メインメニューを開く

21二十一廿一、にじゅういち、はたひと、はたちあまりひとつ)は自然数、また整数において、20の次で22の前の数である。英語の序数詞では、21sttwenty-first となる。ラテン語では viginti-unus(ウィーギンティー・ウーヌス)。

20 21 22
素因数分解 3 × 7
二進法 10101
六進法 33
八進法 25
十二進法 19
十六進法 15
十八進法 13
二十進法 11
ローマ数字 XXI
漢数字 二十一
大字 弐拾壱
算木 Counting rod h2.pngCounting rod v1.png

目次

性質編集

他の進数での性質編集

表記法
  • 2進数 = 10101
  • 3進数 = 210
  • 4進数 = 111
  • 5進数 = 41
  • 6進数 = 33
  • 7進数 = 30
  • 8進数 = 25
  • 9進数 = 23
  • 11進数 = 1A
  • 12進数 = 19
  • 13進数 = 18
  • 14進数 = 17
  • 15進数 = 16
  • 16進数 = 15
  • 17進数 = 14
  • 18進数 = 13
  • 19進数 = 12
  • 20進数 = 11
一般
  • 二十進法では、二桁すなわちJJ(= 399(10))までの数で、二十の位と一の位が同じ数であれば、二十一の倍数である。例えば、33(20)63(10)、99(20)189(10)、CC(20)252(10)、FF(20)315(10)である。
  • 六進法では二十一は 33 と表記されるが、これは7が「11」と表記されるため。
    • 「3がn個並ぶ数」と見た場合、次の 333(6)129(10)
    • 六進法では33、二十進法では11でゾロ目になるため、六進法で「二桁ゾロ目に0が付く数」は、二十進法では二桁のゾロ目になる。例:110(6) = 22(20) = 42(10)、440(6) = 88(20) = 168(10)
  • 六進法で「七の倍数」の判定、二十進法で「三の倍数」の判定をする際に、二十一の倍数となる二桁ゾロ目が近くにあることが目安になる。例:(205 = 220 - 11)6 = 77(10) = 7×11(10)、(7G = 77 + 9)20 = 156(10) = 3×52(10)

その他 21 に関連すること編集

符号位置編集

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+3251 1-8-33 ㉑
㉑
CIRCLED DIGIT TWENTY ONE

関連項目編集