メインメニューを開く

相葉 裕樹(あいば ひろき、1987年10月1日 - )は、日本俳優声優。本名および旧芸名は相葉 弘樹(読み同じ)。

あいば ひろき
相葉 裕樹
本名 相葉 弘樹
生年月日 (1987-10-01) 1987年10月1日(31歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県船橋市
身長 180 cm
血液型 O型
職業 俳優声優
ジャンル テレビ舞台
活動期間 2004年 -
事務所 グランアーツ
主な作品
テレビドラマ
侍戦隊シンケンジャー
怪盗ロワイヤル
35歳の高校生
黒服物語
映画
カフェ代官山
王様とボク
舞台
ミュージカル・テニスの王子様
ラ・カージュ・オ・フォール 籠の中の道化たち
スカーレット・ピンパーネル
レ・ミゼラブル
テレビアニメ
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス
新テニスの王子様
受賞
第16回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」審査員特別賞

千葉県船橋市出身。千葉県立船橋北高等学校卒業[1]グランアーツ所属。

目次

略歴編集

2003年からStar Light Studioでレッスンを受け(6期生)、同スタジオで知り合った古賀敦士、今間卓也とストリートダンスユニット『BRIGHTS』(2004年解散)を結成し、代々木公園等でストリートライブをしていた。解散ライブでは400人近くのファンを動員。

同年、第16回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で審査員特別賞を受賞。ミュージカル『テニスの王子様』不二周助役をきっかけに、本格的に俳優として活動を始める。

自身の20歳の誕生日にあたる2007年10月1日にファンクラブ「h.a.style」が発足した。

2009年、『侍戦隊シンケンジャー』にシンケンブルー / 池波流ノ介役で出演。さらに同年より、マキシムカフェメニューの広告キャラクターを務める。

2011年4月、エイベックス・マネジメントからトップコートに移籍。それに伴い、芸名を現在の「相葉 裕樹」に改名。

2012年、テレビアニメ『新テニスの王子様』に入江奏多役で出演。2013年、『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』のヒタチ・イズル役でテレビアニメ初主演を果たした[2]

尚、その年に行われたニュータイプアワード 男性声優賞で4位を獲得。

作品賞で2位に選ばれた。

2015年5月31日付で契約満了のためトップコートを離籍[3]

2016年1月、グランアーツに所属。

人物編集

趣味・特技はダンスバスケットボールスキースノーボードDIY

愛称は「あいばっち」、「ばっち」など。小さい頃のあだ名は「ひろぴー」、「あいぴー」。

みーこ(メス)と澪(オス)という名前の猫を飼っている。

『侍戦隊シンケンジャー』で共演した相馬圭祐とはMAGNE2というユニットを組むほど仲がよく、引っ越す際には示し合わせて近くに住んだほどである。

好きなおでんの具ははんぺん。

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ編集

バラエティ・その他TV番組編集

映画編集

OV編集

CM編集

広告編集

  • AGF 『マキシムカフェメニュー』(2009年)

ケータイドラマ編集

  • Teddy bear(2008年4月配信、魔法のiらんど) - 竜 役
  • 「スマートボーイズ MOVIE」第1弾 「Equal Sweets 〜おかしな関係〜」 (2012年6月配信) - 奏也

DVD編集

  • 怪談 -家之怪談-(2006年) - 井沢弘之

舞台編集

  • ミュージカル・テニスの王子様(2005年1月 - 2007年9月/2008年8月 - 10月) - 不二周助 役
    • in winter 2004 - 2005 side 山吹 feat. 聖ルドルフ学院(2005年1月8日 - 1月23日、メルパルクホール 他)
    • Dream Live 2nd(2005年5月4日、東京ベイNKホール
    • The Imperial Match 氷帝学園(2005年8月8日 - 20日、日本青年館 他)
    • The Imperial Match 氷帝学園 in winter 2005 - 2006(2005年12月19日 - 2006年1月2日、日本青年館 他)
    • Dream Live 3rd(2006年3月28日・29日、Zepp Tokyo
    • Advancement Match 六角 feat. 氷帝学園(2006年8月3日 - 25日、日本青年館 他)
    • Absolute King 立海 feat.六角〜First Service(2006年12月13日 - 2007年1月27日、日本青年館 他)
    • Dream Live 4th(2007年3月30日・31日、パシフィコ横浜
    • Dream Live 4th Extra(2007年5月17日 - 20日、梅田芸術劇場
    • Absolute King 立海 feat.六角〜second Service(2007年8月2日 - 9月9日、日本青年館 他)
    • Imperial Presence 氷帝 feat.比嘉(2008年7月29日 - 11月3日、日本青年館 他)※橋本汰斗以前の5代目不二役の不慮の事故により特別出演
  • スイッチを押すとき〜君達はなぜ生きているんだ?〜(2006年7月11日 - 19日、青山円形劇場) - 小暮君明 役
  • ブロードウェイミュージカル 「PIPPIN」(2007年10月4日 - 14日・2008年7月6日 - 7月16日、天王洲 銀河劇場) - ピピン
  • 手紙(2008年4月15日 - 25日、シアターアプル 他) - 武島直貴
  • avex group The 20th Anniversary「ココロノカケラ」(2008年9月15日 - 29日、青山劇場) - エイフ 役
  • リンダリンダラバーソール(2008年12月3日 - 7日、銀座博品館劇場) - レイン 役
  • 天聖八剣伝(2010年6月19日 - 27日、天王洲 銀河劇場) - 絢人
  • abc★赤坂ボーイズキャバレー(2010年8月18日 - 9月5日、赤坂ACTシアター 他) - 水原俊太
  • SAMURAI 7(2010年11月20日 - 12月5日、青山劇場) - シチロージ 役
  • 新春戦国鍋祭 〜あんまり近すぎちゃうと斬られちゃうよ〜(2011年1月7日 - 23日、サンシャイン劇場 他) - 前田利家
  • CLUB SEVEN 7th stage(2011年4月3日 - 22日、シアタークリエ 他)
  • リトルショップ・オブ・ホラーズ(2012年6月7日 - 7月13日、下北沢本多劇場 他) - シーモア
  • CLUB SEVEN 8th stage(2012年8月12日 - 9月5日、シアタークリエ 他)
  • 3150万秒と、少し(2013年2月15日 - 27日、天王洲 銀河劇場 他) - 高野悠也
  • ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック(2013年8月21日 - 9月15日、紀伊国屋サザンシアター 他) - 手塚
  • SEMINAR -セミナー-(2013年12月13日 - 29日、紀伊國屋ホール 他) - ダグラス 役
  • ピラミッドだぁ!(2014年2月6日 - 9日、神保町花月) - 栗田
  • ちぬの誓い(2014年3月21日 - 4月6日、東京芸術劇場プレイハウス 他) - 松王丸 役
  • BACK STAGE(2014年5月30日 - 6月15日シアタークリエ 他) - 外山健太
  • ラ・カージュ・オ・フォール 籠の中の道化たち(2015年2月6日 - 3月8日、日生劇場 他) - ジャン・ミッシェル 役
  • CLUB SEVEN 10th stage(2015年4月2日 - 27日、シアタークリエ 他)
  • HEADS UP!(2015年11月13日 - 12月13日、KAAT神奈川芸術劇場 他) - 新藤祐介 役
  • Show House「GEM CLUB」(2016年3月19日 - 4月10日、シアタークリエ 他)
  • グレイト・ギャツビー(2016年7月2日 - 24日、サンシャイン劇場 他) - ニック・キャラウェイ 役[5]
  • スカーレット・ピンパーネル(2016年10月19日 - 11月29日、赤坂ACTシアター 他) - ベン 役 [6]
  • ミュージカル レ・ミゼラブル(2017年5月25日 - 10月16日、帝国劇場 他) - アンジョルラス 役
  • HEADS UP!(2017年12月14日 - 2018年3月12日、KAAT神奈川芸術劇場 他)- 新藤祐介 役
  • ブロードウェイミュージカル「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」(2018年5月19日 - 6月10日、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ 他)- サム・クレイブ 役
  • 劇団鹿殺し ストロングスタイル歌劇「俺の骨をあげる」(2018年8月10日 - 8月19日、ビジネスパーク円形ホール 他) - 秀二 役
  • ミュージカル タイタニック (2018年10月1日 - 22日、日本青年館ホール 他) - チャールズ・クラーク 役
  • ミュージカル オン・ユア・フィート!(2018年12月8日 - 2019年1月20日、シアタークリエ 他) - エミリオ・エステファン 役 ※体調不良のため全出演回休演。出演予定だった公演回にはダブルキャストの渡辺大輔が代役を務める。[7]
  • キネマ(映画)&キノドラマ(舞台)連動興行『怜々蒐集譚』(2019年2月16日 - 27日、新国立劇場 小劇場) - 烏鷺公外 役 ※舞台では声のみでの出演[8]
  • ミュージカル レ・ミゼラブル(2019年4月15日 - 9月、帝国劇場 他) - アンジョルラス 役

テレビアニメ編集

劇場アニメ編集

  • 劇場版 マジェスティックプリンス-覚醒の遺伝子-(2016年) - ヒタチ・イズル

ゲーム編集

吹き替え編集

ドラマCD編集

2011年

オーディオドラマ編集

  • ボブガール、チャリボーイ(2018年6月16日、NHK FM)- チャリボーイ

朗読劇編集

  • 浅田次郎さんの短編集『あやし うらめし あな かなし』より「赤い絆」(2013年7月13日)
  • フランク・ヴェデキント「春のめざめ」(2014年12月6日・7日、天王洲 銀河劇場) - メルヒオール
  • エン*ゲキ#01「君との距離は100億光年」(2015年7月5日、赤坂RED/THEATER)
  • ハックルベリーにさよならを(2015年12月18日 - 20日、東京グローブ座) - ボク
  • 朗読劇 私の頭の中の消しゴム 8th letter(2016年5月1日・8日、天王洲 銀河劇場) - 高原浩介[13]
  • リーディングドラマ「シスター」-
    • 2017年10月24日、銀座博品館劇場
    • 2018年3月24日、銀座博品館劇場

ショートムービー編集

  • MACO「24歳の私からママへ」ショートムービー WATABE WEDDING × MACO(2017年5月1日)[14]

MV編集

出版物編集

DVD編集

  • DVD写真集「metamorphosis HIROKI AIBA Digital Photo Book」(2007年)
  • 相葉弘樹 SMILE FOR YOU メイキング・オブ・スキトモ(2007年、バンダイビジュアル
  • ボクの方程式「Performer 相葉弘樹」(2008年、ポニーキャニオン

写真集編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ みんな学校はさぼるなよー。|相葉裕樹オフィシャルブログ「Hiroki Aiba Official Blog」(2011年12月3日)
  2. ^ ボイスニュータイプ』No.048、角川書店、2013年6月15日、 JANコード 4910070100738。
  3. ^ ありがとうございました。|相葉裕樹オフィシャルブログ「Hiroki Aiba Official Blog」(2015年6月1日)
  4. ^ ヤマハ発動機「除雪は青の時代」テレビCM”. グランアーツ. 2019年2月18日閲覧。
  5. ^ “「グレイト・ギャツビー」追加キャストに相葉裕樹、愛原実花、高田翔”. ステージナタリー. (2016年3月18日). http://natalie.mu/stage/news/180293 2016年3月18日閲覧。 
  6. ^ “石丸幹二&安蘭けい「スカーレット・ピンパーネル」に太田基裕、廣瀬智紀ら”. ステージナタリー. (2016年5月10日). http://natalie.mu/stage/news/186642 2016年5月11日閲覧。 
  7. ^ “相葉裕樹、体調不良で休演を発表「一日も早く皆様にまた元気な姿を」”. ORICON NEWS. (2018年11月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2123725/full/ 2018年11月19日閲覧。 
  8. ^ “石原理「怜々蒐集譚」“キネマ”と“キノドラマ”の連動興行として来年2月に上演”. コミックナタリー. (2018年10月28日). https://natalie.mu/comic/news/305523 2018年11月19日閲覧。 
  9. ^ スタッフ・キャスト”. テレビ東京・あにてれ 新テニスの王子様. 2011年12月3日閲覧。
  10. ^ “『ゲシュタルト・オーディン』に『Rewrite』神戸小鳥や『マジェプリ』ヒタチ・イズルが登場”. 電撃オンライン. (2018年10月5日). http://dengekionline.com/elem/000/001/811/1811967/ 2018年11月19日閲覧。 
  11. ^ “バンナム、『スーパーロボット大戦X-Ω』で「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」が再び限定参戦! イベント「目覚めよ、ヒーロー!」開催”. Social Game Info. (2018年11月16日). https://gamebiz.jp/?p=224922 2018年11月19日閲覧。 
  12. ^ “最新作「S.W.A.T.」6/22(金)夜10時~放送開始決定!吹替えキャストは咲野俊介さん、加藤和樹さん、相葉裕樹さんほか豪華勢揃い!”. (2018年4月10日). http://www.superdramatv.com/new/2018/04/post-11.html 2018年4月11日閲覧。 
  13. ^ 「朗読劇 私の頭の中の消しゴム 8th letter」に相葉裕樹、和音美桜ほか”. ステージナタリー (2016年3月10日). 2016年3月10日閲覧。
  14. ^ https://m.youtube.com/watch?v=xvK3tgygc-M&t=46s

外部リンク編集