ガイドチャンネル

  1. Gコードによる録画を行うためにあらかじめ放送局ごとに割り当てられたチャンネルであった。下記参照
  2. ケーブルテレビにおいて、各放送局の放送内容を紹介するチャンネル。

ガイドチャンネルとは、(アナログ)テレビ放送を、Gコードによってビデオ録画するために割り当てられたチャンネルであった。

目次

概要編集

アナログテレビ放送は送信されている周波数帯に応じチャンネル番号(デジタル放送開始後は物理チャンネルともいう)が設定されていた。そのため、副親局(コールサイン付きの基幹中継局)や中継局を受信している地域では番組表に掲載されていたGコードでは一部を除き無意味なものとなるため、それに伴い考案されたのがガイドチャンネルであった。

民放では、原則親局のチャンネル番号が使用されているが、一部後発局などでは、隣接地域に同じチャンネル番号を使用する放送局があるなどの理由で親局のチャンネルと異なることもあった。1992年頃から2000年代中盤までに発売されたGコード対応の録画機(テレビデオを含む)などで使用されていた。

NHKでは関東基準で、総合を1ch、教育を3chとすると、地方で番号が異なったこと[1]、1chが民間放送の親局に割り当てられている地域もあったことから、全国一律で総合80ch、教育90chとしていた。例えば、テレビの初期設定では、関東基準でポジション1を、ガイドチャンネル80、ポジション3をガイドチャンネル90に設定されているテレビもあった。

なお、当然ながら2011年7月24日のデジタル放送の原則完全移行によりGコードサービス自体の廃止に伴い終了した(但し、岩手・宮城・福島の3県の地上アナログ放送は東日本大震災の影響による延期で2012年3月31日で終了した。)。

主な放送局のガイドチャンネル編集

放送局の配列法は、関東広域圏と近畿広域圏はアナログ放送の親局のチャンネル順、その他の地域・全国は開局順(但し、岡山県・香川県の瀬戸内海放送と岡山放送は開局日が同日なのでアナログ放送の親局のチャンネル順で、また福岡県は福岡市内での開局順)とした。

太字の局はアナログ放送の親局と異なる局であった。

全国編集

北海道編集

東北地方編集

宮城県編集

青森県編集

岩手県編集

秋田県編集

山形県編集

福島県編集

関東地方編集

関東広域圏編集

関東広域圏は東京都・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・神奈川県。なお、アナログ放送での開局順は、日本テレビ放送網→TBSテレビ→テレビ朝日→フジテレビジョン→テレビ東京→放送大学の順だった。

東京都編集

栃木県編集

群馬県編集

埼玉県編集

千葉県編集

神奈川県編集

中部地方編集

新潟県編集

富山県編集

石川県編集

福井県編集

山梨県編集

長野県編集

静岡県編集

中京広域圏編集

中京広域圏は愛知県・岐阜県・三重県。

愛知県編集

岐阜県編集

三重県編集

近畿地方編集

近畿広域圏編集

近畿広域圏は大阪府・滋賀県・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県。なお、アナログ放送での開局順は、朝日放送→讀賣テレビ放送→関西テレビ放送→毎日放送の順だった。

大阪府編集

滋賀県編集

京都府編集

兵庫県編集

奈良県編集

和歌山県編集

中国・四国地方編集

広島県編集

山口県編集

鳥取県・島根県編集

岡山県・香川県編集

徳島県編集

愛媛県編集

高知県編集

九州・沖縄地方編集

福岡県編集

福岡県でのアナログ放送の開局順は、RKB毎日放送→テレビ西日本→九州朝日放送→福岡放送→TVQ九州放送の順だった。但し、福岡市内ではテレビ西日本よりも九州朝日放送の放送が早かった。

佐賀県編集

長崎県編集

熊本県編集

大分県編集

宮崎県編集

鹿児島県編集

沖縄県編集

脚注編集

  1. ^ 総合は3chの地域が、教育は12chの地域が多かった。
  2. ^ アナログ放送の親局は隣接する秋田県の秋田朝日放送と同じく31であった。
  3. ^ アナログ放送の親局は隣接する福島県のテレビユー福島と同じく31であった。
  4. ^ アナログ放送の親局は隣接する愛媛県の愛媛朝日テレビと同じく25であったし、岡山・香川相互乗り入れ実施前まで親局であった前田山送信所の33chに由来するものだった。

関連項目編集