メインメニューを開く
ららぽーと > ららぽーとTOKYO-BAY

ららぽーとTOKYO-BAY(ららぽーとトーキョーベイ、LaLaport TOKYO-BAY)は千葉県船橋市浜町二丁目にある、三井不動産商業マネジメントが経営するショッピングセンターであり、ららぽーとの1号店旗艦店である[1]。店舗数は約425店舗とショッピングセンターの中では日本一の規模を誇る[2]

ららぽーとTOKYO-BAY
LaLaport TOKYO-BAY
ららぽーとウエスト(旧:そごう)営業時代の外観
ららぽーとウエスト(旧:そごう)営業時代の外観
地図
店舗概要
所在地 273-8530
千葉県船橋市浜町二丁目1番1号
座標 北緯35度41分11秒 東経139度59分25秒 / 北緯35.68639度 東経139.99028度 / 35.68639; 139.99028座標: 北緯35度41分11秒 東経139度59分25秒 / 北緯35.68639度 東経139.99028度 / 35.68639; 139.99028
開業日 1981年昭和56年)4月2日
施設所有者 三井不動産株式会社
施設管理者 三井不動産商業マネジメント株式会社
敷地面積 171,000 m²
延床面積 256,000 m² (容積率150%)
商業施設面積 104,000 m²
店舗数 約450店舗
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 約7,000台
前身 船橋ヘルスセンター

ららぽーと船橋ショッピングセンター

TOKYO-BAYららぽーと
最寄駅 南船橋駅(徒歩5分、無料送迎バス運行)
船橋競馬場駅(徒歩10分、無料送迎バス運行)
最寄IC 花輪IC谷津船橋IC湾岸千葉IC千鳥町出入口
外部リンク 公式サイト
LaLaport

1981年昭和56年)、船橋ヘルスセンターの跡地に旧称「ららぽーと船橋ショッピングセンター」として開業した。

目次

概要編集

 
時計の広場周辺

1981年(昭和56年)4月2日、ハワイアラモアナセンターを参考にして[3]船橋ヘルスセンターの跡地に開業した。三井不動産が初めて手掛けたショッピングセンターである[4]。開業時の名称は「ららぽーと船橋ショッピングセンター」[5]。「TOKYO-BAYららぽーと」を経て、2006年8月に「ららぽーとTOKYO-BAY」に変更した。

当初から日本最大規模の大型ショッピングセンターであり、その先駆けだった。当時は京葉線の開通前で、近隣の船橋駅並びに津田沼駅前は日本有数の商業激戦区(津田沼戦争[6]である上、ショッピングセンター事業への経験不足、前例のない広大な敷地でもあり、成功を疑問視する声も多かった[7]

開業初日は雨の中、開店前に4万人が列を作り、推定25万人が来場した[7]。初年度は200店舗、年間来場者数約1,200万人[8]。その後さらに規模が拡大していき、450の専門店や飲食店に加えて映画館などのアミューズメント施設を備え、年間約2,500万人が訪れている。

かつては売り場面積が日本全国で1位で、CMなどでもそのように紹介していた。コート(広場)ではストリートパフォーマンスや音楽ライブなど多様なイベントが催され、地元放送局bayfmの公開収録も行われる。セレクトショップや若年層向けの店舗を充実させるなど、時代に合わせて継続的に増床、改装を繰り返している。

2000年には、近場の海浜幕張駅周辺にコストコ幕張倉庫店、カルフール幕張(現:イオン幕張店)が相次いで開業、また、三井不動産グループも三井アウトレットパーク 幕張を開業させた。舞浜駅前にはイクスピアリが開業し、さらに2004年には隣接地にビビットスクエア(現:ビビット南船橋)が開業するなど、周辺地域にショッピングセンターが乱立した。この影響で売り上げが落ち込むと予想する声もあったが、地域の集客力が上がったことにより、かえって以前よりも来客数が増える傾向にある[要出典]

沿革編集

 
ららぽーと三井ビルディング
 
船橋競馬場駅からの無料送迎バス
  • 1981年(昭和56年)4月2日 - 「ららぽーと船橋ショッピングセンター」(ららぽーと1)が、ダイエーそごうと2核1モールで開業。
  • 1985年(昭和60年)3月30日 - ホテルサンガーデンららぽーと(後の三井ガーデンホテル船橋ららぽーと)が開業。
  • 1986年(昭和61年)3月3日 - 京葉線西船橋駅 - 千葉貨物ターミナル駅廃駅)間開通と同時に南船橋駅開業。
  • 1988年(昭和63年)3月 - ららぽーと2を増床。他施設に先駆けシネマコンプレックスを導入。
  • 1993年(平成5年)7月15日 - 世界最大の屋内スキー場、ららぽーとスキードームSSAWSが開業。
  • 2000年(平成12年)4月20日 - ららぽーと3を増床。
  • 2001年(平成13年)
    • 5月 - 経営再建中のそごうから船橋そごうの土地、建物を取得。
    • 6月2日 - ららぽーとの湯 常盤殿がオープン。
    • 9月21日 - 旧:船橋そごうをららぽーとウエストとしてリニューアルオープン。
  • 2002年(平成14年)9月30日 - ららぽーとスキードームSSAWSが閉館。
  • 2004年(平成16年)
    • 5月31日 - ダイエーららぽーとイースト店が閉店。
    • 7月16日 - 映画館10スクリーンが「TOHOシネマズ船橋ららぽーと」に統一されリニューアルオープン。
    • 11月19日 - 旧:ダイエーをららぽーとイーストとしてリニューアルオープン。
  • 2006年(平成18年)8月 - 「TOKYO-BAYららぽーと」から「ららぽーとTOKYO-BAY」に名称変更。
  • 2007年(平成19年)3月31日 - ららぽーとの湯 常盤殿が閉館。
  • 2008年(平成20年)5月22日 - ららぽーと2を建て替え、開館。それに伴い、ららぽーと1とららぽーとイーストを「北館」、ららぽーと2とららぽーと3を「南館」、ららぽーとウエストを「西館」へと、全館それぞれ名称変更。
  • 2011年(平成23年)11月12日 - 三井ガーデンホテル船橋ららぽーとが閉館。
  • 2012年(平成24年)1月29日 - 西館が一時閉館(一部店舗は北館に移転したり、完全閉店したりした。)。解体、建て替え工事を行う。
  • 2013年(平成25年)
    • 11月18日 - 平和交通の路線バス、津田沼駅南口 - ららぽーとTOKYO-BAY間が開通。
    • 11月22日 - 西館が建て替え、開館。映画館が南館から西館に移転し、「TOHOシネマズららぽーと船橋」に改称。
  • 2016年(平成28年)12月10日 - 旧「TOHOシネマズ船橋ららぽーと」の跡地(南館3階)の一部が、「コジマ×ビックカメラららぽーとTOKYO-BAY店」となった。

主要テナント編集

SCは北館、南館、西館の3棟で構成されている。出店しているテナント全店の一覧・詳細情報は公式サイトを参照[9]

過去の施設・テナント編集

以前は核店舗としてダイエーそごうも出店していた。また、過去に存在した劇場では、8時だョ!全員集合の収録も行われた。

営業時間編集

店舗により異なる。詳細は公式サイト内にある「営業時間」を参照。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “「ららぽーとマネジメント株式会社 導入事例 クレジットサイン伝票の電子化と大幅な紙伝票の削減を実現」”. 株式会社ワコム. http://tablet.wacom.co.jp/business-education/case/e-signature-use/case03/index.html 2015年7月5日閲覧。 
  2. ^ 【最新版】日本全国のショッピングモール|店舗数ランキングトップ20” (日本語). SMART SHOP GUIDE (2017年5月22日). 2019年1月10日閲覧。
  3. ^ 船橋「TOKYO-BAYららぽーと」テレビ東京出没!アド街ック天国』、2005年7月2日。
  4. ^ 「ららぽーと」の価値創造 30年の歩み、三井不動産。
  5. ^ 三井不動産の歴史1981-1985 Archived 2011年7月19日, at the Wayback Machine.、三井不動産。
  6. ^ 当時、船橋駅前には西武百貨店東武百貨店イトーヨーカドー丸井長崎屋十字屋が、津田沼駅前には西友+パルコ、ダイエー、高島屋、イトーヨーカドー、丸井、長崎屋などの商業施設が林立していた。
  7. ^ a b ららぽーと誕生物語 Archived 2013年1月22日, at the Wayback Machine.、三井不動産。
  8. ^ 「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」 「西館」建替え推進を決定、三井不動産、2011年6月15日。
  9. ^ ショップガイド ららぽーとTOKYO-BAY

関連項目編集

外部リンク編集