メインメニューを開く

山路ふみ子映画賞(やまじふみこえいがしょう)は日本の映画の賞

山路ふみ子映画賞
受賞対象 監督、女優、映画人
開催日 毎年11月下旬
会場 新橋ヤクルトホール
日本の旗 日本
授与者 山路ふみ子文化財団
報酬 50万円
初回 1977年
最新回 2017年
最新受賞者 三島有紀子幼な子われらに生まれ
公式サイト http://www.yamaji-fumiko.org/movieaward/index.html

その年に発表された日本映画に対して最も早く贈られることで知られる。2004年12月に92歳で亡くなった女優の山路ふみ子は日本映画の振興のために私財を擲って1976年に「山路ふみ子文化財団」を設立して同映画賞の授与を開始した。

以下の7部門が存在する(賞金はいずれも50万円)。 個人賞は山路ふみ子にちなんで、女優賞のみを表彰している。なお、映画賞を除く各賞の回数と発表回の数字は一致しない[1]

  • 山路ふみ子映画賞
  • 山路ふみ子女優賞
  • 山路ふみ子新人女優賞
  • 山路ふみ子映画功労賞
  • 山路ふみ子文化賞
  • 山路ふみ子福祉賞
  • 山路ふみ子文化財団特別賞

歴代各賞編集

1977年(第1回)編集

1978年(第2回)編集

1979年(第3回)編集

1980年(第4回)編集

1981年(第5回)編集

1982年(第6回)編集

1983年(第7回)編集

1984年(第8回)編集

1985年(第9回)編集

1986年(第10回)編集

1987年(第11回)編集

1988年(第12回)編集

1989年(第13回)編集

1990年(第14回)編集

1991年(第15回)編集

1992年(第16回)編集

1993年(第17回)編集

1994年(第18回)編集

1995年(第19回)編集

1996年(第20回)編集

1997年(第21回)編集

1998年(第22回)編集

1999年(第23回)編集

2000年(第24回)編集

2001年(第25回)編集

2002年(第26回)編集

2003年(第27回)編集

2004年(第28回)編集

2005年(第29回)編集

2006年(第30回)編集

2007年(第31回)編集

2008年(第32回)編集

2009年(第33回)編集

2010年(第34回)編集

2011年(第35回)編集

2012年(第36回)編集

2013年(第37回)編集

2014年(第38回)編集

2015年(第39回)編集

2016年(第40回)編集

  • 山路ふみ子映画賞:李相日怒り
  • 山路ふみ子女優賞:宮崎あおい
  • 山路ふみ子新人女優賞:松岡茉優
  • 山路ふみ子映画功労賞:芦澤明子
  • 山路ふみ子文化賞:新海誠
  • 山路ふみ子福祉賞:佐々木聰
  • 山路ふみ子文化財団特別賞:高橋惠子(長年に及ぶ弛まぬ努力と群れ抜く美貌で優れた女優人生を維持し、山路ふみ子文化財団主催の「名画特別上映会」に多大な貢献を果たした献身的な活動に対して)[3]

2017年(第41回)編集


2018年(第42回)編集

脚注編集

  1. ^ 2014年(第38回)の文化賞が第31回になるなど。受賞者一覧、山路ふみ子文化財団、2014年11月20日閲覧。
  2. ^ 「第39回山路ふみ子映画賞」に是枝裕和監督の「海街diary」”. 映画.com (2015年10月18日). 2015年10月19日閲覧。
  3. ^ “山路ふみ子映画賞発表 文化賞に「君の名は。」の新海誠監督”. スポーツ報知. (2016年10月17日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161017-OHT1T50090.html 2016年10月17日閲覧。 

外部リンク編集