伊勢佐木町

横浜市中区の地名
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 中区 (横浜市) > 伊勢佐木町

伊勢佐木町(いせざきちょう)は、神奈川県横浜市中区の地名。現行行政地名は伊勢佐木町1丁目 - 7丁目(字丁目)からなり、伊勢佐木町通りに沿って北東 - 南西方向に約1.4キロメートル続く。住居表示未実施区域[5]。北東端から地上は、吉田橋を抜けると馬車道につながり、一方、地下にはマリナード地下街があり、馬車道や関内駅につながっている。また、南西端は南区に接する。現在1丁目と2丁目は「イセザキモール」(全面歩行者天国)、3丁目 - 7丁目は「伊勢佐木町商店街」と呼ばれる。「イセザキモール」は、昭和62年度国土交通省手づくり郷土賞(いきいきとした楽しい街並み)受賞

伊勢佐木町
イセザキモール入口(馬車道側)
イセザキモール入口(馬車道側)
伊勢佐木町の位置(横浜市内)
伊勢佐木町
伊勢佐木町
伊勢佐木町の位置
伊勢佐木町の位置(神奈川県内)
伊勢佐木町
伊勢佐木町
伊勢佐木町 (神奈川県)
北緯35度26分29.83秒 東経139度37分43.42秒 / 北緯35.4416194度 東経139.6287278度 / 35.4416194; 139.6287278
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
中区
町名制定 1889年明治22年)4月1日
面積
 • 合計 0.092 km2
人口
2021年(令和3年)7月31日現在)[2]
 • 合計 2,078人
 • 密度 23,000人/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
231-0045[3]
市外局番 045(横浜MA[4]
ナンバープレート 横浜
伊勢佐木町の位置
イセザキモール
イセザキモール

沿革編集

元々は入江を埋めた吉田新田の北一つ目沼地。沼地は寛文11年(1671年)までには埋め立てられ、耕地となっていた。

明治2年(1869年)には当地付近に港崎遊郭が移転し、吉原町が起立、明治5年(1872年)にはその遊廓高島町に再移転し、区画を整理して明治7年(1874年)5月20日に伊勢佐木町が起立した。現在の読みは「いせきちょう」であるが、当初は「いせさぎちょう」と呼ばれた。

大区小区制では第1大区4小区に属し、明治11年(1878年)横浜区に編入され、明治22年(1889年)横浜市制施行で同市の1町となる。

昭和3年(1928年)松ヶ枝町、賑町、長島町の全域と長者町、久方町、末吉町の各一部を編入して南吉田橋際まで町域が拡大した。

地名の由来編集

明治7年(1874年)に道路改修費用を寄付した伊勢屋中村次郎衛(治兵衛)、川儀右衛門、佐々新五郎の名前(屋号・苗字の一部を採って組み合わせたもの)から来ている[6][7][8]。佐川儀右衛門の子孫宅に、神奈川県令中島信行が褒賞として銀杯を下げ渡すとする明治7年11月の書類と、銀杯が入っていたと思われる箱と包み紙が伝わっており、包み紙に佐川の手によって「伊勢佐木町」の町名が彼ら3人に由来する旨が記されていた[6]。このことは1989年に石井光太郎が『有鄰』261号で発表した[8][7]

上記の発表以前、地名の由来としては諸説が流布していた。いずれも、町の成り立ちに関わった人名に由来するものとしていた。

  • 伊勢佐木町起立前に興行場を開場し、当地の開発に功績があった伊勢文蔵・次年にちなむとする説[9][10][7]
  • 明治7・8年ごろに元神奈川奉行信濃守合原伊勢が開発したことから来ているとする説[10][7]
  • 明治7年ごろに伊勢出身の氏の蕎麦屋「佐々木庵」が繁盛したことから来ているとする説[10][7]

繁華街の変遷編集

 
1953年頃の伊勢佐木町通り[11]

明治時代から商店などが集中したため、現在でも明治創業の店舗が残っている。

明治6年(1873年)に興行場が開かれ、大相撲も催される興行街となる。 明治15年(1882年)に遊郭が高島町から真金町へ再々移転すると、関内から遊郭への通り道となり、伊勢佐木町通りを中心に繁華街へ発展。 明治44年(1911年)にはドイツ人貿易商・ヴェルダーマンが日本最初の洋画封切館であるオデヲン座を開館、大正初期までには東京・浅草大阪千日前と並ぶ大繁華街となり、「ザキブラ」「イセブラ」なる言葉も生まれた。

関東大震災で大被害を受けたが復興は早く、昭和に入ってなおも大いに栄えるが、太平洋戦争で被災、更に戦後占領軍によって接収される。昭和26年(1951年)返還が順次開始され、復興が本格化したのは昭和30年代に入ってからである。

昭和53年(1978年)からは恒久的なかたちでの歩行者天国が実施されている。また近年では、ミュージシャンのゆずがアマチュア時代にストリートライブをよく行っていた場所として知られている。

課題編集

太平洋戦争後、横浜港の中核で、横浜の中心部でもある関内地区の大部分と、伊勢佐木町の一部が連合国軍最高司令官総司令部により接収されていた。昭和30年代まで接収が続いたことにより、横浜中心部の戦後復興も遅れ、伊勢佐木町もこのあおりを受けることになった。

一方、昭和35年(1960年)頃から、砂利置き場として使われていた横浜駅西口の大規模開発が相模鉄道によって開始され、昭和45年(1970年)頃には、横浜駅西口が横浜最大の繁華街としての地位を確立した。それにともない、伊勢佐木町の繁華街としての機能は徐々に低下し、現在では横浜駅エリアに大きく水をあけられている。


治安・風紀の維持編集

2022年(令和4年)11月1日より、伊勢佐木町1丁目から6丁目は神奈川県暴力団排除条例に基づき暴力団排除特別強化地域に指定されることとなった。地域内では飲食店などの特定営業者と暴力団員との間でみかじめ料のやりとりや用心棒などの役務提供・依頼などが禁止され、違反者は金銭の支払いや役務を依頼した側であっても懲役1年以下または罰金50万円以下の罰則が科される[12]

世帯数と人口編集

2021年(令和3年)7月31日現在(横浜市発表)の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
伊勢佐木町1・2丁目 25世帯 37人
伊勢佐木町3丁目 31世帯 48人
伊勢佐木町4丁目 168世帯 280人
伊勢佐木町5丁目 412世帯 562人
伊勢佐木町6丁目 308世帯 437人
伊勢佐木町7丁目 494世帯 714人
1,438世帯 2,078人

人口の変遷編集

国勢調査による人口の推移。

1995年(平成7年) 1,225人 [13]
2000年(平成12年) 1,860人 [14]
2005年(平成17年) 1,877人 [15]
2010年(平成22年) 1,919人 [16]
2015年(平成27年) 1,854人 [17]

世帯数の変遷編集

国勢調査による世帯数の推移。

1995年(平成7年) 670世帯 [13]
2000年(平成12年) 1,066世帯 [14]
2005年(平成17年) 1,135世帯 [15]
2010年(平成22年) 1,185世帯 [16]
2015年(平成27年) 1,211世帯 [17]

学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる(2021年8月時点)[18]

丁目 番地 小学校 中学校
伊勢佐木町1丁目 全域 横浜市立本町小学校 横浜市立横浜吉田中学校
伊勢佐木町2丁目 全域
伊勢佐木町3丁目 全域
伊勢佐木町4丁目 全域
伊勢佐木町5丁目 全域 横浜市立東小学校 横浜市立老松中学校
伊勢佐木町6丁目 全域
伊勢佐木町7丁目 全域

事業所編集

2016年(平成28年)現在の経済センサス調査による事業所数と従業員数は以下の通りである[19]

丁目 事業所数 従業員数
伊勢佐木町1丁目 99事業所 1,113人
伊勢佐木町2丁目 73事業所 697人
伊勢佐木町3丁目 69事業所 889人
伊勢佐木町4丁目 64事業所 340人
伊勢佐木町5丁目 65事業所 365人
伊勢佐木町6丁目 48事業所 216人
伊勢佐木町7丁目 45事業所 486人
463事業所 4,106人

著名な店舗・寄席・劇場・映画館編集

現存する店舗編集

 
有隣堂本店
 
不二家横浜センター店

過去に存在した店舗編集

1921年野澤屋呉服店として創業。1934年には野澤屋1973年に松坂屋の傘下に入ってノザワ松坂屋となり、1977年に横浜松坂屋となる。2004年本館・西館ともに横浜市歴史的建造物に認定された。2008年閉店。本館は2010年解体。跡地は、複合商業施設カトレヤプラザ伊勢佐木に生まれ変わった。
吉田橋南詰の鶴屋と1丁目の壽百貨店。1丁目の建物は元々越前屋百貨店だったのを鶴屋が買収したもの。区画整理のため吉田橋店を廃止し、1丁目の店舗を松屋横浜店として統合したが、昭和53年撤退。横浜松坂屋が買収して西館として運営していたが、現在はJRA場外馬券売場エクセル伊勢佐木(有料制)になっている。
  • 松喜屋
1919年(大正8年)呉服店として創業。戦後、百貨店に業態転換。屋上にあった灯台を模した構築物から、通称・赤灯台と呼ばれた。1969年、ユニーの前身であるほていや(創業地は伊勢佐木町)に店舗の営業を譲渡し、1976年にユニーに吸収合併された。2009年にピアゴイセザキ店に改称されたが、建て替えのため2013年8月に閉鎖され取り壊された。(ピアゴイセザキ店は2015年7月3日に跡地に建った新築建物で再開業したが、2020年8月9日に閉店した。)

現存する映画館編集

伊勢佐木町に所在する映画館は全て消滅したが、界隈に現存する映画館は以下の通り。

過去に存在した寄席・劇場・映画館編集

 
横浜常設館(1938年の写真[20]
  • 横浜オデヲン座(日本最初の洋画封切映画館
  • 朝日ニュース(戦前の映画館。厳密に言えば伊勢佐木町ではなく福富町に所在。)
  • 電氣館(戦前の映画館。厳密に言えば伊勢佐木町ではなく羽衣町に所在。)
  • 常設館(戦前の映画館。松竹系。)
  • 朝日館(新興映画劇場。戦前の映画館)
  • 世界館(戦前の映画館)
  • 帝国館(戦前の映画館)
  • 横浜日活館(戦後裏手に横浜日活シネマを開設。後に両館敷地をもって横浜日活会館に改築。末期は洋画上映館・横浜オスカーになっていた。横浜日活会館自体は現存。)
  • 敷島座(戦前の芝居小屋)
  • 横浜花月劇場(戦前戦後に、吉本興業が所有していた劇場。寄席の「朝日座」を買収・改称した。1946年横浜グランド劇場に改称。洋画を上映。吉本撤退後に横浜東映会館が建設された。)
  • 花月(戦前、吉本興業が所有していた寄席。「新富亭」を買収・改称した。)
  • 寿館(戦前、吉本興業が所有していた寄席)
  • 横浜東映会館(伊勢佐木町東映
  • 横浜ピカデリー(松竹直営。厳密に言えば伊勢佐木町ではなく長者町に所在。)
  • 横浜大映劇場(旧・大都館。のち横浜松竹・横浜セントラル。厳密に言えば伊勢佐木町ではなく長者町に所在。)
  • 横浜東亜映画劇場(二代目横浜オデヲン座。最晩年は大蔵映画直営。厳密に言えば伊勢佐木町ではなく曙町に所在。)
  • 横浜東映劇場(旧・オリンピア劇場。「東急グリル」を併設。横浜東映会館とは別物。厳密に言えば伊勢佐木町ではなく長者町に所在。1963年に閉館。)
  • 関内アカデミー劇場
  • 横浜ニューテアトル(2丁目。2018年閉館。これで伊勢佐木町に所在する映画館はすべて消滅。)

交通編集

伊勢佐木町にちなむ作品編集

音楽編集

ドラマ編集

映画編集

小説編集

ゲーム編集

ギャラリー編集

その他編集

日本郵便編集

警察編集

町内の警察の管轄区域は以下の通りである[22]

丁目 番・番地等 警察署 交番・駐在所
伊勢佐木町1丁目 全域 伊勢佐木警察署 吉田橋交番
伊勢佐木町2丁目 全域
伊勢佐木町3丁目 全域 伊勢佐木町交番
伊勢佐木町4丁目 全域
伊勢佐木町5丁目 全域
伊勢佐木町6丁目 全域 横浜橋交番
伊勢佐木町7丁目 全域

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 横浜市町区域要覧” (日本語). 横浜市 (2018年7月9日). 2021年8月11日閲覧。
  2. ^ a b 令和3年(2021) 町丁別人口(住民基本台帳による)   (Microsoft Excelの.xls)” (日本語). 横浜市 (2021年8月6日). 2021年8月7日閲覧。 “(ファイル元のページ)
  3. ^ a b 伊勢佐木町の郵便番号”. 日本郵便. 2021年8月11日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ 住居表示実施町名一覧 (令和2年10月19日現在)”. 横浜市 (2020年10月29日). 2021年8月28日閲覧。
  6. ^ a b 座談会 吉田新田と横浜の埋立て (3)”. Web版 有鄰 第468号. 有鄰堂 (2006年11月10日). 2019年4月22日閲覧。
  7. ^ a b c d e 中区の町名とその歩み(あ行の町名)”. 横浜市中区. 2019年4月22日閲覧。
  8. ^ a b 日本地名の会編『神奈川県民も知らない地名の謎』(PHP文庫)p.44
  9. ^ 伊勢佐木町”. 日本大百科全書(ニッポニカ). 2019年4月22日閲覧。
  10. ^ a b c 日本地名の会編『神奈川県民も知らない地名の謎』(PHP文庫)pp.43-44が引く横浜市偏『横浜の地名』
  11. ^ 『映画館のある風景 昭和30年代盛り場風土記・関東編』 キネマ旬報社、2010年
  12. ^ 神奈川県暴力団排除条例(平成22年神奈川県条例第75号) 令和4年改正 令和4年11月1日施行”. 神奈川県 (2022年). 2022年9月19日閲覧。
  13. ^ a b 平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年3月28日). 2019年8月16日閲覧。
  14. ^ a b 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
  15. ^ a b 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  16. ^ a b 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
  17. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
  18. ^ 小・中学校等の通学区域一覧(通学規則 別表)”. 横浜市 (2021年8月5日). 2021-08-08]閲覧。
  19. ^ 平成28年経済センサス-活動調査 / 事業所に関する集計 産業横断的集計 都道府県別結果” (日本語). 総務省統計局 (2018年6月28日). 2019年10月23日閲覧。
  20. ^ 第10回:戦前期日本の映画館写真(8)日本各地篇”. NFC Digital Gallery. 東京国立近代美術館フィルムセンター (2015年5月30日). 2017年5月9日閲覧。
  21. ^ 郵便番号簿 2020年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2021年8月7日閲覧。
  22. ^ 交番”. 伊勢佐木警察署. 2021年11月11日閲覧。

参考資料編集

  • 『横浜伊勢佐木町周辺の劇場と映画館の変遷』柴田 勝著 1972年
  • 『都市ヨコハマをつくる』田村明著 中央公論社 1983年
  • 『都市ヨコハマ物語』田村明著 時事通信社 1986年
  • 『横浜イセぶら百科』神奈川新聞社編集局編 神奈川新聞社 1986年
  • 『そして、風が走りぬけて行った 天才ジャズピアニスト・守安祥太郎の生涯』植田紗加栄著 講談社 1997年
  • モロッコの辰 横浜愚連隊物語』山平重樹著 大和書房 1996年
  • 『聞き書き横濱物語』松葉好市著 ホーム社 2003年
  • 『昭和二十年の青空』赤塚行雄著 有隣堂 2004年
  • 『昭和30年代の神奈川写真帖・上巻』西潟正人著 アーカイブス出版 2007年
  • 『Old but new イセザキの未来につなぐ散歩道 』伊勢佐木町1・2丁目地区商店街振興組合編 神奈川新聞社 2009年
  • 『ヨコハマ伊勢佐木町 復活への道』山田泰造著 日本経済新聞出版社 2009年

関連項目編集

外部リンク編集