ハウス・オブ・マウス

ハウス・オブ・マウス』(Disney's House of Mouse)は、アメリカABCにて2001年2003年に放送されたテレビシリーズ。全3シーズン、52話。

概要編集

ミッキーマウスと仲間たちが経営するジャズクラブ(ナイトクラブ)「ハウス・オブ・マウス」にディズニー映画のキャラクターが客としてやって来るという設定で展開するクロスオーバー作品

各エピソードは、ミッキーら従業員とお客たちがクラブ内で繰り広げる騒動などのストーリーをメインに、クラブのスクリーンで余興として上映されるアニメーションパート(劇中劇)を織り交ぜた構成となっている。劇中劇の内容は「ミッキーマウス・ワークス」の再放送、または「ディズニークラシック短編集」の再放送であるが、本作オリジナルの新作エピソードが上映されることもある。これらがおおむね毎回2〜3話ずつ上映され、中には前・後編に分かれているものもある。

「ミッキーマウス・ワークス」の続編かつ同作のリピート放送枠としての役割を含む性質上、ミッキーたちの性格や演出もドタバタ色の強い特色を踏襲している。

最後にはハウス・オブ・マウスの「スポンサーコマーシャルを流すパート」があり、各ディズニー作品のネタを取り入れている。

ピクサー作品のキャラクターは登場しないが、ドナルドダックが『トイ・ストーリー』のバズ・ライトイヤーや『バグズ・ライフ』のフリックなどのコスプレをした事がある。

日本での放映編集

日本でのタイトルは『ハウス・オブ・マウス 〜ミッキーとディズニーのなかまたち〜』。ただしトゥーン・ディズニーでの放送ではタイトルが『ハウス・オブ・マウス』となっていた。

日本では2002年10月3日から2003年9月25日まで1年間テレビ東京で『Disney Time』内で放送され、その後も不定期に再放送された。2003年11月18日から2005年11月30日までディズニー・チャンネルで放送され、その後は2005年12月よりトゥーン・ディズニーに放送局を移す形で一旦放送終了となる。2005年12月1日から2009年7月31日までトゥーン・ディズニーで放送。ディズニーXDの変更時に放送局をディズニー・チャンネルへ戻し、2009年8月1日から放送されたが、現在は放送終了。2009年8月16日から2010年10月2日までTOKYO MXでも放送された。

キャラクター編集

声優の表記は「原語版 / 日本語吹替版」の順。

クラブ関係者編集

ミッキーマウス
声 - ウェイン・オルウィン / 青柳隆志
本作の主人公でアニメ界スーパースター。クラブの責任者であり、ショーの司会も担当する。
ミニーマウス
声 - ルシー・テイラー / 水谷優子
本作のヒロインでミッキーのガールフレンド。賢く機転がよく利く。経理担当。
ドナルドダック
声 - トニー・アンセルモ / 山寺宏一
ミッキーの大親友というより悪友。実は密かに主役の座を狙っており、自分より人気も人望もあるミッキーに嫉妬することもあるが、彼のことは親友として大切に思っている。接客・運営担当。
デイジーダック
声 - トレス・マクニール / 土井美加
ボーイフレンドでトラブルを起こしがちなドナルドをいつも心配している。予約事務担当。
グーフィー
声 - ビル・ファーマー / 島香裕
ドジで間抜けだが憎めないミッキーの親友。ウェイターであり給仕長でもある。
プルート
声 - ビル・ファーマー / (原語版流用)
ミッキーのペットの犬。クラブのマスコット
ホーレス・ホースカラー
声 - ビル・ファーマー / 伊井篤史
ミッキーの昔からの友達。アニメーションの映像再生を担当する。
クララベル・カウ
声 - マーセリット・ガーナー、エイプリル・ウィンチェル / 真山亜子朴璐美福島桂子
ミニーの昔からの友達。街の噂話のキャスター。現在グーフィーと付き合っている。
マックス
声 - ジェイソン・マースデン / 山口勝平
グーフィーの息子。クラブの駐車係。
ヒューイ / デューイ / ルーイ
声 - トニー・アンセルモ / 坂本千夏
ドナルドの甥の三人組。ミュージシャン兼ショーダンサー。
ガス・グース
声 - フランク・ウェルカー / (原語版流用)
ドナルドのいとこでアヒルとガチョウのハーフ。コックをしており、なかなかの腕前だが食いしん坊で客に出す筈の料理をつまみ食いする事も。
ピート
声 - ジム・カミングス / 大平透
ミッキーたちのクラブを閉鎖させようとクラブの建物を購入したが、ミッキーたちがショーを続ける限り追い出せないという規則を知り、何かにつけてショーを妨害するが失敗ばかり。だがクリスマスの日にミッキーたちに恩を受けたことの恩返しとして、しつこくミニーに付きまとうモーティマーを追い払うことに協力したことがある。
ペンギン
メリー・ポピンズに登場したペンギン。ウェイター。
ほうき
ファンタジア」に登場した魔法の箒。掃除係。
マイク
声 - ロッド・ロディー / 山寺宏一
その名の通りマイクロフォンのキャラクター。レギュラーキャラの中で唯一のオリジナルキャラクター、総合司会担当。ラストで流れるコマーシャルのナレーションも務める。
魔法の鏡
声 - トニー・ジェイ / 大木民夫
白雪姫』に登場する物知りの鏡。エントランスの壁に掛けられている。クラブのコンサルタントを担当。世界中の誰よりも物知り。文学的な物言いをするため、ミッキーたちに伝わらないこともある。

その他のキャラクター編集

クラブにやってくるお客または劇中の短編アニメーションに登場するキャラクター。大半が端役であり声すら発さない事も多いが、一部のキャラクターがメインを張ることもある。

ミッキー&フレンズより編集

モーティマー・マウス
声 - モーリス・ラマーシュ / 江原正士
多くのエピソードに登場するクラブの常連的存在だが、素行の悪さが祟って店を追い出されたりミッキーたちや他の客に憎まれ口を叩かれることも多い。
ルードヴィヒ・フォン・ドレイク教授
声 - コーリー・バートン / 沢りつお
チップ
声 - トレス・マクニール / 滝沢ロコ
とある回でアニメーションと同様、ドナルドに追いかけられようが、最後はナッツだらけにして協力させられていた。本作ではダンサーでもある。
デール
声 - トレス・マクニール / 稲葉実
チップと同様、ドナルドに追いかけられようが、最後はナッツだらけにして協力させられていた。チップと同様ダンサーでもある。
スクルージ・マクダック
声 - アラン・ヤング / 北村弘一
ヤマネコ
ソルティ
声 - フランク・ウェルカー
ブッチ
声 - フランク・ウェルカー
ロクサーヌ
声 - グレイ・デライル / 麻生かほ里
グーフィー・ムービー ホリデーは最高で登場したキャラで唯一のゲストであり、とある回でマックスとデートシーンやパスタを食べるなどシーンが見られる。
エイプリル /メイ/ジューン
レディースナイトのみヒューイ、デューイ ルーイの代わりとして、バンドの出演した。年後には三人の騎士の伝説に登場する。
プルートの天使
声 - エリック・アイドル / 小形満
プルートの悪魔
声 - ペン・ジレッテ / 堀内賢雄
ベイビーシェルビー
声 - ジェフ・ベネット
ミセス・タートル
声 - エステル・ハリス / 水谷優子
とある回で最初はミッキー・マウスにシェルビーの任せていたが、最後はドナルド・ダックに任せようとした。
デニス・ザ・ダック
声 - ジェフ・ベネット / 岡野浩介
初回はドナルド・ダックを馬鹿にして、楽しませようとしたが、最後は改心し、親友されるシーンが見られる。
七面鳥
声 - ジェフ・ベネット / 稲葉実(アニメーションでは喋らない)
マジカル・マウス
声 - ジェフ・ベネット
ファントム・ブロット
ジョン・オハレイ / 若本規夫
ハンフリー
声 - ジム・カミングス / 高木渉
レンジャー・ウッドロー
声 - コーリー・バートン / 長島雄一
クララ・クラック
声 - ルシー・テイラー / (原語版流用)
チーフ・オハラ
声 - /
サンタクロース
声 - コーリー・バートン
ヤギ
声 - コーリー・バートン / 伊井篤史

三匹の子ぶたより編集

ファイファー・ピッグ
声 - キャシー・カーン / くじら
フィドラー・ピッグ
声 - パット・マシック / 山口勝平
プラクティカル・ピッグ
声 - ビル・ファーマー / 長島雄一
ビッグ・バッド・ウルフ
声 - ジム・カミングス / 中博史

白雪姫より編集

白雪姫
声 - キャロライン・ガードナー / 細野雅世
とある回で自分に変装したピートの悪巧みを暴いてプルートに力を貸し、毒リンゴで眠りについたミッキー達を助けた。
ごきげん
声 - ケビン・ソーン / 西本裕行
おこりんぼ
声 - コーリー・バートン / 西本裕行、江原正士(Season 4)
くしゃみ
声 - ボブ・ジョルス / 江原正士
おとぼけ
魔女
声 - ルーイス・チャーミス / 京田尚子

ピノキオより編集

ピノキオ
声 - マイケル・ウェルチ / 常盤祐貴
とある回ではペインとパニックに唆されて悪の道に反れたり、良心役のジミニーと離れたりしてしまうが、自分の力で危機を乗り越える。
ジミニー・クリケット
声 - エディ・カロール / 肝付兼太
とある回でショーのゲストとして、自分の両親に従うと言う言葉が大事だと、ピノキオの所に戻られた。
ゼペット
声 - トニー・ポープ / 上田敏也、伊井篤史(Season 4)
フィガロ
声 - フランク・ウェルカー
ブルー・フェアリー
声 - ロサライン・ランダー / 一城みゆ希
とある回でラストではペインとパニックに魔法をかけた。

ファンタジアより編集

チェルナボーグ
声 - コーリー・バートン
マッシュルーム・ダンサーズ
イェン・シッド

ダンボより編集

ダンボ
ティモシー
声 - コーリー・バートン / 山口勝平三ツ矢雄二(Season 4)

バンビより編集

バンビ
声 - ノア・ルーク
フラワー
とんすけ

ラテン・アメリカの旅より編集

ホセ・キャリオカ
声 - ロブ・ポールセン / 中尾隆聖
ペドロ

三人の騎士より編集

パンチート
カルロス・アラズラキ / 古川登志夫
アラクワン・バード
声 - フランク・ウェルカー / (原語版流用)
とある回でゲストとして、ジャファーやグーフィーなど変身するシーンが見られる。
ブリット
ガウチート

メイク・マイン・ミュージックより編集

くじらのウィリー
声 - ポール・サベラ / (原語版流用)

ファン・アンド・ファンシーフリーより編集

巨人のウィリー
声 - ウィル・ライアン / 西尾徳

メロディ・タイムより編集

トゥート

イカボードとトード氏より編集

トード氏
声 - ジェフ・ベネット / 内田直哉、長島雄一
イカボード

シンデレラより編集

シンデレラ
声 - ジェニファー・ヘイル / 鈴木より子
プリンス・チャーミング
フェアリー・ゴッドマザー
声 - ルシー・テイラー / 京田尚子
ジャックとガス
トレメイン夫人
とある回のラストにて、シンデレラの衣装でクラブの掃除係となったピートの監視役をしていた。
アナスタシア
イアーゴとは別でトレメインファミリーの側にいる また、とある回で『ミッキーの悪い奴には負けないぞ!』では改心キャラとして、ディズニー・ヴィランズに戻っている。
ドリゼラ

ふしぎの国のアリスより編集

アリス
声 - キャサリン・ボーモント / 土井美加
白ウサギ
声 - コーリー・バートン / 伊井篤史、江原正士(Season 4)
マッドハッター
声 - コーリー・バートン / 西本裕行
常連客でスクルージの傲慢さに怒って帰った客の中で唯一最後まで残った。
三月ウサギ
声 - モーリス・ラマーシュ
マッドハッターと同様、帰った客の中で最後まで残った。また、デニス・ザ・ダックでも客として、登場。
トゥイードル・ディー
声 - コーリー・バートン
トゥイードル・ダム
声 - コーリー・バートン
ハートの女王
声 - トレス・マクニール / 片岡富枝
ハートの王
カード
声 - コーリー・バートン / 三ツ矢雄二、江原正士
イモムシ
声 - コーリー・バートン / 玉城伸吾
ドアノブ
声 - コーリー・バートン
ドーマウス
チェシャ猫
年老いたカキ
大工さん
セイウチ

ピーター・パンより編集

ピーター・パン
声 - ブレイン・ウィーバー(台詞)、クリストファー・スティール(歌) / 林勇
フック船長
声 - コーリー・バートン / 内田直哉
『ミッキーの悪いやつには負けないぞ!』ではヴィランズの代表となっている。
ミスター・スミー
ティンカー・ベル
ウェンディ
ジョン
マイケル
タイガー・リリー
ナナ

プカドン交響楽より編集

生徒たち

わんわん物語より 編集

レディ
トランプ
ジョック
トラスティ
ペグ
トニー 
ジョー

眠れる森の美女より編集

オーロラ姫
声 - ジェニファー・ヘイル / すずきまゆみ
フィリップ王子
マレフィセント
声 - ロイス・ネットルトン / 沢田敏子
とある回でハデスやフック船長に口説かれており、『ミッキーの悪いやつには負けないぞ!』では、ドラゴンの姿でチェルナボーグと寄り添っている場面がある。
フローラ
声 - トレス・マクニール / 麻生美代子
フォーナ
声 - ルシー・テイラー / 京田尚子
メリーウェザー
レイバン

101匹わんちゃんより編集

ポンゴ
声 - マイケル・ベル / 藤原啓治
パディータ
声 - キャス・スーシー / 朴璐美
クルエラ・ド・ビル
声 - スザンヌ・ブレイクスリー / 一城みゆ希
『ミッキーの悪いやつには負けないぞ!』ではヴィランズの代表となっている。

王様の剣より編集

ワート / アーサー王
マーリン
声 - ハミルトン・キャンプ / 伊井篤史
アルキメデス
声 - アンドレ・ストイカ
マダム・ミム
ドラゴンの姿も登場している。

ジャングル・ブックより編集

キング・ルーイ
声 - ジム・カミングス / 石原慎一
シア・カーン
声 - トニー・ジェイ / 加藤精三
カー
声 - ジム・カミングス / 八代駿
ディジー
声 - ジェス・ハーネル
ジィギー
声 - ジェス・ハーネル
バジー
声 - ジェス・ハーネル
フラップス
声 - ジェス・ハーネル
モーグリ
バルー
バギーラ

おしゃれキャットより編集

ダッチェス
声 - ルシー・テイラー / 京田尚子
マリー
トーマス・オマリー
声 - スティーブ・カーティス・チャップマン / 内田直哉
オマリーは「オマリーアンドアリーキャッツ」というバンドとして登場するが、彼らの登場する回ではいつもトラブルに見舞われ彼らのライブは中止となる。

ロビン・フッドより編集

ロビン・フッド
リトル・ジョン
プリンス・ジョン
声 - ケビン・マイケル・リチャードソン / 長島雄一
ノッティンガムのシェリフ
声 - ビル・ファーマー / 伊井篤史
サー・ヒス

くまのプーさんより編集

プー
ピグレット
声 - ジョン・フィードラー / 小宮山清、小形満
ティガー
クリストファー・ロビン
イーヨー
声 - ピーター・カレン / 石田太郎
オウル
カンガ
ルー
ゴーファー
声 - マイケル・ガフ / 辻村真人
とある回で「でっかい白蟻と言う」シーンが見られる。

ビアンカの大冒険より編集

ビアンカ
バーナード
オービル

きつねと猟犬より編集

トッド
コッパー

コルドロンより編集

エロウィー
ホーンド・キング

オリビアちゃんの大冒険より編集

バジル
声 - モーリス・ラマーシュ / 上田敏也
ドーソン
ラティガン
声 - モーリス・ラマーシュ / 宝田明
フィジット

オリバー ニューヨーク子猫ものがたりより編集

ドジャー
フランク・ウェルカー
ティト
フランシス
ジョルジェット
オリバー
ジェニー

ロジャー・ラビットより編集

ベニー
声 - チャールズ・フライシャー / 堀内賢雄

リトル・マーメイドより編集

アリエル
声 - ジョディ・ベンソン / すずきまゆみ
フランダー
トリトン王
セバスチャン
声 - サミュエル・E・ライト / 山寺宏一
ミュージカルの仕事をしており、ロマンティックな恋愛本を出している。
アースラ
声 - パット・キャロル / くじら
スカットル
声 - モーリス・ラマーシュ / 石井康嗣
シェフ・ルイ
声 - ルネ・オーベルジョノワ / 安西康高

美女と野獣より編集

ベル
声 - ジョディ・ベンソン / 伊東恵里
野獣
声 - ロビー・ベンソン / 山寺宏一
野獣の姿と王子の姿、両方で登場している。
ルミエール
声 - ジェリー・オーバック / 江原正士
店の評論家で本作では家族も登場しているが、人間の姿としては登場しなかった。
コグスワース
声 - デヴィッド・オグデン・スティアーズ / 熊倉一雄
ルミエール達と同様、人間の姿は登場なかった
ポット夫人
ルミエール達と同様、人間の姿は登場なかった。
フィフィ
ルミエール達と同様、人間の姿は登場なかった。
ガストン
声 - リチャード・ホワイト / 内田直哉
とある回では自分の取り巻きである3人の町娘がビッグ・バッド・ウルフ・ダディのショーでコーラスに参加した際はかなり不満気にしていた。
フェザーダスター
声 - キミー・ロバートソン / ?
チップ
声 - ニキータ・ホプキンス / 小倉裕大
ル・フウ
町娘
声 - ? / ?
とある回でビッグ・バッド・ウルフ・ダディのショーでコーラスを担当し、ガストンを嫉妬させた。
モーリス
声 - ? / ?

アラジンより編集

アラジン
声 - スコット・ウェインガー / 三木眞一郎
ジャスミン
声 - リンダ・ラーキン / 麻生かほ里
とある回でレディース・ナイトでアリエルと会話シーンが見られる。
ジーニー
サルタン
ジャファー
声 - ジョナサン・フリーマン / 宝田明
イアーゴ
声 - ギルバート・ゴットフリード / 大川透
とある回でカリブのオウムとしてショーに参加した。作品によってアラジンの仲間かジャファーの手下か異なる。
アブー
声 - フランク・ウェルカー / (原語版流用)
ラジャー
声 - / (原語版流)
ジャスミンが飼っている虎。とある回でジャファーからジャスミンを除くクラブに入られないよう、禁止されているシーンが見られる。

ライオン・キングより編集

シンバ
声 - カム・クラーク / 宮本充
とある回で子供の姿と大人の姿が見られる。子供版の声はなかった。
ナラ
ティモン
声 - ケビン・ソーン / 三ツ矢雄二
プンバァ
声 - アーニー・サベラ / 畠中洋
とある回で最初はピートに誘拐されたが、最後はドナルドに助けられ、クラブも守った。
ムファサ
声 - キース・デイヴィッド / 大和田伸也
エド
声 - ジム・カミングス
ザズー
とある回でハイエナトリオに食べられそうなシーンが見られる。
ラフィキ
スカー

ポカホンタスより編集

ポカホンタス
ミーコ

ノートルダムの鐘より編集

カジモド
エスメラルダ
フロロー
ユーゴ
声 - ジェイソン・アレクサンダー / ?

ヘラクレスより編集

ヘラクレス
声 - テイト・ドノヴァン / 松本保典
メグ
声 - スーザン・イーガン / 坂本千夏
フィル(ピロクテテス)
声 - ロバート・コスタンゾ / 石井康嗣
ハデス
声 - ジェームズ・ウッズ / 嶋田久作
とある回でマレフィセントに片思いし、ミッキーにアドバイスを求める。
ゼウス
声 - コーリー・バートン / 銀河万丈
ペイン
声 - ボブキャット・ゴールドスウェイト / 小形満
パニック
声 - マット・フリューワー / 梅津秀行
ペガサス
声 - フランク・ウェルカー
運命の魔女たち
ラケシス
声 - キャロル・シェリー / 津田延代
クロートー
声 - トレス・マクニール / 京田尚子
アトロポス
声 - トレス・マクニール / 磯辺万沙子

ムーランより編集

ムーラン
声 - ミン・ナ / すずきまゆみ
ムーシュー
声 - マーク・モーズリー / 山寺宏一
クリキー
声 - フランク・ウェルカー / (原語版流用)
シャン・ユー

ターザンより編集

タントー
声 - ジム・カミングス / 玄田哲章

ラマになった王様より編集

クスコ
声 - J・P・マヌー / 古川登志夫
ラマの姿のみでの登場。
クロンク
イズマ

アトランティスより編集

キーダ
マイロ
ミセス・パッカード
声 - フローレンス・スタンリー / 水谷優子

オリジナル編集

ビッグ・バッド・ウルフ・ダディ
声 - / 石原慎一
ドナルド・ダックに招待され、ゲスト出演したが、最後はクラブ事吹き飛ばした。
見猿 言わ猿 聞か猿
声 - /
アニメーションを途中で中断し、いい番組してと判断があった。ただし、3回目以降は登場しなくなります。
キング・ラリー
声 - / 石原慎一
キング・ルーイの双子

その他編集

ナレーション
声 - コーリー・バートンジョン・クリーズ / 堀内賢雄(グーフィー専属)、中村正(特別編)
主に短編アニメーションでのナレーターであり、クラブ内では登場しない。

放送内容編集

エピソード一覧 / 1回の放送形式編集

  • 日本とアメリカではエピソードの放送順が異なる。
  • CSはディズニー・チャンネル、トゥーン・ディズニー共通の話数である。地上波とCSではエピソードの放送順が多少異なるが、ここではCS放送話数順に記入する。
  • 地上波では放送されていないエピソードや、CSではハロウィンやクリスマスの時期にしか放映されないエピソードがある(基本的にそのエピソードは飛ばしての放送となる)。詳しくは以下の表の備考を参照。
  • 基本的に短編作品のタイトル表示は英語だが、「早起きは大変」のみ「ハウス・オブ・マウス」用に作られたオリジナル作品のため(番組内でも『出来立て』だと言及されている)、日本語で表示された。また、『Disney Time』で放映された時、英語のタイトル表示に日本語字幕が表示された。
CS 地上波 アメリカ サブタイトル(日) サブタイトル(米) 短編 備考
1話 1話 1話(シーズン1) 盗まれた作品 The Stolen Cartoons プルートのセメント・ファイト
ドナルドの手品でドカン!
早起きは大変
2話 2話 7話(シーズン1) 電気がつかない!? Unplugged club すてきな楽器屋さん
ミッキー vs 銀行強盗
3話 3話 2話(シーズン1) ビッグ・バッド・ウルフ Big Bad Wolf Daddy デートの縁起かつぎ
プルート vs モーティマー
かっこよくなる方法
アニメーションを中断させた唯一のエピソード。
4話 4話 3話(シーズン1) スリー・キャバリエロ The Three Caballeros ドナルドの魚はだれのもの?
かしこくなる方法
5話 5話 5話(シーズン1) ティモンとプンバァ Timon and Pumbaa プルートと魔法の手袋
ミニーを助けろ! オリと大砲編
トロフィーを狙え
6話 6話 8話(シーズン1) クビになるのは誰? Gone Goofy ピットクルーはつらいよ
グーフィーのサメの餌付け
グーフィーがいっぱい
7話 7話 9話(シーズン1) 家賃が消えた日 Rent Day ミッキーの頂上をめざせ
オーケストラのサーカス
ミッキーの大脱走
8話 8話 6話(シーズン1) がんばれピノキオ Jiminy Cricket 寄付金がリボンに?
3人でデート?!
グーフィーは未登場
9話 9話 4話(シーズン1) グーフィーの彼女? Goofy's Valentine Date ドナルドと1ドル札
ミニーを助けろ! 階段編
プルートのラブラブ大作戦
ドナルドは未登場
10話 10話 10話(シーズン1) 盗賊ドナルド Donald's Lamp Trade ドナルドのサバイバルテスト
グーフィーのラジオ
デイジーは未登場
11話 11話 11話(シーズン1) 消えたプンバァ Donald's Pumbaa Prank ミッキーのエイプリルフール
ドナルドの釣りデート
12話 12話 12話(シーズン1) ウワサのミニー Thanks to Minnie ミニーのアップルパイ
ミッキーがミニー?
13話 13話 13話(シーズン1) お手柄プルート Pluto Saves the Day ペットはライオン
プルートと3匹の子猫
14話 50話(シーズン3) ハロウィーン・パーティー House Ghosts - 地上波未放送・CSは10月末のみ放送
15話 14話 14話(シーズン2) デイジー・オン・ステージ Daisy's Debut 夢のデュエット
ミッキーの逆さまの街
ドナルドは未登場
16話 15話 19話(シーズン2) グーフィー大変身? Not So Goofy 遊園地のペンキ屋さん
グーフィーの水上ボート
バケーションはカードで
17話 16話 40話(シーズン3) スポーツばんざい Salute to Sports グーフィーの野球ファンの心得
グーフィーの体操教室
デイジーは未登場
18話 17話 24話(シーズン2) キングラリー大暴れ King Larry Swings in ミッキーとあざらし
グーフィーのパラサイクリング
グーフィー紳士になる
19話 18話 20話(シーズン2) みんなミッキーが好き Everybody Loves Mickey 帰ってきたミッキーのライバル
ミッキーの危機一髪
ドナルドの眺めの良い部屋
20話 19話 18話(シーズン2) マックスの新車 Max's New Car ミッキーの新車
洗車は大変
21話 20話 42話(シーズン3) 魔法がいっぱい House of Magic プルートのしゃっくりを止めて!
ドナルドのボーリングでドカン!
大晦日のベビーシッター
22話 21話 15話(シーズン2) お仕事をこなすコツ Goofy for a Day グーフィーのウエイター
指揮者ミニーのハンガリアンダンス
ドナルドのディナーでデート
23話 22話 21話(シーズン2) デートが台なし Max's Embarrassing Date プルートのお留守番
グーフィーの自転車の乗り方
24話 23話 17話(シーズン2) 評論家は誰だ? The Mouse who Came to the Dinner ミッキーのファックス騒動
指揮者ミニーの熊蜂の飛行
ドナルド vs くまのハンフリー
25話 24話 16話(シーズン2) 街で最大の秘密 Clarabelle's Big Secret グーフィーのスパイ
バレンタインデーの約束
26話 25話 28話(シーズン3) ピートのワンマンショー Pete's One Man Show 楽しいピンボール
ドレーク教授の発明教室 時間戻し機
るすばん戦争
27話 26話 30話(シーズン3) 2人のバケーション Mickey and Minnie's Big Vacation ミッキーの80日間世界一周
ドナルドのフィッシングでドカン!
28話 27話 31話(シーズン3) アラカンがやってきた! Donald and the Aracuan Bird 番犬プルート
ドナルド vs アラカン鳥
29話 50話 22話(シーズン2) ミニーが迷子? Where's Minnie? どろぼうを捕まえろ
ドナルドのプール
30話 28話 23話(シーズン2) スーパーグーフ たんじょう! Super Goof グーフィーのガーデニング
ミッキーのキーはどこ?
31話 29話 25話(シーズン2) レディース・ナイトは大さわぎ Ladies Night プルートがムラサキ色になった
お客様はやりたい放題
指揮者ミニーのウィリアムテル
32話 30話 29話(シーズン3) 大どろぼう あらわる House of Crime インク怪人をやっつけろ
ドレーク教授の発明教室 テレリンリン
33話 31話 51話(シーズン3) ロボットをやっつけろ House of Genius 未来はステキ
ミッキーの機械じかけの家
34話 32話 26話(シーズン2) デニス・ザ・ダック Dennis the Duck ミッキーのウーピー・パーティ
ミッキーとモーティマー
35話 33話 52話(シーズン3) 教養をつけなきゃ Mickey and the Culture Clash ミッキーのピアノレッスン
グーフィーの魔法のダンス
指揮者ミニーのブラームスの子守唄
北米ではこのエピソードで最終回。

ドナルドとデイジーは未登場

36話 34話 32話(シーズン3) グーフィーの魔法のシチュー Goofy's Menu Magic グーフィーのボスも大変
ミッキーの素敵なディナー
プルートのチューインガムは大迷惑
37話 35話 33話(シーズン3) ミュージック・デーの危機 Music Day ロックスターになる方法
グーフィーのインラインスケート
ロケット・ライドに乗せて!
38話 36話 34話(シーズン3) ケチんぼオーナー、スクルージ House of Scrooge ミッキーの真夏の夜の夢
ドレーク教授の発明教室 自動お金製造機
39話 35話 41話(シーズン3) 空とぶドナルド Donald Wants to Fly ミッキーのプレゼント大作戦
ミッキーとカモメ
40話 38話 7話(シーズン1) グーフィーのおてつだい Dining Goofy 電話でパニック
ドレーク教授の発明教室 リモコン式芝刈り機
ドナルドとコンピューター
41話 39話 49話(シーズン3) やさしいハデス Halloween with Hades グーフィーのステキなキャンプ
ドナルドのハロウィーン
CSは10月末のみ放送
42話 40話 48話(シーズン3) ミッキーがしつぎょう Pete's House of Villains リトル・バッド・ウルフ
ドナルドのオペラでドカン!
ハートがあぶない!
43話 41話 43話(シーズン3) シェルビーショー Mickey vs. Shelby ドナルドのカメラマンは大変!
ドナルドのベビーシッター
44話 42話 37話(シーズン3) チップ&デール・デー Chip 'n Dale リスの大逆襲
グーフィーのロック・クライミング
リス君は歌姫がお好き
ミニーとデイジーは未登場
45話 43話 27話(シーズン3) お客はハデス Suddenly Hades ドナルドのプール
ドナルドの灯台
この放送から北米では

トゥーン・ディズニーに移行。

46話 48話 38話(シーズン3) 掃除係ハンフリー Humphrey in the House ホット・タブに入ろう
クマとみつばち
デイジーは未登場
47話 45話 45話(シーズン3) サンタのいい子悪い子リスト Clarabelle's Christmas List ドナルドのアイススケート
クリスマスデコレーションで勝負!
CSは12月末のみ放送
48話 46話 39話(シーズン3) 教授はなんでも知っている Ask Von Drake ドレーク教授の発明教室 最新お風呂装置
ドレーク教授のストレス解消法
49話 47話 41話(シーズン3) プルート大いそがし Pluto vs. Figaro プルート穴を掘る
ドナルド vs チップとデール
プルート清掃車にさらわれる
50話 44話 47話(シーズン3) 雪の日のお客さま Snow Day プルートとアシカ
ミッキーの荒療法
ドナルドの雪だるまでドカン!
51話 49話 44話(シーズン3) 七面鳥さんいらっしゃい House of Turkey 七面鳥をつかまえろ
ミッキーのナッツ争奪戦
北米では9時間マラソン最後のエピソードである。
52話 51話 46話(シーズン3) ピートのサンタがやってきた Pete's Christmas Caper ミッキーのくるみ割り人形
ドナルドの雪だるまでドカン!
CSは12月末のみ放送 日本ではこのエピソードで最終回。

ゲスト・収録曲編集

  • ゲストはストーリーに関わるキャラクターを表記し、背景・ワンカットのみで登場するキャラクター また、レギュラーであるピートやモーティマー・マウスなどは除く。
話数 サブタイトル ゲスト 収録曲
1 盗まれた作品
2 電気がつかない!? イーヨー
3 ビッグ・バッド・ウルフ トーマス・オマリー、ビッグ・バッド・ウルフ・ダディ 狼なんて怖くない
4 スリー・キャバリエロ ホセ・キャリオカ、パンチート
5 ティモンとプンバァ ティモン、プンバァ
6 クビになるのは誰? プー・ピー・ポロン・ズン
7 家賃が消えた日 トーマス・オマリー
8 がんばれピノキオ ピノキオ、ジミニー・クリケット アイム・ノー・フール
9 グーフィーの彼女?
10 盗賊ドナルド
11 消えたプンバァ ティモン、プンバァ
12 ウワサのミニー イアーゴ
13 お手柄プルート トーマス・オマリー、ラッキー、ローリー他
14 ハロウィーン・パーティー グリム・グリニング・ゴースト
15 デイジー・オン・ステージ ミッキー・ミニー・アンド・デイジー・ソング
16 グーフィー大変身? ホセ・キャリオカ、パンチート パンチート・ソング
17 スポーツばんざい ヘラクレス、ムーラン
18 キングラリー大暴れ キング・ラリー ビートルズ (ディジー、バジー、フラップス、ジィギー) 君のようになりたい(オリジナルとは違う歌詞)
19 みんなミッキーが好き 村人 (ガストンの子分) 野獣退治
20 マックスの新車 トーマス・オマリー
21 魔法がいっぱい ジャファー ビビディ・バビディ・ブー(オリジナルとは違う歌詞)
22 お仕事をこなすコツ スープ・サラダ・ポテト・クッキー・オリーブ・アンド・ドーナッツ(スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャスの替え歌)
23 デートが台なし ロクサーヌ
24 評論家は誰だ? ルミエール
25 街で最大の秘密
26 ピートのワンマンショー ブーン・ダ・ブーン
27 2人のバケーション
28 アラカンがやってきた! アラクワン・バード
29 ミニーが迷子?
30 スーパーグーフ たんじょう!
31 レディース・ナイトは大さわぎ チップ、デール モーティマー・マウス・ソング
32 大どろぼう あらわる チーフ・オハラ
33 ロボットをやっつけろ
34 デニス・ザ・ダック デニス・ザ・ダック
35 教養をつけなきゃ
36 グーフィーの魔法のシチュー
37 ミュージック・デーの危機
38 ケチんぼオーナー、スクルージ スクルージ・マクダック
39 空とぶドナルド ピーター・パン、ロスト・ボーイズ
40 グーフィーのおてつだい
41 やさしいハデス ハデス
42 ミッキーがしつぎょう アースラ、ハデス、ジャファー、クルエラ・ド・ヴィル 他
43 シェルビーショー ベイビーシェルビー
44 チップ&デール・デー チップ、デール
45 お客はハデス ハデス、チェルナボーグ 魅惑のデイジー ダッキールーム (魅惑のチキルームの替え歌)
46 掃除係ハンフリー ハンフリー
47 サンタのいい子悪い子リスト サンタクロース
48 教授はなんでも知っている ディズニーキャラ言えるかな
49 プルート大いそがし
50 雪の日のお客さま ソルティ・ザ・シール
51 七面鳥さんいらっしゃい 七面鳥
52 ピートのサンタがやってきた

放送局編集

放送局 放送期間 放送曜日 時間 備考
TOKYO MX 2009年8月16日 - 2010年10月2日 日曜日 10:00 - 10:30 土曜日にも放送され、2009年4月から毎週 7:00にも放送されたこともあった。 2010年1月.2月の放送が休止の為、3月から放送開始。
ディズニー・チャンネル 2003年11月18日 - 2005年11月30日 不明 2009年8月より、平日は15時に放送された。
トゥーン・ディズニー 2005年12月1日 - 2009年7月31日 平日

20:00 - 20:30

ディズニーXDがリニューアルするまで放送された。

※初回は開局記念として、3話ぶっ通し放送された。

TOKYO MX ディズニータイム(日曜10:00枠)
前番組 番組名 次番組
キム・ポッシブル
第2シーズン(再)
ハウス・オブ・マウス
(再)
タカラヅカ・カフェブレーク
(ディズニータイム枠終了)

関連作品編集

ミッキーの悪いやつには負けないぞ!(英:Mickey's House of Villains編集

米国では 2002年9月3日に、日本では2003年4月18日にビデオ・後にDVDでも発売された。また、2007年10月にはトゥーン・ディズニーのビッグ MOVIE ショウ!でも放送された。
内容は、ミッキーと仲間たちがハウス・オブ・マウスで楽しいパーティーを開催することになった中、ミュージカル・ストーリーやハロウィンの物語を見ながら盛り上がっている仲間たちを横目に、恐ろしいジャファーやフック船長をはじめとする悪役たちは真夜中になるのを待ってミッキーを脅かそうとたくらんでいるのに、楽しい時間が過ぎて夜になり悪役軍団の巻き起こす騒動が始まるためにハウス・オブ・マウスを追い出されてしまったミッキー逹もこのまま負けてばかりはいられない!と協力して悪役たちに立ち向かうというもの。物語の間に8つのエピソードが収録されており、内1つに『ミッキーのお化け退治』が収録されている。
挿入歌は「悪役の館」。

ミッキーのマジカル・クリスマス/雪の日のゆかいなパーティー (英:Mickey's Magical Christmas: Snowed in at the House of Mouse)編集

米国では 2001年11月6日に、日本では2002年11月8日にビデオ、同年12月6日にDVDでも発売された。また、2004年12月にはディズニー・チャンネルのマジカル・ワールド・オブ・ディズニーでも放送された。当時、トゥーン・ディズニーにも放送された。
内容は、クリスマス・ショーに集まったプーさんやピグレット、ベル、白雪姫、アリエルをはじめとするディズニーの仲間たちは大雪のせいで道が通行止めになって家へ帰れなくなったため雪がやむまでパーティーを続けて提案することになった中、たくさんのクリスマス・ストーリーを見ているうちにみんなの気分はますます盛り上がり、最初にむっつりしていたドナルドが、最後は夜のスターに変身しようと、ミッキーはせっかくのクリスマスを思いっきり楽しむというもの。物語の間に4つのエピソードが収録されており、内1つに『ミッキーのクリスマスキャロル』が収録されている。
挿入歌は「最高のクリスマス」。

関連項目編集

外部リンク編集