第75回毎日映画コンクール

第75回毎日映画コンクールは、毎日新聞社スポーツニッポン新聞社が主催する賞であり、2020年1月1日から12月31日まで国内で14日間以上有料で上映された映画を対象とし、2021年2月17日東京都目黒区めぐろパーシモンホールで表彰式が開催される予定。

受賞とノミネート編集

第75回毎日映画コンクールの候補は2020年12月23日に発表された[1][2][3]。2021年1月22日に受賞者が発表された[4]

受賞結果編集

受賞者は各項目最上段に太字でダブルダガー 付きのものである。 また、日本映画優秀賞と大藤信郎賞には太字でダガー を付けている。

日本映画大賞・日本映画優秀賞
外国映画ベストワン賞
男優主演賞
女優主演賞
男優助演賞
女優助演賞
スポニチグランプリ新人賞(男性)
スポニチグランプリ新人賞(女性)
田中絹代賞
  • 2020年度より俳優部門から独立。特別賞とともに諮問委員会で選定される。
監督賞
脚本賞
撮影賞
美術賞
音楽賞
録音賞
ドキュメンタリー映画賞


短編

TSUTAYAプレミアム映画ファン賞編集

日本映画部門
外国映画部門

特別賞編集

田中絹代賞編集

複数の部門での候補及び受賞作品編集

複数の部門で受賞を果たした作品
受賞数 作品
4 アンダードッグ
2 朝が来る

審査員(選考委員)編集

一次選考委員[5]

相田冬二、秋本鉄次、秋山登、明智惠子、安藤紘平、石坂健治、石飛徳樹、イソガイマサト、稲垣都々世、岩田和明、宇田川幸洋、内海陽子、浦崎浩實、

襟川クロ、大高宏雄、大竹洋子、尾形敏朗、岡田秀則、岡本耕治、鬼塚大輔、小野耕世、小野民樹、恩田泰子、賀来タクト、影山理、金澤誠、

川口敦子、きさらぎ尚、北川れい子、北小路隆志、木全公彦、木全純治、金原由佳、古賀重樹、小菅昭彦、小西均、斎藤敦子、塩田時敏、鈴木元、

関口裕子、高橋諭治、立花珠樹、立田敦子、田中千世子、田中文人、谷川建司、出口丈人、寺脇研、轟夕起夫、中川洋吉、中山治美、西脇英夫、

野島孝一、野村正昭、萩尾瞳、馬場広信、春岡勇二、樋口尚文、平山允、福永聖二、北條誠人、細谷美香、三浦理高、三留まゆみ、宮澤誠一、ミルクマン斉藤、

宮田武雄、村川英、村山匡一郎、森直人、矢田庸一郎、矢田部吉彦、柳下毅一郎、山根貞男、吉田伊知郎、渡辺浩、渡部実、勝田友巳、井上知大、鈴木隆


二次選考委員[6]

〈作品部門〉

以上5名

〈俳優部門〉

以上6名

〈スタッフ部門〉

  • 荒木啓子(ぴあフィルムフェスティバルディレクター)                     
  • 掛尾良夫(城西国際大招へい教授)            
  • 勝田友巳(毎日新聞社学芸部長)           
  • 北小路隆志(映画評論家)              
  • 小林淳(映画・音楽関連文筆家)                 
  • 坂野ゆか(川喜多記念映画文化財団チーフコーディネーター)
  • 白石和彌(映画監督)
  • 田辺信道(録音監督)
  • 長津晴子(脚本家)
  • 丸山裕司(美術監督)
  • 渡部眞(撮影監督)

以上11名

〈ドキュメンタリー部門〉

  • 石坂健治(日本映画大教授)  
  • 伊勢真一(映画監督)                      
  • 金平茂紀(TBS「報道特集」キャスター エグゼティブ・エキスパート)                    
  • 林典子(フォトジャーナリスト)              
  • 藤岡朝子(山形国際ドキュメンタリー映画祭理事)                 

=一次選考委員(若林良、渡辺勝之、勝田友巳)

以上5名

〈アニメーション部門〉

  • 岡本美津子(東京芸術大学大学院映像研究科教授)   
  • 片渕須直(アニメ監督)                        
  • 高瀬康司(アニメーション研究・批評)                
  • 土居伸彰(新千歳国際アニメーション映画祭ディレクター)                           
  • 和田敏克(東京造形大准教授)                 

=一次選考委員(原口正宏、藤津亮太、勝田友巳)

以上5名

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集