高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路

高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路(こうそくじどうしゃこくどうにへいこうするいっぱんこくどうじどうしゃせんようどうろ)とは高規格幹線道路の1つ。A'路線とも言われる。

目次

概要編集

本来、高速自動車国道として整備される路線のうち、早期の全区間整備の必要性は低い路線に並行している一般国道で、部分的に混雑解消や山間部の隘路解消などのためバイパス道路の整備が急務となっている一部区間のために、高速自動車国道の一部を一般国道バイパス扱いで先行整備した道路[1][2]税金(国との建設費負担は2対1)又は追加で東日本中日本西日本の各高速道路会社(民営化以前は日本道路公団)等が建設費を投入して建設する。建設費をすべて税金のみで賄った場合は無料道路となり、高速道路会社も負担した場合は一般有料道路として供用されることになる。

この手法は、交通網の貧弱な宮崎県北部に少しでも早期に高規格な道路を整備しようとした元宮崎県知事松形祐堯が編み出したアイデアが基になっている[要出典]

実質的に高速自動車国道の一部であっても、あくまでも一般国道のバイパスとして扱われるため、高速自動車国道の法定最高速度や最低速度は適用されず、指定最高速度標識のない場合の最高速度は60km/hとなる。また、有料道路の場合、当該道路単独で償還しなければならないことから通行料金の賃率が全国的な料金プール制を採る高速自動車国道よりも割高になるほか、特典の付与率も比較的低くなっている[注 1]広島岩国道路では、ETC車に限り料金の値下げが実施されており、連続する山陽自動車道と変わらない料金で走行できるようになっている[3]

第二みちのく有料道路山口宇部道路のように県道の一部が高速自動車国道に並行していても一般国道自動車専用道路となっているケースもある。

A'路線が高速自動車国道に編入されるケースもある。笹谷トンネル1998年山形自動車道へ、海南湯浅道路2005年阪和自動車道へ編入された。

国土開発幹線自動車道 並行する一般国道自動車専用道路
北海道縦貫自動車道 函館新道名寄美深道路音威子府バイパス幌富バイパス豊富バイパス
北海道横断自動車道 根室線 黒松内道路倶知安余市道路釧路外環状道路根室道路
網走線 黒松内道路、倶知安余市道路、北見道路美幌バイパス
東北縦貫自動車道 八戸線 百石道路第二みちのく有料道路[注 2]上北自動車道みちのく有料道路[注 3]
東北横断自動車道 釜石秋田線 釜石道路、仙人峠道路、遠野道路
酒田線 笹谷トンネル[注 4]、)月山道路
日本海沿岸東北自動車道 朝日温海道路遊佐象潟道路象潟仁賀保道路仁賀保本荘道路秋田外環状道路琴丘能代道路二ツ井今泉道路鷹巣西道路[注 2]鷹巣大館道路大館西道路
東北中央自動車道 相馬福島道路米沢南陽道路尾花沢新庄道路新庄北道路泉田道路新庄金山道路主寝坂道路真室川雄勝道路院内道路横堀道路湯沢横手道路
常磐自動車道 仙台東部道路仙台北部道路
東関東自動車道 館山線 京葉道路富津館山道路
北関東自動車道 東水戸道路
第二東海自動車道 伊勢湾岸道路
近畿自動車道 名古屋大阪線 名阪国道
名古屋神戸線 伊勢湾岸道路
紀勢線 海南湯浅道路[注 5]、)湯浅御坊道路すさみ串本道路那智勝浦道路新宮紀宝道路熊野道路熊野尾鷲道路
山陽自動車道 広島岩国道路小郡道路山口宇部道路[注 2]
中国横断自動車道 姫路鳥取線 志戸坂峠道路
山陰自動車道 鳥取西道路青谷羽合道路北条道路東伯中山道路中山名和道路名和淀江道路米子道路安来道路松江道路出雲仁摩道路仁摩温泉津道路福光・浅利道路江津道路浜田道路浜田三隅道路益田道路萩・三隅道路長門・俵山道路俵山・豊田道路
四国横断自動車道 高松東道路須崎道路窪川佐賀道路佐賀大方道路中村宿毛道路津島道路宇和島道路大洲道路
九州横断自動車道 延岡線 高千穂日之影道路北方延岡道路
東九州自動車道 椎田道路宇佐別府道路延岡道路延岡南道路日南・志布志道路隼人道路

脚注編集

注記編集

[ヘルプ]
  1. ^ ETCマイレージポイントが高速自動車国道の半分しか付与されない。
  2. ^ a b c 第二みちのく有料道路、鷹巣西道路、山口宇部道路は県道。
  3. ^ 一般道路であるみちのく有料道路も東北縦貫自動車道八戸線に並行とされているが別に基本計画区間も策定されている。
  4. ^ 1998年7月1日に高速自動車国道(山形自動車道)へ編入。
  5. ^ 2005年4月1日に高速自動車国道(阪和自動車道)へ編入。

出典編集

  1. ^ 丹羽 2008, p. 2.
  2. ^ 国交省, p. 8.
  3. ^ 「新たな高速道路料金」について (PDF)”. 新たな高速道路料金について. 西日本高速道路 (2014年3月14日). 2015年6月13日閲覧。

参考資料編集


関連項目編集

外部リンク編集