森永LOVE(もりながラブ)とは、かつて日本に存在したハンバーガーチェーンである。1975年[1]森永製菓の100%子会社であるレストラン森永の運営事業として誕生し、東京都港区三田に1号店を開店した[1]

概要編集

キャッチフレーズは「おいしさ分け合おう!」[1]。通称「ラブ」。

東京23区を中心とする首都圏ドミナント出店し、最盛期には約50店舗を展開した[1]。メニューにはハンバーガー、アイスクリームなどがあり、当時は珍しかったイングリッシュ・マフィンツナスライスチーズをサンドしたツナマフィンは人気メニューであった[1]

1996年に西武商事(現:西武プロパティーズ)との提携を解消[1]。新たに提携関係となったJT(日本たばこ産業)の資本力により、アメリカ第2位のバーガーキングとJTの合弁会社であるバーガーキングジャパンに買収された[1]。しかしバーガーキングとJTの軋轢もあり、2001年にバーガーキングが日本から撤退する際に、店舗はロッテリアファーストキッチンに売却された[1]

各店舗においては日々の売り上げ目標が定められていたが、直接80万や115万と記入するのではなく、1234567890の各数字を「CANDYSTORE」のアルファベットに置き換えて表記していた。これはレストラン森永の社名が以前は「森永キャンデーストア」であったため、80万ならOE、115ならCCYというように記入された。

店舗一覧編集

東京23区編集

東京多摩地区編集

神奈川県編集

埼玉県編集

千葉県編集

京都府編集

愛知県編集

  • 犬山店(キャスタ1階・閉店後はマクドナルドが長らく入居していたが、現在はカフェ・プロスペール)

三重県編集

ほか

メディアへの登場編集

TBSのテレビドラマ『3年B組金八先生』シリーズでは北千住店が時折映り、岸田智史主演の『1年B組新八先生』では撮影舞台にも使われた。

2006年公開の映画ヨコハマメリー』では、主人公の行きつけの伊勢佐木町店などがその背景に欠かせない存在として取り上げられた。2007年公開の映画『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』では六本木店が再現された。

当時のメニュー編集

  • ハンバーガー(80円→100円→120円) 
  • チーズバーガー(100円→120円→150円)
  • フィッシュバーガー(120円→150円)
  • カツバーガー(120円→150円)
  • デラックスバーガー(180円→210円→230円)
  • ベーコンエッグマフィン(朝のみ、120円→150円)
  • ツナマフィン(120円→150円)
  • ピザマフィン(120円→150円)
  • ホットアップルパイ(120円→150円)
  • フライドポテト(S:80円・L:120円→S:100円・L:150円→S:120円・L:180円)
  • ディッシャーアイス各種(100円→120円→150円)
  • ミルク(80円→100円→120円)
  • ホットコーヒー(80円→120円→150円)
  • ホットココア(100円→120円→150円)
  • コーンポタージュ(100円→120円→150円)
  • アイスコーヒー(S:100円・L:130円→S:130円・L:180円)
  • サンキスト(オレンジ・グレープ、S:100円・L:130円→S:130円・L:180円)
  • コカコーラ(S:100円・L:130円→S:130円・L:180円)
  • シェイク(バニラ・ストロベリー・チョコ、120円→150円)

以下は、後に新製品として販売された。

  • チキンバーガー(150円)
  • フルーツカクテル(120円)
  • コールスロー(正式なメニュー名不明、120円)
  • ソフトサラミマフィン(150円)
  • リブステーキサンド(230円)
  • ベーコンオムレツバーガー
  • シャウエッセンチリバーガー
  • ライスバーガー
  • いか明太ライスバーガー
  • 厚焼き玉子ライスバーガー
  • ヘルシーバーガー
  • ヌーボーバーガー
  • たまご粥
  • パスタ類

ほか

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 明治や江崎グリコも手を出したハンバーガービジネス ロッテリアだけが飛躍した理由” (日本語). ITmedia ビジネスオンライン (2019年7月23日). 2020年10月29日閲覧。
  2. ^ a b サンシャイン60通りFF4社の店舗戦略を探る 森永ラブ=女性客9割の強味” (日本語). 日本食糧新聞電子版 日食外食レストラン新聞 (1993年3月15日). 2020年10月29日閲覧。

関連項目編集