島野育夫

日本の野球指導者、解説者、元プロ選手

島野 育夫(しまの いくお、1944年3月30日 - 2007年12月15日)は、栃木県宇都宮市出身のプロ野球選手外野手)、コーチ、監督野球解説者

島野 育夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県宇都宮市
生年月日 (1944-03-30) 1944年3月30日
没年月日 (2007-12-15) 2007年12月15日(63歳没)
身長
体重
175 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1963年
初出場 1963年10月22日
最終出場 1980年10月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 阪神タイガース (1980 - 1984)
  • 中日ドラゴンズ (1986 - 1991)
  • 阪神タイガース (1992 - 1994)
  • 中日ドラゴンズ (1995 - 2001)
  • 阪神タイガース (2002 - 2003, 2005 - 2006)

コーチ時代は相手の癖を盗む特技を生かし、 三宅博は著書で、センスを持ったクセ盗みの名人と記している[1]。特に星野仙一との監督・コーチコンビでは中日ドラゴンズ阪神タイガースで優勝を経験しており、低迷期の長かった阪神にあって、島野が在籍していた時期は最下位になったことは一度もなかった。

長男は元競輪選手で現在は柔道整復師島野敦識[2]

孫は関西学院大学体育会サッカー部所属の島野文兵。

経歴 編集

プロ入りまで 編集

作新学院高校時代の1961年中堅手として1学年下の八木沢荘六高山忠克らとともに第33回選抜高等学校野球大会に出場した。作新学院はセンバツ初出場であったが、2回戦で高松商に敗退[3]。同年の春季関東大会では決勝に進むが、法政二高柴田勲に抑えられ敗れた。夏の甲子園予選北関東大会でも決勝に進むが、宇都宮学園に惜敗し、甲子園に出場できなかった。卒業後は社会人野球明電舎に進み、1962年都市対抗東京都予選準決勝に進出するが、船田和英のいた北洋水産に敗れた。

現役時代 編集

中日ドラゴンズ時代 編集

1963年に中日ドラゴンズへ入団。

1965年には一軍に定着し中堅手、右翼手として32試合に先発出場した。しかし当時の中日は江藤慎一中暁生葛城隆雄ら外野手の層が厚く、控え・守備要員としての起用が主だった。

南海ホークス時代 編集

1968年シーズン途中に佐藤公博とともに、堀込基明との交換トレード南海ホークスに移籍した。

1969年左翼手の定位置を獲得し、初めての規定打席(20位、打率.266)に達した。翌年に門田博光が台頭して外野手のレギュラーを外れた。

1973年にはリードオフマンとして中堅手に定着し61盗塁を記録(キャリアハイ)、9試合連続盗塁を記録したほか(周東佑京2020年10月27日ロッテ戦で10試合連続盗塁で更新されるまで球団記録)[4]ダイヤモンドグラブ賞を受賞し、リーグ優勝に貢献した。同年の読売ジャイアンツとの日本シリーズは全5試合に1番として先発出場し、20打数5安打を記録したが、最終第5戦では最後の打者になっている。

1974年には打率.274(13位)を残し、1974年・1975年ともダイヤモンドグラブ賞を受賞した。

阪神タイガース時代 編集

1976年江夏豊望月充との交換トレードで、江本孟紀池内豊長谷川勉とともに阪神タイガースに移籍した。

1980年をもって現役引退した。

現役引退後 編集

1981年から、阪神の一軍守備・走塁コーチに就任した。

1982年8月31日大洋ホエールズ戦で、石橋貢の捕球に対する判定を巡って柴田猛とともに審判に暴行し、無抵抗状態の審判を殴り蹴り続けた(横浜スタジアム審判集団暴行事件)。この暴行は映像がテレビ中継で流れ、永久追放を求める声も出た。翌9月1日、無期限出場停止の処分を受けるが、翌1983年3月に解除された。

1984年シーズン終了後に退団し、サンテレビジョン野球解説者を務めた。

1985年に優勝した阪神のビールかけにも参加した。

1986年から、中日の一軍外野守備・走塁コーチに就任した。

1987年星野仙一が監督に就き、以降は星野とともに活動する機会が増えた[5]千原陽三郎から「コイツは必ずドラゴンズの監督になるから。そのときは島野、お前が助けてやれ」と言われた[6]落合博満は「島野コーチだけは選手の不平不満をちゃんと聞いてやり、ストレス解消と緩衝材としての役割を果たしていた」と語っている[7]1988年の優勝に貢献した[6]彦野利勝を徹底的に鍛え、守備力をアップさせ、彦野は「1番・センター」としてリーグ優勝に貢献し、ゴールデン・グラブ賞も受賞した[8]

1991年、星野の辞任に伴い中日を退団。

1992年に阪神に一軍外野守備・走塁コーチ(三塁ベースコーチ)として復帰した。2軍コーチだった柏原純一は「1軍に送り出した亀山新庄にコーチとして思い切りプレーできる環境をつくったのは島野育夫さんだった。怒らせた怖い人だが、面倒見はよかった。新庄も尊敬するコーチとして自分と島野さんの名前を何度も挙げていた。目立ちたがり屋だけど、準備はおそろかにしない彼の取り組む姿勢を知っていたからこそ、壁になって新庄を守っていたんだ。95年に阪神退団が決まった後も、島野さんに声をかけていただいた。中日に1軍打撃コーチとしてお世話になった。」[9]と述べている。

1995年、中日に二軍監督として4年ぶりに復帰した。監督の高木守道が成績不振と健康問題で6月2日で休養し、6月3日からヘッドコーチの徳武定祐監督代行を務めたが、徳武監督代行も12勝25敗と成績が上がらず、7月23日に解任が発表され、球宴明けの7月29日から島野が監督代行を務め[10]、54試合で采配を振るった[11]。7月30日の広島戦(広島市民)、9点差の劣勢を跳ね返し勝利、9点差以上の逆転勝利は33年ぶり5度目だった[12]。成績は25勝29敗で、最下位から5位に上がった[12]

1996年からはヘッドコーチに就任。

1999年第2次星野政権のリーグ優勝に貢献した[6]

2000年5月6日の横浜戦で球審の橘高淳への暴行で退場となり、出場停止処分になった際は監督代行を務めた。

2001年オフ、阪神の監督に招聘された星野からの強い要請を受け、中日・阪神間の交渉を経て、翌2002年1月10日に阪神にヘッドコーチとして移籍した。既に前年末時点で、島野は二軍監督として2002年の中日コーチングスタッフが発表されていたため、反故にされた中日側からは批判の声が上がったが、星野は「オレと島ちゃんはどんな名刀でも切り裂くことができない」とし、「非はこちらにあるが勘弁してくれ」と中日側を説得したという。当時2軍監督の岡田彰布は「島野さんは現役の時から一緒にやってるから、二軍との風通しはたいぶ良くなったよ。」[13]と述べている。

2003年のリーグ優勝に貢献した。星野は著書の中で、「野球の原点と戦術にたけたベテランコーチ」と評価している[14]下柳剛は「島野さんという人は親父であり、上司であり、時には兄貴のような人、あるときは仲間でもあった」と語っている[15]。同年シーズンを以っての星野の勇退とともにコーチを辞任し、フロント入りした。

2005年にオーナーの久万俊二郎の鶴の一声で、一軍総合コーチとして現場復帰した[7]

2006年二軍監督に配置転換となったが、4月26日から胃潰瘍により長期入院となりチームを離れた。島野の休養中は、二軍打撃兼守備コーチの立石充男が二軍監督代行を務めた。

2007年、二軍監督を平田勝男に譲って現場から離れ、総合特命コーチに就任し、翌年からは球団アドバイザーに肩書きが変更になる予定だったが、胃癌のため12月15日に兵庫県西宮市の病院で死去した。63歳没。

2008年3月5日の京セラドームでのオープン戦が、追悼試合として行われ、星野と田淵幸一始球式を行った。

亡くなる数か月前、神戸市三宮に創作洋食の店をオープンし、オーナーとして経営していた。島野が亡くなってからは夫人が店長兼オーナーを務めた。

詳細情報 編集

年度別打撃成績 編集

















































O
P
S
1963 中日 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1964 44 28 27 8 5 1 0 0 6 3 2 1 0 0 1 0 0 11 0 .185 .214 .222 .437
1965 99 169 155 23 30 2 3 2 44 14 14 5 3 2 8 0 1 36 2 .194 .235 .284 .519
1966 104 141 126 16 30 2 1 1 37 10 7 4 5 1 7 0 2 13 0 .238 .287 .294 .580
1967 86 151 136 13 28 2 1 0 32 8 2 2 7 1 6 0 1 33 0 .206 .243 .235 .478
1968 22 20 20 2 2 1 0 0 3 0 1 1 0 0 0 0 0 6 0 .100 .100 .150 .250
南海 91 139 124 21 28 2 2 4 46 12 14 3 4 1 10 0 0 26 1 .226 .281 .371 .652
'68計 113 159 144 23 30 3 2 4 49 12 15 4 4 1 10 0 0 32 1 .208 .258 .340 .598
1969 119 412 380 38 101 12 2 6 135 28 21 6 6 1 23 0 2 58 11 .266 .310 .355 .666
1970 81 165 154 20 45 5 1 1 55 9 5 6 2 0 8 0 1 18 1 .292 .331 .357 .688
1971 82 89 84 17 15 0 0 0 15 3 7 1 0 0 5 0 0 19 1 .179 .225 .179 .403
1972 85 203 185 28 52 5 4 0 65 14 12 3 1 3 13 1 1 16 2 .281 .327 .351 .678
1973 130 594 559 68 141 17 2 2 168 28 61 14 8 0 27 0 0 46 10 .252 .287 .301 .587
1974 106 413 380 55 104 17 6 2 139 25 30 17 2 3 26 1 2 39 4 .274 .321 .366 .687
1975 103 402 375 44 86 11 4 2 111 30 28 7 4 2 21 1 0 34 4 .229 .269 .296 .565
1976 阪神 78 70 67 16 12 2 0 0 14 2 11 3 0 0 3 0 0 21 1 .179 .214 .209 .423
1977 68 76 65 15 17 3 0 1 23 9 7 0 5 0 6 0 0 10 0 .262 .324 .354 .678
1978 89 196 179 22 34 8 1 3 53 16 9 0 4 1 9 1 3 30 4 .190 .240 .296 .536
1979 43 14 12 10 3 0 0 0 3 0 14 2 0 0 2 0 0 3 1 .250 .357 .250 .607
1980 35 0 0 15 0 0 0 0 0 0 6 3 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:18年 1466 3283 3029 431 733 90 27 24 949 211 251 78 51 15 175 4 13 419 42 .242 .285 .313 .598
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰 編集

記録 編集

背番号 編集

  • 11 (1963年 - 1964年)
  • 33 (1965年 - 1968年途中)
  • 10 (1968年途中 - 1975年)
  • 8 (1976年 - 1980年)
  • 88 (1981年 - 1984年)
  • 76 (1986年)
  • 68 (1987年 - 1989年)
  • 81 (1990年 - 1991年)
  • 73 (1992年 - 1994年)
  • 91 (1995年、2005年 - 2007年)
  • 78 (1996年 - 2003年)

関連情報 編集

出演 編集

脚注 編集

  1. ^ 三宅博著、虎のスコアラーが教える「プロ」の野球観戦術、2013年、祥伝社、P26
  2. ^ “数年後のシマちゃんは「ウフフフ」”. Sponichi Annex. (2015年12月1日). https://www.sponichi.co.jp/gamble/yomimono/jinmyak/kiji/K20151201011607730.html 2020年9月10日閲覧。 
  3. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  4. ^ ソフトバンク周東が福本豊の日本記録に王手 10戦連続盗塁にどよめき - 西日本スポーツ 2020年10月27日
  5. ^ 星野の妻が病死した際は葬儀にも納骨まで出席し、晩年まで墓参りを欠かさなかった。田淵幸一山本浩二と星野の「友達」関係とはまた違う、職場関係を越えた深い仲にあった([いつ?]デイリースポーツの島野コラムより)。
  6. ^ a b c 【こぼれ話】まさに一期一会。星野さんと島野さんを繋いだ52年前の運命の出会い 中日ドラゴンズオフィシャルサイト
  7. ^ a b サンケイスポーツ内コラム「猛虎水滸伝」、2012年7月29日
  8. ^ 恩師の一言が生んだ覚醒「お前、わかってるやろな」 報道陣も驚いた異例の“罰則””. full-count (2023年12月10日). 2023年12月23日閲覧。
  9. ^ スポーツニッポン2022年3月26日11版、柏原純一の我が道㉕、引退と同時、フロリダでコーチ修行
  10. ^ 監督代行の代行/メモ
  11. ^ 日本プロ野球平成の名将―1989ー2012、2012年、ベースボール・マガジン社、P103
  12. ^ a b 球界デキゴトロジー/7月30日 島野育夫監督代行率いる中日が9点差の大逆転勝利(1995年7月30日) 週刊ベースボール2018年7月30日
  13. ^ ベースボールマガジン2015年3月号監督1年目の群像、岡田彰布[元阪神・オリックス監督]、[やりたいことをやるしかない。1年目だからって、周囲の声に惑わさせてはあかん!」58頁
  14. ^ 夢 命を懸けたV達成への647日、2003年、角川書店、P40
  15. ^ 本邦初公開 下柳氏が楽天入団時に背番号「91」選んだ理由 スポーツニッポン

関連項目 編集

外部リンク 編集