根本宗子

日本の女性劇作家、演出家、脚本家、女優

根本 宗子(ねもと しゅうこ、1989年10月16日[2] - )は、日本劇作家演出家脚本家女優[3][4]月刊「根本宗子」主宰。東京都出身[2][3]東洋英和女学院高等学校卒業[5]。以前の所属事務所はヴィレッヂ[6]

根本 宗子
プロフィール
誕生日 (1989-10-16) 1989年10月16日(32歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
血液型 O型[1]
主な作品
映画 『ねもしすたぁ』(2015年)
『女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。』(2015年)
テンプレートを表示

略歴編集

幼少期から里谷多英に憧れてモーグルを始め[7]、選手を目指していたが不慮の事故で負傷し外傷性大腿骨頭壊死症を患い寛骨臼回転骨切り術を行なった[2][8][9]。中学高校時代を車椅子で過ごしていたときに交流のあった中村勘三郎に薦められた演劇大人計画の「ニンゲン御破算」と出会い演劇にのめり込むきっかけとなった[2][10]。高校時代には年間100本から120本ほど鑑賞していたという[11]。高校卒業後、赤堀雅秋THE SHAMPOO HAT)が講師を務めているということで、2008年にENBUゼミナール演劇コースに入学[2][12]

2009年3月にENBUゼミナールを卒業[13]。卒業公演で脚本を書いたことをきっかけで、同級生と劇団 月刊「根本宗子」 を旗揚げ[3][13]。2009年5月に実験公演を行い、7月に旗揚げ公演『創刊号「親の顔が見てみたい」』を行う[13]。月刊「根本宗子」では、全公演の脚本・演出を担当するだけではなく、公演チラシのモデルも根本自身が務める[14]。年2回の本公演を重ねながら、2012年7月から12月にかけて5か月連続公演『ホントに、月刊「根本宗子」』や、浅草木馬亭でのお祭り公演を小劇場で行う[13]

2016年、『夏果て幸せの果て』が、第60回岸田國士戯曲賞最終候補となるが落選[5]。その後、2019年『愛犬ポリーの死、そして家族の話』が第63回[15]、2020年『クラッシャー女中』が第64回[16]、2021年『もっとも大いなる愛へ』が第65回岸田國士戯曲賞最終候補となるも落選している[17]

2018年は『皆、シンデレラがやりたい』で2017年第17回バッカーズ演劇奨励賞を受賞。

2020年6月27日、Webマガジン「ほまれ」をnoteで創刊し[18](2022年1月31日終了)、同年12月、Artistspoken(スマホで聴くラジオ)を開始した。

劇団の配信公演「もっとも大いなる愛へ」(2020年11月4日 - 8日、2021年3月7日 - 13日、本多劇場)からオペレッタ『Cape jasmine』(2021年10月6日 - 7日、日本青年館)まで約1年、演劇活動を休止した[19]

2021年10月31日、上記の1年間の演劇活動休止期間を通し、この日をもって俳優の活動に幕を下ろし劇作家・演出家の活動に専念する事を、自身の公式SNSで発表した[20][21]

2022年3月13日、SNSミュージカル作品「20歳の花」が、第25回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門で新人賞を受賞[22]

作品編集

舞台編集

  • ジェットラグプロデュース公演『インスパイア』(2011年10月7日 - 13日 銀座みゆき館劇場) - 「箱娘」脚本・演出
  • ジェットラグプロデュース公演『小田急線で会わせに行きます』(2012年3月16日 - 19日 新宿ゴールデン街劇場) - 脚本
  • 『私の可愛さと可哀想さで少しだけ世界が変えられたらいいのに。』(2015年7月27日 - 29日 新宿眼科画廊 スペースM) - 脚本・演出
    • 根本宗子の1人舞台@パルコミュージアム『私の可愛さと可哀想さで少しだけ世界が変えられたらいいのに。』(2015年10月16日 パルコミュージアム) - 脚本・演出・出演
  • 『皆、シンデレラがやりたい』(2017年2月16日 - 26日、本多劇場) - 脚本・演出・出演 ※2017年度第17回バッカーズ演劇奨励賞受賞
  • 『新世界ロマンスオーケストラ』 (2017年4月30日 - 5月21日、東京グローブ座・5月26日 - 28日 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ) - 脚本・演出・出演・劇中歌作詞
  • 『クラッシャー女中』(2019年3月22日 - 4月14日、本多劇場・17日、日本特殊陶業市民会館ビレッジホール・19日 - 21日、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ・23日、島根県民会館大ホール・25日、JMSアステールプラザ大ホール) - 脚本・演出・出演 ※第64回岸田國士戯曲賞最終候補作[16]
  • 『プレイハウス』(2019年8月25日 - 9月1日、東京芸術劇場プレイハウス・9月28日、森ノ宮ピロティホール) - 脚本・演出・劇中歌作詞
  • TOHO MUSICAL LAB.『Happily Ever After』(2020年7月11日、シアタークリエ、無観客ネット配信) - 脚本・演出[23]
  • 『Cape jasmine』(2021年10月6日 - 7日、日本青年館ホール) - 脚本・出演・演出[24]
  • 『根本宗子 presents 「たぬきゅんフレンズ、レッツオーディション!~3人組は波乱万丈!?~」』(2022年5月14日 - 22日、サンリオピューロランド 1階 フェアリーランドシアター)- 脚本・演出・制作[25]
  • 『宝飾時計』(2023年1月、東京芸術劇場プレイハウスほか)- 作・演出[26]

ねもしゅー企画編集

その他編集

  • 演劇じゃない修行 第一回戦 〜コメント実況に劇で挑む〜(2021年3月14日生配信 - 20日) - 脚本・出演・演出

映画編集

テレビ編集

web編集

  • SNSミュージカル『20歳の花』(2021年6月29日 - 8月31日、LINE NEWS「VISION」) - 脚本・演出[30]
    • 第25回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門新人賞受賞作
  • 『HANARE RARENAI』(2022年2月14日 - 18日、YouTube) - 脚本[31]
  • 『彼の全てが知りたかった。』(2022年3月24日 - 、smash.) - 原案・脚本[32][33]

楽曲編集

ラジオ編集

  • TOKYO FM特別番組松本隆50周年記念ラジオドラマ「恋人ができてしまったら、心を風街に閉じ込めて。」(2021年11月22日(21日深夜)、TOKYO FM) - 脚本・演出[35]
  • 東京03の好きにさせるかッ!「噂の一人歩きと焦るおばちゃん」(2022年3月17日、NHKラジオ第一) - コント脚本

著書編集

  • 今、出来る、精一杯。(2022年4月21日、小学館ISBN 978-4-093-86633-0

オーディオブック編集

  • 今、出来る、精一杯。(2022年4月21日、Audible[36]

出演編集

※演出・脚本も担当しているものは作品を参照。

舞台編集

  • 劇団競泳水着『許して欲しいの』(2014年2月19日 - 24日、高田馬場ラビネスト
  • 虚構の劇団『グローブ・ジャングル』(2014年4月4日 - 13日・座・高円寺、4月17日 - 20日・一心寺シアター倶楽
  • 『水の戯れ』(2014年11月1日 - 16日・本多劇場、11月22日・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ、11月24日・名鉄ホール、11月29・30日・KAAT神奈川芸術劇場 大ホール) - 菜摘 役[2]
  • ベッド&メイキングス『墓場、女子高生』(2015年7月17日 - 26日、東京芸術劇場 シアターイースト)
  • シンクロ少女『許されざる者』(2016年5月18日 - 24日、OFF OFFシアター)
  • 時速246億『バック・トゥ・ザ・ホーム』(2016年11月18日 - 27日、赤坂レッドシアター) - 声の出演
    • 再演『バック・トゥ・ザ・ホーム2018』(2018年11月7日 - 12日、赤坂レッドシアター) - 声の出演
    • 続編『バック・トゥ・ザ・ホーム2』(2018年11月16日 - 25日、赤坂レッドシアター) - 声の出演
  • コムレイド『鳥の名前』(2017年7月22日 - 8月13日 下北沢、ザ・スズナリ
  • 東葛スポーツ×根本宗子『袋とじ『根本宗子』』(2018年2月16日 - 18日・3331アーツ千代田、26日 - 27日・六本木スーパーデラックス)

イベント編集

  • 大森靖子メジャーデビュー1周年&生誕祭!(2015年9月18日、新宿LOFT
  • 『ねむねもんな学園祭』(2015年10月1日、duo MUSIC EXCHANGE

根本宗子の面談室編集

  • VOL.01(2016年05月27日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:生ハムと焼うどん
  • VOL.02(2016年06月30日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:能町みね子
  • VOL.03(2016年07月20日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:ファーストサマーウイカ
  • VOL.04(2016年08月17日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:山岸聖太
  • VOL.05(2016年09月06日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:朝井リョウ
  • VOL.06 〜生誕祭・本祭〜(2016年10月16日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:ブルボンヌせのしすたぁ有馬和樹
  • VOL.07(2016年11月05日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:猫背椿
  • VOL.08 〜忘年会SP〜(2016年12月22日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:川本成・ファーストサマーウイカ・長井短
  • VOL.09(2017年01月26日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:恋汐りんご
  • VOL.10(2017年02月27日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:西井万理那
  • VOL.11(2017年03月23日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:長井短)
  • VOL.12(2017年04月11日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:野崎萌香・長井短)
  • VOL.13(2017年05月11日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:西田尚美
  • VOL.14(2017年06月13日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
  • VOL.15(2017年07月25日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:鴻上尚史
  • VOL.16(2017年08月17日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:田村健太郎・ファーストサマーウイカ・長井短)
  • VOL.17(2017年09月18日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:田村健太郎・長井短・ファーストサマーウイカ)
  • VOL.18(2017年10月27日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:大竹沙絵子・小沢道成小野川晶・石澤希代子・野田裕貴)
  • VOL.19(2017年11月29日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:MIYANISHIYAMA・紗英・さぃもん)
  • VOL.20(2017年12月26日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:浅野いにお、前座ゲスト:谷のばら)
  • VOL.21(2018年01月28日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:村上純、前座ゲスト:長井短)
  • VOL.22(2018年02月28日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:吉田尚記・長井短、後説ゲスト:石澤希代子)
  • VOL.23(2018年03月29日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:川上アキラ・鈴木さちひろ)
  • VOL.24(2018年04月19日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:首藤凛・野花紅葉・Nakanoまる・Rio・安川まり)
  • VOL.25(2018年05月23日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:長坂まき子
  • VOL.26(2018年06月14日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:プー・ルイ、前座ゲスト:小野川晶)
  • VOL.27『スーパーストライク』上映会 (2018年07月23日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:田村健太郎、長井短、ファーストサマーウイカ)
  • VOL.28(2018年08月22日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:佐久間宣行
  • VOL.29(2018年09月28日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:深井順子(FUKAIPRODUCE羽衣)・糸井幸之介(同)、前座ゲスト:椙山さと美
  • VOL.30(2018年10月29日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:趣里、前座ゲスト:石澤希代子)
  • VOL.31(2018年11月13日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:チャラン・ポ・ランタン
  • VOL.32(2018年12月10日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:Creepy Nuts
  • VOL.33(2019年01月24日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:石井玄
  • VOL.34(2019年02月13日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:酒井タケル)
  • VOL.35(2019年03月13日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:遠藤歩)
  • VOL.36(2019年04月15日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:ブルボンヌ、パッツィ・ウッチャリーノせきやゆりえ
  • VOL.37(2019年05月31日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:寺坂直穀)
  • VOL.38 番外編根本宗子6月の旅の報告会(2019年07月25日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:石橋穂乃香
  • VOL.39(2019年08月11日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:丸山礼
  • VOL.40(2019年09月19日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:川村瑞樹、追加ゲスト:小沢道成、石橋穂乃香)
  • VOL.41(2019年10月28日、新宿ロフトプラスワン)
  • VOL.42(2019年11月19日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:堂島孝平
  • VOL.43(2019年12月22日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:春名風花
  • VOL.44(2020年01月14日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:プー・ルイ
  • VOL.45(2020年02月18日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:riko
  • VOL.46(2020年03月17日、新宿ロフトプラスワン)[注 1]
  • VOL.47(2021年07月19日、LOFT9 Shibuya)
  • VOL.48 〜ねもちゃんの自宅編〜(2021年08月28日、根本宗子の自宅)
  • VOL.49 根本宗子の面談室特別編〜ねもしゅり合同誕生日会〜(2021年11月10日、新宿ロフトプラスワン、ゲスト:趣里)
  • VOL.50(2022年01月13日、LOFT9 Shibuya、ゲスト:もも

サケテチョプ編集

2016年
2017年
  • 1月29日 音楽実験室
  • 12月28日 音楽実験室

テレビ編集

映画編集

アニメ編集

ネットテレビ編集

ラジオ編集

同人ゲーム編集

  • cocchi-koi - 『6LDK!』(2015年7月28日、RJ156281) - 二羽香菜子 役[43]

CM・広告編集

  • PARCO コーポレートメッセージ(2016年)[44]

出典編集

注釈編集

  1. ^ 新型コロナウイルス感染症により中止となった。

出典編集

  1. ^ 根本宗子のプロフィール”. Ameba. 2015年10月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 宮路 美穂 (2014年10月27日). “【ブレーク予報】根本宗子、将来演出家で聖地に戻る”. スポーツ報知. 報知新聞社. 2014年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月21日閲覧。
  3. ^ a b c インタビュー 根本宗子 (月刊「根本宗子」)”. ローチケHMV. ローソンHMVエンタテイメント (2015年9月15日). 2015年10月21日閲覧。
  4. ^ 「仕事の学校 ENBUゼミナール」根本宗子インタビュー”. NeoL. STOP (2014年3月14日). 2021年8月19日閲覧。
  5. ^ a b c 第60回岸田國士戯曲賞最終候補作品決定”. 白水社. 白水社. 2021年11月1日閲覧。
  6. ^ 根本宗子 staf [@nemoshuu] (2017年8月15日). "なかなかに当たる率の高いでお馴染み根本の所属事務所ヴィレッヂ先行。" (ツイート). Twitterより2021年11月1日閲覧
  7. ^ 「里谷多英に憧れてた」劇作家・根本宗子が語る、モーグル断念からの“劇的人生””. 文春オンライン. 文藝春秋 (2018年11月27日). 2021年11月1日閲覧。
  8. ^ 根本宗子さん「ケガをきっかけに6 年間の車椅子生活を経験。手術への決断は自分だけではできなかった」”. telling,(テリング). 朝日新聞社 (2019年11月30日). 2021年11月1日閲覧。
  9. ^ 無理をしないということ。”. note (2020年8月21日). 2020年8月22日閲覧。
  10. ^ 人気劇作家、演劇の道へ進んだきっかけは中村勘三郎のある言葉”. allnightnippon.com. ニッポン放送 (2018年6月25日). 2021年11月1日閲覧。
  11. ^ 2014年に気になる人インタビュー 根本宗子 月刊「根本宗子」主宰”. TOKYO HEADLINE (2014年1月5日). 2015年10月21日閲覧。
  12. ^ 「仕事の学校 ENBUゼミナール」根本宗子インタビュー”. NeoL (2014年3月14日). 2021年8月19日閲覧。
  13. ^ a b c d PROFILE”. 月刊「根本宗子」 officialsite. 2015年10月21日閲覧。
  14. ^ 小劇場界の美人脚本・演出家、根本宗子の最新作が上演スタート!”. ニュースウォーカー. KADOKAWA (2013年10月9日). 2015年10月21日閲覧。
  15. ^ 第63回岸田國士戯曲賞最終候補作品決定 - 白水社”. www.hakusuisha.co.jp. 2021年11月1日閲覧。
  16. ^ a b 第64回岸田國士戯曲賞最終候補作品決定”. 白水社. 白水社. 2021年2月5日閲覧。
  17. ^ 第65回岸田國士戯曲賞最終候補作品決定”. 白水社. 白水社. 2021年11月1日閲覧。
  18. ^ 編集長は根本宗子、“好き”をつづるWebマガジン「ほまれ」創刊”. ステージナタリー (2020年6月27日). 2020年6月27日閲覧。
  19. ^ 根本宗子が演劇活動を休止した1年間で見つけたもの 横山由依・中山莉子らと挑むオペレッタ『Cape jasmine』”. クイック・ジャパン・ウェブ (2021年9月20日). 2021年9月20日閲覧。
  20. ^ 根本宗子 staff [@nemoshuu] (2021年10月31日). "根本宗子より今後の俳優活動に関するお知らせ" (ツイート). Twitterより2021年10月31日閲覧 (注)画像で文章を公開。
  21. ^ 根本宗子が俳優活動に幕「1人の演出家としてもっと成長していきたい」”. ステージナタリー. ナターシャ (2021年10月31日). 2021年10月31日閲覧。
  22. ^ 文化庁メディア芸術祭 [@JMediaArtsFes] (2022年3月13日). "【第25回文化庁メディア芸術祭 受賞作品決定】" (ツイート). Twitterより2022年3月14日閲覧
  23. ^ “乃木坂46生田絵梨花:新作オリジナルミュージカルに出演 稽古期間は2週間、異例の製作”. まんたんウェブ (MANTAN). (2020年6月29日). https://mantan-web.jp/article/20200629dog00m200084000c.html 2021年11月1日閲覧。 
  24. ^ ミュージカルとライブの間を目指す、根本宗子の新作「Cape jasmine」に横山由依ら(コメントあり)”. ステージナタリー. ナターシャ (2021年8月4日). 2021年11月1日閲覧。
  25. ^ 夢眠ねむ、根本宗子が3人組に悩む人へ送る、たぬきゅんフレンズ主演舞台とそのテーマ曲”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2022年5月10日). 2022年5月13日閲覧。
  26. ^ 根本宗子、高畑充希との新作舞台「宝飾時計」に「この冬の全てを捧げる」”. ステージナタリー. ナターシャ (2022年5月11日). 2022年5月11日閲覧。
  27. ^ おとぎ話がねもしゅー舞台で生演奏、主演は蒼波純&趣里”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2015年10月16日). 2021年11月1日閲覧。
  28. ^ 「女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。」みさこ、男子トイレが舞台の続編希望”. 映画ナタリー. ナターシャ (2015年8月22日). 2021年11月1日閲覧。
  29. ^ “前田敦子 ヒモ男セクゾ・菊池風磨とダメ恋/来年公開映画「もっと超越した所へ。」”. サンスポ (SANKEI DIGITAL INC.). (2021年11月1日). https://www.sanspo.com/article/20211101-VQ6PCYRWYZJXFJO2RVGJPUQPCY/ 2021年11月1日閲覧。 
  30. ^ 根本宗子×田村芽実 SNSミュージカル 『20歳の花』が6/29(火)より配信開始”. SPICE. イープラス (2021年6月28日). 2021年9月4日閲覧。
  31. ^ “清竜人がYouTubeドラマで横山由依とダブル主演、監督&劇伴も担当”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2022年2月14日). https://natalie.mu/music/news/465691 2022年2月15日閲覧。 
  32. ^ “YOASOBI「あの夢をなぞって」が上白石萌歌主演で“スマホ映画化””. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2022年3月17日). https://natalie.mu/music/news/469885 2022年5月13日閲覧。 
  33. ^ “『スマホ恋愛映画祭』豪華キャストで贈る恋愛映画3本を同時配信”. PR TIMES. (2022年3月17日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000611.000026205.html 2022年5月13日閲覧。 
  34. ^ 大森靖子×根本宗子 舞台『もっとも大いなる愛へ』主題歌「stolen worID」の配信が決定”. スパイス. eplus (2020年11月25日). 2021年2月6日閲覧。
  35. ^ “松本隆の歌詞世界をテーマに根本宗子がラジオドラマ脚本・演出!出演:趣里、又吉直樹/TOKYO FM特別番組松本隆50周年記念ラジオドラマ「恋人ができてしまったら、心を風街に閉じ込めて。」” (プレスリリース), TOKYO FM, (2021年11月17日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002570.000004829.html 2021年11月22日閲覧。 
  36. ^ 根本宗子の小説「今、出来る、精一杯。」本人朗読のオーディオブックが同時発売”. ステージナタリー. ナターシャ (2022年4月18日). 2022年4月19日閲覧。
  37. ^ コント番組「SICKS」にアンガ田中、ラバー、ラブレら、役柄の一部も発表”. お笑いナタリー. ナターシャ (2015年9月16日). 2021年11月1日閲覧。
  38. ^ “戦隊ヒーロースキヤキフォース”. 群馬テレビ. https://www.gtv.co.jp/program/animation/sukiyaki_f/ 2018年1月16日閲覧。 
  39. ^ “稲垣吾郎×要潤×勝地涼のAmazonドラマ『東京BTH』12月配信 草彅剛も登場”. CINRA.NET. (2018年10月19日). https://www.cinra.net/news/20181019-tokyobth 2019年1月16日閲覧。 
  40. ^ 根本宗子 (2014年7月21日). “ラジオ終わりー”. 根本宗子の、ブログは「日刊」で!. 2015年10月21日閲覧。
  41. ^ “CreepyNuts、根本宗子&長井短、四千頭身!「オールナイトニッポン0」の新パーソナリティが決定”. ニッポン放送. (2018年3月23日). https://news.1242.com/article/139964 2018年3月23日閲覧。 
  42. ^ “根本宗子×長井短 深夜ラジオ界の“異色コンビ”による『オールナイトニッポン0(ZERO)』が一夜限りの復活!”. ニッポン放送. (2021年9月6日). https://news.1242.com/article/312930 2021年9月20日閲覧。 
  43. ^ 6LDK! [cocchi-koi]”. DLsite.com. エイシス. 2015年10月22日閲覧。
  44. ^ “根本宗子がパルコ「SPECIAL IN YOU.」の広告モデルに、演劇への情熱語る”. ステージナタリー. (2016年9月16日). http://natalie.mu/stage/news/202115 2016年9月16日閲覧。 

外部リンク編集