バカリ・サニャ

フランスのサッカー選手

バカリ・サニャBacary Sagna, 1983年2月14日 - )は、フランスサンス出身の元同国代表サッカー選手。現在は無所属。ポジションはディフェンダー(右サイドバック)。

バカリ・サニャ Football pictogram.svg
Bacary Sagna 2012.jpg
2012年のサニャ
名前
愛称 Bac[1]
ラテン文字 Bacary SAGNA
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
セネガルの旗 セネガル
生年月日 (1983-02-14) 1983年2月14日(37歳)
出身地 サンス
身長 176cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム 無所属
ポジション DF (RSB)
利き足 右足
ユース
フランスの旗 サンス英語版
1998-2002 フランスの旗 オセール
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2004 フランスの旗 オセールB 37 (3)
2004-2007 フランスの旗 オセール 89 (0)
2007-2014 イングランドの旗 アーセナル 213 (4)
2014-2017 イングランドの旗 マンチェスター・シティ 53 (0)
2018 イタリアの旗 ベネヴェント 13 (1)
2018-2019 カナダの旗 モントリオール・インパクト 35 (2)
代表歴
2004-2006 フランスの旗 フランス U-21 13 (1)
2007-2016 フランスの旗 フランス 65 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年10月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アーセナルFC時代の指揮官アーセン・ヴェンゲルからは当時プレミアリーグ最高の右サイドバックと評され、ウィングバックやセンターバックとしても出場経験がある[2]

クラブ歴編集

オセール編集

AJオセールにて2004-05シーズンにトップチームへ昇格すると、ジョアン・ラデ英語版に代わってポジションを手にする。アブー・ディアビユネス・カブールらと共に2005年のクープ・ドゥ・フランス優勝を経験する。所属した3シーズンにおいて毎年UEFAカップに出場し17試合でプレー。2006-07シーズンにはリーグのベストイレブン及びクラブの最優秀選手に選出された[3]

アーセナル編集

2007年7月12日にアーセナルFCへ移籍[4]。5年契約を締結し、移籍金は700万ユーロや900万ユーロとも報じられた[5][6]。1年前にチェルシーFCアシュリー・コールが移籍して以来空きとなっていた背番号3を引き継ぐ。エマニュエル・エブエとの右サイドバックのポジション争いを制し、2007年8月12日のフラムFC戦でリーグデビューし2-1の勝利で飾る[7]

2008年2月13日には実兄オマルを28歳で亡くしたが、父の助言を受けて1週間後にACミランとのUEFAチャンピオンズリーグ1回戦2ndレグに出場し、2回戦進出に貢献した[8]。3月23日のビッグ・ロンドン・ダービーでは、59分にセスク・ファブレガスのコーナーキックに頭で合わせトップチームにおける自身初得点を記録[9]。しかし72分に足首を負傷し、このシーズンはリーグ戦29試合の出場となった。それでもこのシーズンの活躍が評価され、プレミアリーグ挑戦初年度でベストイレブンに選出[10]。シーズンオフには新たに契約を2年延長し、契約満了を2014年までとした[11]。2008年12月26日のアストン・ヴィラFC戦では相手FWガブリエル・アグボンラホールのシュートをゴールライン上でオーバーヘッドキックでクリアした[12]

2009-10シーズンはコンディションの調整に悩まされたが、2010年4月3日のウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦では94分にニクラス・ベントナーのこの試合唯一となるゴールをアシストし勝利に貢献した[13]。同月にはインテルナツィオナーレ・ミラノからの関心が報道された[14]

2010年のエミレーツ・カップでゴールを記録し、同大会連覇に貢献した[15]。8月15日のリヴァプールFC戦でリーグ100試合出場を達成[16]。11月14日のエヴァートンFC戦で自身通算2得点目となる先制ゴールを挙げ2-1で勝利を収める[17]。12月8日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ最終戦・FKパルティザンとの一戦で自身初のレッドカードを提示され退場となった[18]。2011年元日のバーミンガム・シティFC戦では相手MFリー・ボウヤーにタックルを仕掛け倒れたところ膝を踏みつけられ、同選手には3試合の出場停止処分が科された[19]。1月5日のマンチェスター・シティFC戦では試合終了間際に相手DFパブロ・サバレタと衝突し両者退場となる[20]。19日のFAカップ3回戦でエランド・ロードに乗り込むと、チーム2得点目となる決勝点を挙げリーズ・ユナイテッドFCを降した[21]2009-10シーズンには再びプレミアリーグのベストイレブンに選出された[22]

2011年10月2日のノース・ロンドン・ダービーで相手DFブノワ・アスー=エコトのチャージを受け右足の腓骨を骨折。手術が行われ全治3か月と診断された[23]。翌年1月29日のアストン・ヴィラ戦でベンチ入りし戦列に復帰した[24]。2月26日にエミレーツ・スタジアムで再びトッテナム・ホットスパーFCと対戦すると、0-2で劣勢の中ミケル・アルテタのクロスをヘディングで決め反撃の口火を切ると、その後チームは得点を重ね5-2で逆転勝利を収めた[25]。5月5日のシーズンホーム最終戦であるノリッジ・シティFC戦でブラッドリー・ジョンソンと交錯すると再び右足腓骨を骨折し、EURO2012への参加を逃した[26]

2012年10月のクイーンズ・パーク・レンジャーズFC戦で復帰し、1-0の勝利で飾った[27]。離脱中はカール・ジェンキンソンが代役を務め評価を高めていたが、復帰後はポジションを取り戻す。2013年2月9日のサンダーランドAFC戦ではウォーミングアップ中にローラン・コシールニーが負傷したため、急遽センターバックとして起用される[28]。この試合ではジェンキンソンを退場で失ったものの1-0で勝利した[29]。4月28日のマンチェスター・ユナイテッドFC戦ではロビン・ファン・ペルシーを倒しPKを献上、1-1のドローに終わった[30]

2013-14シーズンもレギュラーとして開幕を迎える[31]。9月22日のストーク・シティFC戦では、デビュー戦となったメスト・エジルのフリーキックに頭で合わせアーセナルでの自身5得点目となるシーズン初ゴールを挙げ3-1で勝利[32]。2014年5月17日にハル・シティAFCをホームに迎えたFAカップ決勝は延長戦に縺れ込み、フル出場の末にアーセナルでの自身初となるトロフィーを掲げた[33]。同月末、このシーズンで満了となるクラブとの契約を延長しないことを表明[34]。ガナーズでは在籍7年間で公式戦通算284試合に出場した[35]

マンチェスター・シティ編集

2014年6月13日、フリートランスファーでマンチェスター・シティFCへの加入が発表された[36]。契約期間は3年で、背番号はアーセナル時代と同じ3を着用することになった。2011年までアーセナルでともにプレーしたガエル・クリシーとも再会。2016年にはキャピタル・ワン・カップ優勝メンバーの一員となった。2017年6月で契約満了となり退団した[37]

ベネヴェント編集

7ヶ月のフリー期間を経て、2018年2月3日にベネヴェント・カルチョとシーズン終了までの契約を締結した[38]。契約には1年延長のオプションが含まれている。セリエA最下位に沈む昇格組のクラブでリーグ戦13試合出場1得点を記録したが、その後も順位は浮上できずに1年で降格。契約延長オプションは行使されなかった[39]

モントリオール・インパクト編集

2018年8月8日、メジャーリーグサッカーモントリオール・インパクトに移籍した。1年延長オプション付きで2018シーズン終了までの契約で、レミ・ガルド率いるクラブに加入した[40]。リーグ戦9試合出場1得点を記録し、12月25日にはオプションが行使され2019年シーズンもスタッド・サプトでプレー[41]。2020年1月、前月を以て退団したことが発表された[42]

代表歴編集

U-21フランス代表として12試合に出場し、2006年のUEFA U-21欧州選手権にも参加した。

2007年8月22日、スロバキアとの親善試合でフランソワ・クレールに代わり途中出場しA代表デビュー。10月13日のEURO2008予選フェロー諸島戦ではフル出場を果たすが、10月のリーグ戦で右足を骨折し本大会のメンバーには入ることができなかった[23]。EURO後の初戦となったスウェーデン戦で代表に復帰すると、レギュラーに定着。以降の2010年W杯予選全試合でスタメンに名を連ね、フランスの本大会出場に貢献した。2012年5月5日にリーグ戦で再び右足を骨折し、EURO2012への参加が絶望的となった[26]

人物編集

  • 両親はセネガルからの移民であり、自身はムスリムである[43]
  • 代名詞とも呼べるドレッドヘアはヘアーエクステンションであり、ある試合で自身が得点した場合に着けると父親と賭け実際に2得点を挙げたことによる。2015年以降はエクステを外し短髪となっている[44]
  • 2009年にオセール出身でアルジェリア系のモデル及びジャーナリストであるリュディヴィーヌ・カドリとの間に長男エリアスが生まれ[45]、2010年7月17日に故郷のヨンヌ県で結婚式を挙げた。式にはチームメイトや古くから交流があり後同じチームとなるマルアーヌ・シャマフなどが出席した。2009-10シーズンの最終節にはエリアスを抱いてピッチを一周した。2013年には第2子が誕生した[46]
  • レディングFCで100試合以上に出場したイブライマ・ソンコ英語版は従兄弟である[47]
  • 2011年3月、サッカーを通した教育を行う国際非営利団体のアンバサダーに就任した[48]

代表記録編集

出場大会編集

試合数編集

国際Aマッチ 65試合 0得点(2007年- )


フランス代表国際Aマッチ
出場得点
2007 2 0
2008 4 0
2009 10 0
2010 10 0
2011 6 0
2013 6 0
2014 7 0
2015 9 0
2016 11 0
通算 65 0

タイトル編集

クラブ
オセール
アーセナル
マンチェスター・シティ
モントリオール・インパクト
個人

脚注編集

出典編集

  1. ^ Bacary Sagna|In my own words”. Arsenal.com (2020年5月24日). 2020年10月19日閲覧。
  2. ^ Wenger - Sagna can shine at centre back”. Arsenal.com (2013年2月15日). 2020年10月19日閲覧。
  3. ^ Bacary Sagna: 30 Reasons to Love the Arsenal Full-Back”. Bleacher Report (2013年2月15日). 2020年10月19日閲覧。
  4. ^ Auxerre's Sagna signs for Arsenal”. BBC Sport (2007年7月12日). 2020年10月19日閲覧。
  5. ^ Arsenal snap up France defender Sagna from Auxerre for £7m”. The Guardian (2007年7月11日). 2020年10月19日閲覧。
  6. ^ Sagna signe jeudi à Arsenal - ウェイバックマシン(2011年12月2日アーカイブ分)
  7. ^ Premier League: Arsenal 2-1 Fulham - Match Report”. Arsenal.com (2007年8月6日). 2020年10月19日閲覧。
  8. ^ My father told me to play on for Arsenal after death of my brother, says Sagna”. Evening Standard (2008年3月3日). 2020年10月19日閲覧。
  9. ^ Chelsea 2-1 Arsenal”. BBC Sport (2008年3月23日). 2020年10月19日閲覧。
  10. ^ Ronaldo named player of the year”. BBC Sport (2008年4月27日). 2020年10月19日閲覧。
  11. ^ Sagna signs fresh Arsenal deal”. UEFA.com (2008年6月4日). 2020年10月19日閲覧。
  12. ^ Knight charges in to deny Arsenal and steal draw for valiant Villa”. The Guardian (2008年12月26日). 2020年10月19日閲覧。
  13. ^ Arsenal 1-0 Wolverhampton”. BBC Sport (2010年4月3日). 2020年10月19日閲覧。
  14. ^ Sagna linked with Inter move”. Sky Sports (2010年4月12日). 2020年10月19日閲覧。
  15. ^ Pre-season 2010: Arsenal 3-2 Celtic: Outstanding Manuel Almunia saves Gunners blushes as Arsene Wenger’s side win Emirates Cup”. Goal.com (2010年8月1日). 2020年10月19日閲覧。
  16. ^ The 100 Club”. Arsenal.com. 2020年10月19日閲覧。
  17. ^ Everton 1-2 Arsenal”. BBC Sport (2010年11月14日). 2020年10月19日閲覧。
  18. ^ Theo Walcott calms Arsenal nerves to secure win over Partizan Belgrade”. The Guardian (2010年12月8日). 2020年10月19日閲覧。
  19. ^ Bowyer handed three-match ban”. ESPN (2011年1月4日). 2020年10月19日閲覧。
  20. ^ Pablo Zabaleta wins appeal against red card at Arsenal”. BBC Sport (2011年1月7日). 2020年10月19日閲覧。
  21. ^ Leeds 1-3 Arsenal”. BBC Sport (2011年1月19日). 2020年10月19日閲覧。
  22. ^ Spurs' Gareth Bale wins PFA player of the year award”. BBC Sport (2011年4月17日). 2020年10月19日閲覧。
  23. ^ a b Arsenal defender Bacary Sagna breaks leg”. BBC Sport (2011年10月3日). 2020年10月19日閲覧。
  24. ^ Arsenal defender Bacary Sagna believes his injury absence has improved him as a player”. Goal.com (2012年2月2日). 2020年10月19日閲覧。
  25. ^ Arsenal 5-2 Tottenham”. BBC Sport (2012年2月26日). 2020年10月19日閲覧。
  26. ^ a b Bacary Sagna ruled out of Euro 2012 with broken leg”. BBC Sport (2012年5月5日). 2020年10月19日閲覧。
  27. ^ Arsenal 1-0 QPR”. BBC Sport (2012年10月27日). 2020年10月19日閲覧。
  28. ^ TEAM NEWS: Jenkinson starts for Arsenal against Sunderland”. Goal.com (2013年2月9日). 2020年10月19日閲覧。
  29. ^ Sunderland 0-1 Arsenal”. BBC Sport (2013年2月9日). 2020年10月19日閲覧。
  30. ^ ユナイテッドはファン・ペルシーのPKでアーセナルと分ける”. ゲキサカ (2013年4月29日). 2020年10月19日閲覧。
  31. ^ Chelsea Display Shows Why Carl Jenkinson Is Not Ready to Replace Bacary Sagna”. Bleacher Report (2013年10月30日). 2020年10月19日閲覧。
  32. ^ アーセナルがストークに快勝、エジルが本拠地デビュー”. AFPBB.com (2013年9月23日). 2020年10月19日閲覧。
  33. ^ Arsenal 3-2 Hull City”. BBC Sport (2014年5月17日). 2020年10月19日閲覧。
  34. ^ Transfer news: Bacary Sagna tells Arsenal he is leaving”. Sky Sports (2014年5月30日). 2020年10月19日閲覧。
  35. ^ 契約満了のフランス代表DFサニャがアーセナル退団へ”. サッカーキング (2014年5月30日). 2020年10月19日閲覧。
  36. ^ マンチェスター・C、アーセナルと契約満了の仏代表DFサニャ獲得”. サッカーキング (2014年6月13日). 2020年10月19日閲覧。
  37. ^ シティ、サーニャ退団を発表! 「忘れがたい3年間を与えてくれた全ての人に感謝」”. 超ワールドサッカー (2017年5月26日). 2020年10月19日閲覧。
  38. ^ IL NAZIONALE FRANCESE SAGNA È DEL BENEVENTO Benevento Calcio Official Web Site 2018年2月19日
  39. ^ Sagna: 'Benevento time at an end'”. Football Italia (2018年6月11日). 2020年10月19日閲覧。
  40. ^ French international right-back Bacary Sagna joins the Impact”. Montreal Impact (2018年8月8日). 2018年8月15日閲覧。
  41. ^ モントリオール、今夏加入の元フランス代表DFサーニャと2019年まで契約延長”. 超ワールドサッカー (2018年12月26日). 2020年10月19日閲覧。
  42. ^ Bacary Sagna announces Montreal Impact departure in Twitter post”. MLSsoccer.com (2020年1月5日). 2020年10月19日閲覧。
  43. ^ Fasting and football. How do top-flight Muslims cope?”. The Independent (2011年8月23日). 2020年10月19日閲覧。
  44. ^ サニャ、あのドレッドヘアを断髪!新しい“髪形”は…”. Qoly (2015年6月23日). 2020年10月19日閲覧。
  45. ^ Sagna veut enfin s'imposer”. Le Parisien (2009年3月27日). 2020年10月19日閲覧。
  46. ^ Ludivine Sagna”. Gala. 2020年10月19日閲覧。
  47. ^ Sonko set for family first”. Sky Sports (2007年12月4日). 2020年10月19日閲覧。
  48. ^ Bacary Sagna inspires millions as a Grassroot Soccer Ambassador”. Grassroot Soccer (2011年3月30日). 2020年10月19日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集