2013年10月30日 Death Disco デジタル・ダウンロード Tree
2nd 2018年10月11日 イルミネーション

オリジナルアルバム

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
インディーズ (Lastrum)
世界の終わり
# 2010年4月7日 EARTH CD LACD-0176 15位
メジャー (トイズファクトリー)
SEKAI NO OWARI
1st 2012年7月18日 ENTERTAINMENT CD+DVD TFCC-86388(初回限定盤) 2位
CD TFCC-86389(通常盤)
2nd 2015年1月14日 Tree CD+DVD TFCC-86500(初回限定盤) 1位
CD TFCC-86501(通常盤)

デモ音源

発売日 タイトル
# 2007年 sekai NO oWARi

映像作品

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
インディーズ (Lastrum)
世界の終わり
1st 2011年6月15日 2010.12.23 SHIBUYA C.C.Lemon Hall DVD LADV-0004 16位
メジャー (トイズファクトリー)
SEKAI NO OWARI
2nd 2013年7月17日 ARENA TOUR 2013「ENTERTAINMENT」 in 国立代々木第一体育館 2DVD TFBQ-18140 2位
3rd 2014年4月9日 炎と森のカーニバル in 2013 DVD+BOOK TFBQ-18152 1位
4th 2015年4月15日 TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI 2DVD+Blu-ray TBR25128D(スペシャル・エディション) 2位
DVD TBR25129D(DVD スタンダード・エディション)
Blu-ray TDV25130D(Blu-ray スタンダード・エディション)
5th 2016年2月17日 Twilight City at NISSAN STADIUM 2DVD TFBQ-18178 2位
DVD TFXQ-78134
6th 2017年1月11日 The Dinner DVD TFBQ-18185 2位
Blu-ray TFXQ-78141 4位
7th 2018年3月7日 Tarkus DVD TFBQ-18199 2位
Blu-ray TFXQ-78157 3位

その他の楽曲

映像外部リンク
  「Silent Night」ミュージック・ビデオ - YouTube
  「Mr.Heartache」ミュージック・ビデオ - YouTube
  • Silent Night
  • Mr.Heartache
    • グローバル・リリースに向けて、アウル・シティーのプロデュースによって制作されている楽曲[129]。作詞:Fukase、作曲:Nakajin・Adam Young(アウル・シティーの本名)。

ミュージックビデオ

監督 曲名
柿本ケンサク 天使と悪魔」「ファンタジー
小林基己 幻の命」「虹色の戦争」「スターライトパレード[注 15]
須藤カンジ INORI[注 16]
藤村享平 眠り姫
田向潤 RPG」「スノーマジックファンタジー」「炎と森のカーニバル
ANTI-HERO」「SOS」「Mr.Heartache」「Hey Ho
鶴岡雅浩 Death Disco
関和亮 Dragon Night(英語詞Ver.)
鉄拳 プレゼント
藤代雄一朗 サザンカ

タイアップ一覧

曲名 タイアップ先 起用年
天使と悪魔 テレビ朝日系テレビドラマ『霊能力者 小田霧響子の嘘』主題歌[130] 2010
スターライトパレード 第1回NHK・民放連共同ラジオキャンペーン「はじめまして、ラジオです。」テーマソング[131] 2011
演劇集団キャラメルボックス2011年クリスマスツアー『流星ワゴン』ダンスソング[132]
東海テレビ系コチラのトキメキのりものがたり』主題歌
トヨタ自動車ラクティス」CMソング[133] 2014
TONIGHT 〜会いに、走れ。Ver〜 ニューバランス「会いに、走れ。」キャンペーンソング[134] 2012
TONIGHT NHK BSプレミアムテレビドラマ『てふてふ荘へようこそ』主題歌[135]
スターライトパレード -CAN'T SLEEP FANTASY NIGHT Version- 映画『今日、恋をはじめます』挿入歌[136]
RPG 映画『クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』主題歌[137] 2013
アースチャイルド テレビ朝日系『お願い!ランキング』5月度エンディングテーマソング[137]
Death Disco ナゾトキネマ『マダム・マーマレードの異常な謎』主題歌[138]
スノーマジックファンタジー JR東日本JR SKISKIキャンペーン」CMソング[139]
炎と森のカーニバル NTTぷららひかりTV みらい系エンタメ」CMソング[140] 2014
ピエロ ロート製薬OXY-キミのはじまり、セカイのはじまり。-」CMソング[141]
PLAY フジテレビ系『めざましテレビ』デイリーテーマソング (木曜日)[142]
Love the warz フジテレビ系テレビドラマ『おわらないものがたり』主題歌[143]
MAGIC フジテレビ系『めざましテレビ』デイリーテーマソング (木曜日)[144]
マーメイドラプソディー 映画『海月姫』主題歌[145]
ムーンライトステーション UHA味覚糖『ぷっちょ』CMソング[146] 2015
プレゼント 第82回NHK全国学校音楽コンクール中学校の部 課題曲[111]
ANTI-HERO 映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』主題歌[147]
SOS 映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』主題歌[148]
RAIN 映画『メアリと魔女の花』主題歌[149] 2017
スターゲイザー 全国夜の遊園地ツアー「竜の夜からの脱出」タイアップソング[150]
サザンカ 平昌オリンピック」・「平昌パラリンピック」NHK放送テーマソング[151] 2018
YOKOHAMA blues AbemaTV太陽とオオカミくんには騙されない❤』主題歌[152]
イルミネーション テレビ朝日系テレビドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』主題歌[153]

楽曲提供・参加作品

アーティスト 曲名 備考 発売日 収録
livetune Take Your Way ボーカル:Fukase[154] 2013年6月5日 Take Your Way
2014年9月10日
関ジャニ∞ 涙の答え 作詞:Saori[156]
作曲:Nakajin[156]
2013年6月12日 涙の答え
2013年10月16日 JUKE BOX
山下智久 パレード 作曲:Nakajin[24] 2013年9月11日 A NUDE
OWL CITY TOKYO feat. SEKAI NO OWARI ゲストボーカル:Fukase[129] 2014年11月5日 TOKYO feat. SEKAI NO OWARI
小沢健二 フクロウの声が聞こえる
  • 「小沢健二とSEKAI NO OWARI」名義[157]
2017年9月6日 フクロウの声が聞こえる
P.Williams Happy 日本版MV出演:DJ LOVE[158]

ライブ・イベント

ライブツアー

名義 タイトル 規模・月日・会場 備考
世界の終わり 2010年 世界の終わり Heart the eartH Tour 5月14日名古屋公演、5月16日大阪公演、7月10日東京公演はワンマン。
2010年 世界の終わり 秋のワンマンツアー2010
SEKAI NO OWARI 2011年 SEKAI NO OWARI at 武道館 自身初の日本武道館公演。
2011年 SEKAI NO OWARI TOUR 2011
2012年 SEKAI NO OWARI ZEPP TOUR 2012「Entertainment」 初のZeppツアー。
2012年 SEKAI NO OWARI HALL TOUR 2012 「ENTERTAINMENT」
2013年 SEKAI NO OWARI ARENA TOUR 2013 「ENTERTAINMENT」 自身初のアリーナツアー。
2013年 炎と森のカーニバル セルフ・プロデュースで開催した初の野外ワンマン・フェスティバル。
2014年 SEKAI NO OWARI ARENA TOUR 2014 「炎と森のカーニバル-スターランド編-」 Supported by OXY
2014年 TOKYO FANTASY 2013年に続くセルフ・プロデュースで開催した野外ワンマン・フェスティバル。
10月6日公演は台風接近のため中止。
2015年 Twilight City 自身初のスタジアム公演。
2015年 KKBOX LIVE×SEKAI NO OWARI台湾特別公演2015 自身初の海外単独公演。
2016年 SEKAI NO OWARI 全国ツアー2016 「The Dinner」
2016年 動物殺処分ゼロ支援プロジェクト
「ブレーメン」支援公演
動物殺処分ゼロ支援プロジェクト「ブレーメン」支援公演
2016年 SEKAI NO OWARI : Zai Live 2016
2017年 SEKAI NO OWARI ドーム・スタジアムツアー2017『タルカス』 自身初のドーム公演。
2017年 SEKAI NO OWARI LIVE IN SEOUL
2017年 SEKAI NO OWARI LIVE IN TAIPEI
2017年 SEKAI NO OWARI LIVE IN SINGAPORE
2017年 SEKAI NO OWARI LIVE IN HONG KONG
2017年 "SOUNDBOX 音箱 — Music To Be Heard" SEKAI NO OWARI 2017 in Guangzhou
2017年 "SOUNDBOX 音箱 — Music To Be Heard" SEKAI NO OWARI 2017 in Chengdu
2018年 SEKAI NO OWARI 野外ツアー2018「INSOMNIA TRAIN」

※会場名で命名権が付いている会場は、正式名称と併記する。

フェス・イベント出演

2010年
  • 5月30日 - ROCKS TOKYO
  • 6月12日 - スペースシャワー列伝 〜第八十一巻 鮭団の宴〜
  • 6月29日 - MINAMI FREAK 008
  • 7月17日 - ap bank fes '10
  • 7月31日 - set stock '10
  • 8月6日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010
  • 8月22日 - MONSTER baSH
  • 8月28日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2010 -15th Anniversary-
  • 8月29日 - RUSH BALL 2010
  • 11月6日 - スペシャ ザ ワールド
  • 11月11日 - 『GSGP PROJECT SPECIAL!』supported by glico
  • 12月29日 - RADIO CRAZY
  • 12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 10/11
2011年
  • 4月30日 - REQUESTAGE
  • 5月28日 - ROCKS TOKYO
  • 7月24日 - JOIN ALIVE
  • 8月3日 - 閃光ライオット(名古屋予選)
  • 8月7日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011
  • 8月25日 - 新木場サンセット
  • 8月27日 - ARABAKI ROCK FEST.11
  • 8月28日 - SWEET LOVE SHOWER 2011
  • 9月10日 - TREASURE05X 2011 -greatest pleasure-
  • 9月17日 - Higher Ground 2011
  • 10月2日 - はじめまして、ラジオです。IN 渋谷
  • 10月16日 - MINAMI WHEEL 2011
  • 12月29日 - RADIO CRAZY
  • 12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 11/12
2012年
2013年
  • 1月27日 - Live Nation Night (フランス)
  • 4月21日 - KAWAii!!MATSURi
  • 5月26日 - TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2013
  • 7月28日 - JOIN ALIVE 2013
  • 8月31日 - 音楽と髭達 2013 -CARNIVAL-
  • 11月2日 - AGESTOCK 2013 in 早稲田祭
  • 11月20日 - 東京ラーメンショー (トークゲスト) - Nakajin、DJ LOVE
  • 11月21日-24日 - GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2013 オリジナルカラーリング展示) - DJ LOVE
  • 12月2日、3日 - マキシマム ザ ホルモン“予襲復讐”ツアー
2014年
  • 2月8日 - SEKAI NO OWARI×LINE ポコパン 直接対戦イベント
  • 4月7日-16日 - クラウドDJパーティー - DJ LOVE
  • 5月29日 - SAYONARA 国立競技場 FINAL WEEK JAPAN NIGHT
  • 6月25日 - 第16回『文化人・芸能人の多才な美術展』 (トークゲスト)- Fukase
  • 6月25日-29日 - 第16回『文化人・芸能人の多才な美術展』 (作品展示)- Fukase
  • 8月10日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014
  • 8月17日 - SUMMER SONIC 2014
  • 8月30日 - 音楽と髭達 2014 -Rock'n Roll Stadium
  • 10月11日 - テレビ朝日ドリームフェスティバル[159]
  • 10月25日 - ABUソングフェスティバル イン マカオ〜アジア太平洋音楽の祭典〜
  • 10月31日 - 東京ラーメンショー (トークゲスト) - Nakajin・DJ LOVE
2015年
  • 3月27日 -第五回香港アジアポップミュージックフェスティバル
  • 9月12日 - MTV World Stage Malaysia
2016年
  • 1月24日 - 第11回 KKBOX MUSIC AWARDS
  • 6月10日 - club EARTH 10th Anniversary
  • 7月23日 - Jisan Valley Rock Festival(韓国)
  • 9月17日 - Concrete&Grass Music Festival 2016(上海)
  • 11月27日 - Clockenflap 2016(香港)
2017年
  • 6月11日 - club EARTH 11th Anniversary

受賞歴

出演

ラジオ

CM

雑誌

  • 「世界新聞」(終了)- 『MUSICA[163]
  • 「From the Ending」(終了)- 『MARQUEE』[164]

書籍

バンド・スコア

いずれもシンコーミュージックから刊行。

単行本

注釈

  1. ^ メンバーは以前の表記を気に入っていなかった。
  2. ^ パーティグッズとして市販されていた。現在は製造されていない
  3. ^ 以前のものとは大きく形状が異なる。オリジナルのオーダーメイド品
  4. ^ ゆずのアルバム『ゆずえん』のジャケット
  5. ^ 初めは二代目DJ LOVEが誘われたが、断っていた
  6. ^ タワーレコード限定リリース
  7. ^ Fukaseは骨折のため、松葉杖を使用。
  8. ^ 製作の様子はSaoriの ブログ に詳しく書いてある。
  9. ^ 「Starlight Parade」を除く全ての曲がリアレンジされている。
  10. ^ 原曲:「深い森」
  11. ^ 原曲:「スターライトパレード」
  12. ^ 原曲:「眠り姫」
  13. ^ 原曲:「きよしこの夜
  14. ^ SEKAI NO OWARIのライブ演出を手掛けてきた映像作家
  15. ^ Fukaseの友人と共同で監督を務めた。
  16. ^ 収録されている3曲を1コーラスづつ纏めたもの。
  17. ^ TOKYO FMをキーステーションにJFN系全国38局ネットで放送されている

出典

[ヘルプ]
  1. ^ セカオワが寄付金、南阿蘇に復興ミュージアム開館へ”. 朝日新聞 (2016年8月31日). 2017年4月13日閲覧。
  2. ^ PROFILE”. SEKAI NO OWARI公式サイト. 2017年4月13日閲覧。
  3. ^ a b c 世界の終わりインタビューインタビュー・テキスト金子厚武 撮影:柏井万作(2010/04/05)”. cinra.net. 2017年2月4日閲覧。
  4. ^ アルバム『ENTERTAINMENT』歌詞カード
  5. ^ さくらだの小学校のお友達 あやまんJAPAN オフィシャルブログ(アメーバ・2012年2月24日)
  6. ^ セカオワLOCKS! 放送後記(TOKYO FM・2012年8月3日)
  7. ^ 次回「SONGS」にSEKAI NO OWARI登場(ナタリー・2014年10月7日)
  8. ^ SEKAI NO OWARI 前と変わってしまった 『世界の終わり』の頃のほうが良かった 今の路線についていけない メジャーデビューして変わってしまった 初期からのファンの声(最新のJ-POPシーンガイド 街角J SONGS)
  9. ^ SEKAI NO OWARI「スノーマジックファンタジー」フルサイズMVをYouTube公開!(CDJournal・2014年1月15日)
  10. ^ Nakajinが叔母から譲り受けたものである。
  11. ^ ラジオ番組「真夏の夜のセカオワ」NHK-FM (2017年8月13日放送)
  12. ^ Fukaseのツイート 2016年9月18日
  13. ^ Fukaseのツイート 2016年9月18日
  14. ^ a b c d SEKAI NO OWARI シングル『INORI』インタビュー(パーソナルデータ)(excite music・2011年8月16日)
  15. ^ a b c d 雑誌『ROCKIN'ON JAPAN』2011年6月号 p140
  16. ^ SEKAI NO OWARIのFukaseを迎えた「Take Your Way」(ナタリー・2013年6月4日)
  17. ^ a b SCHOOL OF LOCK! 生放送教室 放送後記 2013年5月1日(TOKYO FM・2013年5月1日)
  18. ^ アルバム『ENTERTAINMENT』初回限定盤付属のDVDより
  19. ^ 雑誌『ROCKIN'ON JAPAN』2012年1月号 P146
  20. ^ 今宵もバースデー-HELLO ENDING
  21. ^ 教えて、先生!-HELLO ENDING
  22. ^ Twitter Nakajin_SEKAINOOWARI 2014年11月24日
  23. ^ a b セカオワ・Nakajin&DJ LOVE、東京ラーメンショー出演(ナタリー・2013年10月26日)
  24. ^ a b “山下智久「A NUDE」に久保田利伸、MIYAVI、Nakajinら”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年8月22日). http://natalie.mu/music/news/97720 2014年9月30日閲覧。 
  25. ^ a b “セカオワNakajinが婚約、Saoriは俳優と結婚”. 音楽ナタリー. (2017年1月12日). http://natalie.mu/music/news/216552 2017年1月12日閲覧。 
  26. ^ セカオワSaori「彼が精神病になって」Fukaseとの高校時代を語る(モデルプレス・2014年10月20日)
  27. ^ 活躍する卒業生”. 洗足学園音楽大学. 2017年12月20日閲覧。
  28. ^ “王者田口、セカオワSAORIから祝福”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2015年1月30日). https://www.daily.co.jp/ring/2015/01/30/0007699700.shtml 2017年12月30日閲覧。 
  29. ^ 今日は5月5日なので、こどものっちを研究せよ! - Perfume LOCKS!
  30. ^ “セカオワSaori、第1子妊娠を報告 夫・池田大「とても愛おしい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年8月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2095835/full/ 2017年12月20日閲覧。 
  31. ^ “セカオワSaori、昨年末に第1子出産「ぽろぽろと涙が溢れてきました」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年1月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2103579/full/ 2018年1月4日閲覧。 
  32. ^ “セカオワSaoriこと藤崎彩織の初小説『ふたご』10月刊行 手書き原稿も”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2017年9月5日). https://www.cinra.net/news/20170905-saori 2017年12月20日閲覧。 
  33. ^ 第158回直木三十五賞候補作品決定”. 公益財団法人日本文学振興会. 2017年12月20日閲覧。
  34. ^ “セカオワSaori、初小説『ふたご』が直木賞候補!吉報に「噛み締めたい」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年12月20日). http://www.sanspo.com/geino/news/20171220/geo17122005040006-n1.html 2017年12月20日閲覧。 
  35. ^ “直木賞は門井慶喜氏「銀河鉄道の父」 セカオワSaoriは受賞ならず”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年1月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/16/kiji/20180116s00041000224000c.html 2018年1月16日閲覧。 
  36. ^ TBSラジオドラマスペシャル SEKAI NO OWARI 藤崎彩織 原作『ふたご』6月17日放送決定!(TBSラジオ)、2018年6月17日閲覧
  37. ^ 雑誌『ROCKIN'ON JAPAN』2011年6月号 p139
  38. ^ 涼しい風と長野の夜-HELLO ENDING
  39. ^ 雑誌『ROCKIN' ON JAPAN』2011年6月号 p140
  40. ^ “セカオワDJ LOVE&浦えりかが結婚 バンド公式サイトで発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年9月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2119933/full/ 2018年9月20日閲覧。 
  41. ^ a b 歌ネット|アーティストプロフィール:SEKAI NO OWARI(歌ネット)
  42. ^ SEKIA NO OWARI ボーカル&ギターの深瀬はかなりのゆずファン!?(オリスタ・2012年7月24日)
  43. ^ セカオワLOCKS! 放送後記(TOKYO FM・20 11年9月19日)
  44. ^ a b c 雑誌『ROCKIN'ON JAPAN』2011年6月号 p139
  45. ^ a b 雑誌『音楽と人』2010年5月号 p124
  46. ^ a b INTERVIEW(2)-世界の終わりだなって思ったあの瞬間から始まった(TOWER RECORDS・2010年3月31日)
  47. ^ INTERVIEW(3) -終わりを肯定した曲(TOWER RECORDS・2010年3月31日)
  48. ^ 【エンタがビタミン♪】「9人でハウスシェア」。バンド“SEKAI NO OWARI(世界の終わり)”の共同生活が大人数なワケ。(Tech insight・2012年6月9日)
  49. ^ a b 「セカオワLOCKS!」放送後記(TOKYO FM・2014年7月4日)
  50. ^ POWER PUSH! INTERVIEW(SPACE SHOWER TV・2010年4月)
  51. ^ 世界の終わり、4月7日にデビュー・アルバム『EARTH』(RO69・2010年2月10日)
  52. ^ 第3回CDショップ大賞 受賞作品”. 全日本CDショップ店員組合 (2011年1月20日). 2010年1月22日閲覧。
  53. ^ 世界の終わり、4月より全国ツアー『Heart the eartH Tour』へ(RO69・2010年3月11日)
  54. ^ SEKAI NO OWARI 新譜情報(excite music・2010年11月11日)
  55. ^ 世界の終わり、新曲“天使と悪魔”がドラマ主題歌に抜擢(TOWER RECORDS・2010年9月6日)
  56. ^ 世界の終わり、秋のツアーの追加公演を全国7都市で(RO69・2010 年8月28日)
  57. ^ 初のDVDリリース決定!!「2010.12.23 SHIBUYA C.C.Lemon Hall」(SEKAI NO OWARI公式サイト・2012年5月21日)
  58. ^ a b 世界の終わり改めSEKAI NO OWARI、今夏メジャーデビュー(ナタリー・2011年6月17日)
  59. ^ SEKAI NO OWARI先生が来校!『INORI』(TOKYO FM・2011年8月17日)
  60. ^ SEKAI NO OWARI、ラジオ番組「セカオワLOCKS!」を9/5よりスタート!!(MUSIC LOUNGE・2011年8月19日)
  61. ^ a b SEKAI NO OWARI、<MINAMI WHEEL 2011>の最終日に過去最高入場列を記録(BARKS・2011年10月17日)
  62. ^ a b SEKAI NO OWARI、初の武道館大成功 ファン1万人魅了(オリコン・2011年11月24日)
  63. ^ SEKAI NO OWARI 新譜情報(excitemusic・2011年11月22日)
  64. ^ SEKAI NO OWARI、11月から約1年ぶり全国ツアー9公演(ナタリー・2011年8月17日)
  65. ^ a b CHAN'T SLEEP FANTASY NIGHTスタート(世界の終わり公式Facebookアカウント・2012年2月1日)
  66. ^ 「セカオワLOCKS!」放送後記(TOKYO FM・2012年4月6日)
  67. ^ SEKAI NO OWARI、ZEPP TOUR 2012<Entertainment>大成功!Zepp Diver Cityの模様を公開(BARKS・2012年5月16日)
  68. ^ SEKAI NO OWARI 新譜情報(excite music・2012年5月31日)
  69. ^ ミュージックステーション 出演者ラインアップ BACK NUMBER(テレビ朝日・2012年6月1日)
  70. ^ SEKAI NO OWARI、ニューアルバム『ENTERTAINMENT』全曲を語る(RO69・2012年7月15日)
  71. ^ セカオワ、きゃりー、かまやつ、家入ら11組レコ大受賞会見(ナタリー・2012年12月19日)
  72. ^ HALL TOUR 2012 「ENTERTAINMENT」(SEKAI NO OWARI公式サイト・2012年7月10日)
  73. ^ a b SEKAI NO OWARI、初のアリーナツアー全21曲を収めたDVDを7/17にリリース(RO69・2013年5月30日)
  74. ^ 「セカオワLOCKS!」放送後記(TOKYO FM・2013年2月1日)
  75. ^ a b SEKAI NO OWARI、初のヨーロッパライヴに密着!!(RO69・2013年2月28日)
  76. ^ a b Holy Forest (SEKAI NO OWARI for world)(YouTube・2013年1月27日)
  77. ^ a b Love the warz (SEKAI NO OWARI for world)(YouTube・2013年1月27日)
  78. ^ a b Starlight Parade (SEKAI NO OWARI for world)(YouTube・2013年1月27日)
  79. ^ a b SEKAI NO OWARI、ニューシングル「RPG」の詳細を発表。3タイプでのリリースが決定(RO69・2013年4月2日)
  80. ^ SEKAI NO OWARI 新譜情報(excite music・2013年5月1日)
  81. ^ SEKAI NO OWARI、新作“RPG”発売記念フリーライヴを3都市で開催(TOWER RECORDS・2013年5月1日)
  82. ^ SEKAI NO OWARI 炎と森のカーニバル @ 富士急ハイランド?(RO69・2013年10月14日)
  83. ^ SEKAI NO OWARI、「炎と森のカーニバル」6万人集め大成功&アリーナツアー発表(MUSICMAN-net・2013年10月15日)
  84. ^ SEKAI NO OWARI、新シングルとライヴDVDを同時リリース!(TOWER RECORDS・2014年2月20日)
  85. ^ セカオワ 問い合わせ殺到の新曲「Death Disco」を急遽配信リリース(billboard JAPAN・2013年10月17日)
  86. ^ SEKAI NO OWARI、初学園祭でニューシングル発売告知(ナタリー・2013年11月2日)
  87. ^ a b SEKAI NO OWARI、「LINE ポコパン」とのコラボ実現(BARKS・2014年1月7日)
  88. ^ SEKAI NO OWARI 新譜情報(excite music・2014年1月21日)
  89. ^ 【オリコン】セカオワ、デビュー4年で初首位 初週10万枚突破(オリコン・2014年1月28日)
  90. ^ 【オリコン】セカオワ、初のDVD総合首位獲得(オリコン・2014年4月16日)
  91. ^ ARENA TOUR 2014「炎と森のカーニバル-スターランド編-」Supported by OXY(SEKAI NO OWARI公式サイト・2014年4月27日)
  92. ^ SEKAI NO OWARI、初の映画「TOKYO FANTASY」予告編公開(NEXUS・2014年7月9日)
  93. ^ a b 【ライブレポート】SEKAI NO OWARI、「国立競技場全体から巻き起こる圧巻のコーラス」── <JAPAN NIGHT> DAY2(BARKS・2014年5月29日)
  94. ^ セカオワ、新設会社に移籍 アミューズと現事務所が共同出資(オリコン・2014年6月17日)
  95. ^ SEKAI NO OWARI、初の映画『TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI』を8/15より公開(RO69・2014年4月11日)
  96. ^ TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI 紹介ページ(シネマトゥデイ)
  97. ^ セカオワLOCKS!放送後記(TOKYO FM・2014年9月12日)
  98. ^ a b 雑誌『オリ☆スタ』2014年10月13日号 p26
  99. ^ セカオワ、富士急3DAYSライブ「TOKYO FANTASY」開催(ナタリー・2014年6月21日)
  100. ^ セカオワ、富士急公演3日目が台風で中止(ナタリー・2014年10月5日)
  101. ^ 2014年10月7日放送 5:50 - 8:00 日本テレビZIP! SHOWBIZ24 TVでた蔵(Wire Action Inc.・2014年10月7日)
  102. ^ SEKAI NO OWARIがアウル・シティーの最新シングルに参加決定(ガジェット通信・2014年10月6日)
  103. ^ オンライン限定ポイント10倍!SEKAI NO OWARI、2014年第3弾シングル『Dragon Night』(TOWER RECORDS・2014年8月21日)
  104. ^ a b SEKAI NO OWARI、新作『Dragon Night』の詳細発表。HAWAIIAN6のカバー収録(RO69・2014年9月16日)
  105. ^ “セカオワ出演、マカオ音楽祭NHKでオンエア”. natalie.mu. (2014年9月19日). http://natalie.mu/music/news/126503 2014年9月20日閲覧。 
  106. ^ “今年、Yahoo!で最も検索されたのは「羽生結弦」さん「Yahoo!検索大賞2014」発表”. 財経新聞. (2014年12月8日). http://www.zaikei.co.jp/article/20141208/225563.html 2014年12月8日閲覧。 
  107. ^ 【写真レポート】【写真特集】第65回NHK紅白歌合戦SEKAI NO OWARIが初出場!!= WWSチャンネル”. 2014年11月26日閲覧。
  108. ^ “SEKAI NO OWARI、来年1/14にニューアルバム発売決定”. https://rockinon.com/news/detail/112994 
  109. ^ 【オリコン】セカオワ、アルバム初1位 前作比3.8倍・18万枚増”. ORICON STYLE. 2015年1月22日閲覧。
  110. ^ SEKAI NO OWARI、7月に日産スタジアム2days公演決定(RO69・2014年12月24日)
  111. ^ a b セカオワ制作「Nコン」課題曲の詳細発表、タイトルは「プレゼント」(ナタリー・2015年2月10日)
  112. ^ “SEKAINOOWARI、NHK平昌五輪テーマ曲担当 現在制作中”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年12月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2101848/full/ 2018年1月5日閲覧。 
  113. ^ “NHK平昌五輪テーマ曲はセカオワ「サザンカ」に決定「そっと寄り添うことができたら」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年1月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/05/kiji/20180105s00041000150000c.html 2018年1月5日閲覧。 
  114. ^ a b c d SOL×SEKAI NO OWARI 東日本大震災復興支援プロジェクト STAY STRONG -まだまだ、強く。 Charity Band(TOKYO FM)
  115. ^ 嵐の晩に-HELLO ENDING
  116. ^ メンバーでライブハウスを手作り!人気バンドSEKAI NO OWARIの原点に迫る『情熱大陸』
  117. ^ 踏み出した第一歩-HELLO ENDING
  118. ^ 星の降る家-HELLO ENDING
  119. ^ club EARTH公式サイト
  120. ^ a b セカオワが“End Of The World”として初カンヌライブ(ナタリー・2013年1月25日)
  121. ^ a b 雑誌『ROCKIN'ON JAPAN』2013年4月号 p86
  122. ^ 雑誌『ROCKIN'ON JAPAN』2013年4月号 p87
  123. ^ SEKAI NO OWARIがEnd Of The Worldとして初ライブを披露!BSプレミアム18日(土)深夜放送『J-MELO"Rocks End Of The World"』 NHK FM ブログ(NHK・2013年5月15日)
  124. ^ End Of The World | SCHOOL OF LOCK! セカオワLOCKS!” (日本語). www.tfm.co.jp. 2018年4月9日閲覧。
  125. ^ 2012年8月25日更新分(SEKAI NO OWARI公式Facebook)
  126. ^ オフィシャルモバイルファンクラブ S.N.O.W.S(SEKAI NO OWARI|FAN)
  127. ^ SEKAI NO OWARI オフィシャルペーパーファンクラブ「R.A.I.N.S」発足!(SEKAI NO OWARI公式サイト・2014年9月18日)
  128. ^ a b SEKAI NO OWARI「Silent Night」(YouTube・2014年12月24日)
  129. ^ a b アウル・シティー、新曲でSEKAI NO OWARIをフィーチュア(BARKS・2014年10月4日)
  130. ^ 世界の終わり、新曲“天使と悪魔”がドラマ主題歌に抜擢(TOWER RECORDS・2010年9月13日)
  131. ^ セカオワ新曲をNHK・民放連共同ラジオキャンペーンに提供(ナタリー・2011年9月7日)
  132. ^ 演劇集団キャラメルボックス公式サイト > 「流星ワゴン」曲目リスト(theater company caramelbox)
  133. ^ a b SEKAI NO OWARI、5/16よりO.A.のトヨタ「ラクティス」の新CMに出演(RO69・2014年5月15日)
  134. ^ SEKAI NO OWARI、武道館で初披露した「TONIGHT」がNew Balanceキャンペーンソングに(listenmusic)
  135. ^ 大家は中村俊介さん!「てふてふ荘へようこそ」制作開始!(NHK ONLINE・2012年8月9日)
  136. ^ 映画『今日恋』12組のテーマ曲がアルバムに! SCANDAL、Perfume、セカオワら(ORICON STYLE・2012年10月10日)
  137. ^ a b 2013年4月29日(SEKAI NO OWARI公式Facebook)
  138. ^ SEKAI NO OWARI、リアル脱出ゲーム映画版に書き下ろし新曲「Death Disco」提供(MUSIC LOUNGE・2013年9月12日)
  139. ^ SEKAI NO OWARI新曲「スノーマジックファンタジー」が「JR SKISKI」CMに起用
  140. ^ SEKAI NO OWARI、新曲のCMタイアップ決定&リスナー参加型MV公開!(DAILY MUSIC・2014年3月6日)
  141. ^ セカオワ「OXY」でCM初出演&バックステージ招待企画も(ナタリー・2014年3月17日)
  142. ^ セカオワ、flumpool、西野カナら「めざまし」テーマ曲6種(ナタリー・2014年3月28日)
  143. ^ 『おわらないものがたり』公式サイト > キャスト&スタッフ(フジテレビ)
  144. ^ SEKAI NO OWARI、新曲"Dragon Night"を10/3の『SOL!』で初フルオンエア(RO69・2014年10月2日)
  145. ^ SEKAI NO OWARI、能年玲奈主演の映画『海月姫』の主題歌を担当(RO69・2014年9月24日)
  146. ^ a b 【速報レポート】SEKAI NO OWARI出演のUHA味覚糖『ぷっちょ』TVCMが3月14日より全国オンエア!CM楽曲は新曲『ムーンライトステーション』 = WWSチャンネル”. 2015年3月12日閲覧。
  147. ^ セカオワ、『進撃の巨人』映画版の主題歌を提供 「原作の大ファン」
  148. ^ SEKAI NO OWARI「進撃」後編主題歌&「Nコン」課題曲を両A面シングル化”. 音楽ナタリー (2015年7月28日). 2015年7月28日閲覧。
  149. ^ SEKAI NO OWARI、アニメ映画「メアリと魔女の花」に書き下ろし主題歌提供”. 音楽ナタリー (2017年6月9日). 2017年6月9日閲覧。
  150. ^ セカオワ×リアル脱出ゲームが完全コラボ、遊園地を舞台に竜の夜から脱出”. 音楽ナタリー (2017年6月2日). 2017年6月2日閲覧。
  151. ^ SEKAI NO OWARI、夢を追いかける人に向けたNHK五輪テーマ曲は「サザンカ」”. 音楽ナタリー (2018年1月5日). 2018年1月5日閲覧。
  152. ^ SEKAI NO OWARI、人気リアリティショー「オオカミくん」に主題歌提供”. 音楽ナタリー (2018年7月18日). 2018年7月18日閲覧。
  153. ^ SEKAI NO OWARI、米倉涼子の新連続ドラマ「リーガルV」に主題歌提供”. 音楽ナタリー (2018年9月26日). 2018年9月26日閲覧。
  154. ^ livetune×セカオワFukase コラボ曲「Take Your Way」MV公開(MUSICman-NET・2013年5月22日)
  155. ^ livetune「Take Your Way」インタビュー(1/2) - 音楽ナタリー Power Push(ナタリー)
  156. ^ a b c 関ジャニ∞、SEKAI NO OWARIメンバー書き下ろし「涙の答え」のMVが話題に(MUSICman-NET・2013年6月14日)
  157. ^ 小沢健二ニューシングル、コラボ相手はSEKAI NO OWARI(ナタリー・2017年9月3日)
  158. ^ ファレル・ウィリアムス「ハッピー」日本版ミュージック・ビデオに、氣志團・BiS・マッキー・ふなっしー…(BARKS・2014年5月13日)
  159. ^ 【写真レポート】大人気の4人組バンドSEKAI NO OWARIが登場!テレビ朝日ドリームフェスティバル2014= WWSチャンネル”. 2014年10月12日閲覧。
  160. ^ セカオワLOCKS! 放送後記(2012年11月まで)(TOKYO FM)
  161. ^ セカオワLOCKS! 放送後記(2012年12月から)(TOKYO FM)
  162. ^ “多部未華子×Fukase、CM第2弾は「スターライトパレード」アコースティックver.”. シネマカフェ. (2018年7月9日). https://www.cinemacafe.net/article/2018/07/09/57488.html 2018年7月10日閲覧。 
  163. ^ 世界の終わり、本日よりタワレコ新宿店&渋谷店でパネル展を開催(RO69・2010年11月2日)
  164. ^ 公式Facebook 2012年12月3日更新分(Facebook・2012年12月3日)
  165. ^ SEKAI NO OWARI、初の単行本『世界の終わり』を2/10に発売決定(RO69・2015年1月23日)
  166. ^ 【速報レポート】SEKAI NO OWARI初の単行本「世界の終わり」が2月10日に発売!= WWSチャンネル”. 2015年1月24日閲覧。

外部リンク