メインメニューを開く

概要編集

舞台は1947年ハリウッドトゥーン(アニメーションキャラクター)が実社会に存在しているという設定で、トゥーンと人間の関係を描いている。先に撮影された実写にアニメーションを合成する形で制作された。1988年アカデミー視覚効果賞アカデミー編集賞アカデミー音響効果賞を受賞。

この映画に出てきたトゥーンたちが住む街・トゥーンタウンは、その後実際に世界各地のディズニーパークに作られ、キャラクターたちが住む街という設定も踏襲されている。 なお、この映画に出演しているトゥーンはディズニー作品だけでなく、バッグス・バニーワーナー・ブラザース)やドルーピーメトロ・ゴールドウィン・メイヤー)、ベティ・ブープパラマウント映画)など、アメリカン・アニメーションの黄金時代を飾った他社のキャラクターが幅広く出演しているクロスオーバー作品である。当初、制作総指揮のスピルバーグは、他にもポパイトム&ジェリーなどのキャラクターを登場させたかったが、権利を獲得することはできなかった。この世界のテリー・トゥーンズのマイティマウスとアニメ映画版のスーパーマンは最初の脚本(マーヴィン・アクメの墓場のシーン)で登場するはずだったが、後にそのシーンごとカットになってしまった[3]

1998年、続編を製作すべく案が浮上し、スピルバーグも興味を示した。だがスピルバーグはドリームワークス設立のためにプロジェクトを離脱し、3D上映の需要も高まってきていたためそのプロジェクトはしばらく頓挫する。しかし2010年現在、監督のゼメキスはインタビューで「続編の可能性はありうる」と発言し、現在もそのプロジェクトは存在している。

製作編集

もともとはゲイリー・K・ウルフが1981年に執筆した小説『Who Censored Roger Rabbit?』をディズニー社が映画化権を購入したことから始まり、1982年にはゼメキス監督も決定して、映画化が始動した。しかし、当時はまだゼメキス監督の手腕も分からずじまいだったため一時制作を中断。後にスティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を担当することになり、再び映画化が再始動する。小説版では、映画のように有名キャラクターが多数出演するようなストーリーではなかった。だが、映画に特色をつけるため、1940年代当時に黄金期を迎えていたアニメ映画を彩ったキャラクターたちが登場するようなストーリーに変更された。製作者陣は脚本段階から多数のアニメキャラクターのカメオ出演を想定していたが、権利関係の問題もあってメジャー級のキャラクターでも登場していない者(トムとジェリーポパイなど)もいる。また、ワーナー・ブラザースは、同社のキャラクターを映画に貸し出す前に、ディズニーの主要キャラクターとの動画面での共演を条件とした[4]。その条件を元に、ミッキーマウスバッグス・バニードナルド・ダックダフィー・ダックそれぞれの共演シーンが実現している。

当初のスピルバーグとゼメキス監督は、主役のエディにビル・マーレイを第一候補としていたが、なかなか連絡がつかなかったために[5]、マーレイを諦めてボブ・ホスキンスを主役に据えた。映画が公開された後に、マーレイはインタビューにおいて、その事が載った記事を見て、「もしもオファーが来ていたら間違いなく引き受けていた」と語っている[6]。また、クリストファー・ロイド演じる判事をより不気味な印象を与えるために、ゼメキス監督はロイドに瞬きをしないよう演出している[7]。判事役にはロイドの他にもティム・カリークリストファー・リーなどが打診されていた[8]

映画に登場するアニメキャラクターのカメオ出演に関しては、実際には設定年代以降にデビューしたキャラクター(ロードランナーやワイリー・コヨーテティンカー・ベル等)も混じっているが、脚本を担当したピーター・S・シーマンはインタビューで「同映画はアニメ史についてのストーリーではなく、あくまでもエンターテイメント」として、時代錯誤は特に問題ではないと語っている。

撮影時は多くのシーンで実写とアニメーションが登場することもあり、出演者たちは常にアニメキャラクターの動きを予測しながらの演技を要された。また、アニメキャラクターが実写の物を持つような場面においては、人形を操るプロのパペッターなどが採用されたほか、専用のロボットなども用いて撮影が行われた。

ストーリー編集

トゥーンと人間が共存している、架空の1947年。アニメーション映画スターであるロジャー・ラビットは今日もベビー・ハーマンと共に映画撮影の真っ只中。しかし、いつもの調子が出ずNGばかり出してしまう。ロジャーの妻:ジェシカ・ラビットが浮気をしてるのではとの噂があるからだ。スランプに陥ったロジャーを心配した映画会社の社長:マルーンは私立探偵を雇う事にした。一方、私立探偵のエディ・バリアントは、かつてトゥーンに関わる仕事が大好きだったが、一緒に探偵をやっていた弟をトゥーンに殺害されて以来、トゥーンを憎んでおり、酒浸りの生活を送っていた。

エディはマルーンにジェシカの浮気現場を押さえるように依頼される。生活に困っていたエディはしぶしぶ了承。そして、彼女の浮気の証拠をつかみ、写真をロジャーに見せた翌日、ジェシカの浮気相手にしてトゥーン・タウンの所有者:マービン・アクメが何者かに殺害された。金庫を頭上から落とされるというトゥーンのような手口で。そしてその手口は、かつてエディの弟が頭の上にピアノを落とされて殺された方法と全く同じだった。

この事件に、新任のドゥーム判事が乗り出した。彼はトゥーンたちを嫌い、本来不死身のトゥーンを溶かして元の絵具に戻してしまう溶解液「ディップ」を発明しており、容疑者であるロジャーを「処刑」しようとする。逃亡犯となったロジャーはエディの私立探偵事務所に逃げ込んで救いを求め、懐中の窮鳥ならぬロジャーを見殺しにはできないエディは、事後従犯覚悟でロジャーを匿いつつ調査を進める。そしてその調査によって、この事件には大きな裏があり、トゥーン・タウン全体の運命が関わっていることが明らかになっていく。

キャスト編集

(実写)(日本語吹替 - ソフト版/機内上映版)編集

エディ・バリアント
ボブ・ホスキンス(吹き替え:内海賢二/田中信夫
本作の人間側の主人公。かつて弟のテディ、ガールフレンドのドロレスと共に私立探偵事務所を開いており、トゥーンに関わる事件(1937年ドナルドダック誘拐事件や、1940年グーフィースパイ容疑を晴らすなど)を担当していた探偵。しかし、5年前に起きたトゥーンタウン銀行強盗事件の犯人の追跡中に、弟のテディが犯人のトゥーンによって頭にグランドピアノを落とされ死亡した。その惨劇の生々しい事件の記憶からトゥーン・タウンに行かなくなり、トゥーンのジョークやギャグを嫌って酒浸りの生活を送り、いわゆるおちぶれ寸前の中年男に成り下がってしまった。笑うことをやめたせいで常に仏頂面で、すぐに癇癪をおこす。ロジャーにも心を開こうとはしないが、ロジャーが失踪した後に起きたマービン・アクメ殺人事件に巻き込まれ事件を追ううちに、ロジャーと不思議な友情が芽生えていく。嫌っていてもトゥーンを想う気持ちはまだ残っており、ロジャーの悪ふざけに憤りながらも事件の真相を調査し、その結果、マービン・アクメ殺人事件や弟の死につながったトゥーン・タウンの銀行強盗事件がドゥーム判事によるものと突き止め、ドゥーム判事やトゥーン・パトロールのイタチ達を倒し、事件を解決した。その後再びロジャーのジョークにやられたが、かつてロジャーにやられたキスを仕返しにロジャーへとやったことにより和解し、ロジャー達と共にトゥーン・タウンへと行った。
ドゥーム判事
クリストファー・ロイド(吹き替え:大木民夫
トゥーンタウンに出所不明の大金をばらまき当選した、厳格で冷酷非情な判事。エディと同様に、トゥーンのジョークやギャグを嫌っているが時折見せる行動や発言はトゥーンそのものでエディからも「ロジャーよりトゥーンだな」と言われるほど。犯罪を犯したトゥーンには一切の情けをかけずにディップ(溶解液)で溶かしていく。アクメ殺害の事件を担当し、トゥーン・パトロールを雇ってロジャーを有罪・死刑にしようとする。その正体は、マービン・アクメとR.K.マルーン殺害の真犯人にして、5年前に起きたトゥーンタウン銀行強盗事件を引き起こし、エディの弟テディを殺した張本人。エディは犯人の「甲高い声とギラギラ光る目」を克明に覚えており、ひどく怯えていた。ロジャーたちを追い詰める過程でロードローラーに潰され、人間への偽装を解く。それまでの厳格さから一転、人間のエディに向けて殺人トゥーンジョークを繰り返す狂気的な形相に変貌し、あまりの不気味さや人間もトゥーンも平気で殺せる冷酷さにロジャーすら言葉を失った。一連の事件はトゥーン・タウンを消して跡地をフリーウェイ建設用地として売り飛ばすために起こしたもので、エディとロジャーたちの抹殺を試みるが、最後にエディの悪あがきによって逆に自らがディップ(溶解液)で溶かされ死亡した。ドゥーム自身もトゥーンである事がわかったが、彼の体は全てマスクと服に覆われていたので正体は一切不明のままでバッグスを始めとするトゥーン達からは「自分と同じ種族じゃない」と言われた。
ドロレス
ジョアンナ・キャシディ(吹き替え:横尾まり
本作の人間側のヒロイン。ターミナル・バーで働くエディのガールフレンド。テディの死以降、関係は冷え切っていたが、エディとロジャーの逃亡劇に巻き込まれていくうちに昔の思いを取り戻し最終的に和解。ドゥームに追われている中、ロジャーとエディを隠れ家に匿ってくれたりと、二人の危機の手助けをしたりする。事件後、エディやロジャー夫妻とともにトゥーンタウンへと向かった。
マービン・アクメ
スタッビー・ケイ(吹き替え:緒方賢一
トゥーンのアニメーション映画の小道具を担当しているおもちゃ会社『アクメファクトリー』の社長で、トゥーン・タウンの所有者。ジェシカ目当てでクラブに通い密会をしていたが、その現場がエディに押さえられた翌日、アクメファクトリー内で頭上に金庫を落とされ、遺体として見つかる。その後、ドゥームは彼が遺した遺言書を狙っており、イタチ達に探させている。
R.K.マルーン
アラン・ティルヴァーン(吹き替え:藤本譲
ロジャーが出演する映画の会社『マルーン・カートゥーン・スタジオ』の社長。ジェシカの浮気を気にしているロジャーに撮影に集中してもらうために、エディに100ドルの報酬で浮気現場を押さえてほしいと依頼し成功するが、それはトゥーン・タウンを手に入れて撮影所ごと売り飛ばすためであった。その事実をエディに告げた直後、ドゥームに背後から撃たれて殺害された。
サンティーノ警部補
リチャード・ルパルメンティエ(吹き替え:広瀬正志
マービン・アクメ殺人事件の捜査を担当する刑事。バリアント兄弟、特に弟のテディとは親友だった。ドゥームが判事になった経緯と、ディップの原料(テレビン油アセトンベンジン)をエディに教える。ドゥームがトゥーンで、全ての事件の真犯人であることを知ると「トゥーンの面汚しだ」と死んだ彼を軽蔑した。

(トゥーン)編集

ロジャー・ラビット
チャールズ・フライシャー(吹き替え:山寺宏一
本作のトゥーン側の主人公。仕事でもプライベートでも人を笑わせることが生きがいの陽気なウサギ。性格はかなりのお調子者であるが活発でじっとしていることが大嫌いで、単調なリズムに耐えることができない。酒を飲ませると周囲を巻き込み、物体を破壊したり鼓膜が破れそうな声をあげるほどの強烈な暴走をしてしまうため、アルコールの飲酒は控えている。その下戸っぷりは、本人も自覚している程。マルーン・カートゥーン・スタジオのアニメーションに出演する看板スター。プライベートでは、誰よりも妻のジェシカを愛しており、彼女以外の女には一切興味を持たない。最近はジェシカの浮気が気になり、スランプに陥っている。彼のミスが原因で撮影は24回失敗中であり、その度に撮影を中止に追い込んでいる。エディとマルーンから浮気現場の写真を見せられた翌日、浮気相手が殺害され、容疑者にされたため、エディに助けを求める。吹替版では基本的に一人称は「僕」だが稀に「俺」と呼ぶ(字幕版での一人称は「俺」が多かった)。事件当時、楽屋から手に入れた紙をジェシカへのラブレターとして使うが、終盤ではこれが出たり消えたりするインクを使って書いた、アクメの遺言書であることが判明する。その後、エディに再びジョークをかますが、逆に仕返しとして自分がしたキスをエディにやられた事で彼と和解し、ジェシカとエディ達と共にトゥーン・タウンへと帰った。
ジェシカ・ラビット
キャスリーン・ターナーエイミー・アーヴィング (歌声のみ)(吹き替え:一城みゆ希
本作のトゥーン側のヒロイン。人間の姿をしたトゥーンで、謎のセクシー美女だが、プライベートではロジャーの妻(「ラビット」は苗字)で仕事が終われば一緒に帰宅し、キスしたり子供っぽい遊びをしてイチャイチャしたりするが、彼のためにキャロットケーキを焼くなど妻らしい一面もある(終盤での台詞から)。自他共に認めるダイナマイトボディの持ち主で、会員制ナイトクラブ「インク・ペンキクラブ」の歌姫として人間の男の相手をしている。特にアクメに関しては、自身の密会を断ればロジャーを雇わないと言う約束を取り付けられてしまい、ショーが終わると彼と楽屋でよく密会している。しかし、誰よりもロジャーのことを心から愛しており、ロジャーの為ならどんなこともする覚悟を持っている。ロジャーが容疑者にされた際には、エディを平手打ちで払いのけるなどおてんばな一面を見せたり、トゥーン・タウンでドゥームに背後から狙われているエディを拳銃で助けるなどクールな一面も持ち合わせている。事件解決後は再会したロジャーに熱く猛烈なキスをし、ロジャーとエディがお互いのジョークで和解したのを見届けると、ロジャーとエディ達と共にトゥーン・タウンへと帰った。本作ではターナーおよびアーヴィングともにクレジットされていない。
ベニー・ザ・キャブ
チャールズ・フライシャー
黄色いタクシーのおしゃべりなトゥーン。運転手がいなくても自分で走れ、またタイヤがやられても本物の車を運転できる。ロジャーとは古くからの付き合いがある。行きたい方向へ親指を向ければ、どんなところにもやってくる。ドゥームの策略でディップ(溶解液)に触れてしまうが、幸いタイヤだけで本体は溶かされずに済んだ。アクメファクトリーでのドゥームとの対決後には、サンティーノ警部補達を連れてきた。
ベビー・ハーマン
ルー・ハーシュ英語版(吹き替え:石森達幸
ロジャーの共演者。外見は赤ん坊で、撮影中も可愛らしい声色(エイプリル・ウィンチェル英語版(吹き替え:松本梨香))で演技するが、実年齢は50歳の中年男。撮影の合間は葉巻を吸ったり、女性の尻を触るなどのセクハラをしたり、何度もNGを繰り返すロジャーを罵倒するなど物腰は荒々しいが、ロジャーの良き理解者であり親友でもある。
ミセス・ハーマン
エイプリル・ウィンチェル英語版(吹き替え:鈴木れい子
ロジャーとベビーのアニメシリーズの新作『ザ・バニー・シッター』で、ベビーの母親役を演じている女性。その実体は脚だけで小道具とスタッフによるものであった。
ボンゴ・ザ・ゴリラ
モーガン・デア(吹き替え:島香裕
ナイトクラブの番人。
トゥーン・パトロール
ロジャー・ラビットを確保するためドゥーム判事が雇ったイタチの捜索隊。「イタチ団」とも翻訳される。
イトコのハイエナは前回笑い死にしていることを作中で語られ、本人達も笑い始めると止まらない。メンバー全員が英単語から名前がきている。アクメファクトリーでの戦いで、ほぼ全員がエディの見せた芸によって笑い死にした。
スマート・アス
デヴィッド・L・ランダー英語版(吹き替え:二又一成
イタチのリーダー。茶色の毛色を持ち、左のポケットに金の鎖、ネクタイには宝石、薄ピンクのダブルブレストスーツを身につけている。葉巻もしくはリボルバー、ナイフを所持している。終盤では、ロジャー・ラビットとジェシカを捕らえディップで溶かそうとするも、エディに蹴り飛ばされ舞い上がった挙句に、ディップに溶かされて帽子を残して死亡した。それなりに頭も良い。
名前の由来は「賢いふり、知ったかぶり」という意味の"smart-ass"。
グリージー
チャールズ・フライシャー(吹き替え:鈴木勝美
脂ぎった黒い長髪と暗褐色の毛色を持っており、緑色のズートスーツを着用しズボンは胸まで上げている。リボルバーとナイフを武器としている。強いスペイン語訛りの英語を話す、おべっか使い。エディの機転で4番目に笑い死にした。
名前の由来は「脂ぎった、お世辞たらたらの」という意味の"greasy"。
サイコ
チャールズ・フライシャー(吹き替え:納谷六朗
白の拘束衣(Canadian Long Jacket)を着用し、カミソリを武器としている。つんつん頭とギラギラ光る目玉が特徴。「ヒヒヒヒヒ」と、甲高い声で笑う。グループ中、精神的に最も不安定である。エディの機転で笑い死にしかけ、ロードローラーに轢き殺された。
名前の由来は「精神病者」という意味の"psycho"。
スチューピッド
フレッド・ニューマン英語版
青と白のストライプのTシャツを着て、プロペラのようなものがついた帽子を被っている。間抜けな顔と肥満体が特徴。武器は釘バットを使用している。5人の中で一番目にエディの機転で笑い死にした。
名前の由来は「ばか者、まぬけ」という意味の"stupid"。
ウィージー
ジューン・フォーレイ
しわだらけのシャツと緩く結んだタイ、黒のベストを着用している。常にゼーゼー言っているヘビースモーカー。武器はトンプソン・サブマシンガンを使用している。2番目に笑い死にした。
名前の由来は「ゼーゼーいう」という意味の"wheezy"。

カメオ出演編集

前述にもあるように、同作はクロスオーバー作品で、ディズニー以外のアニメキャラクターも多数出演している。劇中エディが車で訪れるトゥーンタウンの世界観は、ディズニーが製作したシリー・シンフォニーシリーズの中の『子守唄』をモチーフとしており、太陽は短編『ノアの箱舟』から、木々や植物は『ファンタジア』と『花と木』からそれぞれ引用された。ダウンタウンの世界観は短編作品の『ちいさいおうち』や『うさぎとかめ』等からの引用。

キャラクターたちのカメオ出演は細かい部分にまで及んでおり、街中のポスターやシルエットなどで確認できるキャラクターもいる(ピグレット等)。ディズニー以外の会社のメジャーなキャラクターのみならずサブキャラクターらも細かい部分で多数出演しており、MGMの短編アニメ『デカ吉チビ助のアフリカ探検』で登場する緑色のタコ(同作品ではバーテン役)や、『ベティ・ブープ』に登場するウィッフル・ピッフル、『ウッディー・ウッドペッカー』のパパ・パンダ、ルーニー・テューンズの短編『幻のドードーを探せ』のドードー鳥などが例として挙げられる。ちなみに、実際には登場していないがフィリックス・ザ・キャットは、マルーンのオフィスにある写真立てで確認できる。またトゥーンタウン内でエディを追い回すキス魔の「リーナ・ハイエナ」も原作があり、40年代当時はアニメとしてのキャラクターではなく『Li'l Abner』というコミックキャラクターで、同作品で初めてアニメーションとして登場している[9]

なお、キャラクターの声を担当する声優は製作当時、現役の専属声優が起用されたものの、日本語吹替版では製作当時ディズニー以外以外の会社のメジャーなキャラクターは専属の吹替声優が定まっていなかった事から独自の配役がなされている。

ウォルト・ディズニー・カンパニー編集

ワーナー・ブラザース編集

MGM編集

パラマウント映画編集

コロンビア映画編集

ユニバーサル・スタジオ編集

20世紀フォックス編集

RKO編集

削除シーン編集

備考編集

  • この映画のほかに、ロジャー・ラビットの出演する短編アニメが3作品製作されている。この作品にはロジャー、ジェシカ、ベビーの他、長編映画同様にMGMからドルーピーがゲスト出演している。この3本は『ロジャーラビット イン トゥーンタウン』というビデオの他、DVD『ロジャー・ラビット コレクターズ・エディション』とブルーレイ『ロジャー・ラビット 25周年記念版』の特典ディスクに収録されている。
    • 1989年6月23日公開のショートアニメ映画『おなかが大変!』 (Tummy Trouble)
    • 1990年6月15日公開のショートアニメ映画『ローラー・コースター・ラビット』 (Roller Coaster Rabbit)
    • 1993年3月12日公開のショートアニメ映画『キャンプは楽しい』 (Trail Mix-Up)
  • アメリカにて高画質の映像ソフトが発売された際、卑猥な場面が存在すると雑誌などで取り沙汰された[12]。問題となったのはジェシカ・ラビットの下着が無いとされるシーンと、ベビー・ハーマンが中指を立てるシーンである。再生速度の問題で通常は見えなかったのだが、ソフトにてコマ送りができるようになったため確認できるようになった。ジェシカのシーンに関しては実際に意図したものなのか、作画ミスなのかははっきりしていない[13]。どちらのシーンもDVD化の際に修正された[14]
  • 挿入歌の「Smile, Darn Ya, Smile!」はワーナー・ブラザースの同名のメリー・メロディーズ作品(邦題:フォクシーの怪電車)からの引用。
  • この映画が1989年12月23日に、最初にレーザーディスクで日本語吹き替え版が発売された際、「トゥーン」という言葉が日本ではあまり認識されていなかったため「アニメ」という言葉で置き替えられ、「トゥーンタウン」も「アニメタウン」という言葉に変えられた。字幕版と1996年に公開となった東京ディズニーランドでは「トゥーン」と「トゥーンタウン」の言葉が使用されている。
  • 同作品の翌年に公開された「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」では監督が同じためかロジャー・ラビットのぬいぐるみの登場するシーンが有る。また「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」のNGシーンではマイケル・J・フォックスがイタズラで狩の獲物としてロジャー・ラビットのぬいぐるみを持ってくるカットが存在する。
  • カメオ出演するバッグス・バニーは前半と後半でデザインが違っており、初期のデザインのバッグス・バニーはエディがマルーン・スタジオの外を歩くシーンとトゥーンタウンで空から落ちるシーンで確認できる。また、現在のデザインのバッグス・バニーはラストシーンで確認できる。

関連作品編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集