宗像サニックスブルース

日本のラグビーチーム

宗像サニックスブルース(むなかたサニックスブルース、: Munakata Sanix Blues)は、1994年から2022年まで28年間活動していた福岡県実業団ラグビーチームである。本拠地は宗像市にあるグローバルアリーナだった。

宗像サニックスブルース
クラブカラー  
愛称 ブルース[1]
創設年 1994年
本拠地 宗像市
セカンダリーホストタウン・北九州市
グラウンド グローバルアリーナ
ミクニワールドスタジアム北九州
収容人数 10000(グロアリメインスタジアム)
15300(ミクスタ)
代表者 宗政寛(部長)
監督 ダミアン・カラウナHC
所属リーグ JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
ファーストカラー
セカンドカラー
公式サイト
https://rugby.sanix.jp/
テンプレートを表示

概要・歴史編集

1994年サニックスラグビー部として福岡県社会人Cリーグ(西日本社会人Aリーグから見ると5部相当)に加盟し、同リーグ戦に優勝。その後、飛び級という異例な形で1995年に西日本Bリーグ(2部)に加盟。1997年には同Aリーグ(1部)への加盟を果たす。1999年には西日本Aリーグで念願の初優勝を果たし、全国社会人大会に出場するが、予選リーグ(プール)戦で敗退。

その後も西日本リーグで2002年まで4連覇を達成し、九州ラグビー界の新興勢力ながらも、その実力は九州一を誇る強豪に成長する。2003年に発足した第1回ジャパンラグビートップリーグに参加し、チーム名も「福岡サニックスボムズ」とするが、関東・関西の強豪に前に屈し、2勝9敗・勝ち点14の最下位(12位)でトップリーグの2部組織の一つ・トップ九州Aリーグ(1部)に降格。2004年にトップ九州と、その後のトップチャレンジAに優勝して1年でトップリーグ復帰を果たす。

チーム名を「福岡サニックスブルース」に変更した2005年はトップリーグ史上初の全敗(11敗・勝ち点2)を記録したが、入替戦で近鉄ライナーズに勝ってトップリーグ残留を決めた。2012年は最下位(14位)となり入替戦で豊田自動織機シャトルズに敗れ、9年ぶりに再降格となった。2014年トップチャレンジ1で1位となり1年でトップリーグ再復帰を果たすものの、同年は最下位(16位)となり3度目の再降格となったが、翌年の入替戦でNTTドコモレッドハリケーンズを下し、1年でのトップリーグ再復帰を再び果たした。

2014年4月29日、宗像市内で行われた記者会見で同日よりチーム名を福岡サニックスブルースから「宗像サニックスブルース」に変更した。

トップリーグでは2009年の7位が最高である。

2021年7月16日、新リーグJAPAN RUGBY LEAGUE ONEの3部リーグに振り分けされることになった[2]

2022年2月15日、2022年シーズンをもって活動を休止することが明らかとなった[3]が、2月22日日刊スポーツの取材で、うきは市を拠点として2022年4月の結成を予定している、2021年に休部となったコカ・コーラレッドスパークスの選手が中心となったクラブチーム「LeRIRO福岡」が、宗像サニックスの休部後の受け皿として選手を受け入れる方針を予定しているとした[4]

そして同年3月30日に、オーナー企業であるサニックスの取締役会において、2022年シーズン限りでの休部が正式に決定し、発表された。サニックスは「企業ブランドの向上、本拠地の福岡・宗像を中心とした地域貢献の役割を果たし、これらの貢献を踏まえて、最大限、チームの継続に向けて努力してきたが、現状の経営環境を総合的に判断した結果、これまでと同様の体制でチームを強化・継続することは断念する」としている。今後は「選手のキャリアを最優先に考えて、会社(クラブ)としての移籍先・再就職先の支援、並びに他企業・団体へのチーム譲渡についても可能な限り検討する」としている[5]

2022年5月8日の順位決定戦が最後の試合となり、JAPAN RUGBY LEAGUE ONEの3部リーグ6チームのうち最終順位は3位となった[6]

5月31日に28年間の活動を休止した[7]

タイトル編集

最上位リーグ

下位リーグ

7人制大会

成績編集

リーグ戦戦績編集

  • 2003-2004シーズン トップリーグ 12位(2勝9敗)、トップキュウシュウAに自動降格
  • 2004-2005シーズン トップキュウシュウA 優勝、トップチャレンジ1・1位、トップリーグに自動昇格
  • 2005-2006シーズン トップリーグ 12位(11敗)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2006-2007シーズン トップリーグ 9位(5勝7敗1分)
  • 2007-2008シーズン トップリーグ 12位(4勝9敗)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2008-2009シーズン トップリーグ 11位(3勝10敗)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2009-2010シーズン トップリーグ 7位(6勝7敗)
  • 2010-2011シーズン トップリーグ 8位(5勝7敗1分)
  • 2011-2012シーズン トップリーグ 11位(4勝9敗)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2012-2013シーズン トップリーグ 14位(1勝12敗)、トップリーグ入替戦・敗戦、トップキュウシュウAに降格
  • 2013-2014シーズン トップキュウシュウA 優勝(予選リーグ 6勝・1位、決勝リーグ1-3位グループ 2勝)、トップチャレンジ1・1位、トップリーグに自動昇格
  • 2014-2015シーズン トップリーグ 総合順位16位(1stステージ・プールA 1勝6敗・8位、2ndステージ・プールB 1勝6敗・8位)、トップキュウシュウAに自動降格
  • 2015-2016シーズン トップキュウシュウA 優勝(予選リーグ 7勝・1位、決勝リーグ1-4位グループ 3勝)、トップチャレンジ1・1位、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグに昇格
  • 2016-2017シーズン トップリーグ 11位(7勝8敗)
  • 2017-2018シーズン トップリーグ 13位(リーグ戦・ホワイトカンファレンス 1勝12敗・7位、順位決定トーナメント、1回戦・勝利、13位決定戦・勝利)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2018-2019シーズン トップリーグ 13位(リーグ戦・レッドカンファレンス 0勝7敗・8位、順位決定トーナメント、1回戦・勝利、13位決定戦・勝利 トップリーグカップ 15位(プール戦0勝3敗・4位、順位決定トーナメント、15位決定戦・勝利)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2019-2020シーズン (トップリーグカップ プール戦敗退(プール戦1勝4敗・5位)、リーグ戦中止(中止時点での成績:2勝4敗)
  • 2022年リーグワン3部 6チーム中2位通過し、上位3チームによる順位決定戦で3位となる。

2021年度スコッド編集

2021年度のスコッドは次の通り[8]太字は今年度からの新加入選手。

過去の所属選手編集

脚注編集

  1. ^ 宗像サニックスブルースチーム一覧
  2. ^ ラグビー新リーグ名称は「リーグONE」22年1月7日開幕 1部は神戸製鋼、パナソニックら12チーム”. ヤフースポーツ (2021年7月16日). 2021年7月16日閲覧。
  3. ^ リーグワン3部の宗像サニックス今季限り活動休止、事実上の廃部へ 過去に代表ジョセフHC在籍”. 日刊スポーツ (2022年2月16日). 2022年2月16日閲覧。
  4. ^ 福岡にラグビー新チーム「LeRIRO福岡」誕生へ、宗像サニックス廃部なら受け皿に(日刊スポーツ)
  5. ^ ラグビー部活動休止のお知らせ(株式会社サニックス)2022年3月30日
  6. ^ 一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン. “順位表” (日本語). JAPAN RUGBY LEAGUE ONE(リーグワン)公式サイト. 2022年5月31日閲覧。
  7. ^ 応援いただいたすべての皆様へ|トピックス” (日本語). rugby.sanix.jp. 2022年5月31日閲覧。
  8. ^ ブルースメンバー紹介 - 公式サイト

関連項目編集

外部リンク編集