おしゃれ

日本のテレビトークバラエティ番組

おしゃれ』は、日本テレビ系列で、1974年4月1日から1987年4月3日まで平日(月曜日から金曜日)の13:15 - 13:30(JST)に放送されていたトーク番組である。資生堂一社提供番組。  

おしゃれ
ジャンル トーク番組
司会者 三橋達也
松村満美子
杉浦直樹
楠田枝里子
石坂浩二
菅家ゆかり
久米宏
木村優子
出演者 日替わりゲスト
岡田真澄
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本の旗日本語
製作
プロデューサー 市橋明子
放送
放送局日本テレビ系列
音声形式モノラル放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1974年4月1日 - 1987年4月3日
放送時間月曜-金曜13:15 - 13:30
番組年表
続編オシャレ30・30

特記事項:
一部地域は14:00からスタート。
テンプレートを表示

番組概要編集

毎回、芸能人や話題の人物をゲストに招いてトークを行う。この番組フォーマットは以降のシリーズ番組(『オシャレ30・30』→『おしゃれカンケイ』→『おしゃれイズム』→『おしゃれクリップ』)にも一貫して引き継がれている。

初代の司会は、俳優・三橋達也とフジテレビ系『小川宏ショー』のアシスタントであった松村満美子のコンビであり、その後も俳優が司会を務めてきたが、1980年のリニューアルを機に、4代目司会者としてフリーとなって間もない久米宏が登場。1985年に自身が企画に関与したテレビ朝日系『ニュースステーション』の開始後は出演番組を軒並み降板していたが、この番組に限っては久米は最終回まで続投した(就任期間7年は歴代司会者で最長)[1]

第1回のゲストは松山善三高峰秀子夫妻。最多出演ゲストは岸恵子。次いで水森亜土芳村真理が続く。久米の初出演回である1980年1月7日放送分では久米の希望から、当時彼がファンと公言していた山口百恵をゲストとして迎えている[2]

番組のテーマソングは、1979年までは三木たかしが作曲したものが使われ、1980年から1985年までは加藤和彦作曲サーカスが歌ったものが使われていた。1986年から最終回までは三枝成彰が作曲しEPOが歌ったものが使われていた。

スタート当初のタイトル映像は、多数の子供達が居る野原の上に、「13:15」を指している置時計が乗せられていたものだった。その後、女性を模した一筆書きの絵、白黒の衣装で着飾った女性の絵、新体操で使うようなリボンを廻す女性の実写映像と変遷していった。久米宏が司会をするようになった1980年からは、ゲストを交えてのオープニングトークののち、そのままゲストを応接間へエスコートする様子を映し出しながら、テーマソングに乗って白い字幕でタイトル、花椿マーク、資生堂ロゴの順番に表示していた。

番組ロゴは、当初は調和体風の手書き文字だったが、1978年頃からいわゆる資生堂書体に変わった。

日本テレビと同時ネットの系列各局では13:00から放送の『ごちそうさま』(味の素提供)の後に放送されていたが、時差ネットの放送局(信越放送北陸放送など)では同番組は14:00からの放送で、『ごちそうさま』は14:15からと順番が逆になっていた。

本枠が放送されていた昼番組枠全体の見直し(『午後は○○おもいッきりテレビ』の開始)を控え、1987年1月から日曜22:00 - 22:30に資生堂一社提供のトーク枠として古舘伊知郎阿川泰子が司会を務める『オシャレ30・30』が開始された。これに伴い番組は同年4月3日をもって終了し、13年の歴史に幕を閉じた。

歴代司会者編集

メイン司会者編集

  • 初代:三橋達也(1974年4月1日 - 1976年4月2日)
  • 2代:石坂浩二(1976年4月5日 - 1977年4月1日)
  • 3代:杉浦直樹(1977年4月4日 - 1979年12月31日)
  • 4代:久米宏(1980年1月7日 - 1987年4月3日)

アシスタント編集

初代と2代目後期を除き、いずれも当時は日本テレビアナウンサー。

  • 初代:松村満美子(1974年4月1日 - 1976年4月2日)
  • 2代:楠田枝里子(1976年4月5日 - 1982年3月26日、1981年10月の退職後も続投)
  • 3代:菅家ゆかり(1982年3月29日 - 1986年3月28日)
  • 4代:木村優子(1986年3月31日 - 1987年4月3日)

コーナー担当編集

  • 岡田眞澄:番組全期にわたってゲストと司会者とのトーク以外にも海外のファッションや流行情報を紹介するコーナーが週1回程度設定されており、そのコーナーの進行役・レポーターとして出演していた。1982年に久米が盲腸で病欠した際にはゲストトークの代理司会を務めた事がある。

変遷編集

期間 メイン アシスタント コーナー
1974年4月 - 1976年4月 三橋達也 松村満美子 岡田眞澄
1976年4月 - 1977年4月 石坂浩二 楠田枝里子
1977年4月 - 1979年12月 杉浦直樹
1980年1月 - 1982年3月 久米宏
1982年4月 - 1986年3月 菅家ゆかり
1986年3月 - 1987年4月 木村優子

ネット局(14:00からの時差ネット局を含む)編集

系列は当番組終了時(1987年4月3日)のもの。
放送対象地域 放送局 系列 ネット形態 備考
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 制作局
北海道 札幌テレビ 同時ネット
青森県 青森放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1975年3月までは日本テレビ系列単独加盟局
岩手県 テレビ岩手 日本テレビ系列 1980年3月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局
宮城県 ミヤギテレビ 1975年9月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局
秋田県 秋田放送
山形県 山形放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1980年3月までは日本テレビフルネット局[3]
福島県 福島中央テレビ 日本テレビ系列 1981年9月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局
山梨県 山梨放送
新潟県 テレビ新潟 1981年4月開局から
長野県 信越放送 TBS系列 遅れネット
静岡県 静岡けんみんテレビ テレビ朝日系列 同時ネット 1978年7月開局から1979年6月まで。現:静岡朝日テレビ
静岡第一テレビ 日本テレビ系列 1979年7月開局から
富山県 北日本放送
石川県 北陸放送 TBS系列 遅れネット
福井県 福井放送 日本テレビ系列 同時ネット
中京広域圏 中京テレビ
近畿広域圏 よみうりテレビ
鳥取県
島根県
日本海テレビ 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
広島県 広島テレビ 日本テレビ系列 1975年10月から
山口県 山口放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1978年9月までは日本テレビ単独加盟局
徳島県 四国放送 日本テレビ系列
香川県
香川県
岡山県
西日本放送 当初はは香川県のみ
1983年4月の電波相互乗り入れで岡山県でも放送
愛媛県 南海放送
高知県 高知放送
福岡県 福岡放送
長崎県 長崎放送 TBS系列 遅れネット
熊本県 熊本放送 1982年3月26日まで
くまもと県民テレビ 日本テレビ系列 同時ネット サービス放送開始直後の1982年3月29日から
大分県 テレビ大分 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
宮崎県 宮崎放送 TBS系列 遅れネット
鹿児島県 南日本放送 1982年9月まで
鹿児島テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
同時ネット 1982年10月から
沖縄県 沖縄テレビ フジテレビ系列 遅れネット 1979年4月2日から
※…14:00から時差ネットしていた局は、すぐ後に味の素提供の『ごちそうさま』を放映。

補足編集

番組にはエンディング前に資生堂のインフォマーシャルが存在していた。当初のタイトルは「は〜い 資生堂です」だったが、のちに「資生堂 美容情報」(便宜上のタイトル。クレジットタイトルは単に、「(花椿マーク)SHISEIDO」と表記されていた)に改めた。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ なお、久米は当番組が終了して以降、2004年3月に『ニュースステーション』が終了するまで仕事を同番組のみに絞っていた。
  2. ^ 週刊TVガイド1985年11月15日号「『おしゃれ』3000回 久米宏が語る傑作トーク集」参照。
  3. ^ その後、1993年4月1日に山形テレビテレビ朝日系へのネットチェンジに伴い、同日より再び日本テレビフルネット局となっている。
日本テレビ系列 月曜 - 金曜 13:15 - 13:30
(1974年4月1日 - 1987年4月3日)
前番組 番組名 次番組
13:15 スターアルバム
13:25 NNNニューススポット
おしゃれ