岸井ゆきの

日本の女優

岸井 ゆきの(きしい ゆきの、1992年2月11日 - )は、日本女優神奈川県出身。ユマニテ所属。

きしい ゆきの
岸井 ゆきの
岸井 ゆきの
第31回東京国際映画祭にて(2018年10月)
生年月日 (1992-02-11) 1992年2月11日(28歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県
身長 148.5 cm
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
活動期間 2009年 -
事務所 ユマニテ
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
99.9 -刑事専門弁護士-』シリーズ
真田丸
突然ですが、明日結婚します
まんぷく
ルパンの娘
浦安鉄筋家族
私たちはどうかしている
映画
『おじいちゃん、死んじゃったって。』
愛がなんだ
テンプレートを表示

来歴・人物編集

ドラマ『小公女セイラ』(TBS)でデビュー後、ドラマ『Q10』(日本テレビ)、映画『ランウェイ☆ビート』などに出演。

2011年モナカ興業#10『43』(下北沢小劇場楽園)で初舞台[注 1]五反田団のワークショップにて声をかけられ、2012年三鷹市芸術文化センターで上演された舞台『宮本武蔵』に出演した。

2016年のNHK大河ドラマ真田丸』で大河ドラマに初出演[1]真田信繁側室・たか役を演じる。

2017年映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』で映画初主演[2]。同作で第39回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞[3]

2018年後期のNHK連続テレビ小説まんぷく』で朝ドラに初出演[4]。26歳の岸井が演じる役は登場時14歳の設定のため、「少し声のトーンを上げたり、お化粧をしないでもらったり」といった役づくりをした[5]

シンガーソングライターの関取花とは友人である。

趣味は音楽鑑賞、観劇、お菓子作り。特技は泡立てること、開脚[6]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

短編映画編集

その他テレビ番組編集

ウェブドラマ編集

舞台編集

  • 43(2011年11月9日 - 13日、小劇場 楽園)  
  • 墓場、女子高生(2012年2月1日 - 5日、座・高円寺1) - 武田 役  
  • 宮本武蔵(2012年6月8日 - 17日、三鷹市芸術文化センター星のホール) - 千代 役
  • ヒッキー・ソトニデテミターノ(2012年10月4日 - 14日、パルコ劇場) - 森田綾 役 
  • あの山の稜線が崩れてゆく(2012年11月29日 - 12月11日、こまばアゴラ劇場) - 神崎しおり 役 
  • 世界を終えるための、会議(2013年1月23日 - 27日、駅前劇場) - 翼島仁美 役
  • 身の引きしまる思い(2013年11月29日 - 12月8日、三鷹市芸術文化センター星のホール) - 妙子 役
  • 蝋燭朗読中目黒 「不帰の初恋、海老名SA」(2014年7月31日、ウッディシアター中目黒) - ミサキアキ 役
  • サナギネ(2014年11月6日 - 10日、青山円形劇場) - 主演・ヨシノ 役[35]
  • 気づかいルーシー(2015年8月22日 - 31日、2017年7月21日 - 30日、東京芸術劇場シアターイースト)- ルーシー 役
  • 新年工場見学会2016 『ごっちん娘』(2016年1月2日 - 5日、アトリエヘリコプター) - ゆきの 役
  • るつぼ(2016年10月7日 - 30日、Bunkamuraシアターコクーン
  • 髑髏城の七人 Season風(2017年9月15日 - 11月3日、IHIステージアラウンド東京) - 沙霧 役
  • 月の獣(2019年12月7日 - 23日、紀伊国屋ホール / 地方) - セタ・トマシヤン 役

ラジオドラマ編集

  • 瑞穂のくに(2013年8月17日、NHK-FM) - 及川あかね 役
  • 七帝柔道記(2016年5月30日 - 6月10日、NHK-FM)

CM編集

MV編集

モデル編集

音楽編集

受賞歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 「ベッド&メイキングス」オフィシャルサイトより。
  2. ^ 番組内ショートムービーに出演。
  3. ^ 同バンドの2019年6月12日発売のシングル『まっさら』のMVには出演していないが、ジャケット写真に起用されている

出典編集

  1. ^ “「真田丸」信繁3人目の妻役は岸井ゆきの!大河初出演「緊張で土偶に…」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年5月22日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/22/kiji/K20160522012630110.html 2018年6月6日閲覧。 
  2. ^ a b “岸井ゆきの、来年公開映画で初主演!大河「真田丸」たか役で注目”. スポーツ報知. (2016年8月22日). オリジナルの2016年8月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160825171852/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160822-OHT1T50054.html 2016年8月22日閲覧。 アーカイブ
  3. ^ a b 第39回ヨコハマ映画祭 2017年日本映画個人賞” (2017年12月2日). 2017年12月4日閲覧。
  4. ^ “「まんぷく」岸井ゆきの・藤山扇治郎・片岡愛之助ら、NHK朝ドラに初出演”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年6月4日). https://natalie.mu/stage/news/285245 2018年6月6日閲覧。 
  5. ^ 「まんぷく」14歳演じる岸井ゆきのの演技に驚きの声!”. シネマトゥデイ (2018年10月31日). 2018年11月9日閲覧。
  6. ^ 岸井ゆきの、ユマニテ公式ホームページ、2014年7月4日閲覧。
  7. ^ “「真田丸」信繁3人目の妻役は岸井ゆきの!大河初出演「緊張で土偶に…」”. スポニチアネックス. (2016年5月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/22/kiji/K20160522012630110.html 2016年5月23日閲覧。 
  8. ^ “太賀、“レンタル彼女”の剛力彩芽に片思い 高校の同級生コンビ共演が実現”. ORICON STYLE. (2016年12月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2082855/full/?ref_cd=tw_pic 2016年12月10日閲覧。 
  9. ^ “注目ドラマ紹介:「突然ですが、明日結婚します」 西内まりや月9初主演 flumpool山村とラブストーリー”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年1月22日). https://mantan-web.jp/article/20170121dog00m200043000c.html 2017年7月26日閲覧。 
  10. ^ “岸井ゆきの、ドラマ初主演 現役音大生の脚本家とタッグ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2085396/full/ 2017年2月7日閲覧。 
  11. ^ 三谷氏新作「風雲児たち」女性陣も「真田丸」一色!長野里美&岸井ゆきの&中島亜梨沙”. Sponichi Annex (2017年10月5日). 2017年10月6日閲覧。
  12. ^ “神木隆之介、新ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」主演で“初挑戦””. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年2月15日). https://mdpr.jp/news/detail/1746923 2018年2月15日閲覧。 
  13. ^ “連続テレビ小説「まんぷく」あらたな出演者発表!”. NHKドラマトピックス (日本放送協会). (2018年6月4日). http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/298749.html 2018年6月4日閲覧。 
  14. ^ “西島秀俊:サイバー犯罪に挑む現代版・明智小五郎に “小林君”は伊藤淳史”. まんたんウェブ (MANTAN). (2018年12月18日). https://mantan-web.jp/article/20181217dog00m200061000c.html 2019年2月26日閲覧。 
  15. ^ “岸井ゆきの、瀬戸康史と再共演 『ルパンの娘』で深キョンの恋敵?”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年7月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2140620/full/ 2019年7月22日閲覧。 
  16. ^ “岸井ゆきの&三浦透子が「シャーロック」ゲスト出演!都会の闇で孤独に生きる女性を演じる”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年10月7日). https://thetv.jp/news/detail/207882/ 2019年10月8日閲覧。 
  17. ^ 寅さんの少年時代を描く『少年寅次郎』、井上真央さん主演で制作開始!”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2019年7月16日). 2019年7月16日閲覧。
  18. ^ “井上真央主演、フーテンの寅さんの少年時代をドラマ化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年7月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2140256/full/ 2019年7月16日閲覧。 
  19. ^ “井上真央、寅さんの母に!車寅次郎の少年時代をドラマ化”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年7月16日). https://thetv.jp/news/detail/197761/ 2019年7月16日閲覧。 
  20. ^ ドラマ「浦安鉄筋家族」小鉄役の斎藤汰鷹ほか、大沢木家のキャスト解禁”. コミックナタリー. ナターシャ (2020年2月14日). 2020年2月14日閲覧。
  21. ^ “ドラマ「私たちはどうかしている」追加キャストに高杉真宙、岸井ゆきの、山崎育三郎ら”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年4月27日). https://natalie.mu/comic/news/376979 2020年4月27日閲覧。 
  22. ^ 金星 トリウッドスタジオプロジェクト
  23. ^ 吹越満が娘の友達に求愛される父親役、ややこしい純愛物語「友だちのパパが好き」”. 映画ナタリー (2015年9月29日). 2015年9月30日閲覧。
  24. ^ 真造圭伍「森山中教習所」映画化!野村周平&賀来賢人が教習所に通うひと夏”. コミックナタリー (2015年10月25日). 2015年10月26日閲覧。
  25. ^ “クリトリック・リス主演映画『光と禿』劇場公開 『MOOSIC LAB』5冠作”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2017年3月16日). https://www.cinra.net/news/20170316-hikaritohage 2018年2月16日閲覧。 
  26. ^ “吉村界人×浅香航大×岸井ゆきの「太陽を掴め」公開日決定、メインビジュアル解禁”. 映画ナタリー. (2016年9月30日). http://natalie.mu/eiga/news/203648 2016年9月30日閲覧。 
  27. ^ “渡辺大知、岸井ゆきの、内田理央、柳ゆり菜、村上淳が「ここは退屈迎えに来て」出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年6月26日). https://natalie.mu/eiga/news/288316 2018年6月26日閲覧。 
  28. ^ 『まんぷく』タカ役で話題の岸井ゆきの、次回作は “都合のいい”アラサー女子に” (日本語). AbemaTIMES. 2019年4月17日閲覧。
  29. ^ 岡田惠和×峯田和伸「いちごの唄」映画キャストに清原果耶、蒔田彩珠、岸井ゆきのなど”. ほんのひきだし (2019年3月7日). 2019年3月7日閲覧。
  30. ^ 映画『前田建設ファンタジー営業部』公式サイト”. 2020年2月16日閲覧。
  31. ^ 終点、お化け煙突まえ。 TETSUYAtoMINAfilm
  32. ^ 映画.com (2014年3月29日). “本広克行監督、新たな才能発掘に意欲 「攻殻機動隊ARISE」ショートムービー完成披露”. 2014年5月3日閲覧。
  33. ^ ℃-ute・中島早貴、モデルの大倉士門がコント初挑戦”. ORICON (2015年9月16日). 2015年9月16日閲覧。
  34. ^ さまぁ~ずハウス シーズン1 | 動画 | Amazonビデオ”. www.amazon.co.jp. 2018年4月20日閲覧。
  35. ^ 演劇キック 観劇予報 (2014年11月7日). “ベッド&メイキングス公演『サナギネ』富岡晃一郎・岸井ゆきの・清水葉月インタビュー”. 2014年12月23日閲覧。
  36. ^ “西島秀俊が謎のサラリーマンとカップルに困惑!!”. Smartザテレビジョン. (2016年11月10日). http://thetv.jp/news_detail/92191/ 2016年11月10日閲覧。 
  37. ^ ?“マクドナルド「月見バーガー」光石研・岸井ゆきの父娘の感動CMに涙する人が続出、CMソングは絢香・コブクロ「三日月」”. 食品産業新聞社ニュースWEB (食品産業新聞社). (2020年9月1日). https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/09/2020-0901-1111-15.html 2020年9月3日閲覧。 
  38. ^ ナタリー Power Push (2014年). “谷口鮪(KANA-BOON)×山岸聖太×岸井ゆきのインタビュー”. 2014年8月28日閲覧。
  39. ^ RO69 (2014年8月25日). “KANA-BOON、新曲“生きてゆく”の25分におよぶMV完全版を期間限定で公開”. 2014年8月28日閲覧。
  40. ^ ナタリー (2014年6月2日). “藤田麻衣子、全国11カ所フリーライブツアー決定”. 2014年7月4日閲覧。
  41. ^ “日本アカデミー賞優秀賞発表 作品賞に『翔んで埼玉』『キングダム』など”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年1月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2153206/full/ 2020年1月15日閲覧。 

外部リンク編集