メインメニューを開く

小松 菜奈(こまつ なな、1996年2月16日 - )は、日本女優ファッションモデル

こまつ なな
小松 菜奈
本名 小松 菜奈(こまつ なな)[要出典]
生年月日 (1996-02-16) 1996年2月16日(23歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都[1]
出身地 日本の旗 日本 山梨県
身長 168 cm[2]
血液型 O型[2]
職業 女優ファッションモデル
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2008年 -
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト スターダストプロモーションによるプロフィール
主な作品
映画
渇き。
近キョリ恋愛
黒崎くんの言いなりになんてならない
バクマン。
溺れるナイフ
ぼくは明日、昨日のきみとデートする
坂道のアポロン
恋は雨上がりのように
テレビドラマ
夢を与える
スリル!〜赤の章・黒の章〜

山梨県出身[注 1][1]スターダストプロモーション所属。

目次

略歴編集

2008年に『ニコ☆プチ』でデビュー[3]。以降、モデルとして様々な雑誌で活躍[3]

2014年に公開された、中島哲也監督の映画『渇き。』のオーディションで中島監督に発掘され、主人公の娘、藤島加奈子役で本格的な演技に初挑戦し、女優デビューを果たす。『近キョリ恋愛』では枢木ゆに役[4][5]で、『バクマン。』では亜豆美保役[6][7]でヒロインを務めた。

2016年、『溺れるナイフ』で映画初主演、そしてマーティン・スコセッシ監督の映画『沈黙 -サイレンス-』でハリウッド・デビューを果たす[8]

2016年前後からシャネルのブランドアンバサダーを務め始め[9][10]、2017年5月31日に綱町三井倶楽部で開催されたシャネルの2016-17年 メティエダールコレクション パリ コスモポライトのショーにも出演した[11]。愛称はこにちゃんである。

2019年5月、映画『さよならくちびる』での役柄である門脇麦とのギターデュオ「ハルレオ」として、ミニアルバム『さよならくちびる』でCDデビュー[12]

人物編集

  • 山梨県内の私立高校を卒業[13]
  • 両親は佐賀県沖縄県の出身である[14]。兄が2人いる。
  • 趣味はカメラ、ショッピング。特技はダンス、フルート。
  • 高校時代はチアリーディング部に所属[15]
  • 2015年インタビューでは、ゲームはほとんどやらないが、パズルゲームアプリの『Q』にハマっていると語っている[16]
  • 仲の良いモデルは、撮影現場で知り合ったemma。2人で韓国旅行へ行くほどの仲である。2人の愛称は「えまなな」[17]
  • 憧れの女優は蒼井優[18]
  • 清野菜名とも仲良しである。名が同じ読みで「なな」である為、それぞれ間柄での愛称は「こっちゃん」(小松)、「せっちゃん」(清野)と呼ぶ[19]

エピソード編集

  • 長編映画デビュー作となった『渇き。』では、撮影初日、最初のワンシーンで中島哲也監督から「へたくそ」と罵声を浴びた。
  • また、本作がデビュー作ながら、出演者の6人とキスシーンがあった[20]

受賞歴編集

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

WEB配信ドラマ編集

  • dTVオリジナルドラマ 「高台家の人々」(2016年6月4日 - 、dTV) - 主演・深丸由布子 役[51]
  • 恋は雨上がりのように 〜ポケットの中の願いごと〜(2018年5月2日 - 、GYAO!) - 橘あきら 役[注 5][52]

ナレーション編集

CM編集

広告編集

  • フィンエアー オーロラキャンペーン(2011年 - 2012年)
  • LaQua(2011年 - 2012年)
  • アイレ ネオサイトワンデー シエル(2014年 - )[73]
  • シャネル(2015年 - ) - ブランドアンバサダー[9][10]
  • BEAMS創業40周年記念(2016年)
  • niko and...(2018年 - ) - ブランドアンバサダー[74]

カタログ編集

  • haco. 「FELISSIMO」(2010年2月 - )
  • nissen(2010年4月 - )
    • 「Petit Berry」
    • 「レディース」
  • ファッションウォーカー 「musse」(2010年7月 - )
  • キャン 「SM2」(2010年10月 - )
  • 千總 「ふりそで夢立花」(2011年1月 - )
  • 千趣会(2011年9月 - )
    • 「ハートダイアリー」
    • 「ライフスタイルインテリア」
  • mercibeaucoup,(2011年11月 - )
  • CAROLINA GLASER(2012年1月 - )
  • W.P.C&Zippag(2012年2月 - )
  • AGAINST(2012年2月 - )

PV編集

書籍編集

雑誌編集

写真集編集

デジタル写真集編集

書籍カバー編集

ディスコグラフィ編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 所属事務所公式サイトでは出身地を東京都としている。
  2. ^ エンドロールに記された役名。
  3. ^ 菅田将暉とダブル主演。
  4. ^ 門脇麦とのW主演。
  5. ^ 映画『恋は雨上がりのように』のスピンオフドラマ。
  6. ^ アルバム『COMEDY』収録曲。

出典編集

  1. ^ a b スターダストオフィシャルサイト インタビュー 小松菜奈「大変なことも多かったけど、自分と違う誰かになれる楽しさを知れた大切な作品です」”. 2018年2月11日閲覧。
  2. ^ a b 公式プロフィール”. スターダストプロモーション. 2015年5月5日閲覧。
  3. ^ a b 高倉文紀. “2015年型個性派女優・小松菜奈の愛らしい魅力”. タレントパワーランキング. アーキテクト. 2015年5月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年5月5日閲覧。
  4. ^ “近キョリ恋愛”. シネマトゥデイ. https://m.cinematoday.jp/movie/T0019138 2017年12月28日閲覧。 
  5. ^ “映画「近キョリ恋愛」ヒロイン小松菜奈 素顔は本物の“肉食女子””. スポニチアネックス. (2014年10月23日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/10/23/kiji/K20141023009152990.html 2017年12月28日閲覧。 
  6. ^ “バクマン。-映画・映像”. 東宝WEB SITE. https://www.toho.co.jp/movie/lineup/bakuman-movie.html 2017年12月28日閲覧。 
  7. ^ “映画「バクマン。」亜豆美保役に小松菜奈”. コミックナタリー. (2014年7月14日). https://search.yahoo.co.jp/amp/s/amp.natalie.mu/comic/news/121142%3Fusqp%3Dmq331AQECAEYAQ%253D%253D 2017年12月28日閲覧。 
  8. ^ シネマカフェ (2016年1月7日). “『スター・ウォーズ』でさらに覚醒!新たな“伝説”を支える4人の男子に注目”. 2016年2月22日閲覧。
  9. ^ a b 「シャネル」クルーズコレクションinソウルで、おしゃれセレブを激写!(ELLE Online、2015年5月8日)
  10. ^ a b 小松菜奈やリリーローズら、「シャネル」の来場ゲストをチェック!(MODE PRESS、2016年10月5日)
  11. ^ [1] (MODE PRESS、2017年6月1日)
  12. ^ a b “小松菜奈と門脇麦がCDデビュー…ダブル主演映画「さよならくちびる」で演じたギターデュオ「ハルレオ」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年4月18日). https://hochi.news/articles/20190417-OHT1T50381.html 2019年4月18日閲覧。 
  13. ^ “【エンタ】小松菜奈さん(モデル・女優) また高校生に戻りたい”. 高校生新聞オンライン. (2014年10月10日). http://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/223 2018年2月11日閲覧。 
  14. ^ こまつな日記 (2013年9月27日). “日本人”. 2014年11月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月20日閲覧。
  15. ^ こまつな日記 (2013年4月22日). “ごろごろ”. 2014年11月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月20日閲覧。
  16. ^ Mac Fan』2015年11月号、マイナビ、2015年9月29日、 289頁。
  17. ^ “小松菜奈、emmaとの“えまなな”熱々キスショット披露”. モデルプレス (株式会社ネットネイティブ). (2018年4月2日). https://mdpr.jp/news/detail/1757348 2019年2月26日閲覧。 
  18. ^ “【'14ブレーク!ウーマン】あこがれは蒼井優!小松菜奈”. SANSPO.COM (株式会社産経デジタル). (2014年1月8日). https://www.sanspo.com/geino/news/20140108/oth14010805020005-n1.html 2019年2月26日閲覧。 
  19. ^ “小松菜奈の「豚足」好きに清野菜名ドン引き”. ライブドアニュース (LINE株式会社). (2018年5月19日). http://news.livedoor.com/article/detail/14735794/ 2019年2月26日閲覧。 
  20. ^ 「渇き。」で魔性の少女を演じた小松菜奈「監督に『へたくそ』と言われました」”. 【映画オタク記者のここが気になる!】. Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL (2014年6月28日). 2014年10月11日閲覧。
  21. ^ 【報知映画賞】小松菜奈、赤い小悪魔!女優で覚醒「ここにいるのが不思議」 : 報知映画賞”. スポーツ報知 (2014年12月18日). 2015年7月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年5月30日閲覧。
  22. ^ 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年1月15日閲覧。
  23. ^ 69th(2014年)”. 毎日映画コンクール. 毎日新聞社. 2015年1月21日閲覧。
  24. ^ “小松菜奈:ジュエリーベストドレッサー賞受賞で緊張 「前に出るのは苦手」”. 毎日キレイ (株式会社MANTAN). (2016年1月22日). http://mainichikirei.jp/article/20160122dog00m100001000c.html 2016年1月22日閲覧。 
  25. ^ “「オーバー・フェンス」「団地」が最優秀作品に、第8回TAMA映画賞結果発表”. 映画ナタリー. (2016年10月6日). http://natalie.mu/eiga/news/204340 2016年10月7日閲覧。 
  26. ^ 第38回ヨコハマ映画祭 日本映画個人賞”. ヨコハマ映画祭実行委員会 (2016年12月3日). 2017年1月11日閲覧。
  27. ^ “『この世界の片隅に』キネ旬ベスト・テン第1位 アニメでは『トトロ』以来28年ぶり”. ORICON STYLE (oricon ME). (2017年1月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2084336/ 2017年1月11日閲覧。 
  28. ^ Movie Walker (2010年5月28日). “坂本龍一の音楽プロジェクト「にほんのうた」が、気鋭監督陣により映像化!”. 2013年8月8日閲覧。
  29. ^ HOUYHNHNM (2013年9月27日). “ミスチルなどのPVを手掛ける監督の初短編映画が公開!”. 2013年10月31日閲覧。
  30. ^ 映画.com (2013年8月7日). “役所広司×中島哲也監督「渇き。」で5年ぶりタッグ!新人・小松菜奈が大抜てき”. 2013年8月8日閲覧。
  31. ^ オリコンスタイル (2013年8月7日). “中島哲也監督『告白』以来3年ぶり新作『渇き。』製作決定 役所広司、橋本愛、中谷美紀ら出演”. 2013年8月8日閲覧。
  32. ^ 山下智久&小松菜奈、教師と生徒の禁断の恋人役『近キョリ恋愛』実写化”. オリコンスタイル. オリコン (2014年4月23日). 2014年10月11日閲覧。
  33. ^ cinemacafe.net (2014年7月14日). “新星・小松菜奈、賛否呼ぶ『渇き。』の次は実写版『バクマン。』でピュアなヒロイン!”. 2014年7月14日閲覧。
  34. ^ “「黒崎くんの言いなりになんてならない」中島健人×小松菜奈×千葉雄大で映画化”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年8月28日). http://natalie.mu/comic/news/158383 2017年2月8日閲覧。 
  35. ^ “福満しげゆき「生活【完全版】」実写映画化!東出昌大らキャストも発表”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年11月5日). http://natalie.mu/comic/news/165033 2016年12月5日閲覧。 
  36. ^ 柳楽、菅田、菜奈、虹郎共演の青春群像劇が来夏公開、監督は真利子哲也”. 映画ナタリー (2015年8月3日). 2015年8月3日閲覧。
  37. ^ “小松菜奈&菅田将暉「溺れるナイフ」で恋愛映画W主演”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年3月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/07/kiji/K20160307012171500.html 2016年3月7日閲覧。 
  38. ^ “福士蒼汰と小松菜奈が初共演!ベストセラー小説「ぼく明日」が映画化”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2016年1月13日). http://www.cinematoday.jp/page/N0079480 2016年1月13日閲覧。 
  39. ^ “遠藤周作の「沈黙」を映画化するM・スコセッシ、台湾でクランクアップ”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年5月7日). http://natalie.mu/eiga/news/146336 2015年12月20日閲覧。 
  40. ^ 映画「ジョジョ」仗助役に山崎賢人、康一役に神木隆之介!監督は三池崇史”. コミックナタリー (2016年9月28日). 2016年9月28日閲覧。
  41. ^ “『坂道のアポロン』知念侑李主演で実写映画化 中川大志・小松菜奈ら共演 来年公開へ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年4月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2089918/full/ 2017年4月28日閲覧。 
  42. ^ “「恋は雨上がりのように」実写映画化!寡黙JK小松菜奈が冴えない大泉洋に片思い”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年11月15日). http://natalie.mu/comic/news/256807 2017年11月15日閲覧。 
  43. ^ “「怖くて脚本を読むのも大変」岡田准一がホラー映画で中島哲也監督と初タッグ”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2018年2月12日). https://news.walkerplus.com/article/137059/ 2018年2月12日閲覧。 
  44. ^ “佐藤健、小松菜奈、森山未來、長谷川博己ら出演「サムライマラソン」公開決定”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年11月19日). https://natalie.mu/eiga/news/308483 2018年11月21日閲覧。 
  45. ^ “小松菜奈×門脇麦、“音楽映画”でW主演! 成田凌と三角関係に? 『さよならくちびる』”. シネマカフェ (イード). (2018年6月24日). https://www.cinemacafe.net/article/2018/06/24/57284.html 2018年6月24日閲覧。 
  46. ^ “笑福亭鶴瓶が10年ぶり主演、精神科舞台の「閉鎖病棟」に綾野剛と小松菜奈も出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年2月4日). https://natalie.mu/eiga/news/318576 2019年2月4日閲覧。 
  47. ^ “北村匠海、小松菜奈、吉沢亮が兄妹に、西加奈子「さくら」を矢崎仁司が映画化”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年4月2日). https://natalie.mu/eiga/news/326269 2019年4月2日閲覧。 
  48. ^ 菊地凛子&小松菜奈が母娘役!綿矢りさ原作初連続ドラマ化でダブル主演!”. シネマトゥデイ (2015年2月18日). 2015年2月18日閲覧。
  49. ^ Sexy Zone中島主演『黒崎くんの言いなりになんてならない』SPドラマ化”. オリコンスタイル (2015年11月12日). 2015年11月12日閲覧。
  50. ^ a b “小松菜奈、NHKドラマ初出演 山本耕史と“主演”対決”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年12月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2083035/full/ 2016年12月14日閲覧。 
  51. ^ dTVオリジナル ドラマ「高台家の人々」小松菜奈インタビュー”. dmenu映画. NTTドコモ (2016年6月4日). 2018年3月9日閲覧。
  52. ^ “「恋は雨上がりのように」スピンオフドラマ配信、吉澤とユイの恋描く”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年5月2日). https://natalie.mu/eiga/news/280553 2018年5月3日閲覧。 
  53. ^ NHKスペシャル|若冲天才絵師の謎に迫る”. NHKオンライン. NHK. 2018年2月12日閲覧。
  54. ^ NHKオンデマンド|NHKスペシャル 「若冲 天才絵師の謎に迫る」”. NHK. 2018年2月12日閲覧。
  55. ^ “椎名林檎、小松菜奈出演「マシェリ」CMソング書き下ろし”. 音楽ナタリー. (2016年3月25日). http://natalie.mu/music/news/180974 2016年3月25日閲覧。 
  56. ^ RBB TODAY (2013年3月6日). “ミネラルウォーター「FROM AQUA」、初のTV-CMキャラクターにモデルの小松菜奈を起用”. 2013年8月8日閲覧。
  57. ^ livedoor NEWS (2013年3月6日). “谷川連峰の天然水「FROM AQUA」 初のテレビCMにモデル・小松菜奈を起用、3月6日オンエア”. 2013年8月8日閲覧。
  58. ^ オリコンスタイル (2013年8月5日). “石井杏奈&小松菜奈、期待の美少女がCM共演 演出は『告白』の中島哲也監督”. 2013年8月8日閲覧。
  59. ^ 映画.com (2013年8月5日). “中島哲也監督、CMに美少女2人を大抜てき”. 2013年8月8日閲覧。
  60. ^ 小松菜奈が出演、京都きもの友禅のCMソングは?”. CDJournal リサーチ. 音楽出版社 (2015年8月26日). 2018年2月14日閲覧。
  61. ^ “andropが福士蒼汰ら出演のCMソングを書きおろし!”. ウォーカープラス. (2015年3月3日). http://news.walkerplus.com/article/55993/ 2015年3月3日閲覧。 
  62. ^ 小松菜奈、三ツ矢フルーツサイダー新CMは「まるで映画みたい」”. SANSPO.COM (2015年6月9日). 2015年6月9日閲覧。
  63. ^ LINE MUSIC、初のテレビCMに小松菜奈を起用/LINE MUSIC「聴く」篇、「シェア」篇”. ブレーン/宣伝会議 (2015年7月16日). 2015年7月16日閲覧。
  64. ^ 小松菜奈「チョコ大好き!」 ロッテ「スイーツデイズ 乳酸菌ショコラ」”. 東京中日スポーツ (2015年10月11日). 2015年10月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年10月13日閲覧。
  65. ^ “小松菜奈、朝チョコ日課です「真っ先に食べる」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年10月9日). オリジナルの2015年10月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151009223943/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20151008-OHT1T50264.html 2015年10月18日閲覧。 
  66. ^ 乳酸菌ショコラ”. ロッテ. 2015年10月18日閲覧。
  67. ^ “日本代表ハリルホジッチ監督がCM初出演 華麗なリフティングを披露”. ORICON STYLE. (2016年4月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2070932/full/ 2016年4月28日閲覧。 
  68. ^ “ABC-MART『ADIDAS ORIGINALS SUPER STAR/STAN SMITH』新TV-CMのお知らせ” (プレスリリース), エービーシー・マート, (2016年3月22日), http://www.dreamnews.jp/press/0000128721/ 2018年2月14日閲覧。 
  69. ^ “【Zoff】新CM「Zoff『小松菜奈・七変化篇』」2017年4月24日(月)から全国で順次O.A.” (プレスリリース), 株式会社インターメスティック, (2017年4月24日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000148.000002864.html 2018年2月14日閲覧。 
  70. ^ 晴れと水”. キリンビバレッジ. 2017年9月1日閲覧。
  71. ^ “住友生命 「1UP(ワンアップ)」 新CM第十二弾” (プレスリリース), 住友生命保険相互会社, (2017年8月22日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000004795.html 2018年2月14日閲覧。 
  72. ^ “【小松菜奈さん出演】アイレ、初のTVCM『ネオサイト 両目のナナ篇』を11月1日(水)より放送開始” (プレスリリース), アイレ, (2017年11月1日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000029508.html 2018年2月14日閲覧。 
  73. ^ ネオサイトワンデー シエル × 小松菜奈 2014スチール撮影メイキングムービー - YouTube
  74. ^ “菅田将暉&小松菜奈「niko and ...」新アンバサダーに!「映画のような」WEBムービーも制作”. シネマカフェ (イード). (2018年2月9日). http://www.cinemacafe.net/article/2018/02/09/55295.html 2018年2月16日閲覧。 
  75. ^ “RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開”. CINRA.NET (株式会社CINRA). (2018年11月13日). https://www.cinra.net/news/20181113-radwimps 2018年11月14日閲覧。 
  76. ^ musicman-net (2014年4月30日). “SALU新曲「Goodtime」PVに小松菜奈、AKLO、SKY-HI等が出演”. 2014年5月16日閲覧。
  77. ^ musicman-net (2014年10月24日). “清水翔太 ニューシングル「SNOW SMILE」MV公開、小松菜奈が胸キュンダンスを披露”. 2014年12月15日閲覧。
  78. ^ cinemacafe.net (2016年10月21日). “池松壮亮&小松菜奈も出演!40年分の東京カルチャーを凝縮したMVをビームスが発信”. 2016年10月30日閲覧。
  79. ^ “ザ・チェインスモーカーズ、小松菜奈主演“Something Just Like This”の日本版MV公開”. RO69 (ロッキング・オン). (2017年5月25日). https://rockinon.com/news/detail/161182 2017年5月26日閲覧。 
  80. ^ “JUJU「メトロ」MVに小松菜奈、都会で働く女性演じる”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年10月22日). https://natalie.mu/music/news/304599 2018年11月14日閲覧。 
  81. ^ “小松菜奈、写真集「Trabzon」で“トルコの女の子”に”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年1月25日). http://natalie.mu/eiga/news/173549 2016年1月25日閲覧。 

外部リンク編集