メインメニューを開く

文観(もんかん、弘安元年(1278年) - 正平12年/延文2年10月9日1357年11月21日))は、鎌倉時代から南北朝時代の僧。小野僧正。殊音上人、弘真。醍醐座主。「文観」という僧名と「殊音上人」という上人号は「文殊」菩薩「観音」菩薩に因むものという[1]

正安2年(1302年)には般若寺律宗の僧で、西大寺に属する播磨国北条常楽寺(兵庫県加古川市)、大和国笠山竹山寺(奈良県桜井市笠)などで真言律を学ぶ。正和5年(1316年)に醍醐寺報恩院の道順から灌頂を受ける。円観(恵鎮)とともに遁世僧で貧民救済なども行っている。

後醍醐天皇に重用されて醍醐寺座主・天王寺別当となる。元亨4年(1324年)には般若寺に文殊菩薩像を造り、嘉暦元年(1326年)から後醍醐天皇中宮藤原禧子の御産祈願と称して鎌倉幕府の調伏などを行っていた事が発覚し、元徳2年(1331年)には逮捕され硫黄島流罪となる。

正慶2年 / 元弘3年(1333年)に元弘の乱の後に鎌倉幕府が滅亡すると京都へ戻り東寺長者となり、建武の新政で栄華を極めた。しかし、高野山の僧らは文観と立川流を危険視し、1335年(建武2年)に立川流の僧の多くを殺害、書物を灰燼に帰するといった大規模な弾圧を加えた。文観自身もこの時期に東寺長者の地位をはく奪され甲斐国へ流された。その後京都へ戻り、南北朝時代となっても後醍醐方に属して吉野へ随行し、大僧正となる。河内国天野山金剛寺大阪府河内長野市)で没、享年80。

日野俊基の抜擢や[要出典]、河内の悪党として知られる楠木正成と後醍醐天皇を仲介した人物とも考えられている[2]

俗説では真言宗立川流中興の祖としても知られるが、これは宥快『宝鏡鈔』(1375年)が文観と立川流の両方を批判していることから生じたと思われる誤解で、『宝鏡鈔』自体に文観と立川流を結びつける記述は存在しない[3]

脚注編集

  1. ^ 「王権の危機」(新訂増補週刊朝日百科 日本の歴史5中世II - 11 『後醍醐と尊氏』所収、朝日新聞社、2002年)。
  2. ^ 網野善彦「楠木正成の実像」(前掲『後醍醐と尊氏』所収)。
  3. ^ 彌永 2004.

参考資料編集

  • 藤田幽谷書簡 (写)』60、1824年。doi:10.11501/25852232018年4月8日閲覧。「[文政7年]10月24日 実政之事有国伝中へ書入可被成候由 円観・文観等之事 土岐・足助・錦織等出自之儀」
  • 藤田幽谷書簡 (写)』82、1824年。doi:10.11501/25852462018年4月8日閲覧。「[文政7年]11月4日 実政之事 円観・文観之事 橘良利ノ事 藤原公宗の事 土岐・足助等伝首へ其出自書載候儀 彫刻并清書あまり曠日弥久ニ而恐入候間宜致工夫候様貴論承知 国史異同出入増刪訂正ノ儀御面談にて相決申度」
  • 那連提耶舎 (Narendrayasas, -589) (訳)、文観 (校)『大雲輪請雨経 : 祈雨法壇儀規附 祈雨法壇儀規』西山卯兵衛〈祥雲寺蔵版〉、京都、1881年。2018年4月7日閲覧。
  • 那連提耶舎 (Narendrayasas, -589) (訳)、文観 (校)『大雲輪請雨経 : 祈雨法壇儀規附 大雲輪請雨経』西山卯兵衛〈祥雲寺蔵版〉、京都、1881年。2018年4月7日閲覧。
  • 中村頼治 (増補)「巻之十一「千種殿並文観僧正奢侈の事付解脱上人の事」」『絵本太平記 11,12 頭書増補』東京同益出版社、1884年。
  • 森大狂「第九十 万里公と文観」『禅林佳話』森江書店、1902年、288頁。
  • 井上吉次郎『文観上人』人文書院、1937年。
  • 守山聖真『立川流秘密史文観上人之研究』森江書店、1938年。
  • 佐野学「日観上人と文観僧正」『世界仏教』第7巻第9号、1952年、 34-35頁。
  • 守山聖真『立川邪教とその社会的背景の研究』鹿野苑、1965年。 - 「第二編 立川流と文観」「第三編 文観の思想解剖」
  • 田村 隆照「文観房弘真と文殊信仰」『密教文化』第76号、1966年、 1-13頁。
  • 井野上 眞弓「文観房殊音と河内国」『戒律文化』第2号、戒律文化研究会、2003年、 46-57頁。
  • 内田 啓一「文観房弘真の付法について(上)」『昭和女子大学文化史研究』第7号、2003年、 5-26頁。
  • 内田 啓一「文観房弘真の付法について(下)」『昭和女子大学文化史研究』第8号、2004年、 40-64頁。
  • 彌永信美立川流と心定『受法用心集』をめぐって」『日本仏教綜合研究 (2)』、日本仏教綜合研究学会、2004年5月31日、 NAID 110009800226
  • 井野上眞弓、速水侑 (編)「東寺長者と文観」『日本社会における仏と神』、吉川弘文館、2006年9月、 60-79頁。
  • 内田啓一『文観房弘真と美術』法藏館、2006年。
  • 佐藤 優「「資朝俊基囚はるる事」から「東使上洛円観文観召し捕りの事(前篇)」まで」『月刊日本』第12巻10 (通号 138)、K&Kプレス、2008年10月、 56-63頁。
  • 佐藤 優「東使上洛円観文観召し捕りの事(後篇)」『月刊日本』第12巻(11) (通号 139) )、K&Kプレス、2008年11月、 64-71頁。
  • 藤巻 一保「文観--邪法・立川流の怪憎 「邪義邪流の外道」という評価は真実か、天皇の厚い信任を受けた高僧の実像」『歴史読本』第55巻2 (通号 848)、新人物往来社、2010年2月、 148-153頁。
  • 至文堂 (編)、国立文化財機構 (監修)「宝珠の象る王権--文観弘真の三尊合行法聖教とその図像 (舎利と宝珠)」『日本の美術』第539号、2011年、 80-93頁。
  • 内田 啓一、仏教芸術学会 (編)「根津美術館蔵大日金輪・如意輪観音厨子について : 文観房弘真と制作背景」『仏教芸術』第324号、毎日新聞社、2012年9月、 98-123頁。
  • 内田 啓一「吉野・吉水神社蔵両界種子曼荼羅 : 後醍醐天皇と文観房弘真 [On the Ryogai Mantala at Yoshimizu-Jinja Shrine in Nara : Godaigo Tenno emperor and Priest Monkanbou-Koushin]」『早稲田大学大学院文学研究科紀要』59 (3分冊)、2013年、 29-47頁、 ISSN 1341-7533
  • 「早稲田大学図書館所蔵 『狐草紙』と『文観阿舎利絵巻』 : 文観房弘真の後世におけるイメージ化」『早稲田大学図書館紀要』第62号、2015年、 27-66頁。
  • ラポー・ガエタン「近代の立川流研究の端緒 : 井上吉次郎著『文観上人』の誕生の背景を水原堯榮との交流から読み解く」『Waseda RILAS journal』第4号、早稲田大学総合人文科学研究センター、2016年10月21日。
  • 山川 均「東播磨の中世石塔と文観」『奈良歴史研究』第86号、2016年、 1-12頁。
  • ラポー・ガエタン、佛敎藝術學會 (編)「いわゆる「赤童子」図(日光山輪王寺・大英博物館・大阪市立美術館)の検討 : 文観による「三尊合行法」の本尊図像化の一例として」『佛敎藝術 Ars buddhica』第350号、、毎日新聞出版、2017年1月、 9-32頁。

関連項目編集