三重ホンダヒート

日本のラグビーチーム
ホンダヒートから転送)

三重ホンダヒート(みえホンダヒート)は、JAPAN RUGBY LEAGUE ONEに所属しているラグビーチームである。

三重ホンダヒート
クラブカラー   黒 赤
愛称 HEAT
創設年 1961年
本拠地 三重県
グラウンド Suzuka Garden 4.JPG三重交通Gスポーツの森鈴鹿サッカー・ラグビー場
収容人数 12000
代表者 鬼澤修二
監督 上田泰平HC
所属リーグ JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
ファーストカラー
セカンドカラー
公式サイト
http://www.honda-heat.jp/
テンプレートを表示

ホームグラウンド(ホストゲーム会場)は、鈴鹿市の球技場「三重県営鈴鹿スポーツガーデン三重交通Gスポーツの杜鈴鹿)」のサッカー・ラグビー場を使用するが、現状は収容人員が座席で約4000人・芝生席を含めた総数が12000人であり、2023年までに座席で収容人員を15000人以上に拡張することを求めていることから、地元のサッカークラブ(日本フットボールリーグ所属)の鈴鹿ポイントゲッターズ共々、施設充足のための改修(改築)を行えるように三重県に働きかけている。また、四日市市伊勢市桑名市などのリーグONE開催基準を充足したスタジアムでの開催も検討されている[1]。練習グラウンドは三重県鈴鹿市のHondaアクティブランドである。

概要・歴史編集

1960年に本田技研工業株式会社鈴鹿製作所、同好会として発足。

1961年にラグビー部として認定され、協会に登録。三重県社会人リーグに参加。

1978年に関西社会人A初昇格。1985年に降格するも、1シーズンでAに復帰する。

1978年には全国社会人大会に初出場している。

2003-2004からはトップウェストAに参入し、2004-2005から3シーズン連続でトップリーグとの入れ替え戦に進出たが、2008-2009シーズンに優勝し、トップチャレンジ1に出場、2位の成績で初のトップリーグ昇格を決めた。しかし初めてトップリーグに臨んだ2009-2010シーズンは13試合で1勝しか挙げられず、トップウェストAに自動降格した。

しかし翌2010-2011シーズンにトップウェストAでは優勝を逃したものの、トップチャレンジ2で1位となりトップチャレンジ1に進出。さらにトップチャレンジ1で2位に食い込み、1シーズンでトップリーグ復帰を決めた。しかし、2011-2012シーズンでは、またしても自動降格となった。

その後2014-2015シーズンにトップウェストAで優勝し、トップチャレンジ1に出場、3勝0敗の1位の成績でトップリーグ昇格を決めた。翌トップリーグ2015-2016シーズンは11位と健闘し始めて残留を決めたが、2016-2017シーズンでは16位(最下位)に終わり、新設されるトップチャレンジリーグへの参入となった。

2017-2018シーズンはトップチャレンジリーグで1st・2ndステージともに無敗で優勝し、1年でトップリーグに復帰した。

2018-2019シーズンはトップリーグ ホワイトカンファレンスに所属。2勝4敗1分で5位通過。総合順位決定トーナメントではサニックス・キヤノン・NECを破り、チーム史上最高のトップリーグ総合9位となった。個人タイトルとしてレメキ・ロマノ・ラヴァ選手がベスト15とトライ王に輝いた。

2021年7月16日、新リーグJAPAN RUGBY LEAGUE ONEの2部リーグに振り分けされることになった[2]

チーム名の由来編集

公式HPによると、「全ての原点である心、すなわち気持ちが熱くなければ真の強さは得られない! そしてHonda HEATに関わる全ての人達とその“熱さ”を共に感じたい。“熱さ”=“HEAT”HEATという名称にはこの様な想いを込めています!」となっている。

チームスローガン編集

  • 2014-2015シーズンのチームスローガンは「PRIDE%RESPECT」である。
  • 2015-2016シーズンのチームスローガンは「挑戦」である。

タイトル編集

全国大会

  • 国体 優勝: 2回 (2005, 2008)

最上位リーグ

なし

下位リーグ

成績編集

全国社会人大会戦績編集

年度 地区 成績 備考
31 1978 東海・北陸 ベスト8 2 1 0 1 29 47 -18 本田技研のチーム名で出場
39 1986 東海・北陸 1回戦敗退 1 0 0 1 0 22 -22 本田技研鈴鹿にチーム名変更
40 1987 東海・北陸 1回戦敗退 1 0 0 1 12 26 -14
41 1988 関西 1回戦敗退 1 0 0 1 21 25 -4
42 1989 関西 1回戦敗退 1 0 0 1 0 48 -48
43 1990 関西 1回戦敗退 1 0 0 1 4 40 -36
45 1992 関西 1回戦敗退 1 0 0 1 14 24 -10
46 1993 関西 1回戦敗退 1 0 0 1 16 41 -25
53 2000 関西 1回戦敗退 1 0 0 1 13 42 -29

リーグ戦戦績編集

トップリーグ創設以降編集

  • 2003-2004シーズン トップウェストA 6位
  • 2004-2005シーズン トップウェストA 2位、トップチャレンジ2・1位、トップリーグ入替戦・敗戦、トップウェストA残留
  • 2005-2006シーズン トップウェストA 2位、トップチャレンジ2・1位、トップリーグ入替戦・敗戦、トップウェストA残留
  • 2006-2007シーズン トップウェストA 2位、トップチャレンジ2・1位、トップリーグ入替戦・敗戦、トップウェストA残留
  • 2007-2008シーズン トップウェストA 3位
  • 2008-2009シーズン トップウェストA 優勝、トップチャレンジ1・2位、トップリーグに自動昇格
  • 2009-2010シーズン トップリーグ 13位(1勝12敗)、トップウェストAに自動降格
  • 2010-2011シーズン トップウェストA 2位、トップチャレンジ2・1位、トップチャレンジ1・2位、トップリーグに自動昇格
  • 2011-2012シーズン トップリーグ 13位(2勝10敗1分)、トップウェストAに自動降格
  • 2012-2013シーズン トップウェストA 2位、トップチャレンジ2・2位、トップウェストA残留
  • 2013-2014シーズン トップウェストA 優勝、トップチャレンジ1・2位、トップリーグ入替戦・敗戦、トップウェストA残留
  • 2014-2015シーズン トップウェストA 優勝、トップチャレンジ1・1位、トップリーグに自動昇格
  • 2015-2016シーズン トップリーグ 11位(リーグ戦・プールA 1勝6敗・7位、順位決定トーナメント下位グループ 9-12位決定予備戦・敗戦、11位決定戦・勝利)
  • 2016-2017シーズン トップリーグ 16位(1勝14敗)、トップチャレンジリーグに参入
  • 2017-2018シーズン トップチャレンジリーグ 優勝(1stステージ 7勝・1位、2ndステージ 3勝)、トップリーグに自動昇格
  • 2018-2019シーズン トップリーグ 9位(リーグ戦・ホワイトカンファレンス 2勝4敗1分・5位、順位決定トーナメント、1回戦・勝利、9位決定戦・勝利 トップリーグカップ 14位(プール戦0勝3敗・4位、順位決定トーナメント、13位決定戦・敗戦)
  • 2019-2020シーズン トップリーグカップ プール戦敗退(プール戦3勝2敗・3位)、リーグ戦中止(中止時点での成績:2勝4敗)

2022-23シーズンの順位編集

JAPAN RUGBY LEAGUE ONE 2022-23 Division 2 順位表(2023年1月29日時点[3] 編集
チーム 試合数 勝ち点 得点 失点 得失差
1 浦安D-Rocks 4 18 4 0 0 199 86 113
2 三重ホンダヒート 4 14 3 0 1 151 76 75
3 豊田自動織機シャトルズ愛知 4 13 3 0 1 147 119 28
4 日野レッドドルフィンズ 4 7 1 0 3 124 124 0
5 釜石シーウェイブス 4 4 1 0 3 96 209 -113
6 清水建設江東ブルーシャークス 4 0 0 0 4 68 171 -103
  • 勝ち点は、勝ち4点、引き分け2点、負け0点。[4]
  • ただし、7点差以内の負けは1点を付与、3トライ差以上での勝ちは追加で1点を付与。
  • 同じ勝ち点である場合は下記の順番で順位を決定する。
  1. 勝ち点
  2. 勝利数
  3. ①および②が同数であったチーム間の勝ち点
  4. ①、②および③が同数であったチーム間の得失点差
  5. 全試合の得失点差
  6. 当該チーム間のトライ数
  7. 全試合でのトライ数
  8. 当該チーム間のトライ後のゴール数
  9. 全試合でのトライ後のゴール数
  10. 抽選

2022-23シーズンのスコッド編集

三重ホンダヒート2022-23シーズンのスコッドは下記のとおり[5]

ヘッドコーチ: 上田泰平

選手 ポジション 身長 体重 誕生日(年齢[6] 登録区分[7]
日比野壮大 プロップ 180cm 118kg (1992-06-20)1992年6月20日(30歳) カテゴリA
鶴川達彦 プロップ 182cm 114kg (1995-05-21)1995年5月21日(27歳) カテゴリA
マティウス・バッソン プロップ 190cm 116kg (1995-06-09)1995年6月9日(27歳) カテゴリB
吉岡大貴 プロップ 183cm 113kg (1995-09-02)1995年9月2日(27歳) カテゴリA
藤井拓海 プロップ 176cm 110kg (1995-09-02)1995年9月2日(27歳) カテゴリA
赤平勇人 プロップ 176cm 110kg (1995-09-29)1995年9月29日(27歳) カテゴリA
星野克之 プロップ 186cm 115kg (1999-08-24)1999年8月24日(23歳) カテゴリA
平野叶翔 プロップ 180cm 110kg (2000-02-08)2000年2月8日(22歳) カテゴリA
金井健雄 フッカー 175cm 115kg (1984-11-05)1984年11月5日(38歳) カテゴリA
白濱弘章 フッカー 175cm 98kg (1994-10-28)1994年10月28日(28歳) カテゴリA
西澤将太 フッカー 176cm 100kg (1997-03-20)1997年3月20日(25歳) カテゴリA
李承爀 フッカー 179cm 110kg (1999-01-27)1999年1月27日(23歳) カテゴリA
肥爪駿 フッカー 171cm 98kg (1999-01-28)1999年1月28日(23歳) カテゴリA
フランコ・モスタート ロック 200cm 112kg (1990-11-27)1990年11月27日(32歳) カテゴリC
パディ・バトラー ロック 191cm 107kg (1990-12-01)1990年12月1日(32歳) カテゴリB
秋山陽路 ロック 189cm 110kg (1992-02-06)1992年2月6日(30歳) カテゴリA
テトゥヒ・ロバーツ ロック 191cm 114kg (1994-07-06)1994年7月6日(28歳) カテゴリA
ヴィリアミ・ヴリ ロック 201cm 120kg (1995-10-30)1995年10月30日(27歳) カテゴリB
土井暉仁 ロック 188cm 106kg (1997-03-13)1997年3月13日(25歳) カテゴリA
小林亮太 フランカー 182cm 98kg (1991-06-11)1991年6月11日(31歳) カテゴリA
川崎大翔 フランカー 183cm 102kg (1991-07-05)1991年7月5日(31歳) カテゴリA
服部航介 フランカー 181cm 102kg (1993-06-04)1993年6月4日(29歳) カテゴリA
近藤雅喜 フランカー 189cm 100kg (1994-12-02)1994年12月2日(28歳) カテゴリA
ジャスティン・ダウニー ナンバー8 190cm 105kg (1986-11-11)1986年11月11日(36歳) カテゴリB
パブロ・マテラ ナンバー8 190cm 111kg (1993-07-18)1993年7月18日(29歳) カテゴリC
古田凌   ナンバー8 183cm 99kg (1995-09-29)1995年9月29日(27歳) カテゴリA
ヴィリアミ・アフ・カイポウリ ナンバー8 189cm 115kg (1997-09-28)1997年9月28日(25歳) カテゴリA
山路健太 スクラムハーフ 171cm 73kg (1989-08-09)1989年8月9日(33歳) カテゴリA
伊藤玖祥 スクラムハーフ 166cm 74kg (1993-04-12)1993年4月12日(29歳) カテゴリA
根塚聖冴 スクラムハーフ 163cm 70kg (1997-01-13)1997年1月13日(25歳) カテゴリA
小畑拓也 スクラムハーフ 163cm 72kg (1997-12-11)1997年12月11日(25歳) カテゴリA
朴成基 スタンドオフ 179cm 89kg (1993-02-25)1993年2月25日(29歳) カテゴリA
呉洸太 スタンドオフ 180cm 90kg (1996-11-16)1996年11月16日(26歳) カテゴリA
ケイレブ・トラスク スタンドオフ 180cm 90kg (1999-01-27)1999年1月27日(23歳) カテゴリB
本村直樹 ウイング 184cm 88kg (1992-04-11)1992年4月11日(30歳) カテゴリA
渡部寛太 ウイング 186cm 90kg (1996-03-01)1996年3月1日(26歳) カテゴリA
山本悠翔 ウイング 184cm 95kg (1997-05-17)1997年5月17日(25歳) カテゴリA
河野孝太郎 ウイング 182cm 82kg (1999-07-24)1999年7月24日(23歳) カテゴリA
森川海斗 センター 176cm 87kg (1988-05-27)1988年5月27日(34歳) カテゴリA
クリントン・ノックス センター 182cm 98kg (1992-12-27)1992年12月27日(29歳) カテゴリA
半井優太 センター 177cm 82kg (1993-03-04)1993年3月4日(29歳) カテゴリA
重一生 センター 171cm 90kg (1994-12-05)1994年12月5日(28歳) カテゴリA
渡邉弐貴 センター 175cm 89kg (1997-01-14)1997年1月14日(25歳) カテゴリA
フレイザー・クワーク センター 188cm 100kg (1998-08-14)1998年8月14日(24歳) カテゴリB
川合カイト センター 183cm 88kg (1999-07-29)1999年7月29日(23歳) カテゴリA
ダーウィッド・ケラーマン センター 185cm 96kg (2000-07-21)2000年7月21日(22歳) カテゴリB
藤田慶和 フルバック 185cm 92kg (1993-09-08)1993年9月8日(29歳) カテゴリA
トム・バンクス フルバック 186cm 93kg (1994-06-18)1994年6月18日(28歳) カテゴリC
竹中太一 フルバック 173cm 82kg (1995-12-25)1995年12月25日(26歳) カテゴリA
松浦祐太 フルバック 178cm 83kg (1996-12-05)1996年12月5日(26歳) カテゴリA
郡司健吾 フルバック 184cm 90kg (1997-09-13)1997年9月13日(25歳) カテゴリA
辻惇朗 バックロー 187cm 100kg (1997-08-29)1997年8月29日(25歳) カテゴリA

過去の所属選手編集

鈴鹿ラグビースクール編集

2007年4月に、小学生のためのラグビースクール「鈴鹿ラグビースクール」を開校。ヒート選手による指導、交流会等を通じ、地元鈴鹿市のラグビー文化発展に貢献している。

脚注編集

  1. ^ 【ラグビー】三重ホンダヒートが県、協会と連携協定結ぶ。ホストスタジアムは三重交通Gスポーツの杜鈴鹿に。(ラグビーリパブリック)
  2. ^ ラグビー新リーグ名称は「リーグONE」22年1月7日開幕 1部は神戸製鋼、パナソニックら12チーム”. ヤフースポーツ (2021年7月16日). 2021年7月16日閲覧。
  3. ^ 順位 - JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
  4. ^ NTTジャパンラグビー リーグワン2022-23 大会概要およびアーリーエントリーについて - JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
  5. ^ 三重ホンダヒート 選手一覧 - JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
  6. ^ 年齢は2022年12月17日の開幕時点のもの
  7. ^ カテゴリ A(日本代表の実績または資格あり)試合登録枠:17 名以上 同時出場可能枠:11 名以上。カテゴリ B(日本代表の資格獲得見込み)試合登録枠:任意 同時出場可能枠:任意。カテゴリ C(他国代表歴あり等、カテゴリ A, B以外)試合登録枠:3名以下

関連項目編集

本田技研工業のスポーツチーム編集

外部リンク編集