絶対に笑ってはいけない名探偵24時

絶対に笑ってはいけない名探偵24時』(ぜったいにわらってはいけないめいたんていにじゅうよじ)は、2015年12月31日18:30(午後6時30分)から2016年1月1日0:30(午前0時30分、JST)にかけて日本テレビ制作のバラエティー番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しSP』として放送された企画である[1]テレビ大分を除く日本テレビ系列[注 1](NNS加盟)28局同時ネット。テレビ大分では2016年1月2日(1日深夜)0:55 - 6:55に放送。琉球放送では2016年3月12日12:57 - 15:10に前編、同年3月13日13:00 - 16:35に後編を放送[注 2]

絶対に笑ってはいけない名探偵24時
ジャンル 特別番組バラエティ番組
企画 松本人志浜田雅功(構成兼務)
構成 松本人志、浜田雅功(企画兼務)/ 高須光聖 他
監督 菅賢治(総監督)
演出 斉藤敏豪(総合演出)/ 大友有一
監修 柳岡秀一
出演者 ダウンタウン
月亭方正
ココリコ
藤原寛
中居正広SMAP
ほか
ナレーター 広中雅志
エンディング Every Little Thingfragile
プロデューサー 大友有一、斎藤政憲、鈴木淳一
森實陽三(CP)
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 下記を参照
絶対に笑ってはいけない名探偵24時(本編)
放送期間 2015年12月31日 - 2016年1月1日
放送時間 18:30 - 翌0:30
放送枠 笑ってはいけないシリーズ
放送分 360分
回数 1
未公開SP
放送期間 2016年1月4日
放送時間 21:00 - 22:54
放送枠 笑ってはいけないシリーズ
放送分 114分
回数 1
テンプレートを表示

2016年1月4日21:00 - 22:54には未公開シーンを集めた『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!お見逃しも未公開も一挙大公開SP!!』がNNS29局で放送された。

概要編集

この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

「笑ってはいけないシリーズ」の通算13作目。放送時間は歴代シリーズ最長タイとなる6時間(未公開を含むと現在8時間)。

この回以降のバスのパートには、日本テレビ制作の1月期スタートの連続ドラマの出演者が、笑いの刺客として出演する。

絶対に笑ってはいけない病院24時』から引き続き、ガキの使いメンバー5人での実施となってからは2年ぶりの職業としての役柄(探偵業)となり、罰ゲームを受ける。松本が金髪になったのも初めてである。

名探偵24時のメンバー
(台詞テロップの色)
第一印象 お仕置き(ケツバット)を受けた回数
浜田(青 精悍ツッコミ探偵 276回(キス3回)
松本(赤 超ムキムキマッチョ探偵 331回(キス3回、大サイエンスショックの刑1回)
方正(緑 とっつぁん坊や探偵 237回(ビンタ、ブラジリアンショックの刑1回)
遠藤(橙 男前再婚探偵 269回(浮気の鬼退治の刑1回)
田中(紫 ひょろひょろノッポ探偵 267回(タイキック3回)
中居(水色 中居だけサイズが小さい 10回(キス1回、途中までゲスト出演)
藤原(黒 名探偵藤原 -

舞台編集

舞台は「ガースー黒光り探偵事務所(GKDA)」(ガースーくろびかりたんていじむしょ)として、静岡県小山町の「足柄ふれあい公園」と「ろうきん研修所富士センター」と「小山町総合運動公園野球場」でロケが行われた、また御殿場市内でもロケが行われた。

視聴率編集

平均視聴率で第1部(18:30 - 21:00)が17.6%、第2部(21:00 - 翌0:30)が15.3%を記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)。『第66回NHK紅白歌合戦』の裏番組としては最高視聴率で、2010年から6年連続で民放の首位となった[2]

2016年1月4日に放送された『お見逃しも未公開も一挙大公開SP!!』は15.7%を記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)。

DVDは2016年11月30日に第22巻として初回限定版DVDとBlu-rayと通常版4枚として発売されたが本編とは異なるシーンがいくつかある。

スケジュール 編集

am8:00-勤務開始→バスネタ→チビ探偵→新人研修室(バス移動の途中まで中居が参加)

am10:00-引き出しネタ(一部未公開)

pm0:00-レクリエーション大会

pm0:30-所長挨拶

pm1:00-昼食

pm1:30-移動→捕まってはいけない(一部未公開)→バスネタ(未公開)

pm3:30-引き出しネタ2(一部未公開)

pm4:30-方正着替え

pm5:00-田中タイキック

pm6:00-殺人事件

pm6:30-金融会社(未公開)

pm7:00-ダウンタウンDX

pm8:00-報告会

pm9:00-犬神家

pm10:00-蝶野ビンタ

pm11:00-ジミーVTR(未公開)

am0:00-犬神家2(未公開)

am1:00-体張り対決

am1:30-驚いてはいけない(一部未公開)

am3:00-エンディング

出演者編集

本編編集

名探偵24時のレギュラーメンバー
引率
参戦
オープニング(中居登場後からDVD未収録)
バス内(DVD未収録)
ど根性ガエル
ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜
探偵事務所内
  • チビ探偵 - 本物少年の姿の藤原寛成らぬ江戸川コナン。名画ハマ・リザ(モナ・リザの浜田バージョン)盗難事件にも登場。
新人研究室
写真週刊誌「MONDAY」(DVD未収録)
  • 篠崎愛 - 表紙 厳密には写真のみの使用で企画そのものには出演していない。
  • 某地方局の美人アナウンサー
VTR(DVD未収録)
昼食
レクリエーション大会
Team 岡田
Team 宮迫
所長室
捕まってはいけない名探偵
  • 柳楽優弥 - スペシャルプレーヤー
  • 遠藤ファミリー - 遠藤一家鬼(マッサージチェーン店『てもみん』のパロディである『あしもみん』として、浜田に股間マッサージをしたほか、DVDのみの収録分として、柳楽にも同様の罰を行っている。)
  • イジリー岡田 - イジリー岡田鬼(「高速ペロンチョ」と称して松本を舌で舐め回した)
  • 安藤美姫 - 銀盤の女王鬼(スケートをしながら、田中の頭をハリセンで思い切り叩いた)
  • 江頭2:50 - 江頭鬼(浜田と柳楽にキスをした)
  • おばちゃん1号 - おばちゃん鬼(「鼻ペロンチョ」と称して松本の鼻を舐めた)
事件現場
ダウンタウンDX鑑賞
探偵事務所報告会
犬神家
  • 板尾創路130R) - 犬神板尾
  • 犬神松子 - 犬神家の長女
  • 犬神竹子 - 犬神家の次女
  • 古館弁護士
名画ハマ・リザ盗難事件
探偵事務所 分室(プライドをかけた体張り祭り)
上島軍団(浮気をバラされたサラリーマン)
出川軍団(先輩探偵)
驚いてはいけない名探偵
エンディング
  • 菅賢治 - スガーロック・ホームズ(初代所長)
  • Every Little Thing - 「fragile」の替え歌、本人によるリテイク、女性が唄うのは初、ラストサビは『警察24時』『病院24時』『空港24時』『熱血教師24時』『地球防衛軍24時』のワンシーンが流れた。[注 5]

未公開シーン編集

探偵事務所内
新人研修室
捕まってはいけない名探偵
バス内
新人研究室
  • 平尾昌晃 - 5人の会話を絵の裏から盗聴していた人物
ダウンタウンDX「スターの私服」
  • 遠藤の父・母 - VTRのみ出演
  • 福田起弘 - 今昔庵のマスターで遠藤夫婦同様、VTRのみ出演
驚いてはいけない名探偵

完結編編集

遠藤「ニコニコ動画」VTR

主な出来事編集

バス車内『絶対に笑ってはいけない新聞社24時』から引き続き
  • 事務所に到着する前に中居がバンダナを巻いて帽子を被るチャゲに似たスタイルをしているとして「チャゲ罪」で連行され、これを最後に中居は離脱した。ちなみに最初に罰を受けたのは方正の話で笑ってしまった中居。
写真週刊誌「MONDAY」
  • 遠藤が袋とじを開封し、メンバー全員が読んでいる最中に緊急中継が流れ、中継の最後あたりに千秋が「遠藤くんの粗相のせいで今年も呼ばれちゃったよ。このまま浮気の鬼を野放しにしてはいけません。鬼退治お願いします!」と言った直後に遠藤が「浮気の鬼退治の刑」を執行された。(お仕置きは猿パンチ2発)
引き出しネタ
  • そこには松本に与えられる極秘ミッションが書かれており、内容は「今から10分以内に松本の言葉で誘導して田中を泣かせなければ、松本に大サイエンスショックのお仕置きが執行される」というものだった。松本はチャレンジに失敗してお仕置き(超強力な静電気)を受けた。
アニメーションDVD
  • 正式タイトルは「名探偵アニメシリーズ ドンコング殺人事件」。金田一耕助のパロディキャラである、浜田をモデルにした探偵・ハマダイチコウスケが助手のタナカナオキと共にボクシング試合のプロモーター・ドンコングが殺害された事件を解決するもの。最後に監視カメラに映ったタナカが自慢のアゴでドンコングを殺害した証拠を手に入れ、タイ人キックボクサーのデカ長から「タイキックの刑」に処され、田中はそのオチの通りにタイキックを受けた。
ガースー直販
  • 田中の引き出しにあったDVDに収録されていた通販のCM。元ネタは日本直販で、オープニングロゴやラストでの歌など、昔の本家を意識した作りになっている。このDVDでは「パンツ型タイキックサポーター まもるくん[注 7]」を紹介し、興味を持った田中は引き出しにあった5000円を使って購入した。その後先述のアニメDVDのオチで田中はタイキックを受けることになりまもるくんを使用するが、エアバッグは思ったほど大きくなく、タイキックを防ぎきれなかった。その直後田中はガースー直販にクレームの電話を掛けるが、オペレーターは「購入されたのは『まもるくん ミニ』であった」と説明し、その後交換と言う形で別のまもるくんを入手する。その直後、ガースー直販からお詫びの粗品として「ポータブル扇風機 つむじ丸」が届き、起動させると扇風機のファンに「田中タイキック」の文字が現れてまもるくんを使用するが今度はエアバッグが前方に膨らみ、田中は再度タイキックを防ぎきれなかった。再度クレームの電話を掛けるが、今度は「購入されたのは『まもるくん フロント』であった」と説明し、確認のためとして保留にするが、保留中に電話が切られてしまった。
  • DVDに出演した女性は元ネタとなった日本直販(2015年7月に正式名称がトランスコスモス株式会社日本直販事業となる)の社員であり、エンドロールでは日本直販の名がクレジットされている。
レクリエーション大会
  • 「推理力を鍛えろ!!誰が喋っているでしょう。」
方正潜入調査
  • おもしろメガネで遊んでいる最中に方正が藤原に潜入調査をお願いされ、ケッコー仮面の姿で帰ってくる。方正はケッコー仮面の姿でいることと、おもしろメガネを悪用し、メンバーを笑わせにいくポーズを取り続けるが、松本がそれに見兼ねたのか、連帯責任カードを発動させてしまう。発動当時は方正の悲鳴による笑いもアウトと判定され、シバかれつづけたが、監視役が酷だと判断したのか、上記による笑いはノーカウントと判定される。また、連帯責任なので、方正が笑うと「松本以外 OUT」と流れ、一斉にお仕置きされるが、松本はおもしろメガネによる笑いをさそい、ココリコが笑う始末になってしまう。連帯責任カードの効果が切れた後の方正は硬直したままだった。また、方正が強制的にアウトになるのは名探偵以降毎年恒例になっている。(科学博士は方正の笑い袋、アメリカンポリスは自称方正を名乗るチャッキーくん人形、トレジャーハンターはツタンカーメンの先祖による天罰)
捕まってはいけない名探偵
スーパーマリオメーカー攻略
  • 怪人二十面相からの挑戦状として封筒にWii Uのコントローラーとスーパーマリオメーカーのソフトが入っており、番組スタッフが作ったステージに挑むというもの。あまりにも難解なステージにメンバーを苦戦させ、35回目のプレイで田中が見事クリアするが、足場のない状態で土管から落下し、足場のブロックに「田中タイキック」の文字が描かれ、クリアしたにもかかわらずタイキックを受けた。
怪盗Xによるハマ・リザ事件
  • 講堂にて浜田ら5人は蝶野に怪盗Xの犯人を怪しまれる。しかし、方正の席は例年では右端なのだが、なぜか真ん中に。怪盗Xではないと判断され、一時期は念願のビンタ回避になった。そして、顔が酷似している浜田はステージで事情聴取を受け、ビンタされる直前に一度登場したチビ藤原が名探偵として登場し、浜田をハマ・リザを盗んだ犯人ではないと明かす。ステージに降りたチビ藤原はハンマーを持ってくるよう指示し、蝶野に銅像を叩き割るよう話した。蝶野が指示に従い、銅像を割ると、中から方正に似た顔が出てくる。そして方正をステージ上で制裁のビンタをさせるが、あまりに怖かったのか、蝶野の鼻を頭突きしたりビンタ直前に静止したりさせる。結局ビンタは食らったが、浜田は方正に「山ちゃんがめちゃくちゃ喜んでいたのが哀れ」と言った。ちなみに、方正のお色直しのイベントと同じく、方正以外が犯人に扱われるのは名探偵からである。
驚いてはいけない名探偵
  • モニターが消えたあと浜田が肘を動かした途端、2016年の年が明けた。

その他編集

  • 本編中で、ダウンタウン自らMCを務める『ダウンタウンDX』(ytv制作)のスペシャル版『ダウンタウンDXDX』内のコーナー「スターの私服」のパロディが流れた[注 8]。ここでは見学席に座らされたダウンタウンに代わり、ダウソタウソ(浜田のみ)が進行役を担当した。
  • 『名探偵』つながりで、江戸川コナン(CV:高山みなみ)が『驚いてはいけない』に登場した。しかし、本放送では登場せず、未公開シーンでの登場だった。最初は声のみの登場で、劇場版予告風のナレーションを高山みなみが担当した。その後、江戸川コナンがセグウェイに乗って登場。しかし、そのまま直進し、事務所内の階段にぶつかって転倒、出番は終了した。未公開シーンの終盤に、2016年公開の映画『純黒の悪夢』の宣伝(画面左下にタイトルロゴと公開日のテロップ表示のみ)が行われた。
  • 中居登場からオープニングのバス移動、遠藤の週刊誌、替え歌は一部DVD ではカットされている[注 9]
  • 浜田雅功から月亭方正に変わる胸像の原型を制作したのは、2人の井波彫刻の仏師(彫刻師)である。なお前年の「絶対に笑ってはいけない大脱獄24時」での、カボチャに彫られた浜田雅功の顔の原型も制作している[3]

あいうえお作文編集

(エンディング)お題:さるどし 作者:菅賢治
  • …最高の仲間で
  • …ルール無用の
  • …どこまでも走り続け
  • 重盛さと美と2人で生きていきたい

主要スタッフ編集

  • 企画構成:松本人志浜田雅功
  • 構成:高須光聖/塩野智章、西田哲也、八代丈寛、鈴木雅貴、堀江B面、深田憲作、ビル坂恵、ゴージャス染谷、渡辺陽介、米田匡篤、大塚泰博、白武ときお、日高ユウキ、土橋敬弘、坂本貴彦、宮本有美香、南本真希、宮川大樹、小島隆仁
  • フードコーディネーター:あまこようこ、佐世あやか
  • ナレーション:広中雅志山田真一1月10日の未公開シーンのみ)
  • TM:新名大作
  • 美術プロデューサー:稲本浩、山本澄子
  • TK:前田淳子
  • デスク:國井萌
  • ケータリング:内野幸
  • エキストラ:土屋良介、仙田麻子
  • 制作進行:飯作直哉、上田一徳
  • AP:小川望、大城裕子、原田ともよ、加世田菜穂、柳祐輔、山角沙織、松本あゆみ、橋本直美、金沢紀子、小坂道洋
  • 総合演出:斉藤敏豪
  • 総監督:菅賢治
  • ディレクター:但木洋光、堤本幸男、鶴田哲朗、山本カンスケ、名嘉鎮士、諏訪裕紀、島田健作、間篠高行、小柴弘三、古橋正裕、小笹優、山川泰一、青木孝之、前田匡寛、岡山薫
  • プロデューサー:斎藤政憲、鈴木淳一、中村喜伸、小林宏充、本間正幸、成瀬弘靖、大沼朗裕/浜田和宏
  • 演出:田中竜登、高橋敬治
  • 監修:柳岡秀一
  • プロデューサー・演出:大友有一
  • チーフプロデューサー:森實陽三
  • 協力:吉本興業
  • 制作協力:charie's ZORO、オフィスぼくらFact
  • 製作著作:日本テレビ

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ フジテレビ系列とのクロスネット局であるテレビ大分では木曜日のゴールデンタイム・プライムタイムをフジテレビと同時ネットとしているため。
  2. ^ 前編・後編分割は2011年3月19日20日に放送された『笑ってはいけないスパイ』以来。
  3. ^ a b c 堀北真希と高梨臨は『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』(2016年1月13日スタートの水曜ドラマ)で演じた役と同じ役名で登場。木下隆行は、黒田吾郎(ドラマ本編で相方の木本武宏が演じる役)のパロディキャラクター・白田吾郎として出演。
  4. ^ 石坂は、『犬神家の一族』などの金田一耕助シリーズで演じた役と同じ役名で登場。
  5. ^ ボーカルの持田香織は伊藤が出演していることを知らされておらず、オンエアを見て出演している事を知った。
  6. ^ 厳密には篠崎同様、写真のみの使用(コラージュ)で、企画そのものには出演していない。
  7. ^ 紐を引くことで後方(お尻にあたる部分)に救命胴衣などに使われる210デニールのナイロンで出来たエアバッグが瞬時に膨らみ、タイキックを防ぐもの。ちなみに黒・白・デニム・ブルー・クロコダイルの5種類の中から選べ、田中が注文した際デニムを希望したがブルーしか在庫がなかったためブルーを注文した
  8. ^ 「ダウンタウンDXDX」も「絶対に笑ってはいけない名探偵24時」も、ともに木曜日の放送だった。
  9. ^ その他にも、研修室で松本が中居のコートを着ていたというシーンや、堀北真希からの差し入れだった浜田顔のアップルパイのシーン、コーナー音楽もカットされたり変更されている。

出典編集

外部リンク編集

笑ってはいけないシリーズ
前番組 番組名 次番組
絶対に笑ってはいけない名探偵24時
(2015年)