カシワ(柏[5]、槲、檞、学名: Quercus dentata)は、ブナ目ブナ科の落葉中高木。日本・朝鮮半島・中国の東アジア地域に分布しており、痩せ地でも生育し、海岸で群落になっているところもある。葉は、かつて料理を盛るために使われ、端午の節句の柏餅を包む葉としても知られる。でも葉が落葉せずに枝に残ることから、日本ではが宿る縁起木とされている。

カシワ
Quercus dentata.JPG
カシワの葉と樹皮(東京都・2006年5月)
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
階級なし : 真正バラ類I Eurosids I
: ブナ目 Fagales
: ブナ科 Fagaceae
: コナラ属 Quercus
亜属 : コナラ亜属 Quercus
: Mesobalanus
: カシワ Q. dentata
学名
Quercus dentata Thunb.[1]
シノニム
和名
カシワ(柏)
英名
Daimyo Oak

名称編集

和名カシワ語源は、炊事に使う葉という意味で、食べ物を盛り付けたり、あるいは蒸したりするときに食べ物を包むのに使われた葉のことを炊葉(かしきは)といったことによる[5]。カシワの葉は、食べ物を盛ったり、小豆餡入りの餅を包んで柏餅にして使われる[5]。別名では、ホソバガシワ[1]、タチガシワ[1]、オオガシワ[1]などともよばれる。

英語では Japanese Emperor Oak(ジャパニーズ・エンペラー・オーク)、Kashiwa Oak(カシワオーク)、Daimyo oak(デミオーク)、フランス語chêne de Daimyo(シェン・ド・デミオ)などと称する。

日本では漢字で「柏」と書くことが多いが、漢字の語源から言うと、柏の字の旁の「白」は色の「しろ」ではなく、球果(松かさ状の果実)をかたどった象形文字で[要出典]、中国で「柏」は、ヒノキの仲間の針葉樹を意味し、コノテガシワシダレイトスギイブキサワラアスナロなどの針葉樹の総称である[5]。戦前の植物学では、イチイ科からヒノキ科までの針葉樹は「松柏綱」と呼んでおり、「松柏類」は針葉樹のマツ類と広葉樹のカシワ類という意味ではない[5]。現代中国語ではヒノキ科を柏科という。漢詩などでは、「柏」が常緑樹であることから、変わらないことの比喩に使われる。

分布・生育地編集

日本北海道本州四国九州および、南千島朝鮮半島中国に分布する[5]。痩せた土地や乾燥地でも生育することから[5]火山地帯や海岸などに群落が見られることが多い。

形態・生態編集

落葉広葉樹高木で、樹高は10 - 15メートル (m) ほどになる[5]。雌雄同株[6]

は大きく、枝先に集まって互生[5]葉縁に沿って丸く大きな鋸歯があるのが特徴。新葉には軟らかい毛が密生する[5]

花期は5 - 6月[5]。果期は10 - 11月で[5]ドングリクヌギに似て丸く、殻斗は先がとがって反り返る包が密生する。秋に枯れた葉は、春までついたまま、新芽が出るまで落葉しない[5]

利用編集

 
カシワ林(北海道中札内村

日本の海岸線の防風林には一般的にクロマツが用いられるが、北海道道北道東など寒冷でクロマツが育たない地域では、防風林を構成する樹種としてカラマツとともにカシワが海岸林に採用されるところが多い[5]。カシワは落葉樹であるが、秋に葉が枯れても翌年の春に新芽が芽吹くまで葉が落ちることがなく残っており、塩害で枝枯れを起こしても、木は枯れずにむしろ枝が混み合うようになるため、防風効果は高くなる[5]

北海道銭函大浜から厚田にかけての石狩砂丘には、世界的な規模のカシワによる天然の海岸林がある[7]

カシワの葉は、端午の節句に欠かせない柏餅を包むために使われる[5]。材は、木炭建材などに使われる[5]

文化編集

 
丸に三つ柏(日本の家紋)

冬でも葉が落葉せずに枝に残っているため、そこに神が宿る木と考えられ、神聖な木とされている[5]。 葉には芳香があり、さらに翌年に新芽が出るまで古い葉が落ちない特性から「代が途切れない」縁起物とされ[5]柏餅を包むのに用いられたり、家紋や神紋をはじめとして多用されている。

カシワにまつわる言葉編集

カシワの花言葉は、「愛想のよさ」とされる[5]

名古屋市以西では鶏肉のことを「カシワ」と呼ぶ事があるが、これは地鶏色が柏の葉の紅葉の色に似ていることからこう呼ばれる。

ドイツの勲章の意匠を「柏葉」というときは「ヨーロッパナラ(欧州楢)」を指す。

自治体指定の木編集

日本では、市町村自治体の木の指定を受けている。千葉県柏市では、シイと共に市の木に指定されている。

種内変異編集

  • 品種
  • 交雑種
    • カシワコナラ(別名:カシワモドキ、学名: Quercus × angustilepidota Nakai[9] - ミズナラとの種間交雑種
    • ホソバガシワ(学名: Quercus × nipponica Koidz.[10] - ミズナラとの種間交雑種
    • コガシワ(学名: Quercus × takatorensis Makino[11] - コナラとの種間交雑種

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Quercus dentata Thunb.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年1月30日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Quercus dentata Thunb. f. angustifolia (T.Ito) Hayashi” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年1月30日閲覧。
  3. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Quercus dentata Thunb. f. grandifolia (Koidz.) Kitag.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年1月30日閲覧。
  4. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Quercus dentata Thunb. f. erectisquamosa (Nakai) Hayashi” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年1月30日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 田中潔 2011, p. 93.
  6. ^ 庄内海岸の国有林”. 林野庁東北森林管理局庄内森林管理署. p. 51. 2022年4月25日閲覧。
  7. ^ モバイル道庁 道内観光情報・花・赤れんが庁舎前庭の植物・カシワ”. 北海道庁. 2016年11月25日閲覧。
  8. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Quercus dentata Thunb. f. pinnatiloba (Makino) Kitam. et T.Horik.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年1月30日閲覧。
  9. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Quercus x angustilepidota Nakai” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年1月30日閲覧。
  10. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Quercus x nipponica Koidz.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年1月30日閲覧。
  11. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Quercus x takatorensis Makino” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年1月30日閲覧。

参考文献編集

  • 田中潔 『知っておきたい100の木:日本の暮らしを支える樹木たち』主婦の友社〈主婦の友ベストBOOKS〉、2011年7月31日、93頁。ISBN 978-4-07-278497-6 

関連項目編集

外部リンク編集

  • カシワ (日本語) - 岡山理科大学生物地球学部生物地球学科 植物生態研究室(波田研)のホームページ