メインメニューを開く
日本 > 埼玉県 > さいたま市 > 北区 > 宮原町 (さいたま市)

宮原町(みやはらちょう)は、埼玉県さいたま市北区町名。現行行政地名は、宮原町一丁目から宮原町四丁目。郵便番号は331-0812[2]。本項では宮原町の前身である大字加茂宮(かものみや[4])についても述べる。

宮原町
宮原駅
宮原駅
■宮原町の位置(埼玉県内)
■宮原町
宮原町
宮原町の位置
北緯35度56分20.8秒 東経139度36分39.8秒 / 北緯35.939111度 東経139.611056度 / 35.939111; 139.611056
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Saitama, Saitama.svg さいたま市
北区
地域 大宮地区
人口
2017年(平成29年)9月1日現在)[1]
 • 合計 30,376人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
331-0812[2]
市外局番 048[3]
ナンバープレート 大宮
※座標は宮原町二丁目自治会館の位置

目次

地理編集

埼玉県さいたま市北区の大宮台地浦和大宮支台上に位置する。町域の西端を逆川が北方向に流れる。北部は宮原駅を中心に区画整理された住宅地となっている。高崎線周辺にはまだ畑地が残り、郊外の住宅地として、のどかな印象を売りにした住宅が建てられている。 南部はプラザノースステラタウンなどの施設が集中する。町名は旧村名から名前が採られた[4]

隣接する大字・町編集

地価編集

住宅地の地価は2015年平成27年)1月1日公示地価によれば、宮原町四丁目16番2外の地点で190,000円/m2となっている。[5]

歴史編集

もとは江戸期より存在した足立郡吉野領に属する加茂宮村、古くは1582年天正10年)頃より見出せる加茂宮であった[4]。加茂宮は鴨宮とも称された。地名は加茂社(吉祥院持)が当地に建立されていたことに因む[4]

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)9月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
宮原町一丁目 4,327世帯 10,668人
宮原町二丁目 2,881世帯 6,085人
宮原町三丁目 3,095世帯 7,356人
宮原町四丁目 2,889世帯 6,267人
13,192世帯 30,376人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[12]

丁目 番地 小学校 中学校
宮原町一丁目 1〜850番地 さいたま市立大砂土小学校 さいたま市立植竹中学校
その他 さいたま市立植竹小学校
宮原町二丁目 60〜77番地
114〜122番地
さいたま市立大砂土小学校 さいたま市立宮原中学校
98〜113番地
123〜135番地
さいたま市立泰平小学校
その他 さいたま市立宮原小学校
宮原町三丁目 全域 さいたま市立つばさ小学校
宮原町四丁目 全域 さいたま市立宮原小学校

施設編集

 
北区役所

宮原駅前や中山道沿線を中心に商業施設が多数見られる。宮原町一丁目にはかつて富士重工業大宮製作所があった。なお、宮原コミュニティセンター内にあるさいたま市立宮原図書館は吉野町に所在する。

公園
  • 宮原公園
  • 宮原南公園
  • 加茂宮公園
  • 宮原1丁目公園
  • 宮原3丁目公園
  • 宮原4丁目公園
  • 宮原駅東公園
  • しましま公園 - ステラタウン内南側に所在
  • 東宮原ぼうさい広場
  • 中島公園
  • 中島東公園
  • 領家中央公園
  • 領家南公園
  • 領家北公園
  • 鍛冶公園
  • 中道公園
  • 原殿公園
    • 中道自治会館集会所
  • 松原公園(一部)

交通編集

宮原町出身の人物編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b さいたま市の人口・世帯(時系列結果)”. さいたま市 (2017年9月5日). 2017年9月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年9月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』282頁。
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』225-226頁。
  7. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1420頁。
  8. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』660頁。
  9. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』837頁。
  10. ^ a b 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』963頁。
  11. ^ 宮原土地区画整理事業 旧新地番対照表 - さいたま市(2017年12月21日). 2018年12月3日閲覧。
  12. ^ さいたま市立小・中学校通学区域一覧”. さいたま市 (2017年8月23日). 2017年9月20日閲覧。

参考文献編集

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。ISBN 4040011104