内海桂子

日本の女性芸人、漫才師、女優

内海 桂子(うつみ けいこ 1922年9月12日[注釈 1] - 2020年8月22日[2])は、日本芸人漫才師女優漫才協会名誉会長、マセキ芸能社所属。本名は安藤 良子(あんどう よしこ)。

内海 桂子
桂子・好江(1955年。左が内海桂子)
内海桂子・好江(1955年。右が内海桂子)
本名 安藤 良子 (あんどう よしこ)
生年月日 (1922-09-12) 1922年9月12日
(戸籍上は1923年1月12日)
没年月日 (2020-08-22) 2020年8月22日(97歳没)
出身地 東京都台東区浅草
血液型 A型
言語 日本語
方言 江戸弁
コンビ名 内海桂子・好江(1950年 - 1997年
芸風 都々逸漫談軽口
事務所 マセキ芸能社
活動時期 1938年 - 2020年
配偶者 成田常也
弟子 ナイツ
公式サイト プロフィール
受賞歴

1958年 第4回NHK新人漫才コンクール優勝
1961年 芸術祭奨励賞受賞
1980年 日本芸能実演家団体協議会功労賞表彰
1982年 芸術選奨文部大臣賞受賞
1987年 第15回日本放送演芸大賞功労賞受賞
1988年 花王名人劇場功労賞受賞
1989年 紫綬褒章受章
1990年 第7回浅草芸能大賞受賞
1994年 第45回放送文化賞受賞
1995年 勲四等宝冠章受章

2001年 第1回笑芸人大賞受賞
テンプレートを表示

来歴・人物編集

内海好江と約半世紀に渡って音曲漫才コンビ内海桂子・好江1950年 - 97年)を組んで人気となった。今村昌平との縁で横浜放送映画専門学院(現:日本映画大学)の専任講師も務めた。

桂子の当時の相方と好江の母親が兄弟弟子という縁で、当時14歳の好江を預けられる形でコンビを組んだ[3]。好江とは14歳差で血縁関係はない。

好江の没後は漫才協団会長として東京演芸界を率いる傍ら、最古参の現役ピン芸人として都々逸漫談、「名鳥名木 何の木に留めた」、「○○尽くし」等の軽口もこなす。笑組ナイツロケット団ら協会所属の若手の舞台に客演したり、デーブ・スペクターらと余興で漫才をする場合もある。2011年(平成23年)8月7日に放送された『笑点』には、あした順子とコンビを組んで出演。死去報道後初となる2020年8月30日の放送の最後には、追悼映像が流された。また、翌週の9月6日の放送では、追悼企画として桂子と好江による生前の漫才の映像が流された。

桂子・好江の漫才コンビ時代から時流に敏感で、舞台でタイムリーな話題を織り交ぜているのは勿論、近年は公式HPやブログを立ち上げ自らの文章で更新する(共に2012年時点で現存はするものの更新していない)などチャレンジ精神も旺盛。2010年8月からはTwitterのアカウントを取得し、自らの言葉でツイートを1日数回程度の割合で行っている[注釈 2][4]。内海は若い時に内外への慰問を続けていたが、それゆえ毎年8月になると必ずTwitterに広島・長崎への原爆投下や終戦への思い、そして自らの経験にについて 「戦争が終わった安堵感」と「戦争仕掛人の手助けをした」という思いを語り続けた[5]

フリーアナウンサー大沢悠里からは実母と同年代生まれである事から「おっかさん」と頼られ、内海も現夫・成田常也からの求婚の際には「どうだかね」と相談し「いいんじゃないの、おっかさん」とアドバイスされるなど、よき関係を続けている。大沢悠里のゆうゆうワイドの投稿コーナー『お色気大賞』では、話の終わりのおちゃらかしに内海のお説教が放送される事がある[注釈 3]

2020年(令和2年)8月22日23時39分、多臓器不全のため、東京都内の病院で死去[6][7][8]。97歳だった。死去の一報は、長年付き合いがあったスポーツニッポンが葬儀翌日の28日に裏一面と芸能面を使いスクープした。墓所は東京都台東区の行安寺[9]

年表編集

染芳がヒロポン中毒になり別離。
染芳の他、10名ほど相方を替える。

一門編集

  • 1950年当時人気絶頂の初代内海突破にあやかって、勝手に『内海』の屋号を名乗っていたが、その後突破が低迷する反面桂子・好江の人気が出たため、突破の方から「桂子・好江はワシの弟子なんや」と言い出し、その結果内海一門の客分に迎えられた。従って獅子てんや・瀬戸わんやは弟弟子に当る。
  • 直弟子に笑組ナイツ等が居る。俳優志望だったウッチャンナンチャンの2人も、横浜放送映画専門学院在学中に桂子から漫才転向を勧められ、その後マセキ芸能社の後輩となったため、事実上弟子扱いされている。1997年の好江死去の際には、好江宅にウッチャンナンチャンの二人が弔問に訪れた。

著書 レコード編集

  • 『転んだら起きればいいさ―女芸人の泣き笑い半生記』 主婦と生活社、1989年、ISBN 4391111500
  • 『私は学校に行かれなかった―のびのび人生論』 ポプラ社、1991年、ISBN 4591037835
  • 『七転び八起き人生訓―ことわざは私の“師匠”だった』 主婦と生活社、1991年、 ISBN 4391113929
  • 『桂子のネジ巻き人生七十年』 PHP研究所、1992年、ISBN 4569536506
  • 『ひょうたんから愛―恋文の三百通に寄り切られ』 主婦と生活社、1992年、ISBN 4391114860
  • 『七年目の本気―内海桂子の「青春」』 法研、1995年、ISBN 4879541192
  • 『さあ、もう一歩踏み出してみようよ』 海竜社、1998年、ISBN 4759305653
  • 『桂子八十歳の腹づつみ』 東京新聞出版局、2001年、ISBN 4808307391
  • 『「東京漫才」列伝』(富澤慶秀との共著) 東京新聞出版局、2002年、ISBN 4808307723
  • 『悩むヒマありゃ、動きなさいよ! 死ぬまで現役、90歳!!』 牧野出版、2012年、ISBN 4895001547
  • 『師匠!』集英社、2012年、ISBN 9784087814880
  • 『機嫌よく暮らす―桂子師匠90歳、元気の秘密』内海桂子(著)石橋英明(監修)、マキノ出版、2013年 ISBN 9784837671930
  • 『内海桂子90歳 アイアンボディの秘密』祥伝社、2013年、ISBN 9784396614607
  • 『内海桂子 人生は七転び八起き』飛鳥新社、2020年9月(予定)ISBN 9784864107556[16]

レコード

  • キャディーさんのひとりごと〜練習してからまたおいで〜 B面キャディーさんの本音(キャディーズ)

1983年ポリドール(内海桂子好江)

出演歴編集

テレビ編集

バラエティ・トーク番組

ドラマ

ラジオ編集

映画編集

MV編集

CM編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 戸籍上は1923年1月12日(この日に出生届を提出したため)[1]
  2. ^ ただし、投稿をはじめとする作業はすべてマネージャーである夫が行っていた
  3. ^ 「ふざけんじゃないよ! 黙って聞いてりゃいい気になって。悠里、いい加減にしろよ! 何バカな事言ってるんだよ、恥を知れ恥を。 水でもかぶって頭冷やしておいで!」と流れ、大沢が「はい、済みません」と反省したり、ごくまれに「俺が言ったんじゃないですよ」「そこまで言わなくてもいいじゃないか!」と」逆ギレするパターンなど

出典編集

  1. ^ 内海桂子twitter 2:27 - 2020年1月12日
  2. ^ 弊社所属 内海桂子に関するご報告”. マセキ芸能社 (2020年8月28日). 2020年8月30日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ 279号 注目の人 漫才師/内海 桂子さん”. Wendy-Net. 2019年6月19日閲覧。
  4. ^ 「95歳のつぶやき」が話題、内海桂子師匠がツイッターで紡ぐ“大切な日常””. oricon news (2018年8月24日). 2019年2月25日閲覧。
  5. ^ 内海桂子さん「私も戦争に加担していたのかも」 毎年Twitterで当時を振り返っていた”. HUFFPOST (2020年8月28日). 2020年8月28日閲覧。
  6. ^ 内海桂子師匠、97歳大往生 夫らに見送られ旅立ち…芸歴81年「桂子・好江」で女流漫才の草分け”. スポニチ (2020年8月28日). 2020年8月28日閲覧。
  7. ^ 内海桂子さん死去97歳 ナイツら若手育成にも尽力 - 日刊スポーツ 2020年8月28日
  8. ^ 内海桂子さん97歳で死去 女性漫才師の第一人者、戦後のお笑い界の礎つくる”. 東京新聞. 2020年8月28日閲覧。
  9. ^ 内海桂子さん納骨式に100人、浅草旦那衆の姿も - 日刊スポーツ 202年9月26日
  10. ^ a b 内海桂子twitter - 2012年9月1日
  11. ^ a b 内海桂子twitter - 2012年9月3日
  12. ^ a b 内海桂子さん死去 波乱万丈97年、好江さんと二人三脚 駆け抜けた4時代――「経験は全部芸になる」”. スポーツニッポン (2020年8月28日). 2020年8月28日閲覧。
  13. ^ 内海桂子師匠が未婚のまま2人の子どもを産んだ理由”. 週刊朝日(AERA.dot) (2017年5月4日). 2019年6月19日閲覧。
  14. ^ 内海桂子師匠、97歳大往生 夫らに見送られ旅立ち…芸歴81年「桂子・好江」で女流漫才の草分け(スポニチアネックス)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年8月28日閲覧。
  15. ^ 内海桂子とあした順子、明日「笑点」でタッグ”. お笑いナタリー (2011年8月6日). 2020年1月12日閲覧。
  16. ^ 人生は七転び八起き”. 飛鳥新社. 2020年9月1日閲覧。

関連項目編集

関連人物編集

外部リンク編集