TBSテレビの深夜アニメ枠

アニメリコ』(animerico)は、TBSテレビ(かつての東京放送〈現・TBSホールディングス〉、以下同じ)で毎週金曜未明(木曜深夜)に放送されている自社製作深夜アニメの放送枠である。

本項では、枠名称制定前を含むTBSおよびBS-TBS(BS-i時代を含む)の深夜帯(おおむね23時台以降)のアニメ番組全般について扱う。また、過去に金曜未明(木曜深夜)以外に放送された系列局製作アニメ番組(逆ネット)枠や、TBSが製作委員会に加わりながらも自局や系列局では放送せずに独立局や他系列のみで放送するアニメ番組などについてもまとめて取り上げる。

概要編集

TBSが自社で製作した深夜アニメは、深夜のバラエティ帯番組ワンダフル』内の短編アニメとして1997年9月から1999年12月まで放送された、「ワンダフルアニメ」が先駆けであり、視聴者からの反響も大きかった[1]

その後、2000年12月に開局したTBS系列のBSデジタル放送局・BS-i(現在のBS-TBS)で2001年10月期に『まほろまてぃっく』を放送して以降は、同局限定で複数の作品を放送。TBS地上波でも、21世紀初頭から水曜未明(火曜深夜)においてBS-iと共通の複数の作品が不定期に放送されたが、2004年10月より金曜未明(木曜深夜)に曜日を移行した上で、新作アニメを毎クール2本ずつレギュラー放送する体制が確立した(ただし、2019年7月期以降はうち1本が旧作の再放送となる時期もある)。大半の作品が1クール(3ヶ月間)の放送で、2クール以上連続で放送される作品は『THE IDOLM@STER』(2011年7・10月期)を最後に途絶えている。なお、BS-TBS単独で放送する作品もBS-i時代の2006年10月・2007年1月期に放送された『Kanon』が最後となっているが、それ以降も過去にTBSが製作した作品の新作エピソードを「特別編」や「番外編」と題して散発的に単独放送している(これも2015年4月5日未明の『俺、ツインテールになります。』と『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』以来、5年以上事例がない)。

その他、TBSが製作委員会に参加しつつも自局で放送せずにUHFアニメの形態で展開する作品が断続的に放送されている(同様の方式は日本テレビ系列局である読売テレビ傘下の読売テレビエンタープライズが関与する作品でも見受けられる)。2019年10月期の『ノー・ガンズ・ライフ』(第1期)では、TBSが1955年の開局以来初めて、系列外他局のBS11ビックカメラ系)やAT-Xテレビ東京ホールディングス系)と共に製作委員会に参加した。

金曜未明(木曜深夜)には、裏番組としてフジテレビの『ノイタミナ』やテレビ東京深夜アニメ枠(枠名称なし、現在は不定期放送)がある。前者については、2014年4月期を境にTBS側が放送時間帯を順次繰り下げ競合を回避していたが[注 1]、2018年4月期よりほぼ従来の時間帯に戻っている。主にフジテレビ側が編成の都合により放送時間を繰り下げた場合は、同局と競合が生じることがある[注 2]

2009年7月期までは、ハイビジョン制作の作品であっても旧来からのアナログテレビ放送画面比率・4:3に収まるように映像をサイドカットして放送していた(BS-i→BS-TBSのみ16:9のフルサイズのまま放送。ただし、前述のTBS自局で放送しない作品についてはこの限りではない)。これは地上デジタル放送でも同様(TBS以外の地上波ネット局を含む。画質もアナログ放送向けの標準画質ダウンコンバート)であったが、翌2009年10月期以降は16:9のフルサイズ・ハイビジョン放送が解禁され、それ以前の作品が再放送される際も順次フルサイズで放送されるようになった。

2018年4月期より、TBS製作の深夜アニメの放送枠名称として『アニメリコ』(animerico)を導入。各部の番組開始時や終了時に、櫻井美希によるサウンドロゴが入ったジングル[2]が挿入されるようになった(挿入されるタイミングは時期により異なる場合がある[注 3])。ジングルはBS-TBS・TBSチャンネルCBC(現在は不定期)での遅れネット時にも流れるが、それ以外のネット局[注 4]や一部の動画配信では流れない。同年6月にはTBSのアニメ番組全般を扱う広報用のTwitterアカウントが開設され、そちらでも『アニメリコ』の呼称が使用されている(#外部リンク参照)。

2020年4月期は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、放送開始予定だった新作2本の放送が延期[3][4]となったため、『アニメリコ』の名称導入前を含む枠創設後初となる「TBSの深夜アニメ枠が2本とも再放送」という事例となり、BS-TBSでは一時的に深夜アニメの遅れネットが中断された。

2021年1月期より、『アニメリコ』は2枠から1枠での体制に変更される。

ネット局について編集

2004年の番組枠新設当初、地上波ではTBSのみの関東ローカルで放送される番組もあったが、基本的に三大都市圏の地上波と衛星放送のBS-TBS(2009年3月まではBS-i)・TBSチャンネルというネット体制で固定されている。一部の番組はそれに加えて三大都市圏以外の系列局や系列外他局、三大都市圏内の独立局にもネットされている。2017年4月期頃から、再び地上波では関東ローカルとなる番組が増えている。

字幕放送は2006年10月期より開始。TBS・MBSCBCのみ対応しており、独立局(サンテレビKBS京都)やBS-TBS・BS11・TBSチャンネルでは実施していない[注 5]。2018年9月以降は、AT-Xでも一部の番組に限り対応している[注 6]。また、2012年10月期から2016年1月期まではTBSのみ連動データ放送を実施していた(2012年10月期は後半枠のみ)。

地上波編集

近畿広域圏 - MBS(毎日放送) / サンテレビ / KBS京都

MBSでは長らく日曜未明(土曜深夜)の『アニメシャワー』枠内で放送されていたが、2009年4月よりBS-TBSの遅れネット枠が金曜未明(木曜深夜)から『アニメシャワー』枠と同日の日曜未明(土曜深夜)に移動した関係で、2011年4月以降は2018年7月期の『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』を除いて、金曜→土曜未明(木曜→金曜深夜)の『アニメイズム』の後続枠か火曜→水曜未明(月曜→火曜深夜)の『アニメ特区』枠で放送されている。

サンテレビとKBS京都では、JNN排他協定の適用外番組にあたるUHFアニメ形態の番組を放送。さらに、MBSでは従来より関西圏でのUHFアニメの受け皿的放送局[注 7]として機能していることもあって深夜アニメ枠自体がひっ迫しており、またそれ以外の深夜帯全体の番組枠もひっ迫していることなどから、MBSがTBS製作の番組のネットを見送り、代わりにサンテレビやKBS京都でネットされる事例が少なくない。KBS京都では2006年10月期の『009-1』より、サンテレビでは2009年1月期の『明日のよいち!』より遅れネットを開始した。サンテレビでの遅れネット開始以降、KBS京都ではネットされない番組が次第に増えていき、2015年以降は一時ネット実績がなくなっていたが、2019年10月期の『ノー・ガンズ・ライフ』(UHFアニメ形態)よりネットを再開した。2017年4月期の『クロックワーク・プラネット』以降は地上波で関東ローカルとなる番組が増加しており、近畿広域圏の地上波で視聴可能な番組も減少傾向にある。

中京広域圏 - CBCテレビ(旧・中部日本放送) / テレビ愛知(主にUHFアニメ形態の作品)

CBCでは『あにせん』と題した放送枠で遅れネットを行なっているが、長年放送する曜日が分散しており、かつ遅れの幅も1週間以上と大きかった。2015年1月期からはTBS製作の深夜アニメをTBSと同じ金曜未明(木曜深夜)に集約し、TBSと同日ネットとなっていた(例外的に2017年10月期は『アニメイズム』B1枠との連続編成で1日遅れ)。2016年10月期より2本中1本のみのネットに半減し、2017年10月期をもって『アニメイズム』共々レギュラーネット局から外れ、2018年以降は不定期ネットとなっている[注 8]

テレビ愛知では、従来よりJNN排他協定の適用外番組にあたるUHFアニメ形態の作品や過去にCBCテレビで放送された作品の実質再放送を放送してきたが、2020年10月期には『アサルトリリィ BOUQUET』を本来の系列局であるCBCに代わって放送した。

その他の地上波放送局

三大都市圏以外の地域でも放送される場合、原則としてTBS系列局で遅れネットされることが通例だが、製作者側の意向や製作体制によってはTBS系列局が有るにも関わらず他系列局で放送される場合がある[注 9]。また、TBSと関東の独立局で同時期に並行して放送されたケースもある[注 10][注 11]

BS放送局編集

BS-TBS・BS-TBS 4K / BS11(主にUHFアニメ形態の作品) / BS日テレ・BS日テレ 4K(実質再放送のみ、4Kでは放送しない作品あり)

概要で述べたように、BS-TBS(2009年3月まではBS-i)は2001年10月期の『まほろまてぃっく』を皮切りにTBSや各系列局で放送しない独自の番組を放送していたが、2004年10月期以降はTBS地上波でも放送する全ての番組をネットしている(一部例外あり)。当初はTBS地上波と同じ金曜未明(木曜深夜)の放送だったが、BS-TBSへの局名変更と同時期の2009年4月より日曜未明(土曜深夜)に移動した。放送日移動の前後頃から2010年代前半にかけて、遅れネットの幅が最大で3週間程度に広がっていたが、2015年10月期以降は基本的にTBS地上波から2日遅れで放送している。

地上波と異なり提供クレジットやアナウンスはなく、CM枠では主にその作品の映像ソフトのCMが流れる(いずれも発売元はTBSである)[注 12]。日曜未明(土曜深夜)に移動した2009年4月より、提供バックの中央にカラーの局ロゴ(半透明のじゅうたん付き)を表示するようになった[注 13]。また、BS-i時代にはBS11の『ANIME+』枠のように画面の隅に局ロゴのアニメーションがCM明けに短時間表示されていた(一部の番組を除く)。

2012年4月期から2013年1月期までの作品には、BS-TBSも製作協力として参加した[注 14]。2018年12月には4K放送の『BS-TBS 4K』が開局し、2K(HD)制作のものを4Kにアップコンバート(変換)して放送している。2020年10月期より、第1部ではテレビ朝日系列の地上波全国ネットの『ANiMAZiNG!!!』(朝日放送テレビ製作)と競合が生じている[注 15]

JNN排他協定の適用外番組にあたるUHFアニメ形態の作品はBS11が放送する[注 16]。また、2019年10月期の『ノー・ガンズ・ライフ』(第1期)以降の一部の作品についてはBS11が製作委員会に参加(または製作協力)しているため、これらもBS11がネットする。

BS-TBSでの本放送終了後の実質再放送については、BS11での2020年10月期の『五等分の花嫁』(第1期、第2期のみBS11が製作協力)のほか、2019年4月期以降はBS日テレでも『アニメにむちゅ〜』枠で複数の番組を放送した実績がある(系列局のMBS製作の番組も複数放送実績がある)。なお、TBS地上波で旧作の再放送を行う場合、BS-TBSは原則として遅れネットを行わない。

CS放送局編集

TBSチャンネル / AT-X (一部の作品のみ)

TBSチャンネル1では新作の遅れネット(地上波から約1週間遅れ)を、TBSチャンネル2では旧作の再放送を行う。UHFアニメ形態の番組も放送する。

AT-XではTBSチャンネル1での本放送終了後、一定の期間を置いて遅れネットを行う事例が多い。2019年10月期・2020年7月期の『ノー・ガンズ・ライフ』はAT-Xが製作委員会に参加しているため、TBSチャンネルではなくAT-Xで放送。

インターネットでの動画配信編集

TBSオンデマンド(2018年6月まで)→Paravi(2018年4月より)など

TBSでの放送終了後、TBSオンデマンドにて動画配信を行なっていた(UHFアニメ形態の番組についてはそれぞれで対応が異なる)。同サイトは2018年6月をもってサービスを終了したが、同年4月に開設されたTBSが運営に参加しているParaviでも各番組を配信している。2018年10月期の『BAKUMATSU』からはABEMAなどのその他の動画配信サービスにおいても配信を行なっている(作品によっては、テレビ放送の終了後1 - 2クール以上の間隔を空けた上で配信されている)。

TBSの番組一覧編集

金曜未明(木曜深夜)前半枠編集

作品名 制作 放送期間 備考
1:25 - 1:55枠(第1期)
ジパング スタジオディーン 2004年10月7日 - 2005年3月31日 アニマックス製作協力[n 1][n 2]
鋼の錬金術師(2003年版) ボンズ 2005年4月7日 - 9月29日 MBS製作、シリーズ前半のみの再放送[n 1]
BLACK CAT GONZO 2005年10月6日 - 2006年3月30日
xxxHOLiC Production I.G 2006年4月6日 - 9月28日 キッズステーション製作協力。
ここからTBSと一部地上波ネット局のみ字幕放送を実施。
009-1 石森エンタテインメント 2006年10月5日 - 12月21日 [n 3]
ひだまりスケッチ シャフト 2007年1月11日 - 3月29日
おおきく振りかぶって A-1 Pictures 2007年4月12日 - 9月27日 TBS・MBS製作委員会参加[t 1]
逮捕しちゃうぞ フルスロットル スタジオディーン 2007年10月4日 - 2008年3月27日 [n 4]
xxxHOLiC◆継 Production I.G 2008年4月3日 - 6月26日 キッズステーション製作協力。
ひだまりスケッチ×365 シャフト 2008年7月3日 - 9月25日
1:29 - 1:59枠
夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜 NOMAD 2008年10月2日 - 12月19日 [t 2]
明日のよいち! AIC 2009年1月8日 - 3月26日 [n 5]
PandoraHearts XEBEC 2009年4月2日 - 9月24日
ここまでは、BS-i→BS-TBSを除き画面比率4:3(サイドカット)の標準画質による放送(地上デジタル放送を含む)。
ここからは、地上アナログ放送を除き画面比率16:9・ハイビジョン画質の放送に移行。
けんぷファー NOMAD 2009年10月1日 - 12月17日 [n 5][n 6]
ひだまりスケッチ×☆☆☆ シャフト 2010年1月7日 - 3月25日
1:25 - 1:55枠(第2期)
おおきく振りかぶって 〜夏の大会編〜 A-1 Pictures 2010年4月1日 - 6月24日 TBS・MBS製作委員会参加。
アマガミSS AIC 2010年7月1日 - 12月23日
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 エイトビット 2011年1月6日 - 3月31日 [n 7]
緋弾のアリア J.C.STAFF 2011年4月14日 - 6月30日
THE IDOLM@STER A-1 Pictures 2011年7月7日 - 12月22日 2019年現在、当枠で最後に放送された連続2クール作品。
キルミーベイベー J.C.STAFF 2012年1月5日 - 3月29日
あっちこっち AIC 2012年4月5日 - 6月28日 BS-TBS製作協力。
恋と選挙とチョコレート AIC Build 2012年7月5日 - 9月27日 BS-TBS製作協力[n 7]
ひだまりスケッチ×ハニカム シャフト 2012年10月4日 - 12月20日
ここからTBSのみ連動データ放送を実施。
ささみさん@がんばらない シャフト 2013年1月10日 - 3月28日 BS-TBS製作協力[n 5]
1:28 - 1:58枠(第1期)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ブレインズ・ベース 2013年4月4日 - 6月27日
ステラ女学院高等科C3部 GAINAX 2013年7月4日 - 9月26日 [n 5]
アウトブレイク・カンパニー feel. 2013年10月3日 - 12月19日
魔法戦争 マッドハウス 2014年1月9日 - 3月27日
1:46 - 2:16枠
ブレイドアンドソウル GONZO 2014年4月3日 - 6月26日
RAIL WARS! パッショーネ 2014年7月3日 - 9月18日 [n 5]
俺、ツインテールになります。 プロダクションアイムズ 2014年10月9日 - 12月25日 本作以降CBCでは同日ネットに移行[n 5]
幸腹グラフィティ シャフト 2015年1月8日 - 3月26日
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 feel. 2015年4月2日 - 6月25日
青春×機関銃 ブレインズ・ベース 2015年7月2日 - 9月17日
ランス・アンド・マスクス Studio五組 2015年10月1日 - 12月18日 [n 5]
ファンタシースターオンライン2 ジ アニメーション テレコム・アニメーションフィルム 2016年1月8日 - 3月31日
1:58 - 2:28枠
少年メイド エイトビット 2016年4月8日 - 7月1日 [n 5]
はんだくん ディオメディア 2016年7月8日 - 9月23日 原典『ばらかもん』のアニメ版は日本テレビで放送。
私がモテてどうすんだ ブレインズ・ベース 2016年10月7日 - 12月23日 [n 5]
うらら迷路帖 J.C.STAFF 2017年1月5日 - 3月23日 [n 5]
クロックワーク・プラネット XEBEC 2017年4月6日 - 6月22日 [n 4]
コンビニカレシ studioぴえろ 2017年7月7日 - 9月29日 [n 4]
DYNAMIC CHORD studioぴえろ 2017年10月5日 - 12月21日 [n 8]
ミイラの飼い方 エイトビット 2018年1月12日 - 3月30日 [n 2][n 8][n 9]
1:28 - 1:58枠(第2期)
ここよりアニメリコ 第1部
メガロボクス トムス・エンタテインメント 2018年4月6日 - 6月29日 第2期は関東地区ではTOKYO MX、BS放送ではBS11で放送[n 2][n 8][n 10]
少女☆歌劇 レヴュースタァライト キネマシトラス 2018年7月13日 - 9月28日 放送開始前週(TBSでは7月6日)に直前特番を放送[n 11]
学園BASARA ブレインズ・ベース 2018年10月5日 - 12月21日 [n 2][n 8][n 9]
五等分の花嫁 手塚プロダクション 2019年1月11日 - 3月29日 [n 5][n 2]
けいおん!(セレクト放送) 京都アニメーション 2019年4月5日 - 6月28日 [n 4]
まちカドまぞく J.C.STAFF 2019年7月12日 - 9月27日 [n 4]
ノー・ガンズ・ライフ(第1期) マッドハウス 2019年10月11日 - 12月27日 [n 7]BS-TBS・TBSチャンネルでの放送はなし。
BS11・AT-Xが製作委員会に参加[n 12]
推しが武道館いってくれたら死ぬ エイトビット 2020年1月10日 - 3月27日 [n 2][n 8][n 13]
ノー・ガンズ・ライフ(第1期) マッドハウス 2020年4月10日 - 6月26日 [n 7]第1期は再放送。[n 14]TBSチャンネルでの放送はなし。
BS11・AT-Xが製作委員会に参加[n 12]
ノー・ガンズ・ライフ(第2期) マッドハウス 2020年7月10日 - 9月25日
アサルトリリィ BOUQUET シャフト 2020年10月2日 - 12月25日 当初は2020年7月放送開始予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により延期された。
第6話放送翌週(TBSでは11月20日)に特番を放送[n 7][n 15][n 11]
ここまで『アニメリコ』2枠体制
ここから『アニメリコ』1枠体制
五等分の花嫁∬ バイブリーアニメーションスタジオ 2021年1月8日 - BS11製作協力
当初は2020年10月放送開始予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により延期された[n 5][n 2][n 12]
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω 手塚プロダクション×オクルトノボル 2021年4月9日 - 第1期は、2018年7月より9月までAT-Xほかにて放送された。

金曜未明(木曜深夜)後半枠編集

作品名 制作 放送期間 備考
1:50 - 2:20枠
Blue Gender AIC 1999年10月7日 - 2000年3月30日 [n 3]
1:55 - 2:25枠(第1期)
ローゼンメイデン NOMAD 2004年10月7日 - 12月23日 [n 2]
ああっ女神さまっ AIC 2005年1月6日 - 7月7日 HBCのみネット。
苺ましまろ 童夢 2005年7月14日 - 10月13日 [n 4]
ローゼンメイデン トロイメント NOMAD 2005年10月20日 - 2006年1月26日 [n 16]
びんちょうタン スタジオディーン 2006年2月2日 - 3月30日 アニアニランド[n 4][n 17]
REC シャフト
ああっ女神さまっ それぞれの翼 AIC 2006年4月6日 - 9月14日 [n 2]
ここからTBSと一部地上波ネット局のみ字幕放送を実施。
あさっての方向。 J.C.STAFF 2006年10月5日 - 12月21日
Venus Versus Virus スタジオ雲雀 2007年1月11日 - 3月29日 [n 3]
怪物王女 マッドハウス 2007年4月12日 - 9月27日
CLANNAD 京都アニメーション 2007年10月4日 - 2008年3月27日
To LOVEる -とらぶる- XEBEC 2008年4月3日 - 9月25日 [t 3]
1:59 - 2:29枠
CLANNAD 〜AFTER STORY〜 京都アニメーション 2008年10月2日 - 2009年3月26日
けいおん! 2009年4月2日 - 6月25日
大正野球娘。 J.C.STAFF 2009年7月2日 - 9月24日
ここまでは、BS-i→BS-TBSを除き画面比率4:3(サイドカット)の標準画質による放送(地上デジタル放送を含む)。
ここからは、地上アナログ放送を除き画面比率16:9・ハイビジョン画質の放送に移行。
にゃんこい! AIC 2009年10月1日 - 12月17日
おおかみかくし 2010年1月7日 - 3月25日 [n 5][n 2]
1:55 - 2:25枠(第2期)
会長はメイド様! J.C.STAFF 2010年4月1日 - 9月23日
それでも町は廻っている シャフト 2010年10月7日 - 12月23日 [n 5]
夢喰いメリー J.C.STAFF 2011年1月6日 - 4月7日
電波女と青春男 シャフト 2011年4月14日 - 6月30日
まよチキ! feel. 2011年7月7日 - 9月29日
僕は友達が少ない AIC Build 2011年10月6日 - 12月22日
アマガミSS+ plus AIC 2012年1月5日 - 3月29日 [n 5]
さんかれあ スタジオディーン 2012年4月5日 - 6月28日 BS-TBS製作協力。
この中に1人、妹がいる! Studio五組 2012年7月5日 - 9月27日
ここからTBSのみ連動データ放送を実施。
武装神姫 エイトビット 2012年10月4日 - 12月20日 BS-TBS製作協力。
僕は友達が少ないNEXT AIC Build 2013年1月10日 - 3月28日
1:58 - 2:28枠(第1期)
フォトカノ マッドハウス 2013年4月4日 - 6月27日
ローゼンメイデン スタジオディーン 2013年7月4日 - 9月26日 集英社週刊ヤングジャンプ』版を基にしている。
IS 〈インフィニット・ストラトス〉 2 エイトビット 2013年10月3日 - 12月19日 [n 7]
桜Trick スタジオディーン 2014年1月9日 - 3月27日
2:16 - 2:46枠
僕らはみんな河合荘 ブレインズ・ベース 2014年4月3日 - 6月19日 キッズステーション製作協力[n 7]
普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 feel. 2014年7月3日 - 9月18日 [n 5]
甘城ブリリアントパーク 京都アニメーション 2014年10月6日 - 12月25日 本作終盤以降CBCでは同日ネットに移行[注 17]
銃皇無尽のファフニール ディオメディア 2015年1月8日 - 3月26日 [n 5]
レーカン! ぴえろプラス 2015年4月2日 - 6月25日 [n 5]
城下町のダンデライオン プロダクションアイムズ 2015年7月2日 - 9月17日 [n 5]
ヤング ブラック・ジャック 手塚プロダクション 2015年10月1日 -12月18日 [n 5]
だがしかし feel. 2016年1月8日 - 4月1日 [n 5]
2:28 - 2:58枠
坂本ですが? スタジオディーン 2016年4月8日 - 7月1日 [n 9]
この美術部には問題がある! feel. 2016年7月8日 -9月23日 [n 5]
ガーリッシュナンバー ディオメディア 2016年10月7日 - 12月23日 [n 5][n 2]
セイレン Studio五組×AXsiZ 2017年1月5日 - 3月23日 [n 5][n 2]
カブキブ! スタジオディーン 2017年4月6日 - 6月22日
アクションヒロイン チアフルーツ ディオメディア 2017年7月7日 - 9月29日 [n 4]
中二病でも恋がしたい! 京都アニメーション 2017年10月6日 - 12月22日 [n 12][n 18][注 18]
だがしかし2 手塚プロダクション 2018年1月12日 - 3月30日 15分枠を2本立てで放送[注 19][n 2][n 5]
たくのみ。 プロダクションアイムズ
1:58 - 2:28枠(第2期)
ここよりアニメリコ 第2部
されど罪人は竜と踊る セブン・アークス・ピクチャーズ 2018年4月6日 - 6月22日 [n 4][注 20]
七星のスバル Lerche 2018年7月6日 - 9月28日 [n 4]
BAKUMATSU スタジオディーン 2018年10月5日 - 12月21日 [n 4]
グリムノーツ The Animation ブレインズ・ベース 2019年1月11日 - 3月29日 [n 4]
BAKUMATSUクライシス スタジオディーン 2019年4月5日 - 6月21日 [n 4]
少女☆歌劇 レヴュースタァライト 再演(再放送) キネマシトラス 2019年7月5日 - 9月20日 初回は1:28 - 1:58に放送[n 4][n 14]
星合の空 エイトビット 2019年10月11日 - 12月27日 [n 2][n 8][n 19]
地縛少年花子くん Lerche 2020年1月10日 - 3月27日 [n 5]
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 feel. 2020年4月10日 - 7月3日 再放送[n 2][n 14]
最終話は1:28 - 1:58に放送。
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 feel. 2020年7月10日 - 9月25日
安達としまむら 手塚プロダクション 2020年10月9日 - 12月25日 BS11製作協力[n 4][n 14][n 12]
これをもってアニメリコ 第2部は廃止

水曜未明(火曜深夜)枠編集

作品名 制作 放送期間 放送時間 備考
金曜未明(木曜深夜)枠が定着する以前に放送された番組
ちっちゃな雪使いシュガー J.C.STAFF 2001年10月2日 - 2002年3月26日 2:20 - 2:50 [n 4]第1話のみ一部系列局でも放送。
ちょびっツ マッドハウス 2002年4月2日 - 9月24日 1:50 - 2:20
ヒートガイジェイ サテライト 2002年10月1日 - 2003年3月25日 [n 4]
忘却の旋律 J.C.STAFF 2004年4月6日 - 9月21日 2:54 - 3:24
TBS製作・自局放送の深夜アニメが3枠となったため放送された番組
神曲奏界ポリフォニカ 銀画屋 2007年4月4日 - 6月20日 4:15 - 4:45 [n 20]
けいおん!! 京都アニメーション 2010年4月7日 - 9月29日 1:25 - 1:55 JNN全28局で放送[n 1]

UHFアニメ形態で放送された番組編集

#概要で触れたように、TBSが製作委員会に参加しつつも関東地方ではTBSではなく独立局にて放送された作品を列挙する。

主に近畿広域圏ではサンテレビやKBS京都、中京広域圏ではテレビ愛知、BS放送ではBS11、CS放送ではAT-XやTBSチャンネル2で放送。字幕放送は全局で実施しない。

作品名 制作 放送期間 備考
英國戀物語エマ ぴえろ 2005年4月 - 6月 BS-iでも3ヶ月遅れで放送。[n 21][n 20]
Fate/stay night スタジオディーン 2006年1月 - 6月 [n 1][t 2][注 21]
夜明け前より瑠璃色な 童夢 2006年10月 - 12月 [n 21]
もっとTo LOVEる -とらぶる- XEBEC 2010年10月 - 12月 [n 1]
中二病でも恋がしたい! 京都アニメーション 2012年10月 - 12月 [n 12][n 18]
To LOVEる -とらぶる- ダークネス XEBEC 2012年10月 - 12月 [n 12]
たまこまーけっと 京都アニメーション 2013年1月 - 3月 [n 12]
境界の彼方 2013年10月 - 12月 [n 12][n 22]
中二病でも恋がしたい!戀 2014年1月 - 3月 [n 12]
To LOVEる -とらぶる- ダークネス 2nd XEBEC 2015年7月 - 10月 [n 12][t 4]

放送局に関する脚注編集

TBSに関する脚注

  1. ^ 2009年10月から2010年3月までMBS同様に逆ネット枠にて地デジでは16:9サイズで、アナログ放送では本放送同様にSD画質4:3サイズで再放送を実施。
  2. ^ a b 再アニメ化にTBSは関与していない。
  3. ^ テレビアニメ第2期以降は自局では放送せず、独立局主体で放送。
  4. ^ クレジットなどでは製作委員会への参加は表記されていないが、2015年のTBSアニメフェスタに参加するなど引き続き製作に関与している。

ネット局に関する脚注

  1. ^ a b c d e 無料BS放送では未放送。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 中京圏では未放送。
  3. ^ a b c 関西圏ではKBS京都でネット。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 関東ローカル。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 関西圏ではサンテレビでネット。
  6. ^ 特別編は関西圏ではサンテレビ・KBS京都でネット。
  7. ^ a b c d e f g 関西圏ではサンテレビ・KBS京都でネット。
  8. ^ a b c d e f 関西圏では未放送。
  9. ^ a b c あいテレビでもネット。
  10. ^ 北陸放送・あいテレビでもネット。
  11. ^ a b RKB毎日放送でもネット。
  12. ^ a b c d e f g h i j k BS11ANIME+』枠で放送。
  13. ^ RSK山陽放送でも1クール遅れネット。
  14. ^ a b c d BS-TBSでの放送は無し。
  15. ^ 新潟放送でもネット。
  16. ^ 後にTBSとBS-TBSで特別編を放送。
  17. ^ 『びんちょうタン』のみMBSで『完全版』を遅れネット
  18. ^ a b BSアニマックスでも放送(BS11より先行)。
  19. ^ 静岡放送でもネット。
  20. ^ a b アニメ第2期はTBSは未関与。
  21. ^ a b UHFアニメだが、BS-i(旧:BS-TBS)でも放送。
  22. ^ 関西圏ではかつてTBSと腸捻転ネット関係にあった朝日放送(当時)で放送。

系列局製作番組枠編集

2006年4月期より、土曜未明(金曜深夜)に中部日本放送(現在のCBCテレビ)が製作した『ウィッチブレイド』をネットしたことを契機に、系列局製作の番組(逆ネット)枠としてレギュラー化。同年10月期の『コードギアス 反逆のルルーシュ』を皮切りにMBS製作の番組も編成するようになり、2本体制の放送枠として定着した(1本または3本となる時期もあった)。

後述の一覧の通り、CBC製作の番組の放送実績は2012年3月に終了した『ラストエグザイル-銀翼のファム-』が最後となっており、それ以降はMBS製作の番組のみに特化している。2012年4月期より、製作局のMBSに準じて『アニメイズム』の枠名称が使用されるようになった。

2019年7月期からは、前4月期をもって廃止された土曜朝の『アニメサタデー630』と入れ替わる形で、直前の1:25-1:55枠にTBS系列全国ネットの『スーパーアニメイズム』が新設。2011年10月期から2012年1月期以来の3本体制となった(3本体制かつ全番組がMBS製作となるのはこれが初めてである)。

2009年9月まではTBS製作の番組と同様に、地上デジタル放送を含めて画面比率・4:3にサイドカットされた標準画質映像での放送だったが、翌2009年10月以降は16:9・ハイビジョン画質での放送となった。アナログ放送では、2011年7月の停波まで4:3・サイドカットで放送されていた。

BS-TBSでは、2012年1月期の『妖狐×僕SS』よりTBS製作の番組と同日の日曜未明(土曜深夜)に遅れネットを開始。2020年4月期以降は、TBS地上波と同日の土曜未明(金曜深夜)に移動している。

逆ネット枠で放送された中部日本放送製作深夜アニメ番組編集

作品名 制作 放送期間 備考
ウィッチブレイド GDHスカパー・ウェルシンク 2006年4月 - 9月 CBC初の16:9デジタルマスター製作深夜アニメ。関西圏では地上波未ネット。
銀河鉄道物語 〜永遠への分岐点〜 プラネット 2006年10月 - 2007年3月
ロミオ×ジュリエット GDH、スカパー・ウェルシンク 2007年4月 - 9月 CBC初のハイビジョン制作深夜アニメ。関西圏ではサンテレビとKBS京都でネット。
ULTRASEVEN X 円谷プロダクション 2007年10月 - 12月 深夜特撮番組。
のらみみ(第1期) トムス・エンタテインメント 2008年1月 - 3月 TOKYO MXにて再放送を実施。第2期は関東ではTOKYO MXでネット。尚、第1期・第2期共に関西圏では地上波未ネット。
イタズラなKiss トムス・エンタテインメント 2008年4月 - 9月 関西圏ではサンテレビでネット。
鉄のラインバレル GONZO 2008年10月 - 2009年3月 ハイビジョン制作。関西圏ではサンテレビでネット。
戦国BASARA(第1期) Production I.G 2009年4月 - 6月 MBSとの共同製作。ハイビジョン制作。第2期はMBS製作・TBS系列全国ネット。
うみものがたり 〜あなたがいてくれたコト〜 ゼクシズ 2009年6月 - 9月
Angel Beats! P.A.WORKS 2010年4月 - 6月 MBSも製作委員会に参加。ハイビジョン制作。地デジでは16:9ハイビジョン画質で放送された深夜アニメ作品。
ラストエグザイル-銀翼のファム- GONZO 2011年10月 - 2012年3月 ハイビジョン制作。16:9ハイビジョン画質での放送。関西圏ではサンテレビでネット。

BS-TBSの番組一覧編集

テレビシリーズ編集

TBS地上波でも放送された番組は#TBSの番組一覧を参照。

いずれも金曜未明(木曜深夜)0:30 - 1:00枠(『Kanon』のみ30分遅い1:00 - 1:30枠)で放送。

2008年にテレ玉アニたま』枠で地上波初放送。

特別編・番外編・総集編編集

主にTBSが過去に製作・放送した旧作の新作エピソードを放送。番組枠は時期により異なる(大半は既存の深夜アニメ枠で改編期に放送)。

全2話を連続放送。前編はTBSアニメフェスタ2007で先行上映された。
同年8月にはMBS『アニメシャワー』枠でも放送。
全2話を2週間にわたり放送。
全2話を2週間にわたり放送。
劇場版『UNLIMITED BLADE WORKS』の公開に先駆けた特別編集版。2006年のテレビシリーズはBS-TBSを含むBS各局では未放送。
全2話を2週間にわたり放送。
全2話を2週間にわたり放送。
全2話を連続放送。

アニメ以外の関連番組編集

  • 激☆店(2003年7月 - 2005年3月、BS-i)
アニメ・ゲーム関連グッズの双方向通販番組。一時期、TBS地上波でも放送されていた時期があった。
向井政生アナウンサーによるアニメ情報番組。
トレーディングカードゲームヴァイスシュヴァルツ』の関連番組。番組内でショートアニメ『ヴァイス・サヴァイヴ』シリーズが放送された[注 22]。なお、本放送終了後にBS-TBSで再放送が実施された。
BS-TBSにとっては『激☆店』以来となる声優による情報番組。2012年の元日未明には4時間の特別番組が放送された。
YouTubeのTBS公式チャンネルにて配信されていたアニメ情報番組。2014年3月までは『女子が語るアニメ話「これスキ!なんかイモみたい!!」』、同年4月 - 2015年3月までは『みんなが語るアニメ話「これスキ!なんかイモみたい!!」』というタイトルだった。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2015年4月期の改編でフジテレビ側が放送枠を2枠から開始当初の1枠に戻したため、フジテレビ側が通常編成であれば、競合は生じなくなった(ただし、通常編成であっても、例外あり)。
  2. ^ フジテレビでは木曜のプライムタイムに長年連続ドラマ枠を放送しており、同枠作品の主に初回の放送時間を拡大することが多いため(同枠が通常編成であっても、不定期で最終版ニュースの後続に10分間の宣伝番組が放送されるケースもある)、『ノイタミナ』を含む後続の番組が繰り下がり競合が発生するというケースが多い。
  3. ^ 『アニメリコ』の名称導入前の作品の再放送時は非表示。2018年7月期の第2部では番組開始時に表示。また、2019年10月期は第1部には第2部のジングル、第2部には第1部のジングルがそれぞれ使用され、両方とも番組開始時に表示。2020年1月期には第1部と第2部の両方に第1部のジングルがそれぞれ使用され、両方とも番組開始時に表示。
  4. ^ MBSなどの系列局、サンテレビKBS京都などの独立局、BS11BS日テレ(現段階で『アニメリコ』設置後に放送された作品の放送実績は無い)などでの遅れネットおよび番組販売による実質再放送時は、エンドカードや局独自のジングル(局名告知)で穴埋めしている。
  5. ^ BS-TBSでは2015年頃まで対応していた。三大都市圏以外の地上波でもネットされる際は、ネット局により対応の有無が異なる。
  6. ^ 受信環境によっては視聴できない場合あり。対応番組はAT-X公式サイトの番組表やEPGを参照のこと。
  7. ^ MBSなどの在阪局で放送されない作品は、独立局であるサンテレビ・KBS京都がこの役割を担っており、関東圏はTOKYO MX、中京圏はテレビ愛知がこれに相当する。
  8. ^ 2018年以降にネットした番組は、同年7月期の『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』、2020年1月期の『地縛少年花子くん』、同年7月期の『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』(共に1週間遅れネット)のみである。
  9. ^ 実例 - 『ノー・ガンズ・ライフ』・『アサルトリリィ BOUQUET』・『安達としまむら
  10. ^ 実例として、神奈川県域局のテレビ神奈川にて『ノー・ガンズ・ライフ』・『五等分の花嫁∬』がそれぞれTBSから1ヶ月遅れで放送された事例がある。
  11. ^ 本放送終了後の実質再放送については、TOKYO MXやテレビ神奈川で多数例がある(UHFアニメ形態の作品も含む)。
  12. ^ BS11で放送される場合は、普通に提供クレジットが表示される。
  13. ^ BS-TBSでは2020年4月に局ロゴをリニューアルしたが、表示されるロゴは同年11月現在も一世代前のデザインのままである。
  14. ^ 過去にTBSが製作した作品の続編となる『ひだまりスケッチ×ハニカム』と『僕は友達が少ないNEXT』を除く。
  15. ^ ただし、2021年1月期はBS11で放送される作品のため、競合は解消されている。
  16. ^ ただし製作者側の意向によっては、UHFアニメ形態であってもBS-TBSで放送される場合がある(例 - 『アサルトリリィ BOUQUET』)。
  17. ^ 当初は2014年10月2日放送開始予定だったが、特番編成により変更された。
  18. ^ されど罪人は竜と踊る』の放送延期に伴う穴埋め番組として放送。BS-TBSでは同クールに第2期『戀』を放送。
  19. ^ アニメサタデー630』枠と同様に、番組表上では2作品で1本の番組として扱われる。
  20. ^ 当初は2017年10月放送開始予定だったが、制作上の都合により延期された。
  21. ^ 劇場版公開を控えて2010年1月にBS-TBSで特別編集版が放送された。
  22. ^ 当時、画面比4:3のサイドカットで放送されていたTBS製作の深夜アニメよりも1クール(3ヶ月)早く、16:9のフルサイズ・ハイビジョン画質により放送された。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集

TBS 金曜1:28 - 1:58(木曜深夜)
前番組 番組名 次番組
谷原章介の25時ごはん
【ここまでバラエティ番組】
アニメリコ 第1部

アニメリコ
-
TBS 金曜 1:58 - 2:28(木曜深夜)
アニメリコ 第2部
【ここまでアニメ枠】
イベントGO!
【ここから情報番組】
【30分繰り上げ】
※1:58 - 2:05
カイモノラボ
【ここから通販番組
【30分拡大】
※2:05 - 3:45