1972年モナコグランプリ

座標: 北緯43度44分4.74秒 東経7度25分16.8秒 / 北緯43.7346500度 東経7.421333度 / 43.7346500; 7.421333

1972年モナコグランプリ (: 1972 Monaco Grand Prix) は、1972年のF1世界選手権第4戦として、1972年5月14日モンテカルロ市街地コースで開催された。

モナコ 1972年モナコグランプリ
レース詳細
1972年F1世界選手権全12戦の第4戦
モンテカルロ市街地コース (1929-1972)
日程 1972年5月14日
正式名称 XXX Grand Prix de Monaco
開催地 モンテカルロ市街地コース
モナコの旗 モナコ モンテカルロ
コース 市街地コース
コース長 3.145 km (1.954 mi)
レース距離 80周 251.600 km (156.337 mi)
決勝日天候 雨(ウエット)[1]
ポールポジション
ドライバー ロータス-フォード
タイム 1:21.4
ファステストラップ
ドライバー フランスの旗 ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM
タイム 1:40.0 (9[1]周目)
決勝順位
優勝 BRM
2位 フェラーリ
3位 ロータス-フォード

ジャン=ピエール・ベルトワーズがF1世界選手権で唯一の勝利を挙げ、BRMにとっては最後の勝利となった。

背景編集

安全性向上のため、ピットをシケインとタバコの間にある港の正面に移設させ、新しいシケインをタバコの近くに設置した[2]

エントリー編集

マリオ・アンドレッティピーター・レブソンインディ500英語版に出場するため、本レースを欠場した。フェラーリジャッキー・イクスクレイ・レガツォーニの2台で、マクラーレンはレブソンの代走としてブライアン・レッドマンを起用した。ブラバムは負傷が癒えないカルロス・ロイテマンに代わり、引き続きウィルソン・フィッティパルディを起用した[3]

ジャッキー・スチュワートは本レースからティレル・004を走らせる。004は従来の002及び003よりホイールベースを伸ばしたティレルの第1世代[注 1]の最後となるマシンである。スチュワートは既に南アフリカGPスペインGPで004をテストカーとして使用していた。デニス・ハルムマクラーレン・M19Aの改良型M19Cを使用する。BRMは新車P180ハウデン・ガンレイに与え、ジャン=ピエール・ベルトワーズピーター・ゲシンレイネ・ウィセルP160Bヘルムート・マルコP153Bを使用する[4]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  エルフ・チーム・ティレル 1   ジャッキー・スチュワート ティレル 004 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
2   フランソワ・セベール 002
  STP・マーチ・レーシングチーム 3   ロニー・ピーターソン マーチ 721X フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
4   ニキ・ラウダ
  クラーク=モーダウント=ガスリー・レーシング 5   マイク・ボイトラー マーチ 721G フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 6   ジャッキー・イクス フェラーリ 312B2 フェラーリ 001/1 3.0L F12 F
7   クレイ・レガツォーニ
  ジョン・プレイヤー・チーム・ロータス 8   エマーソン・フィッティパルディ ロータス 72D フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
9   デビッド・ウォーカー
  チーム・サーティース 10   ティム・シェンケン サーティース TS9B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  ブルックボンド・オクソ・チーム・サーティース 11   マイク・ヘイルウッド
  チェラミカ・パニョッシン・チーム・サーティース 12   アンドレア・デ・アダミッチ
  ヤードレー・チーム・マクラーレン 14   デニス・ハルム マクラーレン M19C フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
15   ブライアン・レッドマン M19A
  エキップ・マトラ・スポール 16   クリス・エイモン マトラ MS120C マトラ MS72 3.0L V12 G
  マールボロ・BRM 17   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM P160B BRM P142 3.0L V12 F
18   ピーター・ゲシン
28   レイネ・ウィセル
19   ハウデン・ガンレイ P180
  オーストリア・マールボロ・BRM 26   ヘルムート・マルコ P153B
  モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド 20   グラハム・ヒル ブラバム BT37 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
21   ウィルソン・フィッティパルディ BT33
  チーム・ウィリアムズ・モチュール 22   アンリ・ペスカロロ マーチ 721 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
23   カルロス・パーチェ 711
  マルティーニ・レーシングチーム 24   デレック・ベル 1 テクノ PA123/3 テクノ シリーズP 3.0L F12 F
25   ナンニ・ギャリ 1 フォードコスワース DFV 3.0L V8
  チーム・アイフェラント・キャラバンズ 27   ロルフ・シュトメレン アイフェラント E21 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
ソース:[5]
追記
  • ^1 - テクノ勢はマシンが準備できず欠場[6]

予選編集

この年からブラバムのオーナーを務めるバーニー・エクレストンの庇護のもと、F1CA[注 2]は小規模なチームの出走を可能にするため、決勝には25台出走できるようにレース主催者と契約を結んでいた[4]。しかし、この年モナコ自動車クラブ英語版(ACM)の会長に就任したばかりのミシェル・ボエリ英語版[7]は、安全上の理由から20台しか認めなかった[注 3]。前戦スペインGPの期間中にF1CAとACMとの交渉が行われたが結論は出なかった[4]

各チームがモンテカルロに到着すると、ボエリは決勝出走台数を22台に緩和することを提案したが、エクレストンとマックス・モズレーマーチの共同創設者)は拒否した。ACMはガレージのドアに南京錠をかけて抵抗するも、チームはそれを破った。結局、ボエリはチームの圧力に屈し、25台を決勝に出走させることを認めた[4][注 4]

木曜日と金曜日はドライコンディションで行われたが、土曜日は雨が降ったため、金曜日の夕方までのベストタイムでスターティンググリッドが決定した[4]

エマーソン・フィッティパルディロータス)が自身初のポールポジションを獲得した[4]。E.フィッティパルディから0.2秒差で2番手のジャッキー・イクスフロントローに並び、2列目はクレイ・レガツォーニ(フェラーリ)とジャン=ピエール・ベルトワーズBRM)、ピーター・ゲシン(BRM)とクリス・エイモンマトラ)が3列目に並ぶ。以下、デニス・ハルムマクラーレン)、ジャッキー・スチュワートティレル)、アンリ・ペスカロロウィリアムズ/マーチ)、ブライアン・レッドマン(マクラーレン)がトップ10に入った[3]

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 8   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 1:21.4 - 1
2 6   ジャッキー・イクス フェラーリ 1:21.6 +0.2 2
3 7   クレイ・レガツォーニ フェラーリ 1:21.9 +0.5 3
4 17   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 1:22.5 +1.1 4
5 18   ピーター・ゲシン BRM 1:22.6 +1.2 5
6 16   クリス・エイモン マトラ 1:22.6 +1.2 6
7 14   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 1:22.7 +1.3 7
8 1   ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 1:22.9 +1.5 8
9 22   アンリ・ペスカロロ マーチ-フォード 1:22.9 +1.5 9
10 15   ブライアン・レッドマン マクラーレン-フォード 1:23.1 +1.7 10
11 11   マイク・ヘイルウッド サーティース-フォード 1:23.7 +2.3 11
12 2   フランソワ・セベール ティレル-フォード 1:23.8 +2.4 12
13 10   ティム・シェンケン サーティース-フォード 1:23.9 +2.5 13
14 9   デビッド・ウォーカー ロータス-フォード 1:24.0 +2.6 14
15 3   ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 1:24.1 +2.7 15
16 28   レイネ・ウィセル BRM 1:24.4 +3.0 16
17 26   ヘルムート・マルコ BRM 1:24.6 +3.2 17
18 12   アンドレア・デ・アダミッチ サーティース-フォード 1:24.7 +3.3 18
19 20   グラハム・ヒル ブラバム-フォード 1:24.7 +3.3 19
20 19   ハウデン・ガンレイ BRM 1:24.7 +3.3 20
21 21   ウィルソン・フィッティパルディ ブラバム-フォード 1:25.2 +3.8 21
22 4   ニキ・ラウダ マーチ-フォード 1:25.6 +4.2 22
23 5   マイク・ボイトラー マーチ-フォード 1:26.5 +5.1 23
24 23   カルロス・パーチェ マーチ-フォード 1:26.6 +5.2 24
25 27   ロルフ・シュトメレン アイフェラント-フォード 1:29.5 +8.1 25
ソース:[8][9]

決勝編集

日曜日も朝から雨が降り出した。路面は濡れてコースコンディションも悪く、全車レインタイヤでスタートする[4]

ジャン=ピエール・ベルトワーズクレイ・レガツォーニが2列目から好スタートを切り、ベルトワーズがトップに立った。フロントローエマーソン・フィッティパルディジャッキー・イクスは3-4位に後退した[3]

コンディションが悪かったため、首位のベルトワーズは大きなアドバンテージを得て、すぐに引き離すことができた。5周目にはレガツォーニがシケインでエスケープロードに入ったことで助けられ、フィッティパルディとイクスを引き離した。さらに後方では多くのドライバーがミスをしたり、バリアにぶつかったりしたが、ベルトワーズはそのまま走り続けて自身初の勝利を手にした[3]。ベルトワーズと同一周回でフィニッシュできたのは雨の名手と呼ばれていた2位のイクスのみで、30秒以上の大差が付いていた[10]。レガツォーニはレース中盤でジャッキー・スチュワートに遅れを取り4位に後退するも、スチュワートのスピンによりレガツォーニが前に出た。その後、レガツォーニはオイルに乗ってスピンし、バリアにヒットしたため、スチュワートは3位に戻った。スチュワートはエンジンがミスファイアしていたにもかかわらず3位をキープしたが、終盤にE.フィッティパルディがスチュワートを抜いて3位表彰台を獲得した。ブライアン・レッドマンは5位でチェッカーを受けた[3]

BRMはベルトワーズの勝利により、今季初のポイントを獲得した[4]。そしてこの年からBRMのタイトルスポンサーに付いたマールボロにとっても絶妙なタイミングでの勝利であった[11]。しかし、ベルトワーズにとってはこれがF1唯一の勝利で[12][注 5]、BRMにとってもこれが最後の勝利となった[13][14]ドライバーズチャンピオン争いはE.フィッティパルディがポイントを19点とし、イクス(16点)、ハルム(15点)、スチュワート(12点)を上回りランキング首位に躍り出た。コンストラクターズチャンピオン争いはロータスマクラーレンフェラーリが19点で並び、ティレルが12点で4位に付けている[4]

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 17   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 80 2:26:55.3 4 9
2 6   ジャッキー・イクス フェラーリ 80 +38.2 2 6
3 8   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 79 +1 Lap 1 4
4 1   ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 78 +2 Laps 8 3
5 15   ブライアン・レッドマン マクラーレン-フォード 77 +3 Laps 10 2
6 16   クリス・エイモン マトラ 77 +3 Laps 6 1
7 12   アンドレア・デ・アダミッチ サーティース-フォード 77 +3 Laps 18
8 26   ヘルムート・マルコ BRM 77 +3 Laps 17
9 21   ウィルソン・フィッティパルディ ブラバム-フォード 77 +3 Laps 21
10 27   ロルフ・シュトメレン アイフェラント-フォード 77 +3 Laps 25
11 3   ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 76 +4 Laps 15
12 20   グラハム・ヒル ブラバム-フォード 76 +4 Laps 19
13 5   マイク・ボイトラー マーチ-フォード 76 +4 Laps 23
14 9   デビッド・ウォーカー ロータス-フォード 75 +5 Laps 14
15 14   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 74 +6 Laps 7
16 4   ニキ・ラウダ マーチ-フォード 74 +6 Laps 22
17 23   カルロス・パーチェ マーチ-フォード 72 +8 Laps 24
NC 2   フランソワ・セベール ティレル-フォード 70 規定周回数不足 12
Ret 22   アンリ・ペスカロロ マーチ-フォード 58 アクシデント 9
Ret 7   クレイ・レガツォーニ フェラーリ 51 アクシデント 3
Ret 11   マイク・ヘイルウッド サーティース-フォード 48 アクシデント 11
Ret 19   ハウデン・ガンレイ BRM 47 アクシデント 20
Ret 10   ティム・シェンケン サーティース-フォード 31 アクシデント 13
DSQ 18   ピーター・ゲシン BRM 27 失格(不正ルートでのピットイン)[15] 5
Ret 28   レイネ・ウィセル BRM 16 エンジン 16
ソース:[16][17]
優勝者ジャン=ピエール・ベルトワーズの平均速度[6]
102.756 km/h (63.850 mph)
ファステストラップ[18]
ラップリーダー[19]
太字は最多ラップリーダー
達成された主な記録[4]

第4戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半6戦のうちベスト5戦がカウントされる。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 001から004までは同型である。 (林信次 1993, p. 46)
  2. ^ 後にFOCAと改称された。
  3. ^ それでも1970年までの16台、1971年の18台より増加している。
  4. ^ テクノの不参加により、参加する25台全てが決勝に進出できることになった。
  5. ^ そしてこの年唯一のポイント獲得でもあった。 (林信次 1993, p. 41)

出典編集

  1. ^ a b (林信次 1993, p. 118)
  2. ^ Collantine, Keith (2007年5月24日). “Beltoise scores his only win – and BRM’s last – at Monaco”. F1Fanatic. 2015年2月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e Monaco GP, 1972”. grandprix.com. 2020年4月17日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j Monaco 1972”. STATS F1. 2020年4月17日閲覧。
  5. ^ Monaco 1972 - Race entrants”. STATS F1. 2020年4月17日閲覧。
  6. ^ a b Monaco 1972 - Result”. STATS F1. 2020年4月17日閲覧。
  7. ^ Mosley and the FIA election”. grandprix.com (2005年7月14日). 2020年4月12日閲覧。
  8. ^ Monaco 1972 - Qualifications”. STATS F1. 2020年4月17日閲覧。
  9. ^ Monaco 1972 - Starting grid”. STATS F1. 2020年4月17日閲覧。
  10. ^ (林信次 1993, p. 42)
  11. ^ (林信次 1993, p. 41)
  12. ^ 戦績:J.P.ベルトワーズ”. F1 DataWeb. 2020年4月17日閲覧。
  13. ^ 戦績:BRM”. F1 DataWeb. 2020年4月17日閲覧。
  14. ^ ベルトワーズが77歳で逝去”. ESPN F1 (2015年1月6日). 2020年4月17日閲覧。
  15. ^ 1972年第4戦モナコグランプリの結果”. F1 DataWeb. 2020年4月17日閲覧。
  16. ^ 1972 Monaco Grand Prix”. formula1.com. 2014年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  17. ^ 1972 Monaco Grand Prix - RACE RESULT”. formula1.com. 2019年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月17日閲覧。
  18. ^ Monaco 1972 - Best laps”. STATS F1. 2020年4月17日閲覧。
  19. ^ Monaco 1972 - Laps led”. STATS F1. 2020年4月17日閲覧。
  20. ^ 戦績:M.ボイトラー”. F1 DataWeb. 2020年4月17日閲覧。
  21. ^ a b Monaco 1972 - Championship”. STATS F1. 2019年3月19日閲覧。

参照文献編集

  • Wikipedia英語版 - en:1972 Monaco Grand Prix(2019年12月8日 11:44:58(UTC))
  • 林信次『F1全史 1971-1975 [名手スチュワートの退場/若手精鋭たちの新時代]』ニューズ出版、1993年。ISBN 4-938495-05-8

外部リンク編集

前戦
1972年スペイングランプリ
FIA F1世界選手権
1972年シーズン
次戦
1972年ベルギーグランプリ
前回開催
1971年モナコグランプリ
  モナコグランプリ次回開催
1973年モナコグランプリ