ニック・タンディ

ニック・タンディNick Tandy, 1984年11月5日 - )はイギリスベッドフォード出身のレーシングドライバー。ポルシェのファクトリードライバーとして活躍し、ウェザーテック・スポーツカー選手権ポルシェ・GTチームから参戦しているほか、2015年のル・マン24時間レースでは総合優勝を飾っている。

ニック・タンディ
Nick tandy brandshatch2014.JPG
ニック・タンディ(2014年)
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
生年月日 (1984-11-05) 1984年11月5日(36歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド
ベッドフォードシャー州
ベッドフォード
親族 ジョー・タンディ (兄)
基本情報
ユナイテッド・スポーツカー選手権での経歴
デビュー 2014
所属 ポルシェ・GTチーム
車番 911 (2014–2020)
出走回数 53 (GTLM)
優勝回数 11
ポールポジション 7
ファステストラップ 4
シリーズ最高順位 2nd (2019年)
過去参加シリーズ
2012–14
201213
2009–11
2009
2008, 11
2008–09
2007
2006–08
2005
2002–04
2001–02
1996–2000
イギリスGT選手権
アメリカン・ル・マン・シリーズ
ポルシェ・カレラカップ・ドイツ
ユーロF3
ポルシェ・カレラカップ・GB
イギリスF3
FPA オータム・トロフィー
フォーミュラ・フォード UK
BRDC シングル・シーター
ミニ・Se7en選手権
ミニ・Se7en ウィンターシリーズ
ショートオーバル・ミニストックス
選手権タイトル
2007
2007
2005
1996
フォーミュラ・パーマー・アウディ シュートアウト
フォーミュラ・フォード・フェスティバル Duratec
BRDC シングル・シーター
ショートオーバル・ミニストックス・ミッドランド

経歴編集

初期の経歴編集

タンディは1996年にミニ・ストックスでモータースポーツのキャリアを開始した。このカテゴリーに2000年まで参戦を続けた後、2001年からはミニ・セブンスへと移行した。

2005年にタンディはフォーミュラレースへと切り替えを行い、BRDC シングルシーターに参戦した。タンディは同シリーズで14戦中11勝を挙げてチャンピオンを獲得し、シルバーストーンからのスカラシップも獲得した。

翌年にはイギリス・フォーミュラ・フォードにステップアップした。タンディは4戦を終えた時点で実兄のジョー・タンディが運営するジョー・タンディ・レーシングに移籍してシーズンを戦った。翌年にも同様の体制で戦い、初年度にはシリーズ2位を、翌年には3位を獲得している。2007年にはフォーミュラ・パーマー・アウディのシュートアウトを勝ち抜き、マクラーレン・オートスポーツ・BRDCアワードにもノミネートされた(ステファン・ウィルソンがこの年のアワードを獲得)[1]

フォーミュラ3編集

2008年にタンディは兄ジョーが運営するチームからイギリス・フォーミュラ3選手権にステップアップした。競争力に劣るミゲール製シャシーを使用しながらも、タンディは後半戦に3度の表彰台を獲得してランキング9位となった。

2009年も同様の体制でイギリスF3に参戦したが、5月に兄ジョーが自動車事故で死亡した[2]。チームは参戦を継続し、事故直後に開催されたロッキンガム戦では3番手からスタートしてシリーズ初優勝を飾った[3]。その後、タンディはカルロ・ヴァン・ダムの代役としてコレスからフォーミュラ3・ユーロシリーズに参戦し、イギリスF3の参戦を中断した[4]。タンディはノリスリンク以降の6ラウンドに出走したが、ポイントを獲得することはできなかった。

ポルシェカップ編集

F3への参戦を中断した後、タンディはコンラット・モータースポーツからポルシェ・カレラカップ・ドイツディジョン戦に参戦した。タンディは初のレースで2位表彰台を獲得し、さらに、ポルシェ・スーパーカップの最終ラウンドにも参加し、ここでもレース1で2位を獲得した。

この活躍によりタンディはコンラット・モータースポーツのシートを獲得し、2010年にカレラカップ・ドイツとスーパーカップの2シリーズにフル参戦を行った[5]。タンディは双方でランキング2位に入り、カレラカップ・ドイツではチャンピオンとなったニコラ・アルミンドを上回り、シーズン最多となる5勝を記録した。

2011年もコンラットから両シリーズに出場した。スーパーカップでは5位に終わったものの、カレラカップ・ドイツではシーン・エドワーズを8ポイント上回り、タイトルを獲得した。

スポーツカー編集

ポルシェ(2013-20)編集

2012年12月、ポルシェはファクトリードライバーのラインナップにタンディを加えたことを発表した[6]。この年はトラックスピードからイギリスGT選手権に、プロトン・コンペティションからヨーロピアン・ル・マン・シリーズに参戦したほか、ファルケン・モータースポーツから参戦したプチ・ル・マンではGTクラスで優勝した[7]

2014年にタンディはコア・オートスポーツが運用するポルシェのワークスチームからユナイテッド・スポーツカー選手権(USCC)のGTLMクラスに参戦することとなった[8]。開幕戦のデイトナ24時間レースではパトリック・ピレリヒャルト・リーツと共にクラス優勝を果たしたが、後半戦はトラブルが相次ぎ、ランキングは15位にとどまった。また、マンタイ・レーシングが運営するヨーロッパ側のワークスチームから、ル・マンを含むFIA 世界耐久選手権(WEC)の3戦に出場している。

 
2015年のル・マン24時間レースの表彰台に登るタンディ(写真左)

2015年もピレと共にUSCCに出場したが、2月には同年のル・マン24時間レースに投入される3台目のポルシェ・919ハイブリッドのドライバーにニコ・ヒュルケンベルグアール・バンバーと共に起用された[9]。3人が乗り込んだ19号車は予選3番手からスタートし、夜間にトップに浮上するとそのままトラブル無く走り切り、ポルシェにとって1998年以来のル・マン総合優勝を達成した[10]

この年はル・マン参戦を優先し、USCCの二戦を欠場したものの、後半戦で4勝を挙げてチームメイトであるピレの王座獲得に貢献した。中でも、最終戦プチ・ル・マンでは、降雨のために規定時間に達する前に終了となった難しい状況ながら、格上であるプロトタイプクラスの車両を抑えて総合優勝を果たした[11]。加えて、日程が重ならないレースではKCMGよりWECのLMP2クラスにも参戦し[12]、第4戦ニュルブルクリンクで1勝を飾った。

2016年にポルシェはル・マンに3台目のLMP1マシンを投入しなかったため、タンディはこの年のル・マンにLMGTE Proクラスから出場した。ウェザーテック・スポーツカー選手権(WTSCC, この年よりウェザーテックがメインスポンサーとなり、名称が変更された)では第3戦ロングビーチで1勝を挙げてランキング8位となった。この年をもってロマン・デュマおよびマルク・リープがLMP1のレギュラーを外れたため、タンディは後任としてバンバーと共に2017年のWECに参戦することとなった[13]

タンディはニール・ジャニとアウディより移籍したアンドレ・ロッテラーと共に1号車をドライブした。ル・マンではトヨタ勢が後退した後にレースをリードしたが、チェッカーまで4時間を残したところで油圧系のトラブルでリタイアを期した[14]。その後は2号車のサポートに回ったためシーズンを通じて未勝利に終わったものの、6戦連続で表彰台を獲得してランキングは3位となった。シーズン終了前にポルシェはLMP1からの撤退を決定し、タンディもWTSCCに再び復帰することとなった[15]

2018年から2020年にかけ、タンディはWTSCCのGTLMクラスで主に活躍した。2019年には3勝を挙げて、僚友の912号車に次ぐランキング2位となっている。また、この期間にGT3マシンによる様々な耐久レースにもポルシェのファクトリードライバーとして参加しており、特に、ニュルブルクリンク24時間レースを2018年に[16]スパ24時間レースを2020年に制している[17]。2019年のキャラミ9時間レースではフリカデリ・モータースポーツから出場して優勝し、マシンを共有したデニス・オルセンインターコンチネンタルGTチャレンジのタイトルを獲得することを助けた[18]

コルベット(2021-)編集

2020年12月、ウェザーテック・スポーツカー選手権のGTLMクラスに参戦するコルベット・レーシングは、フル参戦から退くオリバー・ギャビンの後任としてタンディを起用することを発表した。タンディはトミー・ミルナーと共に4号車をドライブすることとなる[19]

レース戦績編集

フォーミュラ編集

イギリス・フォーミュラ3選手権編集

チーム エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 順位 ポイント
2008年 ジョー・タンディ・レーシング メルセデス OUL
1

NC
OUL
2

Ret
CRO
1

Ret
CRO
2

6
MNZ
1

Ret
MNZ
2

5
ROC
1

14
ROC
2

6
SNE
1

7
SNE
2

22
THR
1

8
THR
2

Ret
BRH
1

7
BRH
2

5
SPA
1

23
SPA
1

3
SIL
1

9
SIL
2

3
BUC
1
BUC
2
DON
1

6
DON
2

2
9位 86
2009年 OUL
1

2
OUL
2

3
SIL
1

8
SIL
2

5
ROC
1

1
ROC
2

14
HOC
1

DSQ
HOC
2

6
SNE
1
SNE
2
DON
1
DON
2
SPA
1
SPA
1
SIL
1
SIL
2
ALG
1
ALG
2
BRH
1
BRH
2
10位 68

フォーミュラ3・ユーロシリーズ編集

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 DC ポイント
2009年 コレス&ハインツ・ユニオン ダラーラ・F308/003 VW HOC
1
HOC
2
LAU
1
LAU
2
NOR
1

20
NOR
2

Ret
ZAN
1

Ret
ZAN
2

15
OSC
1

18
OSC
2

17
NÜR
1

18
NÜR
2

Ret
BRH
1

Ret
BRH
2

12
CAT
1

Ret
CAT
2

DNS
DIJ
1
DIJ
2
HOC
1
HOC
2
28位 0

(key)

ポルシェカップ編集

ポルシェ・カレラカップ・ドイツ編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2009年 コンラット・モータースポーツ HOC LAU NOR ZAN OSC NÜR CAT DIJ
2
HOC NC 0
2010年 HOC
1
VAL
1
LAU
2
NOR
16
NÜR
16
ZAN
1
BRH
1
OSC
1
HOC
Ret
2位 121
2011年 HOC
1
ZAN
3
SPL
2
LAU
3
NNS
Ret
NOR
5
NÜR
1
OSC
1
HOC
3
1位 138

ポルシェ・スーパーカップ編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 DC ポイント
2009年 コンラット・モータースポーツ BHR BHR CAT MON IST SIL NÜR HUN VAL SPA MNZ YMC
2
YMC
Ret
NC 0
2010年 BHR
4
BHR
3
CAT
5
MON
2
VAL
8
SIL
1
HOC
Ret
HUN
1
SPA
6
MNZ
1
2位 146
2011年 IST
2
CAT
2
MON
2
NNS
Ret
SIL
2
NÜR
DSQ
HUN
9
SPA
3
MNZ
5
YMC
1
YMC
Ret
5位 129

グランドツーリング編集

ADAC GTマスターズ編集

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 順位 ポイント
2012年 シュルツ・モータースポーツ ポルシェ・911 GT3 R OSC
1

5
OSC
2

1
ZAN
1

18
ZAN
2

Ret
SAC
1

Ret
SAC
2

23
NÜR
1
NÜR
2
SPL
1

1
SPL
2

25
LAU
1

1
LAU
2

1
NÜR
1

7
NÜR
2

10
HOC
1
HOC
2
7位 117

スパ・フランコルシャン24時間レース編集

ニュルブルクリンク24時間レース編集

スポーツカー編集

ウェザーテック・スポーツカー選手権編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
2014年 ポルシェ・ノースアメリカ ポルシェ・911 RSR GTLM DAY
1
SEB
9
LBH
4
LGA
9
WGL
5
MOS
5
IMS
10
ELK
10
VIR
10
CTA
11
PET
5
9位 293
2015年 GTLM DAY
5
SEB
5
LBH LGA WGL
6
MOS
1
ELK
1
VIR
1
CTA
3
PET
1
9位 255
2016年 GTLM DAY
8
SEB
10
LBH
1
LGA
8
WGL
9
MOS
8
LIM
6
ELK
7
VIR
6
CTA
2
PET
7
8位 285
2017年 ポルシェ・GTチーム GTLM DAY SEB LBH CTA WGL MOS LIM ELK VIR LGA PET
6
25位 25
2018年 GTLM DAY
8
SEB
1
LBH
6
MDO
6
WGL
3
MOS
4
LIM
5
ELK
5
VIR
8
LGA
8
PET
1
7位 299
2019年 GTLM DAY
5
SEB
1
LBH
5
MDO
3
WGL
1
MOS
3
LIM
4
ELK
7
VIR
1
LGA
8
PET
6
2位 317
2020年 ポルシェ・911 RSR-19 GTLM DAY
3
DAY
3
SEB
6
ELK
4
VIR
3
ATL
4
MDO CLT
5
PET
1
LGA
3
SEB
1
5位 287

FIA 世界耐久選手権編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2014年 ポルシェ AG チーム・マンタイ ポルシェ・911 RSR LMGTE Pro SIL
2
SPA LMN
11
COA
4
FSW SHA BHR SÃO 17位 31
2015年 KCMG オレカ・05 LMP2 SIL
4
NÜR
1
COA FSW
Ret
SHA
3
BHR
2
6位 71
ポルシェ・チーム ポルシェ・919ハイブリッド LMP1 SPA
6
LMS
1
8位 70.5
2017年 ポルシェ・LMPチーム LMP1 SIL
3
SPA
4
LMS
Ret
NÜR
2
MEX
2
COA
2
FSW
3
SHA
3
BHR
3
4位 129

ル・マン24時間レース編集

デイトナ24時間レース編集

セブリング12時間レース編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “Tandy wins Snetterton shootout”. Autosport. (2007年11月5日). https://www.autosport.com/awards/news/63811/tandy-wins-snetterton-shootout 2020年12月8日閲覧。 
  2. ^ “JTR's Joe Tandy killed in car crash”. Autosport. (2009年5月14日). https://www.autosport.com/f3/news/75299/jtr-joe-tandy-killed-in-car-crash 2020年12月8日閲覧。 
  3. ^ “Tandy takes emotional F3 victory”. Autosport. (2009年5月31日). https://www.autosport.com/f3/news/75743/tandy-takes-emotional-f3-victory 2020年12月8日閲覧。 
  4. ^ “Tandy quits British F3 for Kolles drive”. Autosport. (2009年7月4日). https://www.autosport.com/f3/news/76688/tandy-quits-british-f3-for-kolles-drive 2020年12月8日閲覧。 
  5. ^ “Tandy eyes Le Mans after GT deal”. Autosport. (2010年3月2日). https://www.autosport.com/gt/news/81805/tandy-eyes-le-mans-after-gt-deal 2020年12月8日閲覧。 
  6. ^ “ニック・タンディがポルシェとワークス契約”. As-web. (2012年12月21日). https://www.as-web.jp/past/%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%bb%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%81%8c%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%81%a8%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9%e5%a5%91%e7%b4%84 2020年12月6日閲覧。 
  7. ^ “ALMSプチ・ル・マン:レベリオンが2連覇を飾る”. As-web. (2013年10月21日). https://www.as-web.jp/past/alms%E3%83%97%E3%83%81%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%B3%EF%BC%9A%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%81%8C2%E9%80%A3%E8%A6%87%E3%82%92%E9%A3%BE%E3%82%8B 2020年12月6日閲覧。 
  8. ^ “ポルシェ、USCCのドライバーラインナップを発表”. As-web. (2013年12月24日). https://www.as-web.jp/past/%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%80%81uscc%e3%81%ae%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%92%e7%99%ba%e8%a1%a8 2020年12月6日閲覧。 
  9. ^ “ポルシェ、ル・マン3台目のドライバーを発表”. As-web. (2015年2月6日). https://www.as-web.jp/past/%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%80%81%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%83%b33%e5%8f%b0%e7%9b%ae%e3%81%ae%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%92%e7%99%ba%e8%a1%a8 2020年12月6日閲覧。 
  10. ^ “ポルシェ完勝! 98年以来のル・マン制覇を果たす”. As-web. (2015年6月14日). https://www.as-web.jp/past/%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%82%a7%e5%ae%8c%e5%8b%9d%ef%bc%81-98%e5%b9%b4%e4%bb%a5%e6%9d%a5%e3%81%ae%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%83%b3%e5%88%b6%e8%a6%87%e3%82%92%e6%9e%9c%e3%81%9f%e3%81%99 2020年12月6日閲覧。 
  11. ^ “雨のプチ・ル・マンでGTクラスのポルシェが総合V”. As-web. (2015年10月5日). https://www.as-web.jp/past/%e9%9b%a8%e3%81%ae%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%bb%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%81%a7gt%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%81%8c%e7%b7%8f%e5%90%88v 2020年12月6日閲覧。 
  12. ^ “KCMG、ポルシェワークスのタンディをWECで起用”. As-web. (2015年2月26日). https://www.as-web.jp/past/kcmg%e3%80%81%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%92wec%e3%81%a7%e8%b5%b7%e7%94%a8 2020年12月6日閲覧。 
  13. ^ “WEC:ロッテラーがポルシェに移籍。2017年もLMP1参戦継続”. As-web. (2016年12月4日). https://www.as-web.jp/sports-car/70733 2020年12月7日閲覧。 
  14. ^ “ル・マン24時間:1号車ポルシェがストップの大波乱! LMP2優勝の可能性も!?”. As-web. (2017年6月18日). https://www.as-web.jp/sports-car/133244 2020年12月7日閲覧。 
  15. ^ “ポルシェ、2018年ル・マン24時間は4台体制に。マコウィッキに代わりブルーニがWEC復帰”. As-web. (2017年12月12日). https://www.as-web.jp/sports-car/188090 2020年12月7日閲覧。 
  16. ^ “ニュルブルクリンク24時間:912号車ポルシェが4号車メルセデスを下し逆転勝利”. As-web. (2018年5月14日). https://www.as-web.jp/sports-car/368807 2020年12月7日閲覧。 
  17. ^ “スパ24時間:ローヴェ98号車ポルシェが雨中の激闘制す。満身創痍のマシンで薄氷の勝利”. As-web. (2020年10月25日). https://www.as-web.jp/sports-car/638699 2020年12月7日閲覧。 
  18. ^ “IGTCキャラミ9時間:フライカデリのポルシェが優勝を飾る。千代&JP組GT-Rは19位という結果に”. As-web. (2019年11月24日). https://www.as-web.jp/sports-car/546234 2020年12月7日閲覧。 
  19. ^ “Tandy leaves Porsche to join Chevrolet for 2021 IMSA assault”. Autosport. (2020年12月3日). https://www.autosport.com/imsa/news/153935/tandy-leaves-porsche-to-join-chevrolet-in-imsa 2020年12月6日閲覧。 

外部リンク編集

タイトル
先代:
マルセル・フェスラー
ブノワ・トレルイエ
アンドレ・ロッテラー
ル・マン24時間優勝者
2015 with:
アール・バンバー
ニコ・ヒュルケンベルグ
次代:
マルク・リープ
ロマン・デュマ
ニール・ジャニ